ハイラリンクスって何だろう?


ハイラリンクスという言葉。英語表記にしますと「highlarynx」になります。highは「高い」、larynxは「喉頭」という意味です。

 

つまりハイラリンクスは「喉頭の位置が高くなっている状態」を指す用語です。(喉頭は、いわゆるノド仏のこと。)

 


なぜ、こんな言葉がボイストレーニングに出てくるのかと言いますと、発声時「喉頭があがる」状態が起こり、その状態になった時は、声に変化が起こります。具体的には、声に芯が入り「カーン」とした明るい響きの声、キンキン声、になります。

 


ハイラリンクス状態に「良い 」か「悪い」は、ありません。明るいカーンとした音色がほしい時は、敢えてノド仏をあげて歌う歌手もいます。


ただ、人によっては、ハイラリンクスを改善した方が良いだろう、という人もいます。


では、どんな人が改善すべきなのか??

 

 

◆発声時、常に、ハイラリンクスになってしまう人
特に、中音域~高音域あたりになると、ノド仏は上がりやすくなります。高音域になっても、ノド仏があがり過ぎない状態も作れるようにしておきましょう。


◆喉に苦しさを感じる人
歌っている時に、喉が苦しくなるという人は、ハイラリンクスとはまた別に、間違った喉の力みが入ってしまっています。改善方法として、ハイラリンクスを直すことで、総合的に、喉の力みを取っていくことができます。

 
◆深い音色の声を出したい人
音色として、ハイラリンクスは、カン高い印象の声になるので、太く深い響きのある声にはなりにくい。自分の声が、子供っぽく聞こえる、軽い感じの声に聞こえるから直したい、という場合は、改善していくべきでしょう。

 

 

ノド仏が上がる人は、それが「癖」となっている人が多いです。癖とは、無意識に行われるもの。改善するためには、そうしないように意識しなければなりません。

自分の目に見えるものであれば、意識して改善できますが、喉の中は見えません・・!

 

そこで重要になるのが「間違った記憶の書き換え作業」です。

 

重要はヒントになるのが、裏声発声です。

裏声発声は、高音でも喉に苦しさは感じにくい。しかも、声は同じ声帯から生まれている。この事実が、ハイラリンクス改善の足ががりになります。

 

実際のレッスンでは、喉詰め発声を改善する具体的な練習法をお伝えしています!

興味がある方は、ぜひ、お気軽に体験レッスンを受けてみて下さい。

 

 


ボイトレに苦労は要らない


「あなたはボイストレーニングに、どんなイメージを持っていますか?」

 

きっと「鍛える」というように、

少し大変なイメージを持っているかもしれませんね。

 

でも、本当は、歌声を変えるのに苦労は要らないのです。

 

ボイストレーニングで苦労している人は、答えが見つからず、迷子になってしまっている人です。独学で色んなトレーニング方法を行っていて、一体、どれが正解なのが分からなくなっています。

 

そうすると、声を変える事に「苦労」を感じてしまいます。

 

 

ボイトレで苦労しない為には、練習をする前に、声の出し方の答えに気づくこと。答えを先に見つけてしまうと、苦労は必要なくなります。

 

 

ボイストレーニングをしなくても、もともと、歌が上手いという人は、声の出し方に気づいている人です。つまり、気づいている人はトレーニングが要らない。それくらい、難しいものではなく、とても簡単な事なのです。

 

 

ボイストレーニングで苦労をしてほしくないので、Loose Voiceでは、その答えをレッスンでいち早く、お伝えしています。早く自分の歌声に変化を感じたいという人は、ぜひ、一度、スタジオで、あなたの声を聞かせて下さい。

 

その場で、改善のアドバイスをします。

歌声で悩んでいる人は、お気軽にお申込みくださいね。

 

あなたにお会いできるのを、楽しみにお待ちしております!

 

体験レッスンのお申込みは、こちらから↓↓

 


喉声を改善するならLoose Voice!


