声量を上げる練習は小さい声が整ってから


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングを習う理由として、

 

「声量を上げたい」「高い声を出したい」

 

この2つが圧倒的に多いです。

 

ここで注意が必要なのは、声量を上げるために「声帯を閉じる(喉をビリビリ鳴らす)」練習をしていくと、高い声が出しにくくなってしまう事があります。

 

どういう事かといいますと、

声帯を強く閉じる(鳴らす)という事は、低い声を発声する状態になるからです。

 

もちろん、練習する音域にもよりますが、先に声量を上げる練習を頑張ってしてしまうと、強い声のままの感覚で高音を出そうとしてしまい、高音が苦しそうな声になる事態がよく起こります。

 

ですので、声量をつけるのは、小さい声で低音~高音まで楽に発声できるようになってから行うことをお勧めします。

 

①優しい声で広音域を発声できる

②徐々に声量を上げていく

 

この手順で発声練習を行っていくとよいでしょう!

 

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


エッジボイスでは高い声を出せない?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングで「エッジボイス(呪怨ぼボイス)」を使う事があります。これは声帯をしっかりと閉じて無駄な息が漏れないようにすることで声量アップを図る練習に向いているからです。

 

エッジボイスは高い声を出すための練習に向いているかというと、それは少し違います。

 

エッジボイスは声帯を厚く強く閉じている状態です。

 

しかし、高音を出す時は、声帯を薄くのびている状態になります。

 

つまり、ほぼ真逆のような運動になりますので、エッジボイスだけでは高音を出せるようにはならないでしょう。

 

もし、エッジボイスを出している時の喉の感覚で高音を出そうとすると、苦しそうな声になったり、声が嗄れてしまったりする可能性が高いです。

 

エッジボイスは低音の声量アップをメインとした練習方法になりますので、地声が弱く声量が足りない人は、ぜひ、トレーニングに入れてみるとよいでしょう!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


聴き心地の良い歌声を探す


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングをして、色んな声質を出せるようになってくると「自分のベースとなる歌声は、どれにすればいいんだろう?」という疑問が出てくることがあります。

 

歌声に「正解」はありませんので、自分が出したい声であれば、基本的にはOKですし、曲調やジャンルによって多少、影響が出てくることもあります。

 

ひとつ、指標となるのが「聴きやすい声」を出すという事です。

 

自分の歌声を録音して聞き返してみましょう。

 

始めは、違和感を感じると思いますが、その声が、周りの人が聞いているあなたの歌声になります。

 

聞きなれない声に感じるので、あれこれと考えてしまいそうになりますが、フォーカスするのは、聴きやすいかどうかだけ、です。

 

話し声に近い歌声になると「なんか聞きづらいな・・」と感じてしまうもの。

 

その時に、ぜひ、やってほしいのが

「声に息を多く混ぜる」です

 

そして、どれぐらい息を混ぜれば聴き心地の良い声になるかを、自分で調整してみてほしいのです!

 

これは自分で探さないと、実際に歌う時に再現できませんので、自分の感覚で、その配分を見つけてみてください。

 

何度も何度も、録音して聞いて調整する・・。

 

この繰り返しが、とても重要な作業になります。

ぜひ、ベストなバランスを見つけてみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


発声を歌声に使えるようにする


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

発声練習で声が整ってきたら、それを、しっかりと曲中で使えるようにしていきます。

 

よく、発声練習では出せるのに曲中で、同じ高さの音を出そうとしても上手く出せない・・という人がいます。これは、ボイストレーニングを活かせていない事になるので残念な状況です。。

 

なぜ、曲中になると出せなくなるの??

 

原因は、いくつか考えられますが、最も気を付けたいのが「その音」に向かうまでの歌い方です。

 

発声練習の音階は、音の幅が狭く、順番通りに音が上がり、そして、下がってきます。でも歌は、一気に高い音にジャンプしたり、低い音になったります。

 

だから、難易度は高くなり出しにくく感じるのです。

 

レッスンでは「ボイストレーニング」と「ボーカルトレーニング」を分けて実施しております。発声で出せるようになった声は、歌声としても使えるようにしていきます!

 

 

*****

仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


「喉が上がらないようにする」って難しい?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングの中で、

よく「喉はなるべく上がらないようにしましょう」と言われます。

 

確かに、喉が上がり過ぎると気道が狭くなりますので、息がスムーズに流れなくなり、当然、声も出しにくくなります。しかし、意図的に喉を少し上げて(余計な力みが入らない程度にコントロールして)歌っている人もおります。

 

なので、この問題のポイントは、

 

【喉の位置をコントロールできる柔軟性】があるかどうか、という事になります。

 

・喉を下げようとして下げて歌える

・喉を上げようとして上げて歌える

 

こういった様にコントロールできる人は大丈夫ですが、

下げようとしているのに、かなり上がってしまうという場合は、発声がしにくい方向に進んでいくケースが多いです。

 

 

喉が、自分の意図とは反して勝手に上がってしまうというのは、結構、誰にでも起こる事でなのですが、でも発声上、その運動はなるべく抑えたい。

 

この問題解決にあたって、「発声が整えば、自然に喉も上がらなくなる」というように考えることもできますが、これまでのレッスン経験上、そうなる人は多くありません。。

 

なぜなら「発声が整う」という時点で、喉の位置が安定している必要があるからです。

 

なので、喉の上がりを軽視してボイストレーニングをするのは、理想の声に近づく遠回りをしてしまう可能性もあると考えられます。

 

 

「何年もボイトレをしているけど、ずっと喉の上がりが改善されず、声が変わらない・・」という経験をされている人も少なくないように思います。

 

喉の上がりは、これまでその人が歌ってきた癖と喉の筋肉の柔軟性が大きく関わっています。無意識に「高音=喉を上げる」という運動が体に染みついているような感覚だと思います。

 

まずは、この余計な運動を抑える。

 

そうすることで、声帯のコントロールもしやすくなるため、幅広い音域を楽に発声することができるようになります!

 

これまでの癖を改善するので、根気が入り、多少時間が必要になる人もおりますが、その後の歌人生が楽しくなるなら短い時間ととらえる事ができるのではないかと思います♪

 

 *****

仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


「喉が上がり過ぎる」と「声帯が閉じ過ぎる」の関係


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

「喉ぼとけ」の中にある「声帯」

「声帯」を包み込んでいる「喉ぼとけ」

 

この2つは、発声する時の運動に大きな関わりを持つことは、想像できると思います。

 

例えば、歌っている時に、この「喉ぼとけが上がり過ぎる」と「声帯が閉じ過ぎる」が同時に起こっている人がいたとします。

 

こういった状態の人は、どういう練習をすべきなのか?

 

 

手順と考え方は、2つあります。

 

①喉ぼとけの位置を安定化させることにより、喉まわりの筋肉に柔軟性が生まれ、声帯のコントロールも上手くいくので楽な発声が可能になる。

 

②喉が上がる事よりも、声帯を閉じ過ぎる運動を緩和させることで、余計な力が抜けて、結果、喉ぼとけの上昇も抑えることができる。

 

これは、どちらからアプローチしても改善は見込まれると思います。

判断は、その発声状態の【度合い】によります。

 

 

もし、喉ぼとけが、かなり上がる(指で確認して、歌っていると顎の中に隠れてしまうぐらい)という人は、声帯をコントロールする事は難しく感じるはずです。ですので、①の手順を踏む。

 

喉ぼとけは、少し上がる、そして声が詰まる・・という人は、声帯を閉じ過ぎている可能性が高いので②の手順を踏む。

 

発声が改善していくまで、時間を要するのは、おそらく①の場合です。なぜかといいますと、喉ぼとけの安定化がある程度確立されたとして、その後に、声帯をコントロールするという次のステップがあるからです。

 

つまり、2ステップ(喉の安定化+声帯コントロール)必要になる事が多いからです。※まれに喉ぼとけが安定化したら、高い声も楽に出た、というケースもありますが、結構、珍しいです。。

 

※ギターに例えると、楽器のボディは仕上がった(=喉ぼとけが安定した)、そして次は、弦の弾き方(=声帯コントロール)を覚えよう、といったイメージ。

 

 

逆に、②の場合は、声帯コントロールだけを重点的に練習すれば、楽に声が出せるようになることが多いように思います。多少、喉ぼとけが上がっていたとしても、声帯の締めつけがなくなることで、自然に喉ぼとけも安定していくのです。(女性の人に多い傾向あり)

 

 

じゃあ、自分はどちらの状態なの??

 

それを、自己観察して見極められればよいのですが、もし自分自身では難し場合は、お近くのボイストレーニング教室でトレーナーさんに判断していただくとよいと思います。

 

ボイストレーニングは、反復練習が必要で、ある程度の期間を要するもの。

でも、なるべく早く声を整えたいという気持ちもありますよね、きっと。

 

ぜひ、お役に立ててみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


サウンドハウス掲載コラム「ストローを使った発声練習」


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

この度、音楽通販サウンドハウスの音楽コラムに、ボイトレ記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

 

今回は『ストローを使った発声練習です!

ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

記事はコチラからご覧ください↓

 

【ストローを使った発声練習】

 

また次回の記事をお楽しみに!

 

仙台Loose Voice


ストローを使った発声練習は効果あるの?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ストローを使った発声練習をご存知でしょうか。

 

喉を傷めた人が、声のリハビリとして使われたりしており、声帯への負担を軽減しながら発声を整えるのには、とても便利なストロー。

 

歌のボイストレーニングでもしばしば使われることがあります。

 

その理由は、適切な発声に矯正しやすいという点もあると思いますが、もう一つ、

 

『自分自身で発声が整っているかを判断しやすい』のです。

 

実際、レッスンでもストローを使って音階を発声してもらったりしますと、ストローを使っている時と、使っていない普通の発声とで、ほぼ変わらず発声できる人もいれば、ストローをくわえると出しにくくなる人もいます。

 

なぜなの?

 

地声の高音になると、ストローから息は流れているが、声が裏返りそうになったり震えたりして安定しない。。

 

こんな現象が起きたときは、次の2つを疑ってみてください。

 

①声帯を強く閉じすぎている

(こもった太い声になってチェストボイスから抜け出せていない状態)

 

②普段、歌う時に舌の奥が上がっている

(ストローを加えると舌が下がった状態に固定されて、出しにくく感じている)

 

もし、ストロー発声で、このような状態になった場合は、一旦、息を全部鼻から出してストロー発声をしてみてください。鼻から息を出すには、舌の奥を軟口蓋に接近させる必要があります。

 

少し発声が楽になると思います。それが慣れてきたら徐々に舌を平らにして口からも息が流れるように調整してみてください。ストローを正しく活用できれば、とても有効な道具になり得ます!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


【Loose Voice】仙台ボイストレーニング体験レッスン受付中!


仙台の本格ボイストレーニングスタジオ、Loose Voiceでは、体験レッスンを随時実施しております。

 

『歌声が出しづらい・・』

 

そんな悩みの原因と解決方法が、体験レッスンで判明しちゃいます!!

 

声の出る仕組みは、皆さん同じです。

 

上手く出せないというのは、喉の使い方に気づいていない場合が、ほとんどです。

 

その使い方に気づく事で、歌う事が何倍も楽しくなります。

 

ぜひ、一度、お気軽に体験レッスンにお越しください。

 

難しい事は何一つありませんので、初心者の方も、ご安心ください♪

 

お申込みは、以下の体験レッスン予約フォームより、お願いいたします。


音楽教室比較.comに掲載頂きました


 

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

「音楽教室比較.com」に、Loose Voiceが掲載されましたので、お知らせいたします。

 

それぞれの目的に合ったボイストレーニング教室が見つかる!

 

ぜひ、お役に立てて見て下さいね。

 

仙台Loose Voice


自宅でボイトレ(息のコントロール)


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングと聞くと、まず思い浮かぶのは「発声練習」ではないかと思います。でも、自宅で大きい声を出せないという人も少なくないでしょう。

 

そんな時に『声』というものの捉え方を少し変えて、声を出す材料である『息』に注目してみましょう。

 

ボイトレは、

 

「声帯のコントロールが上手くいけば声は出しやすくなるんだ!」

 

という思考ばかりになっている人が多いですが、声帯運動は息の流れとセットになっているので、呼気が多すぎたり、少なすぎたりすると声帯のコントロールに支障がでてきます。

 

また、高音や大きな声を出すときに、息が過剰に出てしまうというのもあまりり良い状態とは言えません。

 

【低音~高音に移動しても呼気量は、ほぼ一定にする】

 

という状態を作ってみることで、声帯のコントロールがしやすくなり、結果的に色んな声が出しやすくなります。

 

 

その練習方法を、1つ、ご紹介します!

 

【ストローを使った練習法】

 

①ストローを軽くくわえます。

「舌の真ん中あたりまでストローを入れた状態」にする。

 

②ストローをくわえたまま軽く声を出す。

まずは低い声で楽な声を出します。

その時に、手のひらをストローの前にかざし、息が出ている量を確認しておきます。

 

ストローをくわえたままで好きな歌のメロディーを歌う。

 

歌詞は言わなくでも「う”~」みたない声で音程だけなぞってもOKです。

 

 

★チェックポイント★

 

『メロディーをなぞっても呼気の量がほぼ変わっていないか確認する!』

 

※歌じゃなく、音階で「ドレミファソラシド」と音を上げていって確認してみてもいいです。

 

息の量が大幅に減ってたり、増えたりする時は、何度も練習してみてください。大きい声を出す意識ではなく、密な声(息がしっかり声に変っている)です!

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


オンラインレッスン対応


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

現在、期間限定で、Zoomアプリを使用したオンラインレッスンを実施しております。外出してレッスンに通うことが難しいという方に、おススメです!

 

※受講にはご入会が必要になります。

 

レッスン料金:60分/4,000円

 

ある程度の声が出せる環境(自宅、車中、スタジオ、カラオケetc)で待機していただき、スマホ一台とネット環境があれば、簡単に受講できます。

 

対面レッスンとは違い、意識が「音声」に集中することで「なぜ?どうやって?どれくらい?」という加減や理解を深めることができるのがメリットです。

 

外出自粛しながらも、しっかりとサポートさせて頂きます!

 

仙台Loose Voice


サウンドハウス掲載コラム(仙台Loose Voice KAN)


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

この度、音楽通販サウンドハウスの音楽コラムに、コラム記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

 

今回は強い裏声(ヘッドボイス)を綺麗に出す練習法です!

ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

記事はコチラからご覧ください↓

 

【強い裏声(ヘッドボイス)を綺麗に出す練習法】

 

また次回の記事をお楽しみに!

 

仙台Loose Voice


小さい声で歌う練習の重要性


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

自宅など、大きい声を出せる環境でない時も、歌の練習ができればいいのに、、と思いますよね。

 

実は小さい声で歌うというのは、かなり重要な練習方法の一つなのです。

 

今回は、小さい声で歌う重要性と、気を付けるべきポイントがありますので解説していきたいと思います!

 

 

◆なぜ、小さい声で歌う練習が重要なのか

 

それは、大きい声で歌うと何かしらトラブル(苦しい、高い声が出ない、声が出しにくい・・)が起きやすいからです。

 

「家で軽く歌っている時は、上手く歌えている気がするのに、カラオケなどで大声で歌うと、まったく歌えない」という経験はありませんか?

 

まさに、それです!大きな声を出すと、喉に不要な力を加えてしまい、小さな声で歌っている時と体感に違いが出てきてしまいます。

 

ですので、まずは「小さい声でもいいので楽な状態で歌う」という事ができるようにすると良いのです。

 

「でも、実際に、ライブやカラオケで歌うのは大きい声だよね?」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、それは、その通りで「小さい声→大きい声」に変えても同じように楽に歌えるという状態を作らなくてはいけません。

 

そこで、ポイントになるのが

【小さい声の声質】です。

 

どういった声質で歌う練習をしたほうが良いのか、解説していきます!

 

 

◆息を過剰に漏らさない声

 

「小さい声+息を漏らさない声」で歌うようにします。

 

これは地声でも裏声でも同じです。

 

声を出している時は、必ず、息が出ますが、その量を出来るだけ減らしてください。

 

減らすには「声帯をしっかり閉じる」という事が必要になってきます。

モワッとした、ため息のような声ではなく、小さいけど芯のある声が理想的です。

 

スマホに歌声を録音してみると、息がどれくらい出ているかわかりやすいと思いますので、ぜひ、録音して聞いてみて下さい。

 

なぜ、息もれしない声が良いのかといいますと、理由は2つ。

 

①大きい声にしたとしても、息の出る量をあまり変えないでほしいから。

 

②小さい声で息漏れしていると、大きい声にした時は、もっと息をたくさん吐くようになり、叫ぶような歌声になってしまうから。

 

【しっかり声帯を閉じて声を出す】という感覚が重要になります。

 

小さい声で歌っても、息が足りなくならないように調整しながら、歌ってみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


サウンドハウス掲載コラム(仙台Loose Voice KAN)


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

この度、音楽通販サウンドハウスの音楽コラムに、コラム記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

 

今回は『独学でボイトレをする時の注意点』について書かせて頂きました。ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

記事はコチラからご覧ください↓

 

【独学でボイトレをする時の注意点】サウンドハウス連載コラム

 

また次回の記事をお楽しみに!

