どうしても喉が上がる人


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時に、ノド(=喉ぼとけ)が過剰に上がって声が出しづらくなるという人は、少なくないと思います。

 

ノドが上がった状態で歌えないという事はありませんが、意図してノドを上げている人ではなく、あくまで自然現象で上がってしまうという人は、歌い続けていると、曲の後半に向かうにつれてだんだんとノドが辛くなる事が多いです。

 

 

◆ボイトレしても改善されない?

 

ボイストレーニングは、声を出しやすくしたり、声量や音域を伸ばすという目的がありますので、この「ノドが上がる」という現象も解決するべきものですが、これが、なかなか改善されない・・という人が結構おります。


この「ノドが上がる」を改善せずに無視した状態でボイトレを続けていても、結局、どこかでまた、発声に違和感を感じてしまい、立ち止まってしまう事になります。


数年ボイトレをしているけど、声が変わっている感じがしない・・という人は、心当たりがあるのではないかと思います。

 

 

◆ボイトレ本にも詳しく書いていない事が多い

世には、多数のボイトレ本のバイブルがありますが、ノドが上がらないようにするための改善トレーニング法を、詳しく書いてある本に、まだ出合った事がありません。

もちろん、

・喉や首回りのストレッチ

・ノドを下げて声を出す音階発声

・脱力系の声出し

・お腹で声を支える

・声を軽く出してみる


などなど、色んなアドバイスやレクチャーはあるのですが、気になるのは、それで改善されなかったという人が、どれくらいいるのかな~というところです。


「ノドが上がる」と一言でいっても、その度合いは、個人差があります。少し上がるくらいの人は、コツ的なアドバイスで改善できるかもしれませんが、思い切り上がっちゃう人は、自分の意志ではどうしようもないので、歌う事にストレスを感じたり、ついには歌う事が嫌いになってしまったり・・。


大きな夢を持っている方であれば、才能がないのかな・・と、その夢を諦めてしまう事もあるかもしれません。

 

◆改善方法は、改善できた人に聞くべき

 

「じゃあ、どうすればいいのー!?」

という事ですが、

 

ノドの上がりを改善されてきた人に聞くのが一番確かな情報になります。


その方の改善方法が、万人に通用するかは分かりませんが、実践してみる価値は多いにあります。


現在、スタジオでボイストレーニングを受けている人で、高音や声が出しづらいという人の多くは、このノド上がりの問題が関与している場合がほとんどです。


逆に捉えれば、ノド上がりさえ改善されれば、圧倒的に声に自由度が増して楽に歌う事ができるのです。ノド上がりで長年悩んでいる人は、ぜひ、参考にしてみて下さいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


地声が強くて高音がでない場合


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

皆さんが普段、お話ししている声は「地声」です。


そして、割と低めの音域で話している方が、ほとんどではないかと思います。その音域を毎日毎日出しているわけですので、当然、地声の低音が強く鍛えられていきます。


歌の中で、高い声を出す時に、その地声の音が強くなり過ぎて音が上がらない・・という悩みを持っている方は、少なくありません。


感覚的には、恐らく、

【声を出すこと=地声の低音のノドの感覚】


と捉えてしまっているからなのではないかと思います。そのノドの感覚は、高音には当てはまらない。だから音が上がらなくなり、苦しそうな喉詰めの声になってしまうというケースです。


そんな場合、まず、どんな練習をすればよいのか??

 


◆声より息を流すことを意識する

 

そのような状態になっている場合、

声はほとんど出さなくてもいいので、息を流して発声してみるとよいです。


声が出ているという事は「声帯を閉じている」という事ですが、いったん、それをやめてみる。つまり、あまり声帯を閉じない(=声を出さない)で息をしっかり流して声を出してみる。


頼りない、弱々しい声になってOKです。

 

息漏れ声になりますので、音程は取りにくく、高音も出しにくいと思いますが、その声のままで、自分のなかの中音域ぐらいまでを出せるように練習してみる。
そうしていくと、地声の声は弱まり、だんだん裏声のような音色に変わっていく感覚が得られると思います。


「音を上げていったら、自然に裏声になっていた・・」という感覚になっていけば大丈夫です。


このように、いきなり強い高音を出すのではなく、いったん、息を通してあげると、過剰な地声のノドの使い方が緩和されるはずですので、ぜひ、試してみて下さいね♪

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


イメージで声は変わるの?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

声を出す時に、声を当てる場所をイメージして発声トレーニングを行う方法があります。実際にイメージだけで声が出しやすくなるのであれば、こんなに嬉しい事はないですよね!?


