意外と気づかない鼻声


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時に、鼻にかかったような「鼻声」で歌ってしまう人が少なくありません。
歌っている本人は、全く意識はしていないのですが、自然と鼻声を作っている。


どうして、鼻声になるのか??


今回は、そのメカニズムをお話ししていきます!

 

 

◆鼻声はどうやって作られるの?

 

「鼻声を出してみてー」と言われたらどうやって出そうとするのか、まずは自分の口の中の動きに、感覚を研ぎすましながら、自分なりの鼻声を出してみましょう。


少し具体的に作ってみますと、

 

★「な」という言葉を発してみましょう。そうすると、子音の「n」が入りますので、一瞬、舌の先端が、上の歯の裏に当たります。その状態でハミングをしてみる。


★一見、鼻声?っぽく聞こえるかもしれませんが、これは舌を上の歯から離してしまえば、普通に声が出ているので、鼻声にはなっていません。


ポイントは次・・


★舌の先端が「n」の状態のまま、舌の後ろの方を、上顎にくっつけてみる。つまり、「か」や「が」を言う時のように、舌の後ろが盛り上がるってる状態にするということ。


その状態でまた、ハミングをしてみて下さい。

(舌の先端は、下の歯の後ろに降ろし、舌の後ろだけが盛り上がっている状態だと分かりやすいと思います)


これが、極端に鼻声を作っている状態です。

つまり【口から息が流れずに、鼻からだけ息が流れる状態】


実際に歌っている時は、口と鼻から、半分ずつ息が流れているぐらいになっているのだと思います。(舌の後ろがやや盛り上がってる)

 

◆どうして鼻声にしたくなるの?

 

特に鼻声を出そうと思っていないのに、どうして鼻声っぽくなってしまうのか?


それは、「鼻声の方が高音を出しやすく感じるから」です。


舌を持ち上げることにより、口の中の空間を狭めて音を上げやすくしているのです。

 

これは、高音を出す為の一時的な練習法としては、とても有効な方法で、ボイトレでも、よく使われています。ただ、あくまで「一時的」な練習法という点を押さえておきましょう!


なぜなら、鼻声は、声に深みが得られず、平べったい印象の声になるので、好みにもよりますが、あまり好印象な声にはなりにくいからです。


わざと鼻声を作れる人は、その逆も作れるはずですので歌っている時は、なるべく鼻声にならないように練習をしてみて下さいね。ぜひ、参考にしてみてください。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


喉(喉ぼとけ)の位置が安定すると?


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

歌っている時は、喉の奥をしっかり開けよう、喉を少し下げよう、などとよく言われる事があります。喉が上がる癖がついている人にとっては意外に難しいもので、改善されるまでには、ある程度のトレーニング期間が必要なもの。


では、いったい、喉(喉頭)の位置が安定すると、どういったメリットがあるのでしょう?


今回は、喉の安定することのメリットをお伝えしていきます!

 

 

◆メリット①:声が楽に出る

 

何といっても歌っている時に、楽に声がでる。
喉にストレスを感じにくくなるという事です。


普段おしゃべりしている時は、喉に何の違和感やストレスもなく声を出していると思います。喉が安定していると、その状態と同じく、楽な状態で歌う事ができます。
特に高音で苦しく感じる「喉詰め発声」にならずに済みます。歌っていて本人が気持ち良くない原因の多くは、ココにあります。

 

 

◆メリット②:地声⇔裏声の行き来がスムーズ

 

喉に余計な緊張がないぶん、ボイスコントロールが容易になります。


地声と裏声の境い目で「コロッと」声の音色が変わったり、急に声量が落ちてしまったりすることが無く、地声と裏声の行き来がスムーズに行えます。


また、地声⇒裏声、裏声⇒地声、などに移動したときの音程が取りやすくなります。特に「裏声⇒地声」への移動は、喉頭が高い位置にあると非常に音程が取りにくくなります。あと、ボリュームがいきなり大きくなる。。そんな悩みが解決し易くなるでしょう。

 

 

◆メリット③:声の音色が綺麗になる

 

少し感覚的な表現になりましたが、喉が安定しているという事は、共鳴空間の広さも安定しているということ。


なので、低音~高音まで、どの音域をとっても声に豊かな響きと深みを作り出すことができます。

キンキンした声、うるさい声、鼻声など、歌声としては心地よくないような声を軽減させることができます。自分の声を録音した聞いた時の違和感も、無くなってくるでしょう。

 

 

喉が安定していることでデメリットはありません。

今回のお話しで、いろんな面においてメリットがあることが分かったのではないかと思います。ぜひ、あなたのボイストレーニングの参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪

 


喉の共鳴空間を狭める高音デメリット


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

高い声は、声帯を上手く調整することで発声することができますが、もう一つ、「喉の共鳴空間を狭める」という方法があります。


音を響かせる空間を狭めることで、高い音を作る。

 

