発声の基本姿勢


歌手は、お客さんを楽しませるため、また、歌を表現するために、身振り手振りを加えながらパフォーマンスしています。実に説得力があり、立ち姿もカッコイイです。


歌っているジャンル(ロック、ポップス、ヒップホップ、ジャズ、演歌・・etc)にもよっても、その動きやシルエットは変わってきます。

 


あんな風に自由に動きながらも、しっかり歌えるのには、理由があります。

それは「体の軸が通っている」からです。

歌に限らずとも、「基本姿勢」というものがあります。その動作をスムーズに行なうために最も適した姿勢です。歌にもそれがあり、プロは、基本姿勢を軸として(保ちながら)自由にアレンジをして曲に合わせて動いているのです。

 


今回は、歌う時の「基本姿勢」のチェック項目をお伝えします。
誰でも簡単にできるポイントなので、ぜひ、実践してみてください。

 

 

 

***

 

◆3つのチェックポイント

①全身が脱力している状態

→これはやや誤解を生みやすいので、詳しくお伝えします。


「何かに構えないで自然と立つ」という事であり、決して、猫背で “だらーん"として、やる気がなさそうに見える格好ではありません。脱力は、しようと思ってできる事でもなく、「何も意識しない(構えない)」日常的な事なので、難しく考えすぎずにいて大丈夫です。

★ポイントは、鏡で見て、自分でカッコイイ立ち方に見えるかです。

【効果】歌の雰囲気に良い影響を与えます。リズム、音程、共鳴、が良くなります。

 



②バランスのよい安定した状態

→具体的には、左右肩幅くらいに足を広げ、背筋を伸ばし胸を張り、目線は真っすぐ。身長を測るときのような姿勢が分かりやすいイメージです。(足だけは閉じないで。)

重心は「ほぼ真ん中」でOKです。少しくらい押されても倒れないように、腰回りに、しっかり重みを感じて立ちます。もしかしたら、「つま先」や「かかとに」体重をかけて・・と、耳にした事がある方もいるのではないかと思いますが、それも間違いではありません。


要は、声を支える部分(丹田)に軸を持ちたいためなのです。歌っている時は、硬直せずに、多少前後に体重移動できるくらいでOKです。

【効果】腹式呼吸がしやすくなる。(ロングトーン、ハイトーン、声量アップ)見栄え、説得力、深い響きの声が得られる。

 

 

 

 

③[重要!]あごは、程よく引く

→ココが大事です!基本、あごは、少し引き気味にします。(※証明写真を撮るときのようなイメージ)引きすぎて、気道が狭くなったり、あごや首まわりに力が入らないように注意します。

ツバを呑み込んでみて、のどにストレスを感じるようですと、引きすぎNGです。
高音で顔をあげて歌いたくなりますが、「のどの脱力感」を得られる前に、そうしてしまうと、ほぼ間違いなく、のどに力が入ってしまい、高音が出しづらくなります。

【効果】「のど」の力み改善、高音発声、気持ちのリラックス(冷静さの維持、余裕を維持)
 

 

以上のことに気を付けて、発声をみてください。

声が出しやすくなります。

 

 

Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを実施しています!

 

ボイストレーニングに興味のある方は、ぜひ、一度、実際のレッスンを体験し、声の変化を感じてみてください!

 

お申込みはこちらから、どうぞ。お気軽に!

 


カラオケが上手い人は、喉に柔軟性がある


『カラオケが上手い人は、喉に柔軟性がある』

 

「それは、どういう事??」

 

身近な人で、カラオケが上手い人を思い浮かべてみてください。

 

どんな特徴があるでしょうか?

 

楽に歌っていて頑張っていない

聞き心地のいい声で、大声でも、うるさくない

上手く歌っているというより、落ち着いて歌っている

 

 

きっと、このような印象があると思います。

 

なぜ、このような歌い方ができるのかと言うと『無理な発声をしていないから』です。無理な発声をしていないという事は、「色んな高さの音」に対して、喉を正しく使えているという事。

 

 

だから、喉に負担がかからないので、発声がスムーズで、楽に聞こえます。逆に、喉に柔軟性がない人は、無理やり声を絞り出すしかなくなり、喉が痛くなったり、大声を出すと、「ちょっとウルサイ・・」という歌声になってしまいます。

 

 

自転車で例えてみると!

 

【喉に柔軟性がある人】

タイヤに空気がしっかり詰まっていて、音も静かでスムーズな走り!

 

【喉に柔軟性がない人】

タイヤがパンクしていて、ペダルを漕ぐのが大変、しかも、ガタガタ音がうるさい。

 

 

喉に柔軟性がない人は、「頑張って歌っているわりには、良い歌声が届かない」という印象を持たれがちです。あなたは、どうでしょうか?

 

「頑張って歌っているけど、反応がイマイチ・・」という方。

その歌声は、変わります↓↓

 

 

***

Loose Voiceでは、発声改善を専門に、ボイストレーニングを行っています。カラオケで上手く歌いたい、いい歌声で歌いたい、という方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみてください。

 

仙台にある、設備の整った音楽スタジオで、声磨きができます!

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームから、どうぞ。

 


歌が上手い人の練習方法


歌が上手い人、または、上達していく人は、

その練習方法も、効果的な内容を実践しています。

 

その練習とは、どんなものなのか?

 

まず、歌が上手くなっていく人は、

「上手く歌う」という目標を掲げる練習はしていないのです!

 

そこには、そもそも「歌とは?」

というお話しから導入していくと見えてくるものがあります。

 

 

 

歌は、歌詞を伝達する手段として生まれたもの。だから、歌詞を届けるという意識が、とても大切になります。「上手く歌おう」よりも「歌詞を届ける」

これが意識できている人は、アマチュア以上の高い意識レベルがある人です。

 

 

音程を取る、歌詞を覚える、リズムを取る

こういった部分は、すでに、クリアしていて、

「どうやったら歌詞を届けられるだろう」

「どうやったらこの曲が伝わるだろう」

 

 

そういう事を、常に、考えて練習しています。

すると、ここは優しく歌うべき、

ここは強く歌うべき、という「歌い方」が見えてきます。

 

 

その積み重ねが、結果として、

いい歌、感動する歌、心に響く歌、になります。

 

 

歌が上手くなっていく人は、これをやっているのです。「上手く歌う」という漠然としたものではなく、曲の表現方法を、研究していくと、きっと、いい歌が歌えるようになります。

 

 

***

歌を表現する為に、欠かせない発声力。

歌声をもっと磨きたい方は、ぜひ、体験レッスンにお越しください。

 

以下の申込フォームより、お気軽に、エントリーください。

 


歌が上手くなる為のボイストレーニング


 

Loose Voiceでは、歌が上手くなる為のボイストレーニングを行っています。

 

「歌が上手くなる為?あたり前じゃない?」と思った人も多いのではないかと思いますが、実は、「ボイストレーニング=歌が上手くなる」ではないんです。

 

 

ボイストレーニングは、あくまで、歌を表現する為の基礎トレーニングです。スポーツ選手でいえば、筋トレのようなもの。筋トレばかりしても、上手くはなりませんよね!?

 

実際に、試合をしなければ、その筋トレの成果も発揮できません。歌の場合は、実際に歌う練習(ボーカルトレーニング)をしなければ、歌は上手くなりません。だから、ボイストレーニングだけでは、不十分なのです!

 

 

 

ボイストレーニングで獲得した声を、実際に歌の中で生かすこと。そして、歌い方も一緒に学んでいく事が、とても大切です。そのどちらか一方が欠けてしまえば、よい歌を届けることができなくなります。

 

歌は、成長スピードに、個人差があります。成長スピードが早い人は、発声と歌を、同時に学び吸収していける人です。もし、なかなか上手くならない・・と感じている人がいたら、どちらか一方だけになっていないか、チェックしてみてくださいね!

 

 

 

Loose Voiceは、発声専門のレッスンを日々、行っていますが、同時に、歌も指導しております。発声や歌を磨きたいという方は、ぜひ、一度、遊びに来てくださいね。

 

今月は、『限定10名』入会金半額キャンペーン(10,000円⇒5,000円)を実施しています!※体験レッスン当日に、ご入会いただいた方に限ります。

 

体験レッスンも受付ていますので、お気軽に、お申込みください。

スタジオで、あなたにお会いできるのを楽しみにしております!

 

 


色気のある歌声は魅力的


 

歌が上手い人を見て、歌い方や声に「色気」を感じたことはないでしょうか?


具体的に「色気」という言葉を口に出さなくても「声が素敵!」とか「ドキドキする声!」という感覚は、味わったことがあるのではないかと思います。

 
どんなジャンルの歌であっても、プロシンガーには、色気があります。
色気があることで「曲に酔える」。惹き込まれるのです。


色気を感じる感性は人それぞれですが、特に優しいバラード調の曲でなくても、激しいロックでも、色気をかもし出すシンガーは、沢山おります。

歌における “色気” とは、何から生まれるのか?

 

 

 

1)その人の持つ潜在的な声

 

素敵な声と感じる特徴として、男性は「声に安心感がある=太く、強い」「癒される=少しハスキーで優しい声」などが挙げられます。
女性は「声に安心感がある=芯が通っている」「癒される=ささやき声」など。

男女問わず、素敵な声には、「声がしっかりしている」「声が少しエアリーである」という共通している点があります。それが歌声ではない場合、しゃべっているだけで、とても心地よい気分にさせてくれるでしょう。

 



2)色気のある声を作り上げる

 

声は、発声の仕方で自由に変える事ができます。(ものまねのように!)色気を感じさせる声も、意図して作り上げることができます。

 
◆「しっかりした声 ⇒ 安心感」を作るコツ
普段の声よりも、少し低い声を意識して出してみます。
すると、声帯がしっかり閉じてくれるので、声に芯が入ってきます。この時、注意としては、声を下に出すイメージを持つと、暗い声や、こもった声、という印象になってしまうので、常に対象者に向けて前に出してください。

 
◆「エアリーな声 ⇒ 癒し」を作るコツ
声にエアーを含ませるのは、一見、簡単であるように思えますが、実践してみると、なかなか難し事に気づくと思います。
「ため息に声を混ぜる」や「声に息を混ぜる」という意識で行ってみても、上手くいかない場合があります。

 

何かが違う、その原因は何か??
「息を多く出す」ではなく「声帯を、閉じすぎない」事が成功のコツだから。

上手くいかないケースとして、歌っていると息が足りなくなるという人がいます。これは、息を出し過ぎている(漏れている)状態です。エアリー声を作る為には、声帯を強く閉じすぎないこと。


※「ヒソヒソ話し」から良いヒントが得られます。ヒソヒソ話しは、エアリーな声ですが、息が足りなくなったりはしませんよね!

 

ぜひ、色気のある歌声作りに挑戦してみてくださいね!