では、その効果のほどは??というのか気になるところ。

と、その前に!
声を当てる場所のイメージを変えると何か変わるのか、という点から確認していきましょう。

 

例えば、胸や眉間、頭など体の部位に声を当てるイメージをしながら声を出してみると、どうでしょう?何が変わっているように感じますか。


自然と、音の高さに変化があったかもしれませんね。何か変わるのかと言いますと、それは「音の高さを調整する声帯の動き」をコントロールしているのです。


※「頭に響かせるイメージで低い声を出してみて」と言われると何かやりずらさを感じると思います。


音楽の授業で、高い声は頭に響かせるように~と言われるのもこれが目的です。「胸と頭」で比較してみると、多くの人は、胸が低い声、頭が高い声、となるはずです。

◆実際に歌声として効果はあるの?

では、歌声が出しにくいという人に、この方法をレクチャーした時に、実際に効果があるのかと言いいますと、半分あり、半分なし、という感じだと思います。


その理由は、そもそも、イメージだけで声が出しやすくなるような人は、声帯の使い方(ボイスコントロール)がある程度、長けている人に限られるからです。


発声で悩んでいる人の多くは、声自体が出しにくかったり、喉詰めになっていたり、音程が定まり難かったり、、と、ボイスコントロールが苦手な状態の人がほとんどだと思います。


その人に対して、今回のテーマである声を当てるイメージを変えてもらったとしても、一瞬出しやすく感じるかもしれませんが、連続的に声を出し続ける「歌」となると、どこかで上手くいかなくなるケースが多いです。


喉の柔軟性があってこそ、このイメージ法は期待できるものです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


喉締めが解消されると気にしなくてよくなるルール


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時、または発声練習をする時、さまざまなアドバイスがあります。ボイストレーニングを受けている人は先生から、独学で学んでいる人は参考書や動画から。


それには、どういう意図があるの??


それは、喉締め発声などで声が出しづらいという人に対して、少しでも喉に負担をかけず楽に出せるようになってほしいから、簡単に実践できることを、まずは、お伝えしているのです。


歌う時に、絶対その通りの事をしなければならないわけではなく、あくまで、それらのアドバイスは「喉へのストレス(負荷)予防策として有効であること」と思って頂ければよいと思います。


さて、今回のお話は、喉締め発声が解消できたら、発声時に気にしてなくてよくなるルールのお話しです!

 

「この先生とあの先生の言ってることが違う!?」みたいな混乱を招かないようにする為にも、ぜひ、読み進めてみてくださいね。

 

 

【気にしなくてよくなるルール】

 

①姿勢

 

基本は、背筋を伸ばして真っすぐ立つ。

 

横から見た時に、背骨と首が一直線になっているような感じ。これは、猫背で顔が前に出ていると、頭の重みで首周辺に負担がかかるのを防ぐために、そう言われています。

 

 

でも、歌手は、ダンスしたりジャンプしたりして歌っている方もおりますよね!なので、喉がリラックスさえできれば、自由なスタイルでOKになってきます

 

 

②舌の位置

 

基本は、舌先を下の歯の裏あたりに触れておき、舌の真ん中は、おわんのように窪んでいる状態が理想と言われます。ただ、言葉をしゃべれば、舌は自然と動きます。舌に余計な力が入らないようにと、発声トレーニング時は、そのようなアドバイスがされます。

 

 

また「舌の位置と声は関係ない」という体感を得る為に、舌を「べー」と出して行う発声練習もあります。

 

という事は、つまり?! 

