声帯の使い方を練習する前に


こんにちは、仙台Looe VoiceのKANです!


声を高くしたり、低くしたり、

そのコントロールをしているのは、まぎれもなく「声帯」です。


ボイストレーニングをする際に、まず、思い浮かぶのは、その「声帯の使い方」ではないでしょうか。


地声と裏声をスムーズに繋げたり、低音から高音へ向かっていくときの声帯の使い方を練習している人が多いと思います。


その練習方法で上手くいっている人はよいですが、もし、あまり声が変わらない、、と悩んでいる人は、実は、その前にやってほしい事があります。

 


それは「喉の脱力練習」です!


「えっ?!」
「発声が良くなれば、勝手に脱力できるんじゃないの?」


そう思っている人も少なくないでしょう。
でも、それは逆にして考えておいた方が効率的です。


つまり、

 

【喉の脱力ができるから、声もスムーズに変わる事ができる】


喉に余計な力みがあるという事は、声帯の運動を妨げてしまっている状態。だから、いつまで経っても、自分の理想の声に近づいていないような気がしてしまう。


喉の力みが「癖」となっている人は、実感として分かると思いますが、その力みが入ると、一気に声が出しにくく感じるはずです。


「喉の力みを解消する」を優先してトレーニングしていく事で、着実に理想の声に近づく事ができるようになります。

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


歌う時、お腹に力を入れると..


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


歌う時に、お腹まわりにはどのような力が入っているか?
どの部分に力が入っているように感じるか?

 


声は喉で生まれますが、声の材料である「息」は、お腹を使ってコントロールをします。なので、歌う時に必要な息を安定して送り出すことができれば、歌声も安定感が生まれる事になります。


お腹を使うにあたって、
一つ、気を付けて欲しいことがあります。


それは、声を出している時「みぞおち」に力が入っている場合です。
※おへその上の腹筋が6コに割れる部分。

 


お腹から声を出そうとして、この部分に力を入れてしまいますと、少し痛々しい声(強すぎる声)になる場合があります。


実際に、腹筋をしながら声を出してみると分かると思いますが、相当、苦しそうな声になると思います。息も上手く流れませんし、音程さえも上手く取れなくなる感じがすると思います。


腹直筋に力を入れますと、声帯が過剰に閉じてしまうのです。

 


◆歌う姿勢も大事


腹直筋に力が入ってしまうのは、歌う姿勢が、こんな時にも注意が必要です。
・後ろに反った姿勢になる
⇒体重が後ろ側にかかっている時、腹筋に力が入ります。

 


・猫背になる
⇒肩が下がり背中が丸くなると、腹筋に力が入ります。時に、高い声を出す瞬間に、この動きを行っている人が多いと思います。

 


腹筋に力を入れる事で「声が出しやすい」と感じる人もいると思いますので、もし、喉にダメージがなく、歌声も自分の理想に近いものになれば問題はありません。


ですが、声が出しにくいとか、歌っていると喉が痛くなるという人は、

ぜひ、気にしながら歌ってみて下さいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


「喉を開ける」ってどういう状態?


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


早速ですが、

【歌う時は、しっかり喉を開けましょう!】


こんな言葉を聞いたことはありませんか?


歌や発声について、少しでも学んだことがある人は、必ず、どこかで聞いたことがあるフレーズだと思います。


でも、この「喉を開ける」という状態って、いったい、どんな感じなの??と、疑問を抱いている人も少なくないと思いますので、今回は「喉を開ける」について、お話ししていきたいと思います。

 


◆なぜ「喉を開けましょう」と言われるのか?


まずは、この場合の「喉」とは、どの部分を指しているのかといいますと、鏡で喉の奥を見た時の突き当り部分から、少し奥に入った喉ぼとけ部分(声帯がある)までの範囲を指しています。


つまり「喉の奥部分の空間」という幅を指しているのですね!


ここを余計な力みが入らない程度に、あくまで自然体で広く開けておく、という事になります。


なぜ「喉を開ける」という意識を持った方がよいのかと言うと、言葉によって、その空間の広さが変わってしまうからです。


日本語の「あ・い・う・え・お」の母音は、普通に発音すると、舌と喉ぼとけの位置が、微妙に動きます。


更には、子音が入ってくると、もっと変化が加わりますよね。


なので、声の響かせる空間を確保しておくためには、どんな言葉がきても、喉の奥を広く開けておく事が必要な為、「喉を開ける」という意識を、常に持っておくことが大事になります。

 


◆どれくらい開けるものなのか?


じゃあ、どれくらい開ければいいの?


という疑問ですが、これは、一言で回答するのは、少し難しい、、のです。その訳は、普段の真顔の状態でも歌う事に最低限必要な分の「喉の開き」は、すでに確保されているからです。


だから、そのまま歌えば、何も問題ありません。


しかし!!大概の人は、歌っていると、喉の空間が狭くなり、苦しそうな声になってしまう事が多いのです。


だから、言葉や音程に左右されずに、ずっと喉の奥を開けておく事が必要なのです。
ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


なぜ喉の脱力ができないのか


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時に喉の脱力ができない・・という方は結構多いと思います。普段しゃべっている音域以外の音域になると、喉に力みが入ってしまう。

 

喉を力ませないで脱力して歌える人もいれば、

かなり力んでしまう人もいる。

 

なぜ、同じ喉の構造なのに、こんなに差がでてしまうのか??

 

それは、喉を人間の楽器として考えた時に、

音程を変える方法(感覚)に気付いた人と、気づいてない人の違いにあります。

 

 

脱力して声を出す感覚に気付いていない人は、きっと、子供の頃、歌う時に、独自の感覚で音程を変えてきた。その時に、地声では高くて出ない音がやって来た時にも、無理をして出し続けてきた。

 

それが癖となっているパターンが多いようです。

 

でも、特に男性であれば、殆どの人がそのパターンに当てはまるのではないでしょうか。なので、珍しいことではありません。

 

まれに、喉の奥を広く開けられ(=喉の柔軟性がある)楽に高音を出せる男性もいます。そういう方は、音程も取りやすく声の響きも良いので【歌が上手い】という印象を持たれます。

 

 

では、力み癖はどうやって改善できるのか?

 

それは【(音程を上げる=喉を力ませる)というのは間違いだよ】という事を、喉に感覚として覚え込ませることです。

 

 

一般的に、ボイストレーニングは喉の力み改善の事よりも、声帯の使い方、口や喉の開け方といった事にフォーカスされています。でも、それは、喉の力みがあまりない人にとっては有効ですが、力み癖のある人には、効果は低いことが多いのです。

 

もちろん、力みの度合いにもよりますが、

喉周りの筋肉が硬くなるような体感がある人は、まず、その力みを軽減させる練習を行っていく事で、声帯を自由に動かせるようになります。

 

「これ以上、高い声でないのかな・・」と思い込んでいる人も多いと思いますが、喉の力みが取れていない状態で、その結論を出すのは、もったいないです!

 

適切なボイストレーニングを行えば、自分の可能性が一気に広がるものです。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪

 


発声しづらい癖を見極める


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

「好きな歌をうたいたいけど、声が上手くでない・・」

だから、声が上手く出せるようにボイストレーニングやボーカルレッスンを受けようと思いますよね。

 

これまで、

あまり歌を歌って来なかった人と、

自己流でガンガン練習してきた人では「発声の癖の付き方」が変わってきます。

 

間違った喉の使い方で練習してきた時間が長い人ほど、正しい喉の状態に戻すのが大変になります。

 

つまり、悪い癖が喉にしみ込んでしまっている状態。

 

発声の悪い癖は、反射的に喉が動いてしまい力んでしまうのです。喉や首まわりをマッサージしたり、脱力意識で改善できればいいのですが、そういう簡易的な事では難しい。

 

だから、早い段階で発声改善する必要があります。

 

もちろん、日々、会話するぐらいの音域や声量であれば、ほとんどの方は、何も不自由はないでしょう。

 

 

しかし、歌手を目指している、カラオケ上達させたい、ステージで歌っていきたいという人にとっては、発声でつまづいてしまっていては、その先に進むことができませんよね。

 

そして、その自己流の発声で作られた「癖」は、みんな微妙に違います。だから、万人に当てはまるエクササイズというものがないのです。

 

みんな声質も違いますし喉の動きも違います。

 

Loose Voiceでは、体験レッスンで、

「なぜ、理想の声がでないのか」その原因と解決法をお伝えしていますので、歌声で悩んでいる方は、ぜひ、一度、受けてみて下さいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