サウンドハウス掲載コラム(仙台Loose Voice KAN)


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

この度、音楽通販サウンドハウスの音楽コラムに、コラム記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

 

今回は強い裏声(ヘッドボイス)を綺麗に出す練習法です!

ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

記事はコチラからご覧ください↓

 

【強い裏声(ヘッドボイス)を綺麗に出す練習法】

 

また次回の記事をお楽しみに!

 

仙台Loose Voice


小さい声で歌う練習の重要性


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

自宅など、大きい声を出せる環境でない時も、歌の練習ができればいいのに、、と思いますよね。

 

実は小さい声で歌うというのは、かなり重要な練習方法の一つなのです。

 

今回は、小さい声で歌う重要性と、気を付けるべきポイントがありますので解説していきたいと思います!

 

 

◆なぜ、小さい声で歌う練習が重要なのか

 

それは、大きい声で歌うと何かしらトラブル(苦しい、高い声が出ない、声が出しにくい・・)が起きやすいからです。

 

「家で軽く歌っている時は、上手く歌えている気がするのに、カラオケなどで大声で歌うと、まったく歌えない」という経験はありませんか?

 

まさに、それです!大きな声を出すと、喉に不要な力を加えてしまい、小さな声で歌っている時と体感に違いが出てきてしまいます。

 

ですので、まずは「小さい声でもいいので楽な状態で歌う」という事ができるようにすると良いのです。

 

「でも、実際に、ライブやカラオケで歌うのは大きい声だよね?」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、それは、その通りで「小さい声→大きい声」に変えても同じように楽に歌えるという状態を作らなくてはいけません。

 

そこで、ポイントになるのが

【小さい声の声質】です。

 

どういった声質で歌う練習をしたほうが良いのか、解説していきます!

 

 

◆息を過剰に漏らさない声

 

「小さい声+息を漏らさない声」で歌うようにします。

 

これは地声でも裏声でも同じです。

 

声を出している時は、必ず、息が出ますが、その量を出来るだけ減らしてください。

 

減らすには「声帯をしっかり閉じる」という事が必要になってきます。

モワッとした、ため息のような声ではなく、小さいけど芯のある声が理想的です。

 

スマホに歌声を録音してみると、息がどれくらい出ているかわかりやすいと思いますので、ぜひ、録音して聞いてみて下さい。

 

なぜ、息もれしない声が良いのかといいますと、理由は2つ。

 

①大きい声にしたとしても、息の出る量をあまり変えないでほしいから。

 

②小さい声で息漏れしていると、大きい声にした時は、もっと息をたくさん吐くようになり、叫ぶような歌声になってしまうから。

 

【しっかり声帯を閉じて声を出す】という感覚が重要になります。

 

小さい声で歌っても、息が足りなくならないように調整しながら、歌ってみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


普段の声から高音発声を使う?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

世の中には、低い声が出しやすい人、高い声が出しやすい人、両方おりますが、どちらかといえば後者は少数でしょう。

 

なぜ、同じように生活して毎日のように声を出しているのに、高い声が出しやすい出せしにくい、、という人に分かれてしまうのでしょうか。

 

もともとの喉の作り?天性のもの?運?努力・・?

 

喉という楽器は、人間すべて同じ構造です。

 

多少の声帯の厚みや長さは違っていても、そこまで変わらない。

なので、使い方さえ合っていれば、高音を出すことは可能と考えるのが普通です。

 

そこで、何に違いがあるのか??という疑問。

 

『普段の声の高さ』

 

少なくとも、この要因が考えられると思います。

 

別に、普段の声が低いから悪い、高いから良いという事ではなく、高い声で話している人の方が「喉の楽器も高音使用に慣れている」という事なのです。

 

だから、いざ、歌で高い声を出す時も、普段の使い方に近いので出しやすい。

逆に、声が割と低めの人は、喉の使い方にかなりギャップを感じるのでコントロールが難しく感じてしまう。

 

では、低めの声の人は、少し高めにして話せばいいの??

