声の共鳴は「結果」として考える


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

ボイトレというと、声を体に響かせるという発想が浮かびます。


体に響かせれば、上手く声が出せて綺麗に発声できるんでしょ!?

 

というようなイメージは確かにありますよね。
それも大事なのですが、実は、それ以前にやっておくべきことがあるのです。

 

 

◆共鳴とは?

 

音が共鳴するというのは、楽器をイメージして頂ければ分かりやすいと思いますが、、例えばギターでお話ししましょう。


ギターは、弦を弾いて振動して生まれた音(ビーンという音)がボディーに共鳴して豊かな音になります。


つまり「①音(原音)」→「②空間」という手順で豊かな音が作られているわけです。


声で言えば、


①声帯が振動する事
②口の中などの共鳴空間に響く事


となります。


では、多くの人が発声でつまづくのは、①と②、どっちが多いでしょうか??
答えは①です。


どういう状態でつまづいてしまうのか?
・・またギターの例えで言いますと、


・弦を強く弾き過ぎている


・弦に他の指が触れてしまって音が生まれていない


・太い弦と細い弦を使い分けれていない


こんな状態です。


この①でつまづいている状態では、②の共鳴が上手くいくはずがありませんよね。なぜなら音がきちんと生まれていないので、その音が広がる(響かせる)事ができないのです。ギターは、音さえしっかり生まれていれば、自然と音は共鳴空間に響くようになっているのです。

 

◆ボイトレでまずやるべきこと

 

もう、お気づきだと思いますが、
響かせる前に「音を生む練習」をやる事が先決になります。


・喉に力みを感じる


・息の量と声帯の閉じるバランスが悪い


・声にならずに息が漏れる


こういった状態がある場合、「声を響かせよう!」というレクチャーは、ほとんど効果がありません。理由は、先ほどの通りです。


喉がリラックスした状態で、しっかりと声が生まれていれば、結果として自然に声は共鳴するもの。


もちろん響かせる空間を広げたり、意識イメージを持つことは良いことです。
でも、それだけでは、ボイトレの効果が表れない場合もあるという事の一例のお話しでした。ぜひ、参考にしてみて下さい。

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


イメージで声は変わるの?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

声を出す時に、声を当てる場所をイメージして発声トレーニングを行う方法があります。実際にイメージだけで声が出しやすくなるのであれば、こんなに嬉しい事はないですよね!?


では、その効果のほどは??というのか気になるところ。

と、その前に!
声を当てる場所のイメージを変えると何か変わるのか、という点から確認していきましょう。

 

例えば、胸や眉間、頭など体の部位に声を当てるイメージをしながら声を出してみると、どうでしょう?何が変わっているように感じますか。


自然と、音の高さに変化があったかもしれませんね。何か変わるのかと言いますと、それは「音の高さを調整する声帯の動き」をコントロールしているのです。


※「頭に響かせるイメージで低い声を出してみて」と言われると何かやりずらさを感じると思います。


音楽の授業で、高い声は頭に響かせるように~と言われるのもこれが目的です。「胸と頭」で比較してみると、多くの人は、胸が低い声、頭が高い声、となるはずです。

◆実際に歌声として効果はあるの?

では、歌声が出しにくいという人に、この方法をレクチャーした時に、実際に効果があるのかと言いいますと、半分あり、半分なし、という感じだと思います。


その理由は、そもそも、イメージだけで声が出しやすくなるような人は、声帯の使い方(ボイスコントロール)がある程度、長けている人に限られるからです。


発声で悩んでいる人の多くは、声自体が出しにくかったり、喉詰めになっていたり、音程が定まり難かったり、、と、ボイスコントロールが苦手な状態の人がほとんどだと思います。


その人に対して、今回のテーマである声を当てるイメージを変えてもらったとしても、一瞬出しやすく感じるかもしれませんが、連続的に声を出し続ける「歌」となると、どこかで上手くいかなくなるケースが多いです。


喉の柔軟性があってこそ、このイメージ法は期待できるものです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


リップロールだけでは声が痩せる?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

◆リップロール

 

発声練習において、リップロールという唇をプルプル震わせるトレーニング方法を知っていますか?