『あなたは歌っている時に、喉が苦しいと感じたり、声が詰まっているような感覚を味わったことはありませんか?』

 

これは【喉詰め発声】をしている状態です。

 

喉詰め発声とは、喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することで、声の自由が奪われている発声状態を言います。


この喉詰め発声をしている事で、

歌声にどんな影響があるのか??

 

それは、、

 

◗ 息が足りなくなる

◗ 高い声が出しにくい

◗ 声がキンキンする

◗ 歌うのが大変に感じる

◗ 声が嗄れる

 

といった良くない影響が出てしまいます。

 

カラオケなどで、叫ぶように歌ってしまっている人は、おおよそ、この状態にあります。ストレス発散をしているようで、実は、喉にストレスを溜めてしまっているんです!

 

聞いている人から喜んでもらえるような歌を歌う為には、喉詰め発声を改善する必要があるのです。そして、何より、歌っている本人の気持ちよさが違います。

 

 

Loose Voiceは、発声専門ボイスレッスン!

 

声が生まれる喉の仕組みに基づいたレクチャーにより、正しい発声法を学ぶことができます!

 

初回レッスンで、すぐに、あなたの声が出しにくい原因と、理想の声を出す為の方法をお伝えいたします。「喉詰め発声を直したい!」本気で思っている方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

歌声が良い方向に変わる事をお約束します!

 

 

体験レッスンお申込みは、以下のフォームよりお願いします。

 

まずは、お気軽に、お申込み下さい。


喉詰め発声のメカニズムについて


《喉詰め発声とは》

喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することにより、
声の自由が奪われている発声状態を言います。
本人の体感的には、歌っている時に「喉が苦しく感じる」といった状態になります。

喉詰め発声になってしまう原因は、大きく、2つのパターンが考えられます。


もし、あなたが喉詰め発声だとしたら、
どちらのパターンであるかは、実際に声を聞いてみないと判断は難しいのですが、
そのメカニズムを知っておくことで、解決の糸口を見つけやすくなります!


歌っている時に、喉が苦しく感じるという人は、ぜひ、読み進めていってくださいね。

 

 
その1.【喉頭(のど仏)の上昇により気道が圧迫】

喉頭は、のどの中にある、沢山の筋肉によって吊られている状態にあります。
ですので、いずれかの筋肉に過剰な力を入れれば、上下に動かすことができます。
喉周辺がリラックスしていれば、喉頭は上下に大きく動くことはなく、ある程度の定位置を保ってくれます。

しかし、喉頭を上に持ち上げる筋肉に、必要以上に力が入ると喉頭は上昇します。

 

上昇する事で、何が起こるの??


気道や喉の空間が狭くなり、響きが浅くなります。
いわゆるキンキン声や、子供っぽい声になります。
少々、聞き苦しく感じられる声(歌声が単調だ、深みや豊かさが無い、苦しそうに聞こえる、幼い声に聞こえる)の印象がある声です。

 
喉頭は、筋肉で吊られており、上下に動かせると言いました。
という事は、下げる筋肉も存在するわけです。
クラシックやオペラなどの発声は、喉頭を意識的に下げることで、深い響きを作っています。

これが原因の場合は、無理やり喉を下げたりしてはいけません。逆効果になります。
まずは、喉周辺の筋肉に柔軟性を持たせることが、先決になります。

 

 
その2.【声帯を強く閉すぎている】

首や喉周辺の力は抜けているけれど、声帯を強く閉じすぎている場合です。

声帯の間を息がスムーズに流れなくなるほど、強く声帯を閉じてしまうと、「声」が出ているというよりも、「声帯のぶつかり合う音」が出ているという印象になります。「あ”ぁぁ、え”ぇぇ~」のような音。それでは、美しい音色は生まれません。

 
声帯を効率よく動かす為には、その閉じ具合に加減が必要です。
ある意味、過剰な力みを入れてしまっている状態です。
この場合は、普段のおしゃべり声を基準にしてみると、すぐに改善できると思います。それ以上は、力みを入れないように、気を付けて発声をしてみましょう!