管楽器などをイメージしてもらうと分かりやすいと思いますが、大きなボディーの楽器よりも、小さなボディーの楽器の方が高い音が出せる。そんなイメージです。


実際に、その方法で高音を出している人は「声帯の調整」+「喉の奥の空間を狭める」を同時に行っていることがほとんどだと思います。


その方法でも音は上がっていきますし、喉詰め発声までには至っていない状態なので、何もツライことなく声は出せるのですが、いくつか、デメリットとなりうることがありますので、今回は、そのお話しです。

 

 

◆①音色が少しかん高い声なる

楽器の共鳴空間を狭めている状態に近いので、どうしてもかん高い声の音色になりやすい。


録音して聞いたとき、少しうるさく感じたり、辛そうな声に聞こえるかもしれません。また、声の深みが薄れてしまっているように聞こえたりもします。

 

 

◆②安定性に欠ける

 

喉の共鳴空間を毎回同じ形に調整するのは、至難の業!

 

少しでもバランスが崩れると、「昨日は上手く出たのに、今日は出ない」という状態になったり、十分アップをして声はあったまっているはずなのに、いざ人前で歌うと、声が出しにくい、声が震える、喉に緊張を感じる、、などの状態になりやすい。

 

 

◆まとめ

敢えてかん高い声の音色がほしい場合以外は、なるべく、喉の共鳴空間は変えずに、声帯だけをコントロールして高音を出すようにした方が、あらゆる面で声の安定感が得られます。


この「喉の空間を狭めている」というのは、実際、本人が、そうしているとこに気づいていない場合がほとんど。なので、歌声を録音して、自分で聞いた時に、高音の声の音色に違和感がないかどうかをチェックしてみる必要があります。


その時に「あっ、音色が変わった(カン高い感じ)!」と思ったら、ぜひ、今回のお話を思い出してみてくださいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


地声から裏声に変える時に確認しよう


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

地声と裏声の両方を使った曲は、いまや珍しくありません。色んな曲を聴いて裏声で歌っている部分に耳を澄ましていると「強く張りのある裏声」「優しくやわらかい裏声」がある事に気が付くと思います。


この2種類の裏声ですが、単音で裏声だけを出すぶんには、どちらの裏声も出せるけど、曲中に出てくる裏声になると一方しか出せなくなる・・という人がいます。


その状態の場合は、おそらく、喉に、やや力みを感じ不自由な発声状態になっている可能性があるのです。

 

 

◆やわらか裏声が出せない


曲中で「地声⇒裏声」に変える時、

張りのある強い裏声は出せるのに、やわらかく優しい裏声が出せないという人。


そういう人は「地声の高音が出しにくくないでしょうか??」
どういう事かと言いますと、解説ポイントは2つあります。

 


1.地声から裏声にチェンジするとき、地声が苦しい(力みがある)状態から裏声にした場合、喉の自由度が少ない為、押し付けるような張った裏声しか出せなくなるケースが多いため。

 


2.やわらかく優しい裏声(空気感のある声)で、音程を上げていくときの喉の使い方と、地声の高音を出す時の喉の使い方の感覚が、とても似ているため。

 


あくまで喉の感覚的なものなので、全てのケースに当てはまるわけではないと思いますが、おおよそ、地声の高音を楽に出せる人は、空気感のあるやわらかく優しい裏声のままで、音程を上げて歌える発声技術を持っています。

裏声がでてくる曲を練習しながら、チェックしてみて頂き、なにか楽な発声のヒントになればと思います!

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!


お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


楽器も声も綺麗な「音」を出すところから


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

学生の頃、音楽の授業で楽器を弾いた経験があると思います。
管楽器で言えばリコーダー、吹奏楽をやっていた方でしたら、トランペット、トロンボーン、クラリネット、ホルンなど。

それらの楽器は、打楽器(鍵盤も含む)と何が違うのかと言いますと、「音色自体を自分で作る必要がある」という事です。


ピアノであれば、鍵盤をたたけば誰でも同じ音色が鳴ります。なので、良くない音色が出ることはありません。でも、管楽器の場合は、その音自体を綺麗に出せないと、何も弾く事ができないわけです。


だから、まずは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を綺麗に出せるようにすることから練習を始めますよね。


それがどれだけ重要な事かは、なんとなくイメージが湧くと思います。良くない音で何の曲を弾いても、いい曲には聞こえようがないからです。。

 

◆声も同じ重要性がある

 

声も「綺麗な音」が保証されているわけではありませんので、まずは、音を出すことから始める事が大切になります。

あまり歌が上手くない・・と感じている人は、歌が下手なのではなくて、声という「音」があまり良くない、という場合も多々あります。

なので、管楽器と同じように、まずは綺麗な音を出す練習を行ってみて下さい。
音が綺麗であれば、何を奏でても心地よい歌になっていくはずですよ!

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