レッスンでもエクササイズの合間に用いる事がありますが、その意図をしっかりと理解しておくことが大切です。


リップロールは、
スポーツで言えば、その前の準備運動やストレッチに相当するもの。


喉周辺の筋肉の脱力、息と声帯のバランス調整など、声を効率よく出す為の準備体操のようなもの。という事は、それだけでは、スポーツが上手くなるわけではないという事になります。


声の場合、リップロールによって、声が強くなったり、音域が伸びたりすることは望めません。そして、歌が上手くなるという事も難しいでしょう。


リップロールは脱力して行いますので「声帯をしっかり鳴らす」という、肝心な部分までに及ぶトレーニングではないからです。

 

ただ、息や声帯を使い方のバランス感覚を得られるきっかりになる可能性はありますので「声が出しやすく感じる」というヒントは得られるかもしれません。


実際に声を変える為にやらなければならない事は「声帯コントロール」に尽きます。声量や音域を成長させたい場合は、リップロールだけでは不十分ということですね。


リップロールだけに多くの時間を割いてしまい、声が痩せてしまわないように、しっかりと強い声を出す練習も欠かさず行っていく事が大切になります。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


なぜ喉の脱力は難しいのか?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

「歌っていると喉に力みが入ってしまう・・」と悩んでいる人は、少なくないと思います。そこで、ボイトレ本などを参考に、その脱力方法を検索してみると、書いてあることの多くは、

「喉をリラックスさせましょう」

「喉の奥をしっかり開けましょう」

「首回りをストレッチしましょう」

 ・・・などなど、様々な改善アドバイスが書いてあると思います。

でも、喉の力みで悩む人の多くに共通するのは

「意識的に脱力しようとしてもできない」という点です。

つまり「喉を力ませたくないのに、勝手に力んでしまう」という状態。

この状態の場合、少し特別なトレーニングが必要になります。それは、物理的に喉を絞めつけない(気道を狭めない)状態を作り発声する練習方法や、意識を喉以外の事に集中させる事で、結果的に、喉の脱力を獲得するという練習方法です。

少しややこしい説明になりましたが、簡単にいいますと、

「声を出すこと」と「喉の絞めつけ」は無関係ですよ、

ということを喉に記憶させる練習です。

 

 

◆喉の力みはフィジカルな部分

 

「リッラクスしましょう」という、メンタル面からの改善方法も、おそらく通用しないでしょう。 なぜなら、喉の力みは「フィジカルな部分」だからです。

 例えば、歩く時に、右足と右手が同時に出てしまっている人に、どうやったら、右足と左手が出るようにさせられるか。それは、その間違った連動運動を、バラバラに独立して行えるようにするということになりますよね。

喉も似ています。声を出すという事と、喉の絞め付けは、間違った連動運動。
それを切り離す感覚を覚えてもらうという事になります。

長くボイトレをしているけど、喉の力みが取れない・・という人は、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


仙台でボイストレーニング体験!【Loose Voice】


Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを行っています。

 

「どのような事をするの??」と、

興味がある方の為に、少しだけ、その内容を公開いたします。

 

 

《体験レッスンの流れ》

 

①お話し(カウンセリング)

発声や歌に関しての悩みをお聞きし、まずは、ご本人が感じている事を確認いたします。また、今後の目標や、何が出来るようになりたいかをお伺いさせて頂きます。

 

 

②ピアノに合わせて声を出してみよう

簡単な音階に沿って声を出していただきます。何も考えずリラックスした状態で普段通りの感じで発声をしてみましょう。理想の声が出ない原因と解決法を知るための確認として、あなたの声をお聞かせ下さい。

 

 

③簡単に声の仕組みをお話し

「声というのもは、どんな仕組みで出ているのか?」少しでもその知識を知っておくことで発声に役立ちます。

実はとてもシンプルで、発声を難しく考えすぎているという場合も多いもの。頭の中を整理していきましょう。

 

 

④地声の音域を伸ばす体験

声の仕組みが分かったところで、実際に、地声で高音域を伸ばしていきます。

『まさか、わずか数十分で地声の音域が伸びるの?!』と思ってしまう人も多いですが「喉の脱力」「声帯の使い方」をレクチャー、声を出しながら誘導していきます。

 

すると、個人差はありますが、1~1,5音程度、地声の高音域を伸ばし楽に出せる体感を得ることができます。

ここで、いかに脱力と声帯の使い方が大切なのかを感じて頂けると思います。

 

 

*****

ボイストレーニングの内容は、個々によって違ってきます。

 

まずは、あなたがどんな声を出したいか、そして、その声を出す為にはどんなエクササイズを行えばよいのか、ご興味のある人は、ぜひ、Loose Voiceの体験レッスンを受けてみて下さい。

 

スタジオでお会いできるのを楽しみにお待ちしております!

 

体験レッスンのご予約は、以下のフォームよりお願いします。