 

実践してみる価値はあると思います。

 

普段から、裏声のような声で話す人、キャーキャー声をよく出す人、アニメのキャラクターのような声をマネできる人、動物のサルなど、かん高い声をマネする人。

 

そういう人は、高音が出しやすい傾向にあります。テレオペレーターの人が話すような、明るく聴き取りやすい声を意識する。

 

喉が「ジリジリ」と強く鳴るような低音の響き(朝起きたての声のイメージ)を、癖付けないように気を付けてみるという事です。

 

高い声を出すというのは、結構なエネルギーを使いますので、無理のない程度に、遊び心を入れながら試してみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


【お悩み】裏声が地声っぽくなりすぎる?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!


強い裏声発声で、ガラガラした音が混ざってしまい、綺麗なヘッドボイスにならない、、という相談がありましたので、その原因と解決方法をお伝えいたします。


初めに、強い裏声の良いイメージですが、分かりやすいのは合唱の歌声でしょう

。学生時代に誰でも一度は、合唱を行ってきたと思いますので、想像してみて下さい。


その合唱のソプラノパートが出している「響きある裏声」それが、ヘッドボイス(強い裏声)です。声が頭の上から突き抜けていくような強さ、響き、広がりが感じられるような声です。


しかし、それ対して、裏声を強く出そうとした時「ガラガラ、じりじり・・」のような少し苦しそうなノイズの入った裏声になってしまう事があります。


それはなぜか?


それは、地声を強く出している時の喉の使い方を、裏声でも使おうとしている状態だからです。


体感として、地声を強く出している時は、声のじりじり、ビリビリが「喉の前側(正面側)」に強く感じるもの。※胸などにも。


裏声も同様の状態にしようとすると、地声の喉の使い方が強めに入ってきてしまう為、綺麗な裏声になりません。


裏声の場合、ビリビリ、じりじりは、勿論、地声よりも薄れますし、振動部分の体感が正面側ではなく、鼻と上顎の間あたり、軟口蓋、上の歯の裏、後頭部など・・頭の真ん中より上部分に集まっているような体感になります。


なので、ヘッドボイスというネーミングがつけられているわけなのです。

 


◆どうやって改善するか


単純に、声を響かせる方向のイメージだけで改善できるのであれば、それが一番早いのではないかと思います。


イメージだけでは難しいという時に、一つ、試して頂きたい方法があります。


それは、

【少し顎を上げて斜め上を見ながら発声する】

※首や喉が突っ張らない程度。後頭部を壁に軽く付けて行ってもよい。


基本的に、歌う時は正面を見ていると思いますが、上記の姿勢で、弱い裏声から徐々に強い裏声に変えていく(クレッシェンド)していきます。


クレッシェンドしていく時に、喉に突っ張っり感が生まれないように、声と息を後頭部に向かって出していくようなイメージで行うと上手くいくと思います。


その方法で、綺麗な裏声が出たら、顔を真っすぐに戻して同じように行ってみます。
きっと、喉の詰まりが無くなり、抜けの良い裏声が出しやすくなると思います。


ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


息たっぷりのファルセットの重要性


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


地声で高い声を出そうとした時、高音になればなるほど、喉が辛くなり声が出しにくくなる。


でも、裏声を出せば高い声が出る。

 

という事は、地声の高音も、できるだけ裏声発声の状態に近づける事ができれば音域も広げる事ができるわけなのですが、そこで練習しておきたいのが、ファルセットボイス(ため息のような柔らかい裏声)です。

 


なぜ、強い裏声ではなく、柔らかいファルセットが重要なのかと言いますと、強い裏声を出すと地声を強くする感覚の喉の使い方になってしまう場合が多いからです。


その喉の使い方になってしまうと、裏声を出しているにも関わらず地声の喉の使い方に近いので、本来練習したい純粋な強い裏声(ヘッドボイス)から遠ざかってしまうのです。


裏声を練習する手順としては、まずは、息たっぷりの裏声(ファルセット)を出せるようにします。音階を上げていっても大きな声にならないように、声の音色がほぼ統一されるようにします。


その次に、そのファルセットから徐々に強い裏声(ヘッドボイス)に変化させていきます。


そのヘッドボイスは、地声を強く出しているような感覚(声が胸側に響いている感覚)ではなく、鼻や頭側に響いているような声にすることがポイントです!


そうして強い裏声を作っていく事で、地声の高い音を出す時の喉の使い方がイメージしやすくなります。


高音発声の為には、裏声を練習しようと言われますが、その裏声の作り方も適切な手順を気を付けてみるとよいでしょう。


ぜひ、参考にしてみて下さいね!

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!