ボイストレーニングを受ければ喉の脱力は獲得できる?


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


「歌っていると喉に力みが入るのですが、

ボイストレーニングを受ければ改善できますか?」


この質問の返答は、基本的には「YES」なのですが、実際に、ボイストレーニングを受けていても、喉の力みが取れないという人は、少なくないと思います。


そこには、知っておきたい、いくつかのポイントがありますので、今回、お伝えしたいと思います。

 


◆なぜ、喉に力みが入るのかを説明してもらいましょう


あなたが指導を受けているボイストレーナーに、その原因を説明してもらいましょう。


喉に力みが入る原因は、一つではありません。その人によって、微妙に違っています。まずは、なんとなくでもいいので原因を自己把握できておくと良いです。

 


◆気道が狭くっている場合(=喉ぼとけや舌が過剰に上がる)


この場合、まずは、気道をしっかり確保できるように、喉ぼとけや舌の奥が過剰に上がらないようにトレーニングする事を優先する必要があります。


※高い声、強い声を出す練習は、ある程度の脱力を獲得できてから行った方がスムーズです。


ここは程度問題になりますが、多少、喉が上がっていたとしても、力みを感じない程度であれば問題ありません。


無理に、喉ぼとけや舌を下げて発声するのは、逆効果になる事がありますので、基本は、自然体な位置(話している時の位置)であれば大丈夫です。


改善が必要なのは、瞬間的に喉がグッと上がり気道が狭くなる人です。この癖がついていると声帯をコントロールして、高音や声量を上げる事が、やりづらい状態になります。


過剰に喉や舌が上にあがってきて、歌うと喉が苦しい...という状態の人は、そうならないようにする改善トレーニングをしていますか?


この返答によって脱力発声ができるかどうかに大きく関わってきます。


ボイストレーニングを受けて、喉が脱力できるかどうかは、間違った喉の運動(過剰な喉ぼとけや舌の上昇)を改善する直接的な練習を取り入れているかどうか、が大きなポイントになります。


ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


サウンドハウス連載コラム(Loose Voice KAN掲載)


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

この度、音楽通販サウンドハウスの音楽コラムに、コラム記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

 

発声の悩みの一つ『喉締め発声の改善ポイント』について書かせて頂きました。ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

記事はコチラからご覧ください↓

【喉締め発声の改善ポイント】サウンドハウス連載コラム

 

また次回の記事をお楽しみに!

 

仙台Loose Voice


喉締め改善法(舌の位置)


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


喉締め発声をしている時、大半の人は喉に力みを感じていると思います。

 

その原因状態は一つではありませんが、今回は、その原因が「声帯を強く閉じすぎる(低音発声の状態)」ために、喉締めになっている場合に、有効なコツをお伝えいたします。

 


早速ですが、結論からいきます!

 

気を付けて見て欲しいのは

【舌の奥の高さ(位置)】です。


歌う時の喉の開け方として「あくびをするような開け方」とよく言われます。全くあくびと同じ開け方ではないにしても、実際にあくびをしている時の声って、どんな声になりますか?


「はぁ~...」

 

あくびの声は、大概の人は低い声になると思います。それは頭で考えているわけではないと思いますので、自然にあくびの喉にすると「低い声が出てしまう」のです。


あくびの真似をすることで、舌の奥や喉ぼとけが下にさがる。その時に出る声は、低い声になりやすい。


もちろん、あくびの喉の開け方でも、高い声を出す事はできると思いますが、それは、すでに喉(声帯)のコントロールが整っている人だと思います。

 


じゃあ、

「あくびのような開け方をしないで声を出す」という事になりますが、その開け方とは??


今回は、舌の位置に焦点を絞ります。


それは、舌の奥を上げる(舌の奥が上顎にくっつきそうな位まで上げる)
※舌の先端は舌の歯の裏側に触れておく。

 


そんな事したら、逆に喉締めになってしまうよ・・と心配する人もいると思いますが、舌を上げて発声しても、必ず苦しくなるわけではないので大丈夫です。


舌の奥を上げて「エ」と声を出してみましょう。


きっと自然に少し高い声が出たと思います。


その声が結果的に鼻腔に共鳴しているような声になり、高音発声の足掛かりになるのです。


当たり前のように思っていた「喉の開け方」で、実は、高音が出しにくくなっているかもしれません。

 

ぜひ、試してみて下さいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


地声から裏声にコロッとひっくり返る


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!


地声と裏声がコロッとひっくり返ってしまう


それが気になるという方は少なくないと思います。曲中に、地声と裏声を交互に使うようなフレーズは、あたり前のように出てきますよね。


それってどういう効果を狙っているのか??

 


例えば、地声→裏声に変わる時って、声質はどう変化しているように聞こえますか?


「地声の緊張感」から「裏声の解放感」に、緩む、抜ける、開けるような,,, 雰囲気を演出してくれます。


なので、決して地声から裏声にコロッと、ひっくり返るのが悪いことではなく、歌の表現としては、とても効果的な事もあるのです。


だた、あまり良くないのは、

「苦しそうな地声 → 裏声に変わる」という状態。


これは、歌の演出として裏声を使ったという印象ではなく、地声で苦しくてこれ以上の音が出ないから裏声に変えた、という印象になり、余裕がない歌声に聞こえてしまいます。


この苦しそうな地声の原因は、いくつか考えられますが、その中の一つに、「声帯を強く閉じすぎている」という事が挙げられます。


その状態は、息がスムーズに流れないので、とても苦しそうに聞こえてしまうというわけです。


そこで、やっと本題!!

 

 

地声~裏声に変える時、スムーズにチェンジしたい場合は、地声に息を多く含ませた声を使う。

 

つまり、強く閉じすぎていた声帯を緩めた状態から裏声に変化させるという事です。難しい点としては、息を多く含ませた声で高音を出すのは少し練習が必要であることです。


先ほどの「緊張→緩和」という表現演出の効果は少し薄れてしまうと思いますが、苦しそうな声からひっくり返るのを改善したいという方は、ぜひ、試してみて下さい!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


声帯の使い方を練習する前に


こんにちは、仙台Looe VoiceのKANです!


声を高くしたり、低くしたり、

そのコントロールをしているのは、まぎれもなく「声帯」です。


ボイストレーニングをする際に、まず、思い浮かぶのは、その「声帯の使い方」ではないでしょうか。


地声と裏声をスムーズに繋げたり、低音から高音へ向かっていくときの声帯の使い方を練習している人が多いと思います。


その練習方法で上手くいっている人はよいですが、もし、あまり声が変わらない、、と悩んでいる人は、実は、その前にやってほしい事があります。

 


それは「喉の脱力練習」です!


「えっ?!」
「発声が良くなれば、勝手に脱力できるんじゃないの?」


そう思っている人も少なくないでしょう。
でも、それは逆にして考えておいた方が効率的です。


つまり、

 

【喉の脱力ができるから、声もスムーズに変わる事ができる】


喉に余計な力みがあるという事は、声帯の運動を妨げてしまっている状態。だから、いつまで経っても、自分の理想の声に近づいていないような気がしてしまう。


喉の力みが「癖」となっている人は、実感として分かると思いますが、その力みが入ると、一気に声が出しにくく感じるはずです。


「喉の力みを解消する」を優先してトレーニングしていく事で、着実に理想の声に近づく事ができるようになります。

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!