 

仙台Loose Voice


普段の声から高音発声を使う?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

世の中には、低い声が出しやすい人、高い声が出しやすい人、両方おりますが、どちらかといえば後者は少数でしょう。

 

なぜ、同じように生活して毎日のように声を出しているのに、高い声が出しやすい出せしにくい、、という人に分かれてしまうのでしょうか。

 

もともとの喉の作り?天性のもの?運?努力・・?

 

喉という楽器は、人間すべて同じ構造です。

 

多少の声帯の厚みや長さは違っていても、そこまで変わらない。

なので、使い方さえ合っていれば、高音を出すことは可能と考えるのが普通です。

 

そこで、何に違いがあるのか??という疑問。

 

『普段の声の高さ』

 

少なくとも、この要因が考えられると思います。

 

別に、普段の声が低いから悪い、高いから良いという事ではなく、高い声で話している人の方が「喉の楽器も高音使用に慣れている」という事なのです。

 

だから、いざ、歌で高い声を出す時も、普段の使い方に近いので出しやすい。

逆に、声が割と低めの人は、喉の使い方にかなりギャップを感じるのでコントロールが難しく感じてしまう。

 

では、低めの声の人は、少し高めにして話せばいいの??

 

実践してみる価値はあると思います。

 

普段から、裏声のような声で話す人、キャーキャー声をよく出す人、アニメのキャラクターのような声をマネできる人、動物のサルなど、かん高い声をマネする人。

 

そういう人は、高音が出しやすい傾向にあります。テレオペレーターの人が話すような、明るく聴き取りやすい声を意識する。

 

喉が「ジリジリ」と強く鳴るような低音の響き(朝起きたての声のイメージ)を、癖付けないように気を付けてみるという事です。

 

高い声を出すというのは、結構なエネルギーを使いますので、無理のない程度に、遊び心を入れながら試してみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


2020年 新規体験レッスン実施受付開始!仙台Loose Voice


新年、明けましておめでとうございます。

仙台Loose VoiceのKANです!

 

2020年、Loose Voiceでは新規体験レッスンを受付開始しております。

 

今年、歌を飛躍的に上達させたい方は、ぜひ、一度、Loose Voiceの体験レッスンにお越しください。

 

現在の声を聞かせて頂き、上手く声が出せない的確な原因と、その改善方法をお伝えさせて頂きます。

 

レッスンを受講されている生徒さんからも、その効果の感想を頂いておりますので、ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

【レッスンを受けてみて生徒さんの声】

 

体験レッスンのお申込みは以下のお申込みフォームより、お願いいたします。


【お悩み】裏声が地声っぽくなりすぎる?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!


強い裏声発声で、ガラガラした音が混ざってしまい、綺麗なヘッドボイスにならない、、という相談がありましたので、その原因と解決方法をお伝えいたします。


初めに、強い裏声の良いイメージですが、分かりやすいのは合唱の歌声でしょう

。学生時代に誰でも一度は、合唱を行ってきたと思いますので、想像してみて下さい。


その合唱のソプラノパートが出している「響きある裏声」それが、ヘッドボイス(強い裏声)です。声が頭の上から突き抜けていくような強さ、響き、広がりが感じられるような声です。


しかし、それ対して、裏声を強く出そうとした時「ガラガラ、じりじり・・」のような少し苦しそうなノイズの入った裏声になってしまう事があります。


それはなぜか?


それは、地声を強く出している時の喉の使い方を、裏声でも使おうとしている状態だからです。


体感として、地声を強く出している時は、声のじりじり、ビリビリが「喉の前側(正面側)」に強く感じるもの。※胸などにも。


裏声も同様の状態にしようとすると、地声の喉の使い方が強めに入ってきてしまう為、綺麗な裏声になりません。


裏声の場合、ビリビリ、じりじりは、勿論、地声よりも薄れますし、振動部分の体感が正面側ではなく、鼻と上顎の間あたり、軟口蓋、上の歯の裏、後頭部など・・頭の真ん中より上部分に集まっているような体感になります。


なので、ヘッドボイスというネーミングがつけられているわけなのです。

 


◆どうやって改善するか


単純に、声を響かせる方向のイメージだけで改善できるのであれば、それが一番早いのではないかと思います。


イメージだけでは難しいという時に、一つ、試して頂きたい方法があります。


それは、

【少し顎を上げて斜め上を見ながら発声する】

※首や喉が突っ張らない程度。後頭部を壁に軽く付けて行ってもよい。


基本的に、歌う時は正面を見ていると思いますが、上記の姿勢で、弱い裏声から徐々に強い裏声に変えていく(クレッシェンド)していきます。


クレッシェンドしていく時に、喉に突っ張っり感が生まれないように、声と息を後頭部に向かって出していくようなイメージで行うと上手くいくと思います。


その方法で、綺麗な裏声が出たら、顔を真っすぐに戻して同じように行ってみます。
きっと、喉の詰まりが無くなり、抜けの良い裏声が出しやすくなると思います。


ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


独学でボイトレをする時のポイント


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

「独学でボイトレをする事は可能ですか?」


もちろん、トレーニングを自分で組み立てて行っていく事は可能です。

 

しかし、独学でやっていこうとした時に難しいのは「ジャッジメントがいない」事です。


例えば、プロスポーツの世界でも、必ず、コーチやトレーナーと呼ばれる人が側近におります。プロ選手と呼ばれる人でさえ、自分を客観的に見てくれて軌道修正してくれるコーチやトレーナーが必要という事。


つまり「自分の状態を自分自身だけで判断するのは、かなり難しい」という事が分かります。


ボイトレにおいても、今の発声状態が良いのか悪いのか、又は、良い方向に向かっている過程にあるのか、無いのか。


そのジャッジはとても難しい。まして、ボイトレをしよう!と思っているという事は、何かしら、発声状態に違和感を感じているという人が大半だと思います。


という事は、積み重ねる練習の前に、改善する練習を優先する必要があるケースが多いのです。


※ただ走るだけなら自分でもできますが、走り方の改善をするのは難しい。

では、独学でボイトレをするにあたって、気を付けておきたい事は何なのか??

 

1、現状把握

まず、おさえておきたいのが現状の発声状態です。

「声が出しにくい」という大雑把なものではなく、更に、細かく分析しておきましょう。
どんな声が出しにくいのか?


・低音の強い声なのか、弱い声か。


・高音の強い声なのか、弱い声か。


・裏声か地声か


・言葉によって出しにくさが変わるのか

その他、出しにくい現状を確認しておくことが必要です。

 


2、具体的な体感


出しにくい声の時、喉の中で何が起きているか?


これは実際に、その事が起こっているわけではなくてもいいので、「どんな感じがするか」を確認しておきましょう。


・息がつまる感じ


・息が漏れる感じ

・喉が絞まる感じ

・喉が上がってくる感じ

・舌が硬くなっている感じ

 


3、録音して声を確認


その出しにくい声が、どういう声かを録音して聴いてみましょう。


・苦しそうに聞こえる

・かすれているように聞こえる

・弱々しく聞こえる

・響いていないように聞こえる

・音程がズレているように聞こえる

以上の3項目は、必ず、把握しておくと良いでしょう。

 

そこから、その症状に合った改善トレーニングを行っていくと、効率的に練習を進めていく事ができます。


きっと、現状は、十人十色だと思います。という事は、練習しなければならないボイトレも、微妙に皆違うという事です。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


サウンドハウス掲載コラム(Loose Voice KAN)


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

この度、音楽通販サウンドハウスの音楽コラムに、コラム記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

 

発声状態を言い表す言葉『ハイラリンクス』について書かせて頂きました。ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

記事はコチラからご覧ください↓

【歌いにくい人は確認しておきたい!ハイラリンクス】サウンドハウス連載コラム

 

また次回の記事をお楽しみに!

 

仙台Loose Voice


息たっぷりのファルセットの重要性


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


地声で高い声を出そうとした時、高音になればなるほど、喉が辛くなり声が出しにくくなる。


でも、裏声を出せば高い声が出る。

 

という事は、地声の高音も、できるだけ裏声発声の状態に近づける事ができれば音域も広げる事ができるわけなのですが、そこで練習しておきたいのが、ファルセットボイス(ため息のような柔らかい裏声)です。

 


なぜ、強い裏声ではなく、柔らかいファルセットが重要なのかと言いますと、強い裏声を出すと地声を強くする感覚の喉の使い方になってしまう場合が多いからです。


その喉の使い方になってしまうと、裏声を出しているにも関わらず地声の喉の使い方に近いので、本来練習したい純粋な強い裏声(ヘッドボイス)から遠ざかってしまうのです。


裏声を練習する手順としては、まずは、息たっぷりの裏声(ファルセット)を出せるようにします。音階を上げていっても大きな声にならないように、声の音色がほぼ統一されるようにします。


その次に、そのファルセットから徐々に強い裏声(ヘッドボイス)に変化させていきます。


そのヘッドボイスは、地声を強く出しているような感覚(声が胸側に響いている感覚)ではなく、鼻や頭側に響いているような声にすることがポイントです!


