喉が上がる人は顎を引いてみよう


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉が上がって苦しい・・という人に。

 

その状態を緩和させる方法として「顎を引く」という事を試してみてください。

 

顎を引いただけで、一気に解決されるわけではありませんが、喉が上がりにくい状態を作る手助けになります。

 

「喉が上がる」のは、音程を上げるために、反射的に喉の空間を狭めようとしています。本来は、声帯を運動させてあげる必要があるのですが、声帯が上手く動いてくれないと、喉を上げる代替運動をして音程を高くしているのです。

 

 

練習方法としては、手で軽く顎を抑えて前に出ないようにし、軽く口角を上げておきます。そして、そのまま、「へ」などの一つの母音で発声をしてみる。

 

息を前に流しながら優しめの地声で声を出していきます。音が高くなると、顎を動かしたくなると思いますが、なるべく、動かないようにキープします。

 

力みが入りそうになったら裏声に切り替えます。

 

ポイントは、「息を多めに吐く」「口角を上げる」という事です。

 

ぜひ、試してみてくださいね!

 

****
仙台で話題ボイトレ!日本ボイスアドバイザーが指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

 

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。


喉が上がる事の対処はどうすべき?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高音になると喉が上がる現象について。

 

高音時の喉の運動を考えれば、多少、喉は上がり前下に傾くことになるので、上がる事は自然なことと考えられます。

 

しかし、一定の高さ以上に上がってしまうと、気道も狭くなり声帯コントロールが上手くいかなくなるので詰まった声になり伸びやかな発声が得られなくなります。

 

では、喉が上がり過ぎてしまう場合、どうすればよいのか?

 

 

一旦、声の音色を無視して喉を下げるトレーニングを行う

 

喉が上がるというのは、これまでの発声の癖なので、かなり根気よく丁寧に改善していく事が大切です。

 

完全に上がらなくなる状態を目指すのではなく、あくまで体感ベースで苦しくない状態になれば大丈夫です。

 

喉を下げながら発声をすると、合唱や声楽のような音色になり、あまりポップス向きではない声になりますが、これは「改善のための一時的な音色」と認識しておきます。

 

また、喉を下げて発声をすると、喉は楽になりますが高音が出しやすくなる訳ではありません。むしろ、声の響きが胸(チェストボイス)になるので、音程が上げづらく感じる事もあります。

意識的に喉を下げるという事は、上がってこようとする喉を過剰な力で抑えている状態なので、声帯運動としては、やや不便になります。

 

それでも、喉の安定を優先して進めていきます。

 

 

■同時に、喉の上昇は考えず、声帯運動のトレーニングも行う

 

上記にも言いましたように、喉の安定化は、ある程度時間がかかります。

 

それが完成されるまで、他の練習をしないのではなく、同時に高音を出すための声帯運動も行います。

 

この練習を行わないと、喉が安定したとしても高音を出す事は難しいでしょう。喉が上がって多少、つらい・・という状態であっても、無理のない範囲で高音を出すトレーニングを行います。

 

 

発声状態には個人差がありますので、どれくらいの力加減で、どれくらいの音まで練習をすべきかはトレーナーに判断いただくのが良いと思います。

 

「喉を下げる」というのは、ギターで例えるところのボディーづくり。

 

「声帯運動」は弦の使い方を覚えること。

 

この2種類の練習を同時に行っていく事で、響きのよい音色を奏でる事ができます。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

****
仙台で話題ボイトレ!日本ボイスアドバイザーが指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

 

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。


喉締め発声の人が最初にやるべき練習


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉締め発声で悩んできる人に、まず、初めにやってほしい練習は「息漏れ裏声」を出す事です。

 

これはボイストレーニングを行っていく上で基盤となる、とても重要な声になります。息漏れ裏声が出せて、ある程度、音階を移動できるという状態は、喉に柔軟性があるという目安になります。

 

喉締め発声は、過剰な締めつけがある状態なので、一旦、喉周りを緩めなければいけません。

 

この緩めるという練習が「息漏れ裏声」になります。

 

地声ではなく裏声なのは、喉締めの原因でもある、声帯を強く閉じてしまう運動を抑えたいからです。いきなり地声で行うよりも裏声の方がやり易いのです。

 

息漏れ裏声を出すためには、喉ぼとけの上昇を抑えつつ、声帯を開き気味にしておくという2点がポイントになります。

 

息が8割、声が2割ぐらいのイメージで発声できるようにします。その状態で音階を上げたりしていく事で、締めつけ無くても音階が上がるという感覚を掴んでいきます。

 

それと同様の感覚を地声でも行う事ができたら、喉締めは改善されていくでしょう!

