仙台ボイトレコラム『裏声は歌うまの宝庫』


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今回のボイトレコラムはこんなお話しです↓↓

 

 

◆裏声の効果

裏声の練習にはどんな効果があるのか??
日常的に使う声は地声です。裏声は意識的に出そうとしないと、あまり使わない声です。だからこそ・・!ぜひ、練習してほしい発声です。

 
実は、裏声には、歌が上手くなる為の効果がたくさんある!ことが明らかになっています。大多数の人は、「えっ?どんな効果があるのー?」と疑問を持っていると思いますので、今回は、その裏声の効果をお伝えします!

 

◆音程が良くなる

その1、音程の精度をあげることができます。

裏声を出すことで音程を取る為の喉の機能が鍛えられます。

音程が大幅にズレてしまうという人には、また、別の練習は必要ですが
「少し音が届かない、メロディーの輪郭がぼやける、声がこもった感じになる」という人に効果があります。

 


◆高音が出せるようになる

その2、高い声が出せるようになります。

高い声とは、地声の高い声のこと。
「地声を出したいのに裏声で練習するの?」と疑問がわくと思いますが、裏声で練習することで高音発声の為の喉が鍛えられますので、裏声を練習すべきなのです。

特に、裏声の強い声を出す練習を行うとよいです。
裏声は、どうしても弱々しい声になりますが、そうではなく、地声?と思わせる位の強い裏声を出せるように練習してみましょう。


強い声を出すときは、決して喉に余計な力を入れないで、喉から気持ちよく声を出せている状態をキープするようにして下さい。

 

◆喉のリラックス

その3、喉をリラックスして声を出す感覚がつかめます。

裏声だと、楽に声が出ると感じます。それはなぜかと言いますと、喉の「ある筋肉」を使う事をやめるからです。
だから楽に出る、そしてもっと重要な事は高い声が出る、という点!

つまり「裏声を出している時の喉のリラックス感のように、地声の高音を出している時も、同じような近い感覚になる」ということです。

 

【簡単な練習法】

すぐにできる練習法としては、「1曲をフルコーラス、全部裏声で歌う」です。
裏声では出しにくいような低音も、なるべく裏声で出すつもりで歌う。注意点としては、弱い声にならずに強い声で出すことです。

裏声を鍛えて、歌が上手くなる為の効果を、実感してみてくださいね!

 

 

*****

仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

Loose Voiceでは、体験レッスンを受け付けております。

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。

お気軽にどうぞ!

 


地声を鍛えて個性を作る


【地声には、その人の個性が多く表れる】

地声とは、普段、話をしている時に使っている声のことです。


話し声には、それぞれに強い個性が表れます。

例えば、電話で話しているときは、相手の顔を見なくても、声を聞けば誰なのかを判断することができます。


テレビから聞こえてくる、タレントやアナウンサー、俳優、芸人の方々の声も、一度あたまに記憶してしまえば、テレビ画面を見なくても、誰が出演しているかが分かりますよね!

 

それくらい、地声には、個性があります。


歌で自分を表現するとき、この個性を使わない手はありません!!



プロシンガーの歌を聞いたとき「ゾクッ」とするよう身震いを感じたり、
「ギュッ」と心をつかまれる瞬間、それは地声が、強く鳴っている時に多く起こります。聞いている人を魅了する歌を歌うには、POPSにおいては、地声発声がとても重要になります。

 

【地声が強い人は、緊張と緩和が表現できる】

 

地声が強いと、その対極にある「裏声」が活かせます。

「声質」に変化をつけたいとき、一番分かりやすいのが、「地声→裏声」に変えることです。

 

この2つの声は、「地声(強)➡ 裏声(弱)」というふうに、大胆に変化をつける事ができます。


しかし、地声が弱い人は、その落差を表現することができないので、全体的に、弱い声で歌うとこになります。単調な歌にならないようにするために、地声の強化をしっかりと行っていきましょう!

 

*****

仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

Loose Voiceでは、体験レッスンを受け付けております。

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。

お気軽にどうぞ!

 


歌が「得意」より「好き」が勝つ


◆歌が得意 < 歌が好き

 

「自分は歌が得意だ」と思っている人よりも「得意じゃないけど歌が好きだ」という人の方が、将来的に、歌が上手くなる可能性が高い。

理由は、得意と思っている人は現状維持で満足しがちですが、歌が好きな人(でも苦手な人)は、常に向上心があり、高い壁を越えようとチャレンジし続けるからです。

上手く歌えなくて悔しい思いをした時、支えになるのが「自分は歌が好き」という気持ちです。好きな事が上手くできないって悔しいですよね。だから諦めない。そして成長していきます!

歌が好きという気持ちは、歌い続けることの、大きな支えになります。

 

 

◆歌う事をやめない

歌う事がライフワークになっている人や、日常的に歌を楽しんでいる人、また、本気でプロを目指している人は、環境が変わっても、日本のどこかで歌を続けているものです。

上手くなればなるほど課題が見つかり、それに向かって、また走り出します。はじめは、自分が上手く歌う為だけに練習をしていきますが、だんだんと、聞いてくれる誰かの為に練習するようになります。

 


好きなことで、誰かが喜んでくれたら最高ですよね!喜んでくれた笑顔で、また向上心が生まれます。

「得意なこと」よりも「好きなこと」を大切に、焦らずに、歌っていきましょう!