そうして強い裏声を作っていく事で、地声の高い音を出す時の喉の使い方がイメージしやすくなります。


高音発声の為には、裏声を練習しようと言われますが、その裏声の作り方も適切な手順を気を付けてみるとよいでしょう。


ぜひ、参考にしてみて下さいね!

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


ボイストレーニングを受ければ喉の脱力は獲得できる?


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


「歌っていると喉に力みが入るのですが、

ボイストレーニングを受ければ改善できますか?」


この質問の返答は、基本的には「YES」なのですが、実際に、ボイストレーニングを受けていても、喉の力みが取れないという人は、少なくないと思います。


そこには、知っておきたい、いくつかのポイントがありますので、今回、お伝えしたいと思います。

 


◆なぜ、喉に力みが入るのかを説明してもらいましょう


あなたが指導を受けているボイストレーナーに、その原因を説明してもらいましょう。


喉に力みが入る原因は、一つではありません。その人によって、微妙に違っています。まずは、なんとなくでもいいので原因を自己把握できておくと良いです。

 


◆気道が狭くっている場合(=喉ぼとけや舌が過剰に上がる)


この場合、まずは、気道をしっかり確保できるように、喉ぼとけや舌の奥が過剰に上がらないようにトレーニングする事を優先する必要があります。


※高い声、強い声を出す練習は、ある程度の脱力を獲得できてから行った方がスムーズです。


ここは程度問題になりますが、多少、喉が上がっていたとしても、力みを感じない程度であれば問題ありません。


無理に、喉ぼとけや舌を下げて発声するのは、逆効果になる事がありますので、基本は、自然体な位置(話している時の位置)であれば大丈夫です。


改善が必要なのは、瞬間的に喉がグッと上がり気道が狭くなる人です。この癖がついていると声帯をコントロールして、高音や声量を上げる事が、やりづらい状態になります。


過剰に喉や舌が上にあがってきて、歌うと喉が苦しい...という状態の人は、そうならないようにする改善トレーニングをしていますか?


この返答によって脱力発声ができるかどうかに大きく関わってきます。


ボイストレーニングを受けて、喉が脱力できるかどうかは、間違った喉の運動(過剰な喉ぼとけや舌の上昇)を改善する直接的な練習を取り入れているかどうか、が大きなポイントになります。


ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


サウンドハウス連載コラム(Loose Voice KAN掲載)


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

この度、音楽通販サウンドハウスの音楽コラムに、コラム記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

 

発声の悩みの一つ『喉締め発声の改善ポイント』について書かせて頂きました。ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

記事はコチラからご覧ください↓

【喉締め発声の改善ポイント】サウンドハウス連載コラム

 

また次回の記事をお楽しみに!

 

仙台Loose Voice


【本当に上手くなれる】宮城・仙台でおすすめのボイトレ教室5選!仙台を特集!Loose Voice掲載


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

今回は、音楽メディアサイトへ、Loose Voiceが掲載されましたので、お知らせいたします。

 

掲載記事は、コチラ↓

【本当に上手くなれる】宮城・仙台でおすすめのボイトレ教室5選!仙台を特集!

 

それぞれの目的に合ったボイストレーニング教室が見つかる!

 

ぜひ、そのお役に立てて見て下さいね。

 

仙台Loose Voice


喉締め改善法(舌の位置)


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


喉締め発声をしている時、大半の人は喉に力みを感じていると思います。

 

その原因状態は一つではありませんが、今回は、その原因が「声帯を強く閉じすぎる(低音発声の状態)」ために、喉締めになっている場合に、有効なコツをお伝えいたします。

 


早速ですが、結論からいきます!

 

気を付けて見て欲しいのは

【舌の奥の高さ(位置)】です。


歌う時の喉の開け方として「あくびをするような開け方」とよく言われます。全くあくびと同じ開け方ではないにしても、実際にあくびをしている時の声って、どんな声になりますか?


「はぁ~...」

 

あくびの声は、大概の人は低い声になると思います。それは頭で考えているわけではないと思いますので、自然にあくびの喉にすると「低い声が出てしまう」のです。


あくびの真似をすることで、舌の奥や喉ぼとけが下にさがる。その時に出る声は、低い声になりやすい。


もちろん、あくびの喉の開け方でも、高い声を出す事はできると思いますが、それは、すでに喉(声帯)のコントロールが整っている人だと思います。

 


じゃあ、

「あくびのような開け方をしないで声を出す」という事になりますが、その開け方とは??


今回は、舌の位置に焦点を絞ります。


それは、舌の奥を上げる(舌の奥が上顎にくっつきそうな位まで上げる)
※舌の先端は舌の歯の裏側に触れておく。

 


そんな事したら、逆に喉締めになってしまうよ・・と心配する人もいると思いますが、舌を上げて発声しても、必ず苦しくなるわけではないので大丈夫です。


舌の奥を上げて「エ」と声を出してみましょう。


きっと自然に少し高い声が出たと思います。


その声が結果的に鼻腔に共鳴しているような声になり、高音発声の足掛かりになるのです。


当たり前のように思っていた「喉の開け方」で、実は、高音が出しにくくなっているかもしれません。

 

ぜひ、試してみて下さいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


地声から裏声にコロッとひっくり返る


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


地声と裏声がコロッとひっくり返ってしまう


それが気になるという方は少なくないと思います。曲中に、地声と裏声を交互に使うようなフレーズは、あたり前のように出てきますよね。


それってどういう効果を狙っているのか??

 


例えば、地声→裏声に変わる時って、声質はどう変化しているように聞こえますか?


「地声の緊張感」から「裏声の解放感」に、緩む、抜ける、開けるような,,, 雰囲気を演出してくれます。


なので、決して地声から裏声にコロッと、ひっくり返るのが悪いことではなく、歌の表現としては、とても効果的な事もあるのです。


だた、あまり良くないのは、

「苦しそうな地声 → 裏声に変わる」という状態。


これは、歌の演出として裏声を使ったという印象ではなく、地声で苦しくてこれ以上の音が出ないから裏声に変えた、という印象になり、余裕がない歌声に聞こえてしまいます。


この苦しそうな地声の原因は、いくつか考えられますが、その中の一つに、「声帯を強く閉じすぎている」という事が挙げられます。


その状態は、息がスムーズに流れないので、とても苦しそうに聞こえてしまうというわけです。


そこで、やっと本題!!

 

 

地声~裏声に変える時、スムーズにチェンジしたい場合は、地声に息を多く含ませた声を使う。

 

つまり、強く閉じすぎていた声帯を緩めた状態から裏声に変化させるという事です。難しい点としては、息を多く含ませた声で高音を出すのは少し練習が必要であることです。


先ほどの「緊張→緩和」という表現演出の効果は少し薄れてしまうと思いますが、苦しそうな声からひっくり返るのを改善したいという方は、ぜひ、試してみて下さい!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


声帯の使い方を練習する前に


こんにちは、仙台Looe VoiceのKANです!


声を高くしたり、低くしたり、

そのコントロールをしているのは、まぎれもなく「声帯」です。


ボイストレーニングをする際に、まず、思い浮かぶのは、その「声帯の使い方」ではないでしょうか。


地声と裏声をスムーズに繋げたり、低音から高音へ向かっていくときの声帯の使い方を練習している人が多いと思います。


その練習方法で上手くいっている人はよいですが、もし、あまり声が変わらない、、と悩んでいる人は、実は、その前にやってほしい事があります。

 


それは「喉の脱力練習」です!


「えっ?!」
「発声が良くなれば、勝手に脱力できるんじゃないの?」


そう思っている人も少なくないでしょう。
でも、それは逆にして考えておいた方が効率的です。


つまり、

 

【喉の脱力ができるから、声もスムーズに変わる事ができる】


喉に余計な力みがあるという事は、声帯の運動を妨げてしまっている状態。だから、いつまで経っても、自分の理想の声に近づいていないような気がしてしまう。


喉の力みが「癖」となっている人は、実感として分かると思いますが、その力みが入ると、一気に声が出しにくく感じるはずです。


「喉の力みを解消する」を優先してトレーニングしていく事で、着実に理想の声に近づく事ができるようになります。

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


歌う時、お腹に力を入れると..


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


歌う時に、お腹まわりにはどのような力が入っているか?
どの部分に力が入っているように感じるか?

