胸式呼吸のデメリット


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時は「腹式呼吸」が良いと言われます。
では、逆に、胸式呼吸ですと、どんなデメリットがあるのでしょうか?

決して胸式でも歌えないわけではありませんが、これほどまでに「腹式」が浸透しているのには理由があります。

今回は、胸式呼吸のデメリットについてのお話しです。

 

 

◆息のコントロールが難しい

 

胸や肩周辺が膨らんで、お腹がへこむように息を吸ってみましょう。
その後、なるべく長く一定の息を吐きつづけようとすると、どうでしょうか?

おそらく、数秒で息は無くなってしまいますよね。また、その間、上半身の緊張感もスゴイで。。その状態は、喉周辺の筋肉にも力が入り易くなりますので喉に力みが入る人は、更なる、助長をしかねませんので、注意が必要です。


このように、ゆっくりと長く一定量の息を吐く為のコントロールが難しいのです。

 

◆大きな声に向いていない

 

強い息を送り出す為には、腹部の筋肉運動(横隔膜)が欠かせませんが、胸式呼吸の場合、その筋肉が使えない状態となってしまうので、強い呼気圧が生み出せず、大きな声が出しにくいのです。


そして、胸式呼吸で大声を出そうとすると、力を体の、みぞおち辺りに集中させるような力みを加えるアクションをしてしまう場合が多いので、ウルサイ声がでてしまいます。(←歌声としては良くない声)

 

胸式でも歌えないわけではありませんが、より安定した歌声を届ける為には、やはり腹式呼吸は必須!


胸式呼吸で歌いにくい、、と感じていた方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


お腹に力を入れると声はどうなるの?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

声を出す時、お腹に力をいれるとどうなるか??

 

実は、あまり必要のないものかもしれませんよ。

歌っていて声が嗄れたり、喉が痛くなる人は、ぜひ、読み進めてみて下さい。

 

 

◆人の反射運動

 

人間には、一つのアクションに対して、反射的に行ってしまう(連動)運動というものがあります。

例えば、

・急に、顔の前で手を叩かれたら目を閉じてしまう。

・右足を出して歩きはじめる時、左手が前にでる。

・息を止めると自然に口も閉じる

こういった連動運動は、ごくごく自然なことであり、無意識に行っていますよね。声を出す事も日頃は、自然に行っているもの。


でも、歌声となると、ついつい声をを作り込み過ぎてしまい、必要の無い部分にまで意識を持ってしい、逆に声が出しにくくなる場合もありますので、注意が必要です。

 

◆連動して声帯を強く閉じてしまう


何か重いものを持つ時、または、運動会で綱引きをしている時を、想像してみて下さい。

腰回りや下半身に重心をおき、いざ、力を込める時「お腹に踏ん張り」を入れますよね。そして、その時、ほぼ間違いなく、息を止めるはずです。


息を止めているという事は、声帯を強く閉じている(声がでない状態)という事になります。(逆に、息がふわーと漏れてしまうようでは、身体に力が入りませんからね!)


チェックポイント♪
お腹に力を入れる → 声帯を強く閉じる(息が流れない=声も出ない)


この状態で無理やり声を出すとどうなるか??

声が嗄れます。
(綱引きしながら歌う想像をしてみましょう・・"(-""-)" )


もちろん、声を出す為には、声帯を閉じる必要がありますが、そこに息が流れなくなるぐらい閉じてしまっては、喉に相当の負担をかける事になります。


普段の会話をしている時で、十分に声帯は閉じています。歌声であっても、それ以上に、過剰に声帯を閉じる必要はありません。

(もともと声が弱い場合は例外ありますが。)


安定した息を送り出すために、じっくりお腹を使う方法はあっても、筋トレの腹筋をするような「ウッ!」という力は、実は要らないのです。


声が嗄れやすい人、喉が痛くなる人は、ぜひ、自分のお腹をチェックしてみてくださいね!

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


地声から裏声に変える時に確認しよう


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

地声と裏声の両方を使った曲は、いまや珍しくありません。色んな曲を聴いて裏声で歌っている部分に耳を澄ましていると「強く張りのある裏声」「優しくやわらかい裏声」がある事に気が付くと思います。


この2種類の裏声ですが、単音で裏声だけを出すぶんには、どちらの裏声も出せるけど、曲中に出てくる裏声になると一方しか出せなくなる・・という人がいます。


その状態の場合は、おそらく、喉に、やや力みを感じ不自由な発声状態になっている可能性があるのです。

 

 

◆やわらか裏声が出せない


曲中で「地声⇒裏声」に変える時、

張りのある強い裏声は出せるのに、やわらかく優しい裏声が出せないという人。


そういう人は「地声の高音が出しにくくないでしょうか??」
どういう事かと言いますと、解説ポイントは2つあります。

 


1.地声から裏声にチェンジするとき、地声が苦しい(力みがある)状態から裏声にした場合、喉の自由度が少ない為、押し付けるような張った裏声しか出せなくなるケースが多いため。

 


2.やわらかく優しい裏声(空気感のある声)で、音程を上げていくときの喉の使い方と、地声の高音を出す時の喉の使い方の感覚が、とても似ているため。

 


あくまで喉の感覚的なものなので、全てのケースに当てはまるわけではないと思いますが、おおよそ、地声の高音を楽に出せる人は、空気感のあるやわらかく優しい裏声のままで、音程を上げて歌える発声技術を持っています。

裏声がでてくる曲を練習しながら、チェックしてみて頂き、なにか楽な発声のヒントになればと思います!

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!


お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


【Loose Voice】仙台のボイストレーニングを受けてみての感想(生徒さんの声)を頂きました


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングの効果があらわれる時期は、現在のその人の発声状態によって変わってきます。ちょっとしたコツで声が楽になる人もいれば、反復練習を繰り返して徐々に良くなっていく人もおります。

 

今回は、現在、レッスンに通って頂いている生徒さんから、『ボイストレーニングを受けてみての感想♪』を頂きましたので、ボイトレに興味のある方には、ぜひ、参考にしてみてもらえたらと思います!

 

【ボイストレーニングを受けてみての感想♪】

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


楽器も声も綺麗な「音」を出すところから


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

学生の頃、音楽の授業で楽器を弾いた経験があると思います。
管楽器で言えばリコーダー、吹奏楽をやっていた方でしたら、トランペット、トロンボーン、クラリネット、ホルンなど。

それらの楽器は、打楽器(鍵盤も含む)と何が違うのかと言いますと、「音色自体を自分で作る必要がある」という事です。


ピアノであれば、鍵盤をたたけば誰でも同じ音色が鳴ります。なので、良くない音色が出ることはありません。でも、管楽器の場合は、その音自体を綺麗に出せないと、何も弾く事ができないわけです。


だから、まずは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を綺麗に出せるようにすることから練習を始めますよね。


それがどれだけ重要な事かは、なんとなくイメージが湧くと思います。良くない音で何の曲を弾いても、いい曲には聞こえようがないからです。。

 

◆声も同じ重要性がある

 

声も「綺麗な音」が保証されているわけではありませんので、まずは、音を出すことから始める事が大切になります。

あまり歌が上手くない・・と感じている人は、歌が下手なのではなくて、声という「音」があまり良くない、という場合も多々あります。

なので、管楽器と同じように、まずは綺麗な音を出す練習を行ってみて下さい。
音が綺麗であれば、何を奏でても心地よい歌になっていくはずですよ!

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