喉が上がると声は出しにくい?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌っていると、

「喉が上がってくるような感覚がして苦しい」という方が、結構います。

 

確かに、喉(=喉仏)は、あまり大きく上下しないで安定した位置にあるほうが、効率のよい発声ができます。

 

その理由は、喉が上がり過ぎて喉まわりの自由が奪われると、声帯をコントロールしにくくなり、声量や音域を変化させにくくなるからです。そして、音色も深みがなく、一辺倒な歌声になってしまいます。

 

よく、高音を楽に出す為に、ミドル(ミックス)ボイスを練習しています!という方がいますが、もし、「喉が上がって苦しい・・」という体感があるのであれば、ミドルボイスの獲得は難しいでしょう。

 

さらに言えば、非効率的ともいえます。

 

 

ボイストレーニングにも「手順」というものがあります。

 

まず、優先したいのは「喉の力み改善(喉の上昇)」です。

 

次に「声帯コントロール」です。

 

この順番が逆になっていないか、確認してみるとよいでしょう。

 

声量や音域を変えられるのは「声帯コントロール」です。その声帯を自由に動かす為には、喉の力みを無くすことが必要です。

 

「なかなか声が変わらない・・」とお悩みの方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


鼻声になるわけ


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

高音域や裏声を出している時に、鼻にかかった声になる人が結構おります。

いわゆる【鼻濁音】です。

 

鼻濁音は「カ行」「ナ行」など、鼻に音を抜く言葉がそれにあたりますが、

なぜ、それ以外の言葉なのに、鼻声になってしまうのでしょう??

 

音が鼻に抜けるというのは、

息が、口と鼻に分かれて出ており、その割合が鼻の方に寄っている状態になります。

 

 

そうなるには、舌を口の中の上顎に近づける事になります。

(まさに、「カ」を発音する時の下の位置になるわけです)

 

 

■高音で鼻声になる

 

 

舌の奥の方を上げる事で、高音の発声がし易くなる。

 

 

なぜ、音程が上がると舌を上げたくなるのかと言いますと、舌を上げる事で声の共鳴空間を狭くし、高音が出しやすくなると感じるからです。

 

実際に、音程を調整しているのは声帯なのですが、

それを手助けするように、共鳴空間を狭めて発声しているという状態。

 

決して、間違いというわけではありませんが、

音色が大きく変化し、声の深みや太さがなくなるような印象の声になります。

 

 

「高音で声が細くなる・・」と感じている人は、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


どうしても喉が上がる人


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時に、ノド(=喉ぼとけ)が過剰に上がって声が出しづらくなるという人は、少なくないと思います。

 

ノドが上がった状態で歌えないという事はありませんが、意図してノドを上げている人ではなく、あくまで自然現象で上がってしまうという人は、歌い続けていると、曲の後半に向かうにつれてだんだんとノドが辛くなる事が多いです。

 

 

◆ボイトレしても改善されない?

 

ボイストレーニングは、声を出しやすくしたり、声量や音域を伸ばすという目的がありますので、この「ノドが上がる」という現象も解決するべきものですが、これが、なかなか改善されない・・という人が結構おります。


この「ノドが上がる」を改善せずに無視した状態でボイトレを続けていても、結局、どこかでまた、発声に違和感を感じてしまい、立ち止まってしまう事になります。


数年ボイトレをしているけど、声が変わっている感じがしない・・という人は、心当たりがあるのではないかと思います。

 

 

◆ボイトレ本にも詳しく書いていない事が多い

世には、多数のボイトレ本のバイブルがありますが、ノドが上がらないようにするための改善トレーニング法を、詳しく書いてある本に、まだ出合った事がありません。

もちろん、

・喉や首回りのストレッチ

・ノドを下げて声を出す音階発声

・脱力系の声出し

・お腹で声を支える

・声を軽く出してみる


などなど、色んなアドバイスやレクチャーはあるのですが、気になるのは、それで改善されなかったという人が、どれくらいいるのかな~というところです。


「ノドが上がる」と一言でいっても、その度合いは、個人差があります。少し上がるくらいの人は、コツ的なアドバイスで改善できるかもしれませんが、思い切り上がっちゃう人は、自分の意志ではどうしようもないので、歌う事にストレスを感じたり、ついには歌う事が嫌いになってしまったり・・。


大きな夢を持っている方であれば、才能がないのかな・・と、その夢を諦めてしまう事もあるかもしれません。

 

◆改善方法は、改善できた人に聞くべき

 

「じゃあ、どうすればいいのー!?」

という事ですが、

 

ノドの上がりを改善されてきた人に聞くのが一番確かな情報になります。


その方の改善方法が、万人に通用するかは分かりませんが、実践してみる価値は多いにあります。


現在、スタジオでボイストレーニングを受けている人で、高音や声が出しづらいという人の多くは、このノド上がりの問題が関与している場合がほとんどです。


逆に捉えれば、ノド上がりさえ改善されれば、圧倒的に声に自由度が増して楽に歌う事ができるのです。ノド上がりで長年悩んでいる人は、ぜひ、参考にしてみて下さいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


地声が強くて高音がでない場合


こんにちは、仙台ボイストレーニングLoose VoiceのKANです!

 

皆さんが普段、お話ししている声は「地声」です。


そして、割と低めの音域で話している方が、ほとんどではないかと思います。その音域を毎日毎日出しているわけですので、当然、地声の低音が強く鍛えられていきます。


歌の中で、高い声を出す時に、その地声の音が強くなり過ぎて音が上がらない・・という悩みを持っている方は、少なくありません。


感覚的には、恐らく、

【声を出すこと=地声の低音のノドの感覚】


と捉えてしまっているからなのではないかと思います。そのノドの感覚は、高音には当てはまらない。だから音が上がらなくなり、苦しそうな喉詰めの声になってしまうというケースです。


そんな場合、まず、どんな練習をすればよいのか??

 


◆声より息を流すことを意識する

 

そのような状態になっている場合、

声はほとんど出さなくてもいいので、息を流して発声してみるとよいです。


声が出ているという事は「声帯を閉じている」という事ですが、いったん、それをやめてみる。つまり、あまり声帯を閉じない(=声を出さない)で息をしっかり流して声を出してみる。


頼りない、弱々しい声になってOKです。

 

息漏れ声になりますので、音程は取りにくく、高音も出しにくいと思いますが、その声のままで、自分のなかの中音域ぐらいまでを出せるように練習してみる。
そうしていくと、地声の声は弱まり、だんだん裏声のような音色に変わっていく感覚が得られると思います。