 


声は喉で生まれますが、声の材料である「息」は、お腹を使ってコントロールをします。なので、歌う時に必要な息を安定して送り出すことができれば、歌声も安定感が生まれる事になります。


お腹を使うにあたって、
一つ、気を付けて欲しいことがあります。


それは、声を出している時「みぞおち」に力が入っている場合です。
※おへその上の腹筋が6コに割れる部分。

 


お腹から声を出そうとして、この部分に力を入れてしまいますと、少し痛々しい声(強すぎる声)になる場合があります。


実際に、腹筋をしながら声を出してみると分かると思いますが、相当、苦しそうな声になると思います。息も上手く流れませんし、音程さえも上手く取れなくなる感じがすると思います。


腹直筋に力を入れますと、声帯が過剰に閉じてしまうのです。

 


◆歌う姿勢も大事


腹直筋に力が入ってしまうのは、歌う姿勢が、こんな時にも注意が必要です。
・後ろに反った姿勢になる
⇒体重が後ろ側にかかっている時、腹筋に力が入ります。

 


・猫背になる
⇒肩が下がり背中が丸くなると、腹筋に力が入ります。時に、高い声を出す瞬間に、この動きを行っている人が多いと思います。

 


腹筋に力を入れる事で「声が出しやすい」と感じる人もいると思いますので、もし、喉にダメージがなく、歌声も自分の理想に近いものになれば問題はありません。


ですが、声が出しにくいとか、歌っていると喉が痛くなるという人は、

ぜひ、気にしながら歌ってみて下さいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


「高い声=大きい声」と考えない


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今回は、「高い声が上手く出せない・・」

 

という悩みを持っている方に向けたお話しです。

 

高い声は、ある程度の音域までは感覚的に出すことができるけど、曲中のサビ(盛り上がる部分)あたりに出てくるような音域になると、うまい出し方が分からなくなる、、というケースが多いと思います。


実際に、ボイストレーニングを行っていけば、喉の使い方が把握できてくるので、徐々に高い声が出せるようになってきますが、今回は、練習にあたってのヒントとなるようなコツをお伝えできたらと思います。


「高い声」をシンプルに考えるには・・、


【高い声=大きい声】と結びつけないこと。


曲中では、大概、サビあたりが高音になってくるため、盛り上げようとして大きい声で歌いがちになります。でも、高い音だからと言って、大きい声を出す必要はありません。

 


そこで、実際の練習方法として試して欲しいのが、


日常的な「はぁ~」というため息の声。


「8割ぐらい息で、残りの2割が声」というようなイメージの声で低音から高音までため息をついてみる。

 


ため息なので、もちろん、長く伸ばす事はできなくても大丈夫です。一瞬でいいでの確実に音程を上げていけるように練習してみる。


そうすると

「音程は上がっているが、声の大きさは変わらない」という状態が作れます。


この状態に高音発声のヒントが隠されています。


慣れてきたら、少しずつ声の割合を増やしていってみて下さい。息の量は、目の前にある、ろうそくの火を消すようなイメージで、かなり多めに吐いて行うとよいと思います。


ぜひ、試してみて下さいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


鼻腔共鳴で高い声が出ない時


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


「高い声は鼻に響かせるようにして声を出そう」


そう聞いたことがありませんか?


確かに、高い声は、結果的に鼻腔に響きが集まるような体感になるもの。それを誰でも簡単に体感できるのは「裏声」です。


裏声は、ほどんどの人が楽に発声できるので、しっかりと声が出ていれば(=息漏れしていない)鼻腔に響いているような感じがすると思います。(真逆の胸側への響きは少ない)


じゃあ、地声の高音も同じように鼻腔に響きを集めてみようと発声してみた時、裏声と同様の体感を得られる人は、いったいどれくらいいるでしょうか。。


発声で悩みを抱える人の場合、地声の高音をしっかり鼻腔に響かせて楽に発声できる人は、おそらく少ないのはないかと思います。


なぜか??


それは、声帯(喉ぼとけの中)~鼻腔までの道筋の中に振動を止めてしまう(弱めてしまう)ような力みが入る事が多いからです。

 


◆共鳴とは?


共鳴は、空気の振動によってできた波が空間に響いて生まれるものです。

という事は、振動が伝わらなければ共鳴はできない。


振動を伝えるには、余計な力はできる限り入れないようにする必要があります。
ここは楽器と同じ原理です。


打楽器でも弦楽器でも、振動しているものに、手を触れてしまえば「ピタッ」と振動(響き)は、止まってしまいます。

 


つまり、声の場合、


声帯~鼻腔までの空間に余計な力みが無く、しっかりと空間確保ができている、という条件が整ったうえでしか、鼻腔共鳴は作れないという事になります。


「鼻腔に響かせようとしても高い声が出せない・・」と感じている方は、まずは、鼻腔までの道筋に力みがないかをチェックしてみて下さいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


Loose Voiceボイトレ体験


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

現在、Loose Voiceでは、新規体験レッスン希望を受け付けております。

 

6月は、入会先着5名様に限り、ご入会費が半額とさせて頂きます!

 

通常10,000円 ⇒ 半額5,000円

 

Loose Voiceでは、こんな方をお待ちしております!

 

 

・喉に力が入り上手く歌えない..

 

・長年ボイトレをしているけど声が変わらない..

 

・きちんとした発声法を身に付けたい

 

・ステージで歌えるほどの歌唱スキルを身に付けたい

 

 

歌を表現するには、声をコントロールする発声スキルが必要です。歌に心を込めることは、とても重要なこと。しかし、歌声がイマイチな場合、気持ちだけでは曲を上手く伝えられない事が起こります。

 

適切な発声スキルを獲得して、自分らしく、歌を表現してみませんか?!

 

ぜひ、興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお越しください。

本当の歌ライフが、きっと始まります。

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪

 


裏声から地声に切り替えるトレーニング


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


地声の高い声を出す練習方法として、

 

「同じ高さの音で裏声⇒地声に切り替える」という練習があります。


ボイストレーニングをされている方であれば、知っている人も多いと思いますが、なぜ、この練習が地声の高い声を出す事に有効なのか?


それは大まかに言いますと、裏声を出している時の声帯の運動と、地声を出している時の声帯の運動をできるだけ近づけることで、同じ高さの音を無理なく出すようにしたい為です。


だから二つの声の音色が、綺麗に繋がることが理想になります。


しかし、実際にピアノなどで音を出しながらやってみると、意外に難しいと感じる人が多いのではないかと思います。


練習する音の高さとしては、


男性は、高いミ~ソあたり。
女性は、高いソ~シあたり。


例えば「ホ」という言葉で裏声から発声して地声に変えていく。


起こりやすい現象としては、

・地声に変えた時に音程が下がる


・地声に変えた瞬間に喉が辛くなる


・地声に変える時に声がガラガラする


こんなことがよく起こります。

 


この時に、特に気を付けてみて欲しいのが

「喉が辛くなる」というケースで喉ぼとけの位置が上にあがり過ぎていなか?という点です。


裏声で出している時と、地声で出している時の喉ぼとけの位置を、指で触れながら確認してみると良いでしょう。


その喉ぼとけの上昇が、発声のジャマをしている場合があります。


ぜひ、確認して練習をしてみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


良い発声の目安


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

【正しい発声】ってどういうもの?

 

そんな質問を多く受けます。正しい発声という言葉は、適切な言葉ではないかもしれませんので「良い発声」の目安として一つ、覚えておいて欲しいことがあります。

 

それは、

「喉が楽な状態(不必要は力みが無い)で、地声と裏声がスムーズに繋がっている」

 

この状態が作れている人は、音楽のジャンル問わず、発声が整っている良い状態という事が言えます。

 

逆に、喉に力みを感じていて、地声と裏声の間がひっくり返るような状態は、歌を上手く歌えないわけではありませんが、発声的に、あまり良くない状態という事になります。

 

ただ「歌が上手い」という事と「発声が良い」というのは、全くの「=」で結ばれる訳ではありませんので、今の自分の出せる音域内で上手く歌う練習も、しっかりと行っておくべきです。

 

ですので、

 

声が良くないから・・

高い声が出ないから・・

強い声がでないから・・

 

などの理由で「上手く歌えない」という事はないのです!

もちろん、出せるに越したことはありませんが、今の持っている声で上手く歌うこともできます。

 

良い発声を目指しつつ、歌い方のスキルも上げて行きましょう!!

 

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


小さい声の発声練習だけでは足りない


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

「小さな声で歌っている時は上手く歌えるのに、実際に、ステージなどで大きい声で歌うと上手く歌えない・・」という事がよく起こります。

 

どうして、そういった事が起こるのか?

 

それは、

小さい声を出している時は、喉が楽な状態で発声できているが、大きい声を出すと、喉に無理がかかった状態で発声してしまうから、というケースが多いです。

 

つまり、声量をあげてしまうと、声帯のコントロールができなくなっているというわけですね!

 

 

◆歌う時と同じ声量で練習しよう

 

練習も本番同様に、大きな声で練習をしないと意味がありませんよね。そうしないと、練習と本番の感覚が全く違うものになってしまいます。

 

発声練習も同じで、例えば、小さい声で低音~高音がスムーズに発声できたとしても、大きい声を出すと、そのバランスは崩れてしまう場合があります。

 

特定の目的を持って小さい声で敢えて発声練習を行う事はありますが、最終的には、歌う時に使う声量で、発声も整えていく必要があります。

 

いざ、大きい声で歌うと上手く歌えない・・という人は、ぜひ、練習の時点で大きな声を使うように心がけてみて下さいね!