 

 

舌の位置は、どこでもよくて声(音色は少し変わる)に影響はしないもの。しゃべっている時と同じく、自然に任せた状態でいい、という事がわかります。

 

 

③喉ぼとけの位置

 

喉ぼとけは、よく話題にあがりますよね。

 

喉ぼとけは、基本、無表情の時にある位置から、あまり動き過ぎない方がよいのですが、どうしても上がってきてしまう人に対しては、あくびをするように少し下げましょう、というアドバイスがされます。

 

 

要は「上がってくるのを前提に下げ気味に設定しておこう」

 

ということなのですが、それでも、上がる人は上がります。そして、下げようという意識で余計に力が入り悪循環になるケースも多いです。

 

 

「喉ぼとけは上がっていてもよい」という意見は確かにそうなのですが、大事なポイントは、意図してあげているのか、自然にあがっちゃうのか、です。

 

 

意図してあげている人は、コントロールできているので、苦しくはないでしょう。でも、自然にあがっちゃう人は、それでいいんだと言われても、「いや、苦しいよ・・」と感じでしまうはずです。

 

 

これもやはり、喉締めが解消できている人に対しては「あがってもいい」でよいですが、喉締めの人には、まずは、脱力するところを優先してレクチャーしていくことになります。

 

 

④顎を引いて歌う

 

歌う時は、顎を上げないで軽く引きましょう。

 

喉締めの場合、顎を上げて声を出すと、更に、苦しくなり声が非常に出しにくくなります。

 

 

でも、歌手の中には、顎を上げて斜め上を見ながら歌っている歌唱をよく目にすると思います。もちろん、パフォーマンスの一部として行っている方もいらっしゃると思いますが、おおよそ、高音を出す時に顎を上げる場合が多いです。きっとその方が出しやすいからなのでしょう。

 

 

喉がリラックスできていれば、少し顎を上げた方が、喉の空間を広げられ、高音を出す時の声帯コントロールがしやすいという感覚があるのだと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

喉締めが解消されれば、色んな事が自由になり、歌う事が楽になるという事ですね。でも、今、声が出しにくいと感じている人の場合は、どうでもよいんだと思わずに、しっかりと指導者のアドバイスを聞いて練習してみてくださいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


喉(喉ぼとけ)の位置が安定すると?


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

歌っている時は、喉の奥をしっかり開けよう、喉を少し下げよう、などとよく言われる事があります。喉が上がる癖がついている人にとっては意外に難しいもので、改善されるまでには、ある程度のトレーニング期間が必要なもの。


では、いったい、喉(喉頭)の位置が安定すると、どういったメリットがあるのでしょう?


今回は、喉の安定することのメリットをお伝えしていきます!

 

 

◆メリット①:声が楽に出る

 

何といっても歌っている時に、楽に声がでる。
喉にストレスを感じにくくなるという事です。


普段おしゃべりしている時は、喉に何の違和感やストレスもなく声を出していると思います。喉が安定していると、その状態と同じく、楽な状態で歌う事ができます。
特に高音で苦しく感じる「喉詰め発声」にならずに済みます。歌っていて本人が気持ち良くない原因の多くは、ココにあります。

 

 

◆メリット②:地声⇔裏声の行き来がスムーズ

 

喉に余計な緊張がないぶん、ボイスコントロールが容易になります。


地声と裏声の境い目で「コロッと」声の音色が変わったり、急に声量が落ちてしまったりすることが無く、地声と裏声の行き来がスムーズに行えます。


また、地声⇒裏声、裏声⇒地声、などに移動したときの音程が取りやすくなります。特に「裏声⇒地声」への移動は、喉頭が高い位置にあると非常に音程が取りにくくなります。あと、ボリュームがいきなり大きくなる。。そんな悩みが解決し易くなるでしょう。

 

 

◆メリット③:声の音色が綺麗になる

 

少し感覚的な表現になりましたが、喉が安定しているという事は、共鳴空間の広さも安定しているということ。


なので、低音~高音まで、どの音域をとっても声に豊かな響きと深みを作り出すことができます。

キンキンした声、うるさい声、鼻声など、歌声としては心地よくないような声を軽減させることができます。自分の声を録音した聞いた時の違和感も、無くなってくるでしょう。

 

 

喉が安定していることでデメリットはありません。

今回のお話しで、いろんな面においてメリットがあることが分かったのではないかと思います。ぜひ、あなたのボイストレーニングの参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