仙台ボイストレーニング【喉声の改善】


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今日は、喉声についてのお話しです。

一般的に言われている「喉声」とは、どういったイメージがあるでしょうか?

 

きっと、

 

・苦しそうな声

・平べったい声

・うるさいと感じる声

・喉を傷めそうな声

 

このような印象を持つ声だと思います。

ここで、確認したいポイントとなる事が、一つ、あります。

 

それは、実際に声を出している時に「喉が苦しいと感じているかどうか」です。もし、苦しさは感じない、という場合は、いい意味での「喉声」つまり、あなたの地声をしっかり発揮できている声ということと言えます。

 

「でも、自分の声が好きになれない!」

という印象を持ってしまうのは、声を響かせることができていないからです。なので、喉声を直すのではなく、響きを作るトレーニングをすれば、あっという間に、歌声が変わります。

 

 

悪い意味での「喉声」は「喉詰め声」と表現されるように、気道を圧迫してしまっている声です。この状態になると、音程、声量、共鳴、すべてに悪い影響を与えてしまいます。

 

その場合、行わなければならないのは、「余分な喉の力みをとること」です。Loose Voiceでは、その「喉の力み改善」に特化した、ボイストレーニングが特長です!

 

発声がなかなか上手くいかない、、と悩んでいる方を、日々スタジオで、強くバックアップしています。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!
体験レッスン実施中!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより。
お気軽にどうぞ!

 

 


正しい喉の感覚への書き換え


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

発声で悩みを抱える人の多くは、間違った喉の感覚を覚えてしまっています。必要なのは「正しい喉の感覚への書き換え」

 

 

◆現状を維持しない

 

発声が上手くいかないのは、何かしら間違った喉の使い方をしている可能性があるということ。喉の動きは、反射的に行われてしまうものです。

「高い声を出すぞ!」と頭の中で思い、それを口から出す時に、人は反射的に喉の奥で声の高さの調整を図ります。

 

喉の使い方に正解・不正解はありませんが、唯一、不正解という判断の目安になるのが、「喉が苦しい、詰まった感覚がある、声が枯れる」などの症状がある時と言えます。


これらの症状を感じている状態で、無理をして歌えば歌うほど、間違った喉の使い方を体が覚えてしまいます。結果、書き換え作業に時間がかかることになります。

 


 

◆反復練習が効果的

 

ボイストレーニングにより、今まで出せなかった高音が楽に出せるようになるのは、

さほど難しいことではありません。

 

重要なのは、その楽に出せた時の体感を自分でコントロールできるようにすることです。


それができないと、歌の中では、また苦しい発声に戻ってしまいます。自分の体に記憶させる為に必要なのは、何といっても「反復」。今日できたからといって明日もできるとは限らないからです。


今までの「癖」は、すぐにまた、ひょっこり顔をだします。それを戻す、また癖が出る、戻す・・、このくり返しを根気よく行うこと。そうしていくうちに、悪い癖は顔を出さなくなり、書き換えが成功します。

一度つかんだ正しい感覚は、手放さないように、忘れないように、毎日声を出して喉に記憶させていくようにしていきましょう!

 

 

*****

仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

Loose Voiceでは、体験レッスンを受け付けております。

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。

お気軽にどうぞ!


「舌」を脱力させる方法


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose Voiceです!

 

◆舌を脱力させること

 

発声をするうえで、大事だといわれる「脱力」
特に「舌、顎、首まわり」には、余計な力みは無い方が、効率的な発声を行う事ができます。その中でも、力みが入っているかどうか、外的から判断しやすいのが「舌」です。


口内や喉の奥は多数の筋肉で複雑に繋がっています。首まわりに力が入り「喉詰め発声」になっている場合、舌を脱力させることで解消されることもあります。

 

◆脱力舌の作り方

 

「声を出すこと」と「舌の緊張」は、無関係という事を体感する。

 ①口を半開きにします。
(ヨダレが垂れそうな感じ)

②舌を下唇の上に軽く乗せます。
(舌の出し過ぎに注意)

③低い声で「あー」と声を出してみる。
(「あ」と「え」の間くらいで言葉でOK)

舌に力みが入ったかを確認しながら、この手順で声を出してみて下さい。きっと、低い声であれば舌の力みは感じられないはずです。つまり「声を出す=舌の力み」とならないことが分かったと思います。

 

慣れてきましたら、高い音でも練習してみると良いでしょう。参考にしてみて下さいね!