 

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


「喉を開ける」ってどういう状態?


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


早速ですが、

【歌う時は、しっかり喉を開けましょう!】


こんな言葉を聞いたことはありませんか?


歌や発声について、少しでも学んだことがある人は、必ず、どこかで聞いたことがあるフレーズだと思います。


でも、この「喉を開ける」という状態って、いったい、どんな感じなの??と、疑問を抱いている人も少なくないと思いますので、今回は「喉を開ける」について、お話ししていきたいと思います。

 


◆なぜ「喉を開けましょう」と言われるのか?


まずは、この場合の「喉」とは、どの部分を指しているのかといいますと、鏡で喉の奥を見た時の突き当り部分から、少し奥に入った喉ぼとけ部分(声帯がある)までの範囲を指しています。


つまり「喉の奥部分の空間」という幅を指しているのですね!


ここを余計な力みが入らない程度に、あくまで自然体で広く開けておく、という事になります。


なぜ「喉を開ける」という意識を持った方がよいのかと言うと、言葉によって、その空間の広さが変わってしまうからです。


日本語の「あ・い・う・え・お」の母音は、普通に発音すると、舌と喉ぼとけの位置が、微妙に動きます。


更には、子音が入ってくると、もっと変化が加わりますよね。


なので、声の響かせる空間を確保しておくためには、どんな言葉がきても、喉の奥を広く開けておく事が必要な為、「喉を開ける」という意識を、常に持っておくことが大事になります。

 


◆どれくらい開けるものなのか?


じゃあ、どれくらい開ければいいの?


という疑問ですが、これは、一言で回答するのは、少し難しい、、のです。その訳は、普段の真顔の状態でも歌う事に最低限必要な分の「喉の開き」は、すでに確保されているからです。


だから、そのまま歌えば、何も問題ありません。


しかし!!大概の人は、歌っていると、喉の空間が狭くなり、苦しそうな声になってしまう事が多いのです。


だから、言葉や音程に左右されずに、ずっと喉の奥を開けておく事が必要なのです。
ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


「高音が出ない」と諦めないこと

こんにちは、Loose VoiceのKANです!


「出せる音域には個人差がある?」

 

声は、男性、女性の違いや年齢、人の持つ声帯の形状によって変わってきますので、当然、出せる音域にはある程度、個人差が生まれてくるものです。


でも「自分の地声で出せる音域は、これが限界なんだ..」と簡単に諦めてしまっている人が少くないように思いますので、今回は、そんな方へのメッセージを書きたいと思います!

 

 

早速ですが、次の2つをチェックしてみて下さい。


①低音~高音まで楽な発声状態か?


まず、低音から高音まで声を出していった時に、喉まわりが、しゃべっている時のようにリラックスした楽な状態になっているかを確認してみましょう。


もし、喉に力みを感じている状態であれば、まだ、あなたの本当の声(音域)が出ていない可能性があります。


喉が力む → 高音が出ない → 自分の限界と思ってしまう


この発想は間違い。


これは足に重りをつけながら100メートルを走っているような状態です。いい記録が出るわけがないですよね!まずは、重り(喉の力み)を外してからが本当のスタートになります。

 


②小さい声であるが為に地声高音が出ない場合も


声が小さい場合、喉の中では何が起きているのか??


それは「声帯をしっかりと閉じれていない状態」


声帯がしっかり閉じれていないというのは、楽器で言いますと「音自体がきちんと出ていない」という事になります。


つまり、音が低いとか、高いとかの以前の問題で、頼りなく不安定な「音(声)」という事。


不安定な声では、高い声を出すことはできませんよね。もし、歌声が小さい、、という場合は、まずある程度の声量をつける事を優先する必要があります。

 


以上、お伝えした2つの状態のどちらかに当てはまる場合、高い声を出せる可能性は、十分にあるという事です!


ぜひ、現状を正しく把握して、自主練習のお役に立てて頂ければと思います。

それではまた!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


自分の歌声を録音してみよう


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

歌を上達させようと思った時に重要なのが「客観的に自分の歌を聞く」という作業です。

理由は、歌っている時に耳で聞こえる声と、録音して聞く声にギャップがあるからです。

 

上手く歌えていると思っていても、いざ録音して聞いてみると、ミスが見つかったり、想像よりも歌えていない...という場合が多い。

 

録音して聞こえてくる歌声を、自分以外の人は聞いているわけなので、当然、そこを基準にして考えていく必要があるわけです!

 

カラオケで楽しく歌えればよい、という人であれば、録音して自分の歌を聞くという事はあまりしないと思いますが、「人が喜ぶ歌を歌いたい」という意識がある人は、必ず、録音して聞いてみましょう。

 

 

スクールに通っている人は、先生が客観的に聞いてくれることでアドバイスをもらえますが、それでも自分自身で聞くのとは違います。

 

それは、自分自身で聞く事で

「意識を変える事ができる」からです。

 

「あ、本当にそうなってる」

「確かに、言われた通りだ」

 

という風に、自分の心に、意識として深く落とし込むことができるのです。

 

そうすると練習で歌っている時点で、より注意深く気をつけて歌うようになるのです。

 

ぜひ、自分の歌声を聞いてみてください。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


高い声を難しく考えない


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングを学ぶ理由の一つとして最も多いのが「高い声を出したい」という理由です。

 

ここで気づいて欲しいのが、ボイストレーニングを学ばなくても高い声を出せる人は沢山いるという事。

 

つまり、

自然に高い声が出せる人がいるくらい難しいことではないという事です。

 

よく「高い声の出し方」というキーワードを耳にしますが、日常的に考えてみると、笑ったり、起こったり、泣いたり、叫んだり、、歌でなくても高い声を出していませんか??

 

話声の音域程度であれば、誰だって毎日、音を上下させているのです。

 

じゃあ、なぜ、歌になると高い声が出しづらくなるのか??

 

それは、

 

「喉を力ませるから」です。

 

話声では無かった「力み」を入れてしまうので、歌になると一気に出しづらくなるのです。音程をあげること自体は、普段の日常会話で何回も経験しているはずですので、難しいことではない。

 

でも、歌になると出しづらくなる。

歌は日常会話よりも幅広い音域が必要になります。

 

だから【自己流の感覚】で出してしまいがちになります。

結果的に、やみくもに発声して「喉が力む=声が出しづらい」という事になるのです。

 

もし、その力みが入らなかったら、、と想像してみて下さい。想像通り、声は楽に出せるものなのです。

 

【まとめ】

高い声を出すことは難しくなく、難しく感じさせているのは「喉の力みを入れてしまうから」という風に捉えてみてください。

 

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


歌が苦手になる理由


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌が苦手な人は、きっと少なくないと思いますが、歌う事が嫌いだ・・という人は、そんなにいないのではないかと思います。

 

それは、きっと、

 

歌う事自体は好きなんだけど、上手く歌えないから、苦手なんだ、、という場合が多いのです。

 

では、どうして歌う事が苦手と感じてしまうのでしょう??

 

それは、

 

『思い通りに声が出せないから』・・

 

歌うとなれば、どうしたって声量や音域が必要となります。それが上手く出せないから、歌う事が好きになれない・・という状態になっているだけなのです!

 

思い通りに声が出せるようになれば、歌う事が楽しくなり好きになる。苦手になるか、好きになるかは、発声の仕方がカギを握っているという事が分かりますよね。

 

例えば、音程やリズムが合っていても、自分の歌声が好きじゃないという方もいますが、それも、声の出し方によって変える事ができます。

 

歌は、気軽で楽しいもの!

ぜひ、苦手意識を持たないようになっていきましょう!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪

 


仙台ボイストレーニング体験レッスン


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

3月になり春が近づいてきましたね。

 

きっと新しい事に挑戦しよう、と思っている人もいるでしょう。

そして、歌が上手くなりたいと思っているアナタ!

