ハイラリンクスって何だろう?


ハイラリンクスという言葉。英語表記にしますと「highlarynx」になります。highは「高い」、larynxは「喉頭」という意味です。

 

つまりハイラリンクスは「喉頭の位置が高くなっている状態」を指す用語です。(喉頭は、いわゆるノド仏のこと。)

 


なぜ、こんな言葉がボイストレーニングに出てくるのかと言いますと、発声時「喉頭があがる」状態が起こり、その状態になった時は、声に変化が起こります。具体的には、声に芯が入り「カーン」とした明るい響きの声、キンキン声、になります。

 


ハイラリンクス状態に「良い 」か「悪い」は、ありません。明るいカーンとした音色がほしい時は、敢えてノド仏をあげて歌う歌手もいます。


ただ、人によっては、ハイラリンクスを改善した方が良いだろう、という人もいます。


では、どんな人が改善すべきなのか??

 

 

◆発声時、常に、ハイラリンクスになってしまう人
特に、中音域~高音域あたりになると、ノド仏は上がりやすくなります。高音域になっても、ノド仏があがり過ぎない状態も作れるようにしておきましょう。


◆喉に苦しさを感じる人
歌っている時に、喉が苦しくなるという人は、ハイラリンクスとはまた別に、間違った喉の力みが入ってしまっています。改善方法として、ハイラリンクスを直すことで、総合的に、喉の力みを取っていくことができます。

 
◆深い音色の声を出したい人
音色として、ハイラリンクスは、カン高い印象の声になるので、太く深い響きのある声にはなりにくい。自分の声が、子供っぽく聞こえる、軽い感じの声に聞こえるから直したい、という場合は、改善していくべきでしょう。

 

 

ノド仏が上がる人は、それが「癖」となっている人が多いです。癖とは、無意識に行われるもの。改善するためには、そうしないように意識しなければなりません。

自分の目に見えるものであれば、意識して改善できますが、喉の中は見えません・・!

 

そこで重要になるのが「間違った記憶の書き換え作業」です。

 

重要はヒントになるのが、裏声発声です。

裏声発声は、高音でも喉に苦しさは感じにくい。しかも、声は同じ声帯から生まれている。この事実が、ハイラリンクス改善の足ががりになります。

 

実際のレッスンでは、喉詰め発声を改善する具体的な練習法をお伝えしています!

興味がある方は、ぜひ、お気軽に体験レッスンを受けてみて下さい。

 

 


一人一人、発声の癖を読み取る


発声の仕組みは、誰しも同じです。

しかし、これまでの生活の中で、

何気なく声を出してきた積み重ねが、

「あなたの発声の癖」になります。

 

 

それが、良い癖となっていればいいのですが、

悪い癖となってしまっている場合もあります。

 

 

正しい発声法を習得する為には、

この悪い癖を修正してあげることが重要です。

その「癖」は、人それぞれ違うもの。

 

 

喉だけに限らず、首、お腹、顎など

自分では気づかない間違った力を

加えてしまい、発声の妨げになっている人が結構多いです。

 

 

それを修正できれば、発声がかなり楽に感じれるようになります。

レッスンでは、そんな自分では気づかない、

些細な癖も読み取り、アドバイスしています。

 

 

発声練習をしていても声が変わらないとお悩みの方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。あなたの声を良い方向に導きます!

 

 


ボイストレーニングの概念が大きく変わった


こんにちは、Loose Voice ボイストレーナーのKANです!

