|お腹から声を出せるようになりたい


お腹から声を出せば、声は太くなる?
お腹から声を出せは、ノドは痛くならない?
この「お腹から声を出す」という比喩的な表現に、戸惑ってしまう方もおります。


実際に、声が生まれるのは、喉です。
では「お腹から声を出す」とは、どういうことかと言いますと「お腹を使って、送り出す息をコントロールしながら声を出している」という状態のことを指します。

 


◆腹筋は、鍛えなければいけないの?

歌うときに、安定した息を送り出すために、確かに腹筋を使います。
しかし、息を送り出すという作業は、日常的に考えて、そんなに難しいことではありません。

腹筋は「鍛える」よりも「使い方を知る」事を優先しましょう。
使い方を知れば、歌いながら、その筋肉は、自然と強くなっていきます。

ボイストレーニングを行うときに「まず腹筋を鍛える」という選択はしなくても大丈夫です。歌うとき、息が足りなくなる原因は、肺活量や腹筋力がないからではありません。

 

息の出口、つまり声帯を上手く調整することが、安定した息を送り出すために、とても重要になります。