 

そんな方の為に、Loose Voiceでは、お気軽なボイストレーニン体験レッスンを実施しています。

 

歌声を良くしたい!ボイストレーニングに興味がある!という方は、ぜひ、一度、体験レッスンで声を聞かせてください。

 

「体験レッスンでは、どんなことをするの??」

 

そこで、Loose Voiceの体験レッスンについて、ご案内させて頂きます。

 

 

【①体験レッスンの前に】

 

まずは、ボイストレーニングに興味を持った理由や、今の声の悩みを聞かせていただいております。歌が上手くなる為に、何ができていないのか・・を確認いたします。

 

 

【②お腹を使った発声】

 

次に、声を出しやすくするために呼吸を整えます。いわゆる腹式呼吸ですが、ここで「お腹を使って声を出す」という体験をします。

 

 

【③簡単な音階に沿って声を出していきます】

 

歌声を出そうとはせずに、話しているような気分で軽に声を出していきます。何気なく出した発声に、どのような癖があるのかを聴き取っていきます。そして、出しづらい音域を確認いたします。

 

 

【④原因と改善方法レクチャー】

 

なぜ、出しづらい音域があるのかを、喉の仕組みに基づいて、分かりやすく説明いたします。発声の癖には、かなり個人差がありますので人によって、出しにくい原因もそれぞれ違います。

 

それを改善する為の発声練習を行います。

喉の使い方の感覚がつかめれば、すぐに、楽に出すことができる人もおります。

 

 

【⑤質問や疑問のお受付】

 

ここまでで分からない事や、疑問、質問があればお答えいたします。今まで、どうして声が変わらなかったのか、今後はどうしていけばいいのか、など、何でも聞いてください!

 

***

 

体験レッスンで大事にしているのは、今までの声が出しづらい「モヤモヤ」を解消てあげる事です。何で出ないの・・??という疑問がスッキリする事で、次のステップが見えてきます。

 

お時間は、お一人様60分、1回限りです!

料金:2000円(税抜き)になります。

 

****
声の出る仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪

 


なぜ喉の脱力ができないのか


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時に喉の脱力ができない・・という方は結構多いと思います。普段しゃべっている音域以外の音域になると、喉に力みが入ってしまう。

 

喉を力ませないで脱力して歌える人もいれば、

かなり力んでしまう人もいる。

 

なぜ、同じ喉の構造なのに、こんなに差がでてしまうのか??

 

それは、喉を人間の楽器として考えた時に、

音程を変える方法(感覚)に気付いた人と、気づいてない人の違いにあります。

 

 

脱力して声を出す感覚に気付いていない人は、きっと、子供の頃、歌う時に、独自の感覚で音程を変えてきた。その時に、地声では高くて出ない音がやって来た時にも、無理をして出し続けてきた。

 

それが癖となっているパターンが多いようです。

 

でも、特に男性であれば、殆どの人がそのパターンに当てはまるのではないでしょうか。なので、珍しいことではありません。

 

まれに、喉の奥を広く開けられ(=喉の柔軟性がある)楽に高音を出せる男性もいます。そういう方は、音程も取りやすく声の響きも良いので【歌が上手い】という印象を持たれます。

 

 

では、力み癖はどうやって改善できるのか?

 

それは【(音程を上げる=喉を力ませる)というのは間違いだよ】という事を、喉に感覚として覚え込ませることです。

 

 

一般的に、ボイストレーニングは喉の力み改善の事よりも、声帯の使い方、口や喉の開け方といった事にフォーカスされています。でも、それは、喉の力みがあまりない人にとっては有効ですが、力み癖のある人には、効果は低いことが多いのです。

 

もちろん、力みの度合いにもよりますが、

喉周りの筋肉が硬くなるような体感がある人は、まず、その力みを軽減させる練習を行っていく事で、声帯を自由に動かせるようになります。

 

「これ以上、高い声でないのかな・・」と思い込んでいる人も多いと思いますが、喉の力みが取れていない状態で、その結論を出すのは、もったいないです!

 

適切なボイストレーニングを行えば、自分の可能性が一気に広がるものです。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪

 


ミックスボイスを習得する前に


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングを受ける目的として多いのが「地声で高い音を出したい」という希望。地声の音域が広がれば、選曲の幅も広がりますので、誰しも高音域は伸ばしていきたいと思いますよね。

 

今回は、地声の高音発声に使われるミックスボイスを習得するにあたって、ぜひ、知っておいて欲しい点をお伝えしたいと思います!

 

 

◆ミックスボイスは「喉の脱力」ができた後の方が習得しやすい

 

ミックスボイスとは、地声と裏声の(声帯)バランスを取りながら、喉に負担の少ない方法で楽に高音を出せる発声法です。

 

きっと、高い声を出したいと思っている人の大半は、ミックスボイスを取得しようと練習をしていると思います。

 

しかし「練習しても全然うまくいかない・・」と嘆いている人も少なくないと思います。

 

どうして、すぐ獲得できる人と、なかなかうまくできない人がいるのか??

 

それは、

現状「喉まわりの脱力ができているか」という点が大きく関わっていきます。

 

 

なぜかと言いますと、

ミックスボイスは声帯のバランスを上手に調整しながら発せられる声なわけですが、喉まわりに余計な力みがある人は、その声帯の動きをジャマしてしまう事になるからです。

 

例えて言いますと、

足に重りをつけたままで早く走ろうとしている状態に近い。

 

無理ですよね?

まずは、その重りを取らないと。

 

「その重り」=「喉まわりの力み」というわけなのです。

 

【ミックスボイスが出せない方】

喉まわりに力みを感じていませんか??

 

もし、力みを感じている場合は、

 

①力みを取る練習

②声帯をコントロールする練習

 

この順番でトレーニングを行っていく事で解決できます。

 

もちろん完全に力みが取れていない状態であっても、同時に声帯コントロールも行っていきますが、割合としては、喉の脱力を優先して練習していく必要があります。

 

男性に多いのが、喉が上がってきてしまうという症状(ハイラリンクス)。この症状がある程度、緩和されると、かなり声帯も自由になります。

 

つまりミックスボイスが作りやすくなるというわけです!

 

いかがでしたでしょうか。

 

うまくミックスボイスが出せないという人は、ぜひ、参考にして見て下さいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


発声しづらい癖を見極める


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

「好きな歌をうたいたいけど、声が上手くでない・・」

だから、声が上手く出せるようにボイストレーニングやボーカルレッスンを受けようと思いますよね。

 

これまで、

あまり歌を歌って来なかった人と、

自己流でガンガン練習してきた人では「発声の癖の付き方」が変わってきます。

 

間違った喉の使い方で練習してきた時間が長い人ほど、正しい喉の状態に戻すのが大変になります。

 

つまり、悪い癖が喉にしみ込んでしまっている状態。

 

発声の悪い癖は、反射的に喉が動いてしまい力んでしまうのです。喉や首まわりをマッサージしたり、脱力意識で改善できればいいのですが、そういう簡易的な事では難しい。

 

だから、早い段階で発声改善する必要があります。

 

もちろん、日々、会話するぐらいの音域や声量であれば、ほとんどの方は、何も不自由はないでしょう。

 

 

しかし、歌手を目指している、カラオケ上達させたい、ステージで歌っていきたいという人にとっては、発声でつまづいてしまっていては、その先に進むことができませんよね。

 

そして、その自己流の発声で作られた「癖」は、みんな微妙に違います。だから、万人に当てはまるエクササイズというものがないのです。

 

みんな声質も違いますし喉の動きも違います。

 

Loose Voiceでは、体験レッスンで、

「なぜ、理想の声がでないのか」その原因と解決法をお伝えしていますので、歌声で悩んでいる方は、ぜひ、一度、受けてみて下さいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


喉が上がると声は出しにくい?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌っていると、

「喉が上がってくるような感覚がして苦しい」という方が、結構います。

 

確かに、喉(=喉仏)は、あまり大きく上下しないで安定した位置にあるほうが、効率のよい発声ができます。

 

その理由は、喉が上がり過ぎて喉まわりの自由が奪われると、声帯をコントロールしにくくなり、声量や音域を変化させにくくなるからです。そして、音色も深みがなく、一辺倒な歌声になってしまいます。

 

よく、高音を楽に出す為に、ミドル(ミックス)ボイスを練習しています!という方がいますが、もし、「喉が上がって苦しい・・」という体感があるのであれば、ミドルボイスの獲得は難しいでしょう。

 

さらに言えば、非効率的ともいえます。

 

 

ボイストレーニングにも「手順」というものがあります。

 

まず、優先したいのは「喉の力み改善(喉の上昇)」です。

 

次に「声帯コントロール」です。

 

この順番が逆になっていないか、確認してみるとよいでしょう。

 

声量や音域を変えられるのは「声帯コントロール」です。その声帯を自由に動かす為には、喉の力みを無くすことが必要です。

 

「なかなか声が変わらない・・」とお悩みの方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


鼻声になるわけ


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

高音域や裏声を出している時に、鼻にかかった声になる人が結構おります。

いわゆる【鼻濁音】です。

 

鼻濁音は「カ行」「ナ行」など、鼻に音を抜く言葉がそれにあたりますが、

なぜ、それ以外の言葉なのに、鼻声になってしまうのでしょう??

