|発声練習の時と違って、歌になると上手く声がでない


発声練習の時のような声が、歌で出せればいいのに、同じ高さの音なのに、歌になると出しにくい。いい声を持っているのに、実践で上手く出せないのは、とても勿体ないことです。

声がある程度育ってきたら、それを歌に生かす。
この段階にきている人は、歌をうたいながら、成長させていくべきです。

 



◆なぜ、歌になると、声が出しにくくなるのか?

発声練習と違うのは、歌は、「言葉」「メロディー(ハーモニー)」「リズム」が混ざり合い、音楽になる、という点です。

歌になると、声が思うように出せなくなるのは「声を出す準備が遅れている」という場合が多いです。上手く声が出るかどうかは、その音を出す前段階で、ほぼ決まります。


この準備が早い人は、発声練習よりも歌の方が、声を出しやすく感じています。
また、リズムやメロディーの気持ちよさを感じて歌えているかも、声をスムーズに出せるかどうかに繋がります。
歌がうまい人、余裕で歌っている人は、ここがとても上手です。