 

 

*****

仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

Loose Voiceでは、体験レッスンを受け付けております。

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。

お気軽にどうぞ!


発声の基本姿勢


歌手は、お客さんを楽しませるため、また、歌を表現するために、身振り手振りを加えながらパフォーマンスしています。実に説得力があり、立ち姿もカッコイイです。


歌っているジャンル(ロック、ポップス、ヒップホップ、ジャズ、演歌・・etc)にもよっても、その動きやシルエットは変わってきます。

 


あんな風に自由に動きながらも、しっかり歌えるのには、理由があります。

それは「体の軸が通っている」からです。

歌に限らずとも、「基本姿勢」というものがあります。その動作をスムーズに行なうために最も適した姿勢です。歌にもそれがあり、プロは、基本姿勢を軸として(保ちながら)自由にアレンジをして曲に合わせて動いているのです。

 


今回は、歌う時の「基本姿勢」のチェック項目をお伝えします。
誰でも簡単にできるポイントなので、ぜひ、実践してみてください。

 

 

 

***

 

◆3つのチェックポイント

①全身が脱力している状態

→これはやや誤解を生みやすいので、詳しくお伝えします。


「何かに構えないで自然と立つ」という事であり、決して、猫背で “だらーん"として、やる気がなさそうに見える格好ではありません。脱力は、しようと思ってできる事でもなく、「何も意識しない(構えない)」日常的な事なので、難しく考えすぎずにいて大丈夫です。

★ポイントは、鏡で見て、自分でカッコイイ立ち方に見えるかです。

【効果】歌の雰囲気に良い影響を与えます。リズム、音程、共鳴、が良くなります。

 



②バランスのよい安定した状態

→具体的には、左右肩幅くらいに足を広げ、背筋を伸ばし胸を張り、目線は真っすぐ。身長を測るときのような姿勢が分かりやすいイメージです。(足だけは閉じないで。)

重心は「ほぼ真ん中」でOKです。少しくらい押されても倒れないように、腰回りに、しっかり重みを感じて立ちます。もしかしたら、「つま先」や「かかとに」体重をかけて・・と、耳にした事がある方もいるのではないかと思いますが、それも間違いではありません。


要は、声を支える部分(丹田)に軸を持ちたいためなのです。歌っている時は、硬直せずに、多少前後に体重移動できるくらいでOKです。

【効果】腹式呼吸がしやすくなる。(ロングトーン、ハイトーン、声量アップ)見栄え、説得力、深い響きの声が得られる。

 

 

 

 

③[重要!]あごは、程よく引く

→ココが大事です!基本、あごは、少し引き気味にします。(※証明写真を撮るときのようなイメージ)引きすぎて、気道が狭くなったり、あごや首まわりに力が入らないように注意します。

ツバを呑み込んでみて、のどにストレスを感じるようですと、引きすぎNGです。
高音で顔をあげて歌いたくなりますが、「のどの脱力感」を得られる前に、そうしてしまうと、ほぼ間違いなく、のどに力が入ってしまい、高音が出しづらくなります。

【効果】「のど」の力み改善、高音発声、気持ちのリラックス(冷静さの維持、余裕を維持)
 

 

以上のことに気を付けて、発声をみてください。

声が出しやすくなります。

 

 

Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを実施しています!

 

ボイストレーニングに興味のある方は、ぜひ、一度、実際のレッスンを体験し、声の変化を感じてみてください!

 

お申込みはこちらから、どうぞ。お気軽に!

 


カラオケが上手い人は、喉に柔軟性がある


『カラオケが上手い人は、喉に柔軟性がある』

 

「それは、どういう事??」

 

身近な人で、カラオケが上手い人を思い浮かべてみてください。

 

どんな特徴があるでしょうか?

 

楽に歌っていて頑張っていない

聞き心地のいい声で、大声でも、うるさくない

上手く歌っているというより、落ち着いて歌っている

 

 

きっと、このような印象があると思います。

 

なぜ、このような歌い方ができるのかと言うと『無理な発声をしていないから』です。無理な発声をしていないという事は、「色んな高さの音」に対して、喉を正しく使えているという事。

 

 

だから、喉に負担がかからないので、発声がスムーズで、楽に聞こえます。逆に、喉に柔軟性がない人は、無理やり声を絞り出すしかなくなり、喉が痛くなったり、大声を出すと、「ちょっとウルサイ・・」という歌声になってしまいます。

 

 

自転車で例えてみると!

 

【喉に柔軟性がある人】

タイヤに空気がしっかり詰まっていて、音も静かでスムーズな走り!

 

【喉に柔軟性がない人】

タイヤがパンクしていて、ペダルを漕ぐのが大変、しかも、ガタガタ音がうるさい。

 

 

喉に柔軟性がない人は、「頑張って歌っているわりには、良い歌声が届かない」という印象を持たれがちです。あなたは、どうでしょうか?

 

「頑張って歌っているけど、反応がイマイチ・・」という方。

その歌声は、変わります↓↓

 

 

***

Loose Voiceでは、発声改善を専門に、ボイストレーニングを行っています。カラオケで上手く歌いたい、いい歌声で歌いたい、という方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみてください。

 

仙台にある、設備の整った音楽スタジオで、声磨きができます!

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームから、どうぞ。