 

音が鼻に抜けるというのは、

息が、口と鼻に分かれて出ており、その割合が鼻の方に寄っている状態になります。

 

 

そうなるには、舌を口の中の上顎に近づける事になります。

(まさに、「カ」を発音する時の下の位置になるわけです)

 

 

■高音で鼻声になる

 

 

舌の奥の方を上げる事で、高音の発声がし易くなる。

 

 

なぜ、音程が上がると舌を上げたくなるのかと言いますと、舌を上げる事で声の共鳴空間を狭くし、高音が出しやすくなると感じるからです。

 

実際に、音程を調整しているのは声帯なのですが、

それを手助けするように、共鳴空間を狭めて発声しているという状態。

 

決して、間違いというわけではありませんが、

音色が大きく変化し、声の深みや太さがなくなるような印象の声になります。

 

 

「高音で声が細くなる・・」と感じている人は、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


仙台ボイストレーニング体験レッスン受付中!


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

Loose Voiceでは、喉の使い方をダイレクトにお伝えする、本格的なボイストレーニングを行っています。

 

・喉が苦しくて高音が出ない

 

・何となく自分の歌声がアマチュアっぽい

 

・地声と裏声の声量に大きく差がある

 

・独学でボイトレをしているけど変わっている気がしない

 

・歌声を変えて歌が上手くなりたい

 

 

このような思いのある方を大歓迎します!

たった60分の体験レッスンで、その改善方法が分かっちゃいますよ♪

 

「歌声が変わると歌が上手くなるんだ!」

と気づいた皆さんが、日々レッスンを受けています。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


自宅だと上手く歌える?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う環境によって、上手く歌えたり歌えなかったり・・。
自宅だといい感じに歌えるのに、実際にスタジオやカラオケ、ステージ上になると、なぜが上手く歌えない、という事が起こりがちです。


色々な要因が考えられますが、

今回はシンプルに、歌の「練習」にスポットを当ててみたいと思います!

◆練習とは?

 

練習は、本番で最大限の力を発揮する為に行うトレーニングです。


スポーツをやっている(いた)人は分かりやすいと思いますが、試合でいいプレーをするためには、相当の練習を積む必要があります。


ここで一つ質問です!「スポーツの練習は、どの場所やっていましたか?」
イレギュラーはあるとしても、基本的には、試合をする場所と同じ場所(環境)で練習も行いますよね。


●サッカー、野球、陸上 なら → グランドで。
●バスケ、バレー、剣道なら →   体育館で。


なぜかと言えば、それはとても自然なことで、試合(本番)と同じ環境で練習した方が、本番への準備や想定がし易いからという事。


グランドで行うスポーツの練習を自宅でやってます!と言われても・・。

◆歌の場合は?

 

もう、分かりましたよね!


声を最大限まで出せる環境で練習しないと、本番では使えない練習をしてしまっている可能性が高いことになります。


もう少し具体的に言いますと、自宅で歌うのは、周りへの配慮も考え、声量も小さめ、集中力や緊張感も作りづらいもの。


その状態で上手く歌えたとしても、いざ本番では、その何倍ものエネルギーをコントロールしなければなりません。なので、キャパオーバーになってしまい、声が上手く出せなかったり、余計な力みが入ってしまったりするのです。


歌もスポーツに近い部分があります。練習は、本番と同じエネルギーを発揮できる環境で行う事が、より質の良い練習となります。ぜひ、自主練習の参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


歌い方が硬く聞こえる?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

音程やリズムも合っているのに、なぜか歌い方が硬く聞こえる。。

 

大きなステージで歌うのであれば緊張もあるかもしれませんが、カラオケであれば、そんなに緊張もないので硬くならないはず。。


でも、なぜか歌い方がスムーズでなく、カクカクした歌い方になってしまう。これって何が原因なのでしょう??


要因は、複数考えられますが、今回は「リズム」の捉え方からお話ししていきます!

 

 

◆感じるビート数がポイント

 

曲は、基本的にはテンポは一定です。


初めから終わりまで、同じスピードで進んでいきます。


その中には、拍子(ビート)がありますが、そのビートは、人によって感じ方が違います。ここがポイント!!


例えば、同じ曲を、4ビートで感じている人もいれば8ビート、16ビート、32ビート・・を感じながら歌っている人もいます。


要は「1拍(はく)をどれくらい細かく分割して感じているか」ということ。

 


そして、歌い方が硬く感じられるのは、感じているビート数が少ない場合です。

 

歌詞が何ビートに乗っているかが分かれば、歌自体は、そのビート数を感じて歌う事ができます。でも、それだと大まかなビートだけを感じて、歌ってしまう事になるので、なめらかな歌いまわしになりにくいのです。

 


ロック系など、なめらかでなく直線的な歌い回しがカッコイイ場合もありますので、全てがというわけではないのですが、「なんな歌い回しがぎこちなく、硬いんだよな~」と感じている人は、ぜひ、細かいビートを感じて歌ってみて下さいね!

 

何か改善のヒントが見つかるかもしれませんよ。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


声と言葉を分けてイメージする


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

滑舌は「ちゃんと歌わなきゃ!」と思う人ほど、口やアゴを、いつも以上に動かしてしまう傾向があります。


普段、お話ししている時、ほとんどの人は、滑舌よくしゃべろうとか考えていないと思いますし、相手に言葉が伝われば会話は成立しますので、その程度の口やアゴの動かし具合で十分なのです!

これは、ある意味、歌も同じで、言葉が伝わっていれば過剰に口やアゴを動かす必要はありません。


曲のジャンルによっても、口の開け具合は様々ですし、個人差もあります。

 

今回は、歌う時に口やアゴを動かし過ぎて声が出しにくくなっている人に向けての、ちょっとした改善のコツをお伝えします!

 

◆声を言葉を別々にイメージ


言葉と声は、次のような部分で作られます。


●声 → 声帯(ノド仏の中で)
●言葉 → 舌、顎、口、歯の運動組み合わせ


ということは?


作られている部分が、バラバラなんですね。


腹話術をイメージしてもらうと分かりますが、言葉は、口をほとんど動かさなくても発することができます。


そうすると何がいいのかというと、口の中の形(空間の形状)を変えないで声を出すことができるので、喉に力みが入りにくくなる。

 

さらに、言葉がスムーズに出せる。


逆に、口やアゴを動かし過ぎると、力みが入り易い。

そこで試して欲しいのが「口を全く動かさないつもりで歌ってみる」です。

 

もちろん、何を言っているかが聞き取れるレベルは動かしましょう(^^)/
これが意外な発見を生むかもしれません。


「あっ、あんまり口を動かさない方が楽に声が出るじゃん!」みたいな。発声練習の一語(例えば「あ」)なら出しやすいけど、歌詞を言うと出しにくい・・の解決にもつながります。


言葉を発する事に対して、最小限の運動で声を出しているので、とても楽で自然で、口まわりの変化も少ないから、そのような感覚になるというわけなのです。


ぜひ、声と言葉を分けて発するイメージを持って練習してみてください。何かヒントが見つかるかもしれませんよ!

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


声の共鳴は「結果」として考える


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

ボイトレというと、声を体に響かせるという発想が浮かびます。


体に響かせれば、上手く声が出せて綺麗に発声できるんでしょ!?

 

というようなイメージは確かにありますよね。
それも大事なのですが、実は、それ以前にやっておくべきことがあるのです。

 

 

◆共鳴とは?

 

音が共鳴するというのは、楽器をイメージして頂ければ分かりやすいと思いますが、、例えばギターでお話ししましょう。


ギターは、弦を弾いて振動して生まれた音(ビーンという音)がボディーに共鳴して豊かな音になります。


つまり「①音(原音)」→「②空間」という手順で豊かな音が作られているわけです。


声で言えば、


①声帯が振動する事
②口の中などの共鳴空間に響く事


となります。


では、多くの人が発声でつまづくのは、①と②、どっちが多いでしょうか??
答えは①です。


どういう状態でつまづいてしまうのか?
・・またギターの例えで言いますと、


・弦を強く弾き過ぎている


・弦に他の指が触れてしまって音が生まれていない


・太い弦と細い弦を使い分けれていない


こんな状態です。


この①でつまづいている状態では、②の共鳴が上手くいくはずがありませんよね。なぜなら音がきちんと生まれていないので、その音が広がる(響かせる)事ができないのです。ギターは、音さえしっかり生まれていれば、自然と音は共鳴空間に響くようになっているのです。

 

◆ボイトレでまずやるべきこと

 

もう、お気づきだと思いますが、
響かせる前に「音を生む練習」をやる事が先決になります。


・喉に力みを感じる


・息の量と声帯の閉じるバランスが悪い


・声にならずに息が漏れる


こういった状態がある場合、「声を響かせよう!」というレクチャーは、ほとんど効果がありません。理由は、先ほどの通りです。


喉がリラックスした状態で、しっかりと声が生まれていれば、結果として自然に声は共鳴するもの。


もちろん響かせる空間を広げたり、意識イメージを持つことは良いことです。
でも、それだけでは、ボイトレの効果が表れない場合もあるという事の一例のお話しでした。ぜひ、参考にしてみて下さい。

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