 

先日、遠方より、体験レッスンにお越し下さった方から、

「ボイストレーニングの概念が変わりました!」

という、言葉を頂くと共に、ご本人にとって「大切な気づき」を得て頂き、

僕も嬉しく、NEWSにて、書かせて頂いております。

 

その方は、これまで、いくつかのボーカルスクールに通われた事があったそうなのですが、

思うように声が変わらなかった事を、お話ししてくれました。

 

「高い声を綺麗に出せるようになりたい」という目的を、諦めたくない、と。

 

 

とても研究熱心な方で、独学でボイトレを勉強し自主練習も行っておりました。

ゆえに、声が変わらないのは、もどかしく、歯痒く感じていたそうです。

具体的に、どのような練習をしていたのかを伺ってみますと、「綺麗な高音を出す」という目的に、

直接効果のあるものではないトレーニングが、殆どでした。

 

 

声が変わっていかない原因は、その練習法にありました。

 

発声トレーニングの中心が「呼吸」に重きをおいており、実際に声をコントロールする

喉のトレーニングは、されていなかったようでした。

 

綺麗な高音を出す為のトレーニングを行い、

体験レッスンが終えると、「ボイストレーニングの概念が変わりました」という

ボイストレーナー冥利に尽きる嬉しい言葉を頂きました。

 

そして、次回レッスンに向けて、新たなスタートを切ってもらえたようです!

 

僕が、ボイストレーナーとなった理由は、

こういった「発声の迷子」になっている方を、正しい道に気づいてもらい、理想の声を獲得してもらう為です。

 

 

ボイストレーニングは初めて、という方も、

「発声の迷子」になってしまっている方も、

ぜひ、一度、Loose Voiceの体験レッスンを受けてみてください。

 

あなたの声が変わる準備をして、お待ちしております!

 

KAN☆

 

 


0 コメント

ボイトレ ビギナー 3ヶ月お試し プログラム!


 

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今回、レッスンメニューに、

新たに「3ヶ月お試しプログラム」コースを設けました。

 

 

このプログラムコースは、

ボイストレーニング初心者の方にも、

気軽に始めていただける「お試しコース」です。

 

 

月/3回(全9回)のレッスンを受講していただき、

どれくらい声が変わるのか?を実感してみてほしいと思います。

 

 

『こんな方にオススメ』

 

◆短期間に、理想の声が出せるようになりたい!

 

◆今後、歌のイベントや発表の機会がある!

 

◆カラオケが上手くなるコツを知りたい!

 

◆高い声が楽に出せるようになりたい!

 

 

初心者の方、長期継続がなかなか難しいという方に

とてもオススメのコースです!

 

レッスン料金などの詳細は、下記よりご覧ください。

 

ボイトレ ビギナー向け『3ヶ月 お試しプログラム』

 

入会金半額キャンペーン実施中!

10,000円 ⇒ 5,000円)

 

 

Loose Voice

 

 


0 コメント

声の成長に年齢は関係ない


 

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

「小さい頃は、大きい声が出ていたのに、

大人になるについて、声が出にくくなってきた」

そんな、話をよく聞きます。

 

 

年齢を重ねると、誰しも衰えはあります。

それは、体力、筋力、能力など、

使わなくなっている部分が、衰えていくものです。

 

 

特に感じやすいのが、体力でしょうか。

スポーツ選手が日頃からトレーニングを積んでいる理由が分かりますよね。

「体力をつける為には、体力を消耗しないといけない」のです。

 

 

声を出すことは、毎日欠かさず行っていると思いますが、

日頃使わないような、声量や高音は、

ブランクがあると、すぐに出しにくくなります。

 

 

では、どうすればいいのか??

日頃から、「歌声で使う声」を出して、

喉の筋力低下を止め、更に、強化すればよいのです!

 

 

なかなか、ピンと来ないかもしれませんが、

声は、喉の筋肉運動で生まれるものなのです。

使わなければ、徐々に衰えていってしまう。

 

 

昔のように、

大きい声、高い声で歌いたい、と思ったら

そこからトレーニング始めて遅いということはありません。

 

実際に、高音が戻った!

という生徒さんも多数おります。

 

決して諦めないで、

理想の声を目指していきましょう!

 

そのお手伝いをさせて頂きます。

 

KAN☆

 

 


0 コメント