ぜひ、トライしてみてくださいね。

 

 

****
仙台で話題ボイトレ!日本ボイスアドバイザーが指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。


エッジボイスからヘッドボイスに移動する練習効果


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高音発声の練習でエッジボイス(地声)からヘッドボイス(裏声)に繋ぐトレーニングがあります。

 

これは、声帯に一定のテンション(閉じる)を加えながら、音程を上げていく事で発声のバランスを整えていく事ができます。

 

高音になると、

 

・息を多く吐き過ぎてしまう

・叫んでしまう

・喉を締めてしまう

・音程が上がらなくなってしまう

 

などの状態を改善する効果が期待できます。

 

この練習をする時、ひとつ注意があります。

 

エッジボイスは、強めに声帯を閉じている状態なので、その状態から音を上げてヘッドボイスに向かう時に、エッジボイスを引っ張り過ぎてしまい、ヘッドボイスが苦しそうな声になってしまう事です。

 

これは、声帯の使い方としては「△」な状態です。

 

一定の声帯閉鎖をしながら音を上げていくので、呼気も、ほぼ一定になります。しかし、エッジボイスを引っ張り上げてしまうと呼気が少なくなり、音が上がりにくくなります。

 

この点が、少し難しいところでもあります。

 

もし、ヘッドボイスが苦しくなって詰まり気味になる人は、先に、ヘッドボイスだけを出してから、そのゴールの声になるように、エッジボイスから上げていくと上手くいくと思います。

 

ぜひ、試してみてくださいね!

 

****
仙台で話題の日本ボイスアドバイザー指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。


喉締め発声の3つのタイプ別


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉締め発声には、いくつかの症状別タイプがあります。

 

今回は、その3タイプをご紹介しますので、あなたは、どのタイプに該当するのか確認していただき、自主練習の参考にしていただけたらと思います。

 

 

【タイプ①】

声帯を強く閉じ過ぎる

 

これは、低音を出す時の発声のまま、高音を出そうとしている状態になります。勢いや、力づくでは音程を上げる事はできますが、苦しそうに聞こえたり、声が詰まって聞こえたりします。

 

改善方法としては、声の音色を、裏声と地声で揃えるような練習をする事で、喉の使い方を覚えていくのが良いと思います。

 

例えば、同じ音を、裏声と地声、両方で発声して、声の音色が似てくるようにします。

 

 

 

【タイプ②】

喉ぼとけが上昇し過ぎる

 

喉ぼとけが完全に上がりきると息が止まってしまいます。多少の動きであれば、発声に、そこまで影響はないのですが、高音になるに比例するように上がってしまいますと、呼吸がしにくくなり苦しくなります。

 

喉ぼとけを無理やり下げて歌う事は、よくありません。

 

あくまでも、自然体で安定した場所に留めておくようなイメージがベストです。

 

しかし、喉の運動の癖として、引き上げてしまう筋肉が過剰に働いている場合は、一時的に、意識して喉を下げて発声を行う事で、バランスを取る感覚を身についていくと良いです。

 

 

【タイプ③】

タイプ①+タイプ②の合併

 

喉ぼとけが上がる事と、声帯を強く締めてしまう事が、同時に起こっている状態になります。実は、このタイプが一番多いかもしれません。

 

特に男性は、日常生活でも声を張り上げてしまう事が多いので、喉ぼとけを上げて叫んでしまうような発声の癖がつきます。

 

そして、気道が狭くなると同時に、声帯にも圧力がかかり過剰に閉じてしまいます。この場合は、両方の改善練習を平行して行っていく必要があります。

 

 

*****
仙台で話題の日本ボイスアドバイザー指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

 

 

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。