なぜ喉の脱力は難しいのか?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

「歌っていると喉に力みが入ってしまう・・」と悩んでいる人は、少なくないと思います。そこで、ボイトレ本などを参考に、その脱力方法を検索してみると、書いてあることの多くは、

「喉をリラックスさせましょう」

「喉の奥をしっかり開けましょう」

「首回りをストレッチしましょう」

 ・・・などなど、様々な改善アドバイスが書いてあると思います。

でも、喉の力みで悩む人の多くに共通するのは

「意識的に脱力しようとしてもできない」という点です。

つまり「喉を力ませたくないのに、勝手に力んでしまう」という状態。

この状態の場合、少し特別なトレーニングが必要になります。それは、物理的に喉を絞めつけない(気道を狭めない)状態を作り発声する練習方法や、意識を喉以外の事に集中させる事で、結果的に、喉の脱力を獲得するという練習方法です。

少しややこしい説明になりましたが、簡単にいいますと、

「声を出すこと」と「喉の絞めつけ」は無関係ですよ、

ということを喉に記憶させる練習です。

 

 

◆喉の力みはフィジカルな部分

 

「リッラクスしましょう」という、メンタル面からの改善方法も、おそらく通用しないでしょう。 なぜなら、喉の力みは「フィジカルな部分」だからです。

 例えば、歩く時に、右足と右手が同時に出てしまっている人に、どうやったら、右足と左手が出るようにさせられるか。それは、その間違った連動運動を、バラバラに独立して行えるようにするということになりますよね。

喉も似ています。声を出すという事と、喉の絞め付けは、間違った連動運動。
それを切り離す感覚を覚えてもらうという事になります。

長くボイトレをしているけど、喉の力みが取れない・・という人は、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


仙台でボイストレーニング体験!【Loose Voice】


Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを行っています。

 

「どのような事をするの??」と、

興味がある方の為に、少しだけ、その内容を公開いたします。

 

 

《体験レッスンの流れ》

 

①お話し(カウンセリング)

発声や歌に関しての悩みをお聞きし、まずは、ご本人が感じている事を確認いたします。また、今後の目標や、何が出来るようになりたいかをお伺いさせて頂きます。

 

 

②ピアノに合わせて声を出してみよう

簡単な音階に沿って声を出していただきます。何も考えずリラックスした状態で普段通りの感じで発声をしてみましょう。理想の声が出ない原因と解決法を知るための確認として、あなたの声をお聞かせ下さい。

 

 

③簡単に声の仕組みをお話し

「声というのもは、どんな仕組みで出ているのか?」少しでもその知識を知っておくことで発声に役立ちます。

実はとてもシンプルで、発声を難しく考えすぎているという場合も多いもの。頭の中を整理していきましょう。

 

 

④地声の音域を伸ばす体験

声の仕組みが分かったところで、実際に、地声で高音域を伸ばしていきます。

『まさか、わずか数十分で地声の音域が伸びるの?!』と思ってしまう人も多いですが「喉の脱力」「声帯の使い方」をレクチャー、声を出しながら誘導していきます。

 

すると、個人差はありますが、1~1,5音程度、地声の高音域を伸ばし楽に出せる体感を得ることができます。

ここで、いかに脱力と声帯の使い方が大切なのかを感じて頂けると思います。

 

 

*****

ボイストレーニングの内容は、個々によって違ってきます。

 

まずは、あなたがどんな声を出したいか、そして、その声を出す為にはどんなエクササイズを行えばよいのか、ご興味のある人は、ぜひ、Loose Voiceの体験レッスンを受けてみて下さい。

 

スタジオでお会いできるのを楽しみにお待ちしております!

