喉締めが解消されると気にしなくてよくなるルール


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時、または発声練習をする時、さまざまなアドバイスがあります。ボイストレーニングを受けている人は先生から、独学で学んでいる人は参考書や動画から。


それには、どういう意図があるの??


それは、喉締め発声などで声が出しづらいという人に対して、少しでも喉に負担をかけず楽に出せるようになってほしいから、簡単に実践できることを、まずは、お伝えしているのです。


歌う時に、絶対その通りの事をしなければならないわけではなく、あくまで、それらのアドバイスは「喉へのストレス(負荷)予防策として有効であること」と思って頂ければよいと思います。


さて、今回のお話は、喉締め発声が解消できたら、発声時に気にしてなくてよくなるルールのお話しです!

 

「この先生とあの先生の言ってることが違う!?」みたいな混乱を招かないようにする為にも、ぜひ、読み進めてみてくださいね。

 

 

【気にしなくてよくなるルール】

 

①姿勢

 

基本は、背筋を伸ばして真っすぐ立つ。

 

横から見た時に、背骨と首が一直線になっているような感じ。これは、猫背で顔が前に出ていると、頭の重みで首周辺に負担がかかるのを防ぐために、そう言われています。

 

 

でも、歌手は、ダンスしたりジャンプしたりして歌っている方もおりますよね!なので、喉がリラックスさえできれば、自由なスタイルでOKになってきます

 

 

②舌の位置

 

基本は、舌先を下の歯の裏あたりに触れておき、舌の真ん中は、おわんのように窪んでいる状態が理想と言われます。ただ、言葉をしゃべれば、舌は自然と動きます。舌に余計な力が入らないようにと、発声トレーニング時は、そのようなアドバイスがされます。

 

 

また「舌の位置と声は関係ない」という体感を得る為に、舌を「べー」と出して行う発声練習もあります。

 

という事は、つまり?! 

 

 

舌の位置は、どこでもよくて声(音色は少し変わる)に影響はしないもの。しゃべっている時と同じく、自然に任せた状態でいい、という事がわかります。

 

 

③喉ぼとけの位置

 

喉ぼとけは、よく話題にあがりますよね。

 

喉ぼとけは、基本、無表情の時にある位置から、あまり動き過ぎない方がよいのですが、どうしても上がってきてしまう人に対しては、あくびをするように少し下げましょう、というアドバイスがされます。

 

 

要は「上がってくるのを前提に下げ気味に設定しておこう」

 

ということなのですが、それでも、上がる人は上がります。そして、下げようという意識で余計に力が入り悪循環になるケースも多いです。

 

 

「喉ぼとけは上がっていてもよい」という意見は確かにそうなのですが、大事なポイントは、意図してあげているのか、自然にあがっちゃうのか、です。

 

 

意図してあげている人は、コントロールできているので、苦しくはないでしょう。でも、自然にあがっちゃう人は、それでいいんだと言われても、「いや、苦しいよ・・」と感じでしまうはずです。

 

 

これもやはり、喉締めが解消できている人に対しては「あがってもいい」でよいですが、喉締めの人には、まずは、脱力するところを優先してレクチャーしていくことになります。

 

 

④顎を引いて歌う

 

歌う時は、顎を上げないで軽く引きましょう。

 

喉締めの場合、顎を上げて声を出すと、更に、苦しくなり声が非常に出しにくくなります。

 

 

でも、歌手の中には、顎を上げて斜め上を見ながら歌っている歌唱をよく目にすると思います。もちろん、パフォーマンスの一部として行っている方もいらっしゃると思いますが、おおよそ、高音を出す時に顎を上げる場合が多いです。きっとその方が出しやすいからなのでしょう。

 

 

喉がリラックスできていれば、少し顎を上げた方が、喉の空間を広げられ、高音を出す時の声帯コントロールがしやすいという感覚があるのだと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

喉締めが解消されれば、色んな事が自由になり、歌う事が楽になるという事ですね。でも、今、声が出しにくいと感じている人の場合は、どうでもよいんだと思わずに、しっかりと指導者のアドバイスを聞いて練習してみてくださいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


喉(喉ぼとけ)の位置が安定すると?