 

 

*****

実際に、ボイストレーニングを体験してみたい!という方は、以下のお申込みフォームよりお願い致します↓↓ お気軽にお申込み下さいね!

 


喉から意識を外す 

喉に余計な力みが入る

 

歌っていると、特に高音域で喉に余計な力みが入ってしまう。
喉に力を入れるつもりはないのに、自然と力んでしまう。

この原因を心理的な方面から推測するに、低音は大丈夫なのに高音になると、、という場合は、高音の喉の使い方(声帯の閉じ方)が分からないために、反射的に喉回りの筋肉で無理やり声帯を絞めつけて音程を上げようとしていることで起こっていると考えられます。

しっかりとした声を出す為には、音域に関係なく、声帯を閉じるというアクションが必要。でも「高音を出しながら閉じる」が分からない。

 

 


◆喉以外に意識を向ける

 

喉に余計な力が入る人は、声を出す時、意識がかなり喉に集中している場合が多いです。意識を向ければ向けるほど、力みを助長してしまう場合があり、脱出法を見つけられず悩んでいる人も少なくありません。

喉の脱力は「喉を鍛える」という事では解決されない。


ただ、喉が脱力できればよい。

 


改善法の一つをご紹介します。

まずは、声について少し意識を変えてみましょう。

 


声は声帯の振動によって生まれますが、声を響かせて大きくするのは体の空間です。という事は、このようなイメージを持つことができます。


『声が(正確には息ですが)声帯を通過して体に響いて外に出ていく』

例えば「鼻(鼻腔)に響かせた声を出そう」と意識すれば、意識は喉から外れますので、一瞬にして楽な状態を作れる可能性があります。鼻に響かせようと意識をしているにも関わらず喉に力みを入れることは、逆に難しく感じると思います。

現実として、そのようにして、声は共鳴によって増幅するものなので「喉」に意識を持ち過ぎない事も、楽な発声への大きなヒントになります!

 

喉の力みで悩んでいる人は、ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

***

喉の仕組みに基づく!!

仙台ボイストレーニング Loose Voice

 

歌の発声法で悩みがある、喉が詰まる感じがする、ボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越し下さい。

 

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームよりお願いします。

 


喉の力みで悩んでいる人へ【仙台ボイストレーニング】

歌う時「喉に力みを感じる」という人は少なくないと思います。

 

では、喉に力みがあると、歌にどのようは弊害があるのでしょうか?

あなたの現状と照らし合わせながら読み進めてみて下さい。

 

歌っている時・・、

 

高音が出しにくい

高音を張り上げて歌ってしまう

息が続かなくなる

自分の声が好きになれない

バラードに苦手意識がある

 

このような悩みを持っていませんか?

 

その原因は「喉の力み」にあるのです。

逆に言いいますと、喉の力みが改善されれば、歌声に、今までに感じたことがないくらいの自由が得られます。

 

歌に苦手意識を持っていたり、好きな曲を上手く歌えないと感じている人のほとんどは「発声法」に原因があります。

 

歌が上手い人は、喉に力みがないので、楽に声を出せる。

聞いている人は、心地よく感じるので、印象として「歌が上手い人」と思われます。

 

 

ですので、歌に苦手意識を持っている人は「歌が下手」なのではなく「発声法が良くない」と思ってもらえると原因がクリアに見えてきます!

 

 

***

Loose Voiceでは、発声改善を専門として、日々レッスンを行っています!「喉に力みを感じる」という人は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

同じ悩みや目標を持った仲間がレッスンをしています。

ボイストレーニングに興味のある方は、以下の「体験レッスン申込フォーム」より、エントリー下さいね!

 

お気軽にいらしてください。