エッジボイスでは高い声を出せない?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングで「エッジボイス(呪怨ぼボイス)」を使う事があります。これは声帯をしっかりと閉じて無駄な息が漏れないようにすることで声量アップを図る練習に向いているからです。

 

エッジボイスは高い声を出すための練習に向いているかというと、それは少し違います。

 

エッジボイスは声帯を厚く強く閉じている状態です。

 

しかし、高音を出す時は、声帯を薄くのびている状態になります。

 

つまり、ほぼ真逆のような運動になりますので、エッジボイスだけでは高音を出せるようにはならないでしょう。

 

もし、エッジボイスを出している時の喉の感覚で高音を出そうとすると、苦しそうな声になったり、声が嗄れてしまったりする可能性が高いです。

 

エッジボイスは低音の声量アップをメインとした練習方法になりますので、地声が弱く声量が足りない人は、ぜひ、トレーニングに入れてみるとよいでしょう!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


「喉が上がらないようにする」って難しい?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングの中で、

よく「喉はなるべく上がらないようにしましょう」と言われます。

 

確かに、喉が上がり過ぎると気道が狭くなりますので、息がスムーズに流れなくなり、当然、声も出しにくくなります。しかし、意図的に喉を少し上げて(余計な力みが入らない程度にコントロールして)歌っている人もおります。

 

なので、この問題のポイントは、

 

【喉の位置をコントロールできる柔軟性】があるかどうか、という事になります。

 

・喉を下げようとして下げて歌える

・喉を上げようとして上げて歌える

 

こういった様にコントロールできる人は大丈夫ですが、

下げようとしているのに、かなり上がってしまうという場合は、発声がしにくい方向に進んでいくケースが多いです。

 

 

喉が、自分の意図とは反して勝手に上がってしまうというのは、結構、誰にでも起こる事でなのですが、でも発声上、その運動はなるべく抑えたい。

 

この問題解決にあたって、「発声が整えば、自然に喉も上がらなくなる」というように考えることもできますが、これまでのレッスン経験上、そうなる人は多くありません。。

 

なぜなら「発声が整う」という時点で、喉の位置が安定している必要があるからです。

 

なので、喉の上がりを軽視してボイストレーニングをするのは、理想の声に近づく遠回りをしてしまう可能性もあると考えられます。

 

 

「何年もボイトレをしているけど、ずっと喉の上がりが改善されず、声が変わらない・・」という経験をされている人も少なくないように思います。

 

喉の上がりは、これまでその人が歌ってきた癖と喉の筋肉の柔軟性が大きく関わっています。無意識に「高音=喉を上げる」という運動が体に染みついているような感覚だと思います。

 

まずは、この余計な運動を抑える。

 

そうすることで、声帯のコントロールもしやすくなるため、幅広い音域を楽に発声することができるようになります!

 

これまでの癖を改善するので、根気が入り、多少時間が必要になる人もおりますが、その後の歌人生が楽しくなるなら短い時間ととらえる事ができるのではないかと思います♪

 

 *****

仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


「喉が上がり過ぎる」と「声帯が閉じ過ぎる」の関係


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

「喉ぼとけ」の中にある「声帯」

「声帯」を包み込んでいる「喉ぼとけ」

 

この2つは、発声する時の運動に大きな関わりを持つことは、想像できると思います。

 

例えば、歌っている時に、この「喉ぼとけが上がり過ぎる」と「声帯が閉じ過ぎる」が同時に起こっている人がいたとします。

 

こういった状態の人は、どういう練習をすべきなのか?

 

 

手順と考え方は、2つあります。

 

①喉ぼとけの位置を安定化させることにより、喉まわりの筋肉に柔軟性が生まれ、声帯のコントロールも上手くいくので楽な発声が可能になる。

 

②喉が上がる事よりも、声帯を閉じ過ぎる運動を緩和させることで、余計な力が抜けて、結果、喉ぼとけの上昇も抑えることができる。

 

これは、どちらからアプローチしても改善は見込まれると思います。

判断は、その発声状態の【度合い】によります。

 

 

もし、喉ぼとけが、かなり上がる(指で確認して、歌っていると顎の中に隠れてしまうぐらい)という人は、声帯をコントロールする事は難しく感じるはずです。ですので、①の手順を踏む。

 

喉ぼとけは、少し上がる、そして声が詰まる・・という人は、声帯を閉じ過ぎている可能性が高いので②の手順を踏む。

 

発声が改善していくまで、時間を要するのは、おそらく①の場合です。なぜかといいますと、喉ぼとけの安定化がある程度確立されたとして、その後に、声帯をコントロールするという次のステップがあるからです。

 

つまり、2ステップ(喉の安定化+声帯コントロール)必要になる事が多いからです。※まれに喉ぼとけが安定化したら、高い声も楽に出た、というケースもありますが、結構、珍しいです。。

 

※ギターに例えると、楽器のボディは仕上がった(=喉ぼとけが安定した)、そして次は、弦の弾き方(=声帯コントロール)を覚えよう、といったイメージ。

 

 

逆に、②の場合は、声帯コントロールだけを重点的に練習すれば、楽に声が出せるようになることが多いように思います。多少、喉ぼとけが上がっていたとしても、声帯の締めつけがなくなることで、自然に喉ぼとけも安定していくのです。(女性の人に多い傾向あり)

 

 

じゃあ、自分はどちらの状態なの??

 

それを、自己観察して見極められればよいのですが、もし自分自身では難し場合は、お近くのボイストレーニング教室でトレーナーさんに判断していただくとよいと思います。

 

ボイストレーニングは、反復練習が必要で、ある程度の期間を要するもの。

でも、なるべく早く声を整えたいという気持ちもありますよね、きっと。

 

ぜひ、お役に立ててみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


サウンドハウス掲載コラム「ストローを使った発声練習」


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

この度、音楽通販サウンドハウスの音楽コラムに、ボイトレ記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

 

今回は『ストローを使った発声練習です!

ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

記事はコチラからご覧ください↓

 

【ストローを使った発声練習】

 

また次回の記事をお楽しみに!

 

仙台Loose Voice


ストローを使った発声練習は効果あるの?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ストローを使った発声練習をご存知でしょうか。

 

喉を傷めた人が、声のリハビリとして使われたりしており、声帯への負担を軽減しながら発声を整えるのには、とても便利なストロー。

 

歌のボイストレーニングでもしばしば使われることがあります。

 

その理由は、適切な発声に矯正しやすいという点もあると思いますが、もう一つ、

 

『自分自身で発声が整っているかを判断しやすい』のです。

 

実際、レッスンでもストローを使って音階を発声してもらったりしますと、ストローを使っている時と、使っていない普通の発声とで、ほぼ変わらず発声できる人もいれば、ストローをくわえると出しにくくなる人もいます。

 

なぜなの?

 

地声の高音になると、ストローから息は流れているが、声が裏返りそうになったり震えたりして安定しない。。

 

こんな現象が起きたときは、次の2つを疑ってみてください。

 

①声帯を強く閉じすぎている

(こもった太い声になってチェストボイスから抜け出せていない状態)

 

②普段、歌う時に舌の奥が上がっている

(ストローを加えると舌が下がった状態に固定されて、出しにくく感じている)

 

もし、ストロー発声で、このような状態になった場合は、一旦、息を全部鼻から出してストロー発声をしてみてください。鼻から息を出すには、舌の奥を軟口蓋に接近させる必要があります。

 

少し発声が楽になると思います。それが慣れてきたら徐々に舌を平らにして口からも息が流れるように調整してみてください。ストローを正しく活用できれば、とても有効な道具になり得ます!

 

*****
仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!

喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!