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

歌っている時は、喉の奥をしっかり開けよう、喉を少し下げよう、などとよく言われる事があります。喉が上がる癖がついている人にとっては意外に難しいもので、改善されるまでには、ある程度のトレーニング期間が必要なもの。


では、いったい、喉(喉頭)の位置が安定すると、どういったメリットがあるのでしょう?


今回は、喉の安定することのメリットをお伝えしていきます!

 

 

◆メリット①:声が楽に出る

 

何といっても歌っている時に、楽に声がでる。
喉にストレスを感じにくくなるという事です。


普段おしゃべりしている時は、喉に何の違和感やストレスもなく声を出していると思います。喉が安定していると、その状態と同じく、楽な状態で歌う事ができます。
特に高音で苦しく感じる「喉詰め発声」にならずに済みます。歌っていて本人が気持ち良くない原因の多くは、ココにあります。

 

 

◆メリット②:地声⇔裏声の行き来がスムーズ

 

喉に余計な緊張がないぶん、ボイスコントロールが容易になります。


地声と裏声の境い目で「コロッと」声の音色が変わったり、急に声量が落ちてしまったりすることが無く、地声と裏声の行き来がスムーズに行えます。


また、地声⇒裏声、裏声⇒地声、などに移動したときの音程が取りやすくなります。特に「裏声⇒地声」への移動は、喉頭が高い位置にあると非常に音程が取りにくくなります。あと、ボリュームがいきなり大きくなる。。そんな悩みが解決し易くなるでしょう。

 

 

◆メリット③:声の音色が綺麗になる

 

少し感覚的な表現になりましたが、喉が安定しているという事は、共鳴空間の広さも安定しているということ。


なので、低音~高音まで、どの音域をとっても声に豊かな響きと深みを作り出すことができます。

キンキンした声、うるさい声、鼻声など、歌声としては心地よくないような声を軽減させることができます。自分の声を録音した聞いた時の違和感も、無くなってくるでしょう。

 

 

喉が安定していることでデメリットはありません。

今回のお話しで、いろんな面においてメリットがあることが分かったのではないかと思います。ぜひ、あなたのボイストレーニングの参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪

 


喉の共鳴空間を狭める高音デメリット


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

高い声は、声帯を上手く調整することで発声することができますが、もう一つ、「喉の共鳴空間を狭める」という方法があります。


音を響かせる空間を狭めることで、高い音を作る。

 

管楽器などをイメージしてもらうと分かりやすいと思いますが、大きなボディーの楽器よりも、小さなボディーの楽器の方が高い音が出せる。そんなイメージです。


実際に、その方法で高音を出している人は「声帯の調整」+「喉の奥の空間を狭める」を同時に行っていることがほとんどだと思います。


その方法でも音は上がっていきますし、喉詰め発声までには至っていない状態なので、何もツライことなく声は出せるのですが、いくつか、デメリットとなりうることがありますので、今回は、そのお話しです。

 

 

◆①音色が少しかん高い声なる

楽器の共鳴空間を狭めている状態に近いので、どうしてもかん高い声の音色になりやすい。


録音して聞いたとき、少しうるさく感じたり、辛そうな声に聞こえるかもしれません。また、声の深みが薄れてしまっているように聞こえたりもします。

 

 

◆②安定性に欠ける

 

喉の共鳴空間を毎回同じ形に調整するのは、至難の業!

 

少しでもバランスが崩れると、「昨日は上手く出たのに、今日は出ない」という状態になったり、十分アップをして声はあったまっているはずなのに、いざ人前で歌うと、声が出しにくい、声が震える、喉に緊張を感じる、、などの状態になりやすい。

 

 

◆まとめ

敢えてかん高い声の音色がほしい場合以外は、なるべく、喉の共鳴空間は変えずに、声帯だけをコントロールして高音を出すようにした方が、あらゆる面で声の安定感が得られます。


この「喉の空間を狭めている」というのは、実際、本人が、そうしているとこに気づいていない場合がほとんど。なので、歌声を録音して、自分で聞いた時に、高音の声の音色に違和感がないかどうかをチェックしてみる必要があります。


その時に「あっ、音色が変わった(カン高い感じ)!」と思ったら、ぜひ、今回のお話を思い出してみてくださいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


胸式呼吸のデメリット


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時は「腹式呼吸」が良いと言われます。
では、逆に、胸式呼吸ですと、どんなデメリットがあるのでしょうか?

