自宅で小声で歌う練習


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

毎日の練習時間、大声で歌う環境を作るのは、なかなか大変だと思います。

カラオケや練習スタジオに通うのも、時間とお金がかかりますからね。

 

そんな時は、自宅で、歌を練習しちゃいましょう。何も大きい声を出して歌うことだけが、練習ではありません。しかも効果的に、ボイストレーニングができるんですよ♪

◆小さい声とは?

 

「小声」なのですが、今回の練習では、一般的に言う、「裏声(ひっくり返した声)」を使います。1曲を、まるまる、「裏声」で歌ってみるのです。

(低音がだしにくい場合は、飛ばしてOKです)

 

☆大事なポイント☆

 

その裏声は「息漏れのない裏声」で歌うようにしてみてください。裏声はどうしても弱くなりがちです。ですので、息が地声よりも多く出てしまう場合が多いのですが、それをなるべく、息漏れしない裏声で歌ってみます。

 

声自体は、小さくて大丈夫です。

 

 

◆どんな効果が得られるのか?

 

まず、裏声なので楽に声がでると思います。「地声(表声)で高音を出した時に、

キューっと喉が閉まる感じ」がある人は、今回の裏声では無いと思います。

 

なぜかと言いますと『裏声発声の喉の使い方は、高音に向いてるから』です。

 

ココがとっても重要です!

 

裏声だから高音が出やすいという視点で考えるのではなく、裏声の喉の使い方が高音に向いてる、のです。

 

つまり、裏声で高音を出しているときの喉の感覚が、地声で高音を出しているときの感覚にも近いという事。

 

そして、裏声で歌えるようになりましたら、次に、「その裏声の音色と同じような音色の地声」でも歌ってみる。

 

注意点としては、地声になったとたんに、声が大きくなり過ぎないことです。

 

それができると、要は、「小さい声(地声)で高音が出せる」という状態を作る事ができます。それがボイスコントロールが整っているという目安になるのです。

 

ぜひ、練習してみてくださいね!

 

****
オンライン限定!

喉締め・張り上げ発声改善プログラム開催中!

 

オンラインレッスンであなたの喉締めを改善しませんか?

詳細は、以下よりご覧ください。

仙台オンラインボイストレーニング Loose Voice

「イ段」の発音が、いちばん喉が開くことを知っていましたか?


 こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

発声トレーニングを行っていきますと、発音する言葉によって、

 

出しやすかったり、出しにくく感じたりすることがあります。

 

その言葉の中で、「イ段」の言葉は、他の言葉に比べて、

 

声が出しにくいと感じたりしていませんか?

 

 

実は、これ!思い込み、

もしくは、自分自身で出しにくくしてしまっている場合があります。

 

 

どういう事かと言いますと、

 

まず、知っておきたいのは、「イ段」というのは、喉の奥が、いちばん開く言葉なのです。

 

何となく、感覚的には、喉の奥が狭くなっているように感じますが、実は、真逆!!

 

「イ段」は、舌が、上前方に上がってきますので、その分だけ、喉の奥は、空間が広くなります。出しづらく感じてしまうのは、口の開く大きさが、他の「ア段」などに比べて小さくなり、声の出口が狭くなるので、そう感じてしまうのかもしれません。

 

 

そして、自分で出しにくくしている原因のひとつに、「舌を(ア段、オ段のように)下に下げようと、してしまっているから」が挙げられます。

 

結構、思い当たる方、いませんか??

 

 

 

「イ段」を自然に発音する場合、舌は、自然に上前方に上がってくるもの。

 

それに逆らうように、「舌を下げる」ということは、舌に力みを加えてしまうことになって、発声は、少し不自由になります。

 

「でも、喉の奥を開けてって、聞いたことあるし!」と思いますよね。

 

 

 

話が少し戻りますが、「イ段」は、自然は発音をしている状態で、すでに、喉の奥は開いているのです。

 

「!!!」良い気づきを得られた方も、多いのではないでしょうか。

 

「イ段」の発音で、苦労している方がいれば、改善のためのヒントにしてみてくださいね!

 

 *****

オンライン限定!

喉締め・張り上げ発声改善プログラム実施中!

 

オンラインレッスンであなたの喉締めを改善しませんか?

詳細は以下よりご覧ください。

仙台オンラインボイストレーニング Loose Voice

自宅でボイトレ(息のコントロール)


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングと聞くと、まず思い浮かぶのは「発声練習」ではないかと思います。でも、自宅で大きい声を出せないという人も少なくないでしょう。

 

そんな時に『声』というものの捉え方を少し変えて、声を出す材料である『息』に注目してみましょう。

 

ボイトレは、

 

「声帯のコントロールが上手くいけば声は出しやすくなるんだ!」

 

という思考ばかりになっている人が多いですが、声帯運動は息の流れとセットになっているので、呼気が多すぎたり、少なすぎたりすると声帯のコントロールに支障がでてきます。

 

また、高音や大きな声を出すときに、息が過剰に出てしまうというのもあまりり良い状態とは言えません。

 

【低音~高音に移動しても呼気量は、ほぼ一定にする】

 

という状態を作ってみることで、声帯のコントロールがしやすくなり、結果的に色んな声が出しやすくなります。

 

 

その練習方法を、1つ、ご紹介します!