 

体験レッスンのご予約は、以下のフォームよりお願いします。

 


仙台のボイストレーニングで選ばれる理由


現在、Loose Voiceには、宮城県内のみならず、山形、岩手など東北近隣の県や北関東エリアの方からも、多数の方がレッスンに通って頂いております。

 

数あるボイストレーニングスクールの中で、Loose Voiceを選んで頂いているのには、レッスン内容に大きな特徴があるからです。

 

 

それは、発声というものを、

生理学、また、科学的な視点から見た『効果の高いボイストレーニング』を行っているからです。

 

 

つまり、声を良くする為にダイレクトなボイトレをしているという事です。

声の音色や高さを変えている喉の仕組みを理解し、生徒さんの求める理想の声を作る為に、最短の方法をレクチャーしています。

 

独学でボイストレーニングをしていて、声が変わらないと諦めてしまう人もいますが、それは練習方法が合っていない場合がほとんどです。

 

 

・絶対に歌声を良くしたい

・最短で効果を出したい

・音域を伸ばしたい

・正しい発声を知りたい

 

 

そんな思いを持っている人は、ぜひ、一度、Loose Voiceの体験レッスンを受けてみて下さい。

体験レッスンでは、あなたの理想の声が出ない原因と、その解決方法をしる事ができます!

 

 

同じ悩みや志を持った仲間がレッスンを受けています。

スタジオでお会いできるのを楽しみにしています!

 

ぜひ、お気軽にお申込み下さいね!

 


ハイラリンクスって何だろう?


ハイラリンクスという言葉。英語表記にしますと「highlarynx」になります。highは「高い」、larynxは「喉頭」という意味です。

 

つまりハイラリンクスは「喉頭の位置が高くなっている状態」を指す用語です。(喉頭は、いわゆるノド仏のこと。)

 


なぜ、こんな言葉がボイストレーニングに出てくるのかと言いますと、発声時「喉頭があがる」状態が起こり、その状態になった時は、声に変化が起こります。具体的には、声に芯が入り「カーン」とした明るい響きの声、キンキン声、になります。

 


ハイラリンクス状態に「良い 」か「悪い」は、ありません。明るいカーンとした音色がほしい時は、敢えてノド仏をあげて歌う歌手もいます。


ただ、人によっては、ハイラリンクスを改善した方が良いだろう、という人もいます。


では、どんな人が改善すべきなのか??

 

 

◆発声時、常に、ハイラリンクスになってしまう人
特に、中音域~高音域あたりになると、ノド仏は上がりやすくなります。高音域になっても、ノド仏があがり過ぎない状態も作れるようにしておきましょう。


◆喉に苦しさを感じる人
歌っている時に、喉が苦しくなるという人は、ハイラリンクスとはまた別に、間違った喉の力みが入ってしまっています。改善方法として、ハイラリンクスを直すことで、総合的に、喉の力みを取っていくことができます。

 
◆深い音色の声を出したい人
音色として、ハイラリンクスは、カン高い印象の声になるので、太く深い響きのある声にはなりにくい。自分の声が、子供っぽく聞こえる、軽い感じの声に聞こえるから直したい、という場合は、改善していくべきでしょう。

 

 

ノド仏が上がる人は、それが「癖」となっている人が多いです。癖とは、無意識に行われるもの。改善するためには、そうしないように意識しなければなりません。

自分の目に見えるものであれば、意識して改善できますが、喉の中は見えません・・!

 

そこで重要になるのが「間違った記憶の書き換え作業」です。

 

重要はヒントになるのが、裏声発声です。

裏声発声は、高音でも喉に苦しさは感じにくい。しかも、声は同じ声帯から生まれている。この事実が、ハイラリンクス改善の足ががりになります。

 

実際のレッスンでは、喉詰め発声を改善する具体的な練習法をお伝えしています!

興味がある方は、ぜひ、お気軽に体験レッスンを受けてみて下さい。

 

 


一人一人、発声の癖を読み取る


発声の仕組みは、誰しも同じです。

しかし、これまでの生活の中で、

何気なく声を出してきた積み重ねが、

「あなたの発声の癖」になります。

 

 

それが、良い癖となっていればいいのですが、

悪い癖となってしまっている場合もあります。

 

 

正しい発声法を習得する為には、

この悪い癖を修正してあげることが重要です。

その「癖」は、人それぞれ違うもの。

 

 

喉だけに限らず、首、お腹、顎など

自分では気づかない間違った力を

加えてしまい、発声の妨げになっている人が結構多いです。

 

 

それを修正できれば、発声がかなり楽に感じれるようになります。

レッスンでは、そんな自分では気づかない、

些細な癖も読み取り、アドバイスしています。

 

 

発声練習をしていても声が変わらないとお悩みの方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。あなたの声を良い方向に導きます!