決して胸式でも歌えないわけではありませんが、これほどまでに「腹式」が浸透しているのには理由があります。

今回は、胸式呼吸のデメリットについてのお話しです。

 

 

◆息のコントロールが難しい

 

胸や肩周辺が膨らんで、お腹がへこむように息を吸ってみましょう。
その後、なるべく長く一定の息を吐きつづけようとすると、どうでしょうか?

おそらく、数秒で息は無くなってしまいますよね。また、その間、上半身の緊張感もスゴイで。。その状態は、喉周辺の筋肉にも力が入り易くなりますので喉に力みが入る人は、更なる、助長をしかねませんので、注意が必要です。


このように、ゆっくりと長く一定量の息を吐く為のコントロールが難しいのです。

 

◆大きな声に向いていない

 

強い息を送り出す為には、腹部の筋肉運動(横隔膜)が欠かせませんが、胸式呼吸の場合、その筋肉が使えない状態となってしまうので、強い呼気圧が生み出せず、大きな声が出しにくいのです。


そして、胸式呼吸で大声を出そうとすると、力を体の、みぞおち辺りに集中させるような力みを加えるアクションをしてしまう場合が多いので、ウルサイ声がでてしまいます。(←歌声としては良くない声)

 

胸式でも歌えないわけではありませんが、より安定した歌声を届ける為には、やはり腹式呼吸は必須!


胸式呼吸で歌いにくい、、と感じていた方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


お腹に力を入れると声はどうなるの?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

声を出す時、お腹に力をいれるとどうなるか??

 

実は、あまり必要のないものかもしれませんよ。

歌っていて声が嗄れたり、喉が痛くなる人は、ぜひ、読み進めてみて下さい。

 

 

◆人の反射運動

 

人間には、一つのアクションに対して、反射的に行ってしまう(連動)運動というものがあります。

例えば、

・急に、顔の前で手を叩かれたら目を閉じてしまう。

・右足を出して歩きはじめる時、左手が前にでる。

・息を止めると自然に口も閉じる

こういった連動運動は、ごくごく自然なことであり、無意識に行っていますよね。声を出す事も日頃は、自然に行っているもの。


でも、歌声となると、ついつい声をを作り込み過ぎてしまい、必要の無い部分にまで意識を持ってしい、逆に声が出しにくくなる場合もありますので、注意が必要です。

 

◆連動して声帯を強く閉じてしまう


何か重いものを持つ時、または、運動会で綱引きをしている時を、想像してみて下さい。

腰回りや下半身に重心をおき、いざ、力を込める時「お腹に踏ん張り」を入れますよね。そして、その時、ほぼ間違いなく、息を止めるはずです。


息を止めているという事は、声帯を強く閉じている(声がでない状態)という事になります。(逆に、息がふわーと漏れてしまうようでは、身体に力が入りませんからね!)


チェックポイント♪
お腹に力を入れる → 声帯を強く閉じる(息が流れない=声も出ない)


この状態で無理やり声を出すとどうなるか??

声が嗄れます。
(綱引きしながら歌う想像をしてみましょう・・"(-""-)" )


もちろん、声を出す為には、声帯を閉じる必要がありますが、そこに息が流れなくなるぐらい閉じてしまっては、喉に相当の負担をかける事になります。


普段の会話をしている時で、十分に声帯は閉じています。歌声であっても、それ以上に、過剰に声帯を閉じる必要はありません。

(もともと声が弱い場合は例外ありますが。)


安定した息を送り出すために、じっくりお腹を使う方法はあっても、筋トレの腹筋をするような「ウッ!」という力は、実は要らないのです。


声が嗄れやすい人、喉が痛くなる人は、ぜひ、自分のお腹をチェックしてみてくださいね!

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