 

【ストローを使った練習法】

 

①ストローを軽くくわえます。

「舌の真ん中あたりまでストローを入れた状態」にする。

 

②ストローをくわえたまま軽く声を出す。

まずは低い声で楽な声を出します。

その時に、手のひらをストローの前にかざし、息が出ている量を確認しておきます。

 

ストローをくわえたままで好きな歌のメロディーを歌う。

 

歌詞は言わなくでも「う”~」みたない声で音程だけなぞってもOKです。

 

 

★チェックポイント★

 

『メロディーをなぞっても呼気の量がほぼ変わっていないか確認する!』

 

※歌じゃなく、音階で「ドレミファソラシド」と音を上げていって確認してみてもいいです。

 

息の量が大幅に減ってたり、増えたりする時は、何度も練習してみてください。大きい声を出す意識ではなく、密な声(息がしっかり声に変っている)です!

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


自分の歌声を録音してみよう


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

歌を上達させようと思った時に重要なのが「客観的に自分の歌を聞く」という作業です。

理由は、歌っている時に耳で聞こえる声と、録音して聞く声にギャップがあるからです。

 

上手く歌えていると思っていても、いざ録音して聞いてみると、ミスが見つかったり、想像よりも歌えていない...という場合が多い。

 

録音して聞こえてくる歌声を、自分以外の人は聞いているわけなので、当然、そこを基準にして考えていく必要があるわけです!

 

カラオケで楽しく歌えればよい、という人であれば、録音して自分の歌を聞くという事はあまりしないと思いますが、「人が喜ぶ歌を歌いたい」という意識がある人は、必ず、録音して聞いてみましょう。

 

 

スクールに通っている人は、先生が客観的に聞いてくれることでアドバイスをもらえますが、それでも自分自身で聞くのとは違います。

 

それは、自分自身で聞く事で

「意識を変える事ができる」からです。

 

「あ、本当にそうなってる」

「確かに、言われた通りだ」

 

という風に、自分の心に、意識として深く落とし込むことができるのです。

 

そうすると練習で歌っている時点で、より注意深く気をつけて歌うようになるのです。

 

ぜひ、自分の歌声を聞いてみてください。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


カラオケで聞いてもらえる歌い方


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

いきなりですが、仲間とカラオケに行った時を想像してみましょう!


自分が歌っている時、周りの人が、おしゃべりしていたり、曲を選んでいたり、ついにはトイレに行ってしまったり・・そんな状況をあじわった事ってありませんか?


歌いながら、心の中で「ちゃんと聞いてよー!!」って叫びたくなりますよね。。


これって何が原因なんでしょう??


まてよ、、逆の状況を考えてみましょう。


誰かが歌っている時、自分は、いつも耳を傾けて聞いているか。。そう言われると、全部が全部聞いているわけではなく、他の事を考えていたり、同じようにおしゃべりしていたりしている時も、おそらく、あるのではないかと思います。


今回は、この「聞いてもらえる歌い方」と「聞いてもらえない歌い方」について、お話ししていきたいと思います!

 

 

◆聞いてもらえない歌い方

 

まずは、周りが自分の歌を聞いてくれなくなるような歌い方についてです。


これは、「自分が歌いたいような歌い方」をしてしまうと、そのようになってしまいます。


例えば、しっとり聞きたい曲なのに、やたら声を張って大声で歌われる。笑顔で元気よく歌ってほしいのに暗い声で歌われる。一番盛り上がってほしい部分で声を小さくして歌われる。


などなど、聞いている人が、想像している期待を、あれっ?と裏切られるような歌い方をされると、聞いてくれない耳になってしまうのです。


でも、きっと、歌っている本人は、気持ちよく歌っています。ここに、歌う側と聞く側で「溝」が生まれてしまうわけです。


「こんなに気持ち込めて歌っているのに、なんで伝わらないのー!!」と、カラ回り状態になってしまいます。


 
◆聞いてもらえる歌い方

 

この人の歌は聞いていたい、もしくは、聞かないといけない雰囲気がある、と思われる歌い方。


それは、「聞いている人が、歌ってほしいように歌ってあげる」ことです。


つまり、自分は二の次で、聞く人をファーストに考えて歌いあげている人になります。聞く人の好きな味付けに合わせて料理を出しているので、それは、当然、喜ばれるわけです。


「歌ってほしいように歌う」は「歌いたいように歌う」よりも、声の出し方や歌い方、エネルギー量をコントロールして歌っているので、少々、身体的には疲れる歌い方になると思います。


ただ発散したい!
解放的に歌いたい!


という目的で歌う人は、自分は楽ですが、聞いている人にとっては、しんどい・・という状態になる場合が多いのです。

 

 

◆まとめ

 

自分の歌をカラオケでちゃんと聞いてもらう為には、
まずは、どんな曲かを理解すること。
そして、相手がどう歌って欲しいかを想像して歌うことです。


ぜひ、カラオケに行った時に、実践してみて下さいね!

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