 

特に男性は、強く、大きく、ダイナミックに!!という、パワー勝負的なマインドを持っていますので、無理をしてしまいがちです。

声は楽器です。どんな楽器でも『響き』に、人は心地よさを感じます。
そこに、パワーは要りません。
ギターでもピアノでも、軽いタッチで演奏しているからこそ、美しく心地よい。
いつまででも、聞いていたくなるものなのです。

喉詰め発声からの脱出は、その癖が定着してしまう前に行うことが重要です。
喉に苦しさを感じる人は、一度、正しいボイストレーニングを受けてみましょう!!

 

 

 

***

Loose Voice では、随時、体験レッスンを実施しております!

歌声で悩んでいる方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

理想の声が出ない原因を、アドバイスいたします。

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にエントリー下さい。

 


第一声目でお腹を力ませない


 

歌っている時、お腹への意識の持ち方は、かなり個人差があるようです。
インナーマッスルに力を入れる、ぐいぐい凹ませる、前に突き出す、軽く支える、特に意識しない・・、など。


いったい、どの意識&状態が発声上、都合がいいのでしょうか。

 
これは、実際に自分で、色んな方法を試してみる事を、お勧めします。
それは、誰かと同じ意識をしてみても、お腹の状態が同じになっているとは限らないからです。

皆それぞれ、動かし方や使い方が微妙に違うので、自分に合った、声の出しやすいお腹の状態を作ってみると良いと思います。

とはいえ、参考までに、お伝えいたします。

 
お腹の「良い状態・悪い状態」

僕自身、また、生徒さんにも協力してもらって、お腹の動かし方によって(高い)声の出しやすさを確認しました。


以下のパターンで実施。

 
①へその上(腹筋)を、第一声目から「ぐっ」と力を入れる
⇒ これは、一番、声に悪い影響が出ました。反射的に喉や声帯に、過剰な力みが入り、声がつぶれます。「6個に割れる腹筋」は、使わなくてもよいです。

 


②へその下(丹田)を、第一声目から「ぐっ」と力を入れる
⇒ 一般的には、この方法がスタンダートに広まっていると思います。ただ、第一声目から力を入れると、あっという間に、息が足りなくなるケースが多いです。また、高音発声時に、力を入れるとやはり喉に過剰な力みが入ることがあります。

 
③お腹は、凹ませない。(膨らんだままをキープ)
⇒ まったくお腹には力を加えないという状態。実は、これが一番、声が出る!という結果に。なぜかと言いますと、この状態は、横隔膜が下がっている状態を維持できているからです。

 
④お腹を突き出す(主に、高音発声時に)
⇒ この方法は、高音部分以外は③の状態で歌い、高音発声の時に、お腹を前に突き出してみました。結果、気道が開く(喉が楽)感覚があり、発声が楽に感じます。ただ、音程が下に引っ張られる感じがあり、ピッチコントロールを上手にする必要がありました。※お腹を下方に下げるというイメージに近いかもしれません。

 

【まとめ】

◆現実としてグッドな、お腹の状態は、
歌っている時は、常に横隔膜が下がっていること。(お腹まわりが膨らんでいる)

◆意識レベルでコントロールできることは、
歌っている時は、お腹は凹ませない、力を入れない。ふわっと、風船のように常に膨らんでいる状態を保つこと。

ぜひ、これは、実際に試してみてください。



かなり声が出しやすくなると思います!じゃあ「歌う時は、お腹に力をいれてー」って、一体なんだったの?と思ってしまう人もいると思いますが、「力の入れ方が違う」と思って、実践してみてください。

 

最後にもう一度、
歌っているときは、常に、お腹が膨らんでいる状態をキープする。
内側に凹んでくるような力は、無理に入れないこと。なので、ほぼ、お腹に力はいらないのです。