カラオケが上手い人は、喉に柔軟性がある


『カラオケが上手い人は、喉に柔軟性がある』

 

「それは、どういう事??」

 

身近な人で、カラオケが上手い人を思い浮かべてみてください。

 

どんな特徴があるでしょうか?

 

楽に歌っていて頑張っていない

聞き心地のいい声で、大声でも、うるさくない

上手く歌っているというより、落ち着いて歌っている

 

 

きっと、このような印象があると思います。

 

なぜ、このような歌い方ができるのかと言うと『無理な発声をしていないから』です。無理な発声をしていないという事は、「色んな高さの音」に対して、喉を正しく使えているという事。

 

 

だから、喉に負担がかからないので、発声がスムーズで、楽に聞こえます。逆に、喉に柔軟性がない人は、無理やり声を絞り出すしかなくなり、喉が痛くなったり、大声を出すと、「ちょっとウルサイ・・」という歌声になってしまいます。

 

 

自転車で例えてみると!

 

【喉に柔軟性がある人】

タイヤに空気がしっかり詰まっていて、音も静かでスムーズな走り!

 

【喉に柔軟性がない人】

タイヤがパンクしていて、ペダルを漕ぐのが大変、しかも、ガタガタ音がうるさい。

 

 

喉に柔軟性がない人は、「頑張って歌っているわりには、良い歌声が届かない」という印象を持たれがちです。あなたは、どうでしょうか?

 

「頑張って歌っているけど、反応がイマイチ・・」という方。

その歌声は、変わります↓↓

 

 

***

Loose Voiceでは、発声改善を専門に、ボイストレーニングを行っています。カラオケで上手く歌いたい、いい歌声で歌いたい、という方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみてください。

 

仙台にある、設備の整った音楽スタジオで、声磨きができます!

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームから、どうぞ。

 


歌が上手い人の練習方法


歌が上手い人、または、上達していく人は、

その練習方法も、効果的な内容を実践しています。

 

その練習とは、どんなものなのか?

 

まず、歌が上手くなっていく人は、

「上手く歌う」という目標を掲げる練習はしていないのです!

 

そこには、そもそも「歌とは?」

というお話しから導入していくと見えてくるものがあります。

 

 

 

歌は、歌詞を伝達する手段として生まれたもの。だから、歌詞を届けるという意識が、とても大切になります。「上手く歌おう」よりも「歌詞を届ける」

これが意識できている人は、アマチュア以上の高い意識レベルがある人です。

 

 

音程を取る、歌詞を覚える、リズムを取る

こういった部分は、すでに、クリアしていて、

「どうやったら歌詞を届けられるだろう」

「どうやったらこの曲が伝わるだろう」

 

 

そういう事を、常に、考えて練習しています。

すると、ここは優しく歌うべき、

ここは強く歌うべき、という「歌い方」が見えてきます。

 

 

その積み重ねが、結果として、

いい歌、感動する歌、心に響く歌、になります。

 

 

歌が上手くなっていく人は、これをやっているのです。「上手く歌う」という漠然としたものではなく、曲の表現方法を、研究していくと、きっと、いい歌が歌えるようになります。

 

 

***

歌を表現する為に、欠かせない発声力。

歌声をもっと磨きたい方は、ぜひ、体験レッスンにお越しください。

 

以下の申込フォームより、お気軽に、エントリーください。

 


歌が上手くなる為のボイストレーニング


 

Loose Voiceでは、歌が上手くなる為のボイストレーニングを行っています。

 

「歌が上手くなる為?あたり前じゃない?」と思った人も多いのではないかと思いますが、実は、「ボイストレーニング=歌が上手くなる」ではないんです。

 

 

ボイストレーニングは、あくまで、歌を表現する為の基礎トレーニングです。スポーツ選手でいえば、筋トレのようなもの。筋トレばかりしても、上手くはなりませんよね!?

 

実際に、試合をしなければ、その筋トレの成果も発揮できません。歌の場合は、実際に歌う練習(ボーカルトレーニング)をしなければ、歌は上手くなりません。だから、ボイストレーニングだけでは、不十分なのです!

 

 

 

ボイストレーニングで獲得した声を、実際に歌の中で生かすこと。そして、歌い方も一緒に学んでいく事が、とても大切です。そのどちらか一方が欠けてしまえば、よい歌を届けることができなくなります。

 

歌は、成長スピードに、個人差があります。成長スピードが早い人は、発声と歌を、同時に学び吸収していける人です。もし、なかなか上手くならない・・と感じている人がいたら、どちらか一方だけになっていないか、チェックしてみてくださいね!

 

 

 

Loose Voiceは、発声専門のレッスンを日々、行っていますが、同時に、歌も指導しております。発声や歌を磨きたいという方は、ぜひ、一度、遊びに来てくださいね。

 

今月は、『限定10名』入会金半額キャンペーン(10,000円⇒5,000円)を実施しています!※体験レッスン当日に、ご入会いただいた方に限ります。

 

体験レッスンも受付ていますので、お気軽に、お申込みください。

スタジオで、あなたにお会いできるのを楽しみにしております!

 

 


色気のある歌声は魅力的


 

歌が上手い人を見て、歌い方や声に「色気」を感じたことはないでしょうか?


具体的に「色気」という言葉を口に出さなくても「声が素敵!」とか「ドキドキする声!」という感覚は、味わったことがあるのではないかと思います。

 
どんなジャンルの歌であっても、プロシンガーには、色気があります。
色気があることで「曲に酔える」。惹き込まれるのです。


色気を感じる感性は人それぞれですが、特に優しいバラード調の曲でなくても、激しいロックでも、色気をかもし出すシンガーは、沢山おります。

歌における “色気” とは、何から生まれるのか?

 

 

 

1)その人の持つ潜在的な声

 

素敵な声と感じる特徴として、男性は「声に安心感がある=太く、強い」「癒される=少しハスキーで優しい声」などが挙げられます。
女性は「声に安心感がある=芯が通っている」「癒される=ささやき声」など。

男女問わず、素敵な声には、「声がしっかりしている」「声が少しエアリーである」という共通している点があります。それが歌声ではない場合、しゃべっているだけで、とても心地よい気分にさせてくれるでしょう。

 



2)色気のある声を作り上げる

 

声は、発声の仕方で自由に変える事ができます。(ものまねのように!)色気を感じさせる声も、意図して作り上げることができます。

 
◆「しっかりした声 ⇒ 安心感」を作るコツ
普段の声よりも、少し低い声を意識して出してみます。
すると、声帯がしっかり閉じてくれるので、声に芯が入ってきます。この時、注意としては、声を下に出すイメージを持つと、暗い声や、こもった声、という印象になってしまうので、常に対象者に向けて前に出してください。

 
◆「エアリーな声 ⇒ 癒し」を作るコツ
声にエアーを含ませるのは、一見、簡単であるように思えますが、実践してみると、なかなか難し事に気づくと思います。
「ため息に声を混ぜる」や「声に息を混ぜる」という意識で行ってみても、上手くいかない場合があります。

 

何かが違う、その原因は何か??
「息を多く出す」ではなく「声帯を、閉じすぎない」事が成功のコツだから。

上手くいかないケースとして、歌っていると息が足りなくなるという人がいます。これは、息を出し過ぎている(漏れている)状態です。エアリー声を作る為には、声帯を強く閉じすぎないこと。


※「ヒソヒソ話し」から良いヒントが得られます。ヒソヒソ話しは、エアリーな声ですが、息が足りなくなったりはしませんよね!

 

ぜひ、色気のある歌声作りに挑戦してみてくださいね!

 


『ファルセットボイス』 裏声を綺麗に出そう


 

ファルセットボイスとは、一般的に「裏声」と呼ばれているものです。
声がひっくり返った、という経験がある方。まさに、そのひっくり返った声のことです。


「地声がひっくり返って、弱い裏声になるのが嫌だな~」と思う人もいると思いますが、この裏声、実は、とても重要なのです!

裏声を出すコツにすすむ前に、なぜ重要なのかをお伝えします。


それは、『地声の高音発声の一番のトレーニング法だから』です。
高い声を出したいと思っている人が、真っ先に行うべき発声トレーニングが「裏声」です。その理論的な解説も踏まえて、出し方のコツをお伝えしていきます!

 

 
【1.ため息声のような弱い声を作る】

リラックスして完全に脱力します。


裏声が全く出せないという人の為に、地声から裏声に移行させる方法で、手順を説明していきます。まずは、「地声で弱い声」を出してみましょう。弱い声とは、小さい声という認識ではなく「声に芯が無い声」と思ってください。


弱い声の作り方は、息を多めに混ぜた声です。少し極端なくらい、息を混ぜて声を出します。ため息に声を混ぜるというニュアンスが分かりやすいのではないかと思います。「はぁ~」と「声50%、息50%」のようなイメージです。

 

 
【2.ため息混じりの声のまま、徐々に音を上げていく】

声に芯が入らないように注意します。
地声のため息声ができたら、そのままの声で、徐々に音を上げていきます。この時に、ため息声が強い声にないように注意してください。


※強い声になって、声に芯が入っていったとしても大きな問題はないのですが、全く裏声が出せない人にとっては、喉が苦しくなってくる可能性があります。


ため息声をキープしたまま、高音まで発声していきます。言葉は、息が多く入る「は~」や「ほ~」などが良いでしょう。

 

 
【3.喉に苦しさがなく、弱い高音が出ている事を確認する】

裏声は、地声よりも「楽」という体感が得られます。


その理由は、声帯を地声発声のように、強くしっかり閉じるのではなく、薄く伸ばしている動きになるからです。


そして、この「声帯を薄く伸ばして使う」という動きは、裏声だけに起こるのではなく、地声の高音の時にも同様に働く必要があります。なので、冒頭にお伝えした、地声の高音を出したい人は、まず、行うべき発声トレーニングなのです!

裏声が出せないという人は、特に、地声の強い(大きい)男性に多いです。要するに、声帯を伸ばすことを行ったことが少ない人。カラオケなどで、叫んでしまう人も、この傾向にあります。


綺麗で楽な高音を出したい人は、まず、裏声の練習から行っていきましょう!

 

 
【まとめ】

ファルセットボイス(裏声)のメリット

・地声の高音が出せるようになる為の、重要なトレーニングになる

・歌の表現の幅が広がる

・発声できる音域が広がる

 

【ファイルセットボイス練習のコツ】

・ため息混じりの地声から、徐々に音を上げる

・音が高くなっても声に芯を入れないように注意する

・リラックスして、なるべく小さい声で行う

 

 

ぜひ、あなたの練習に役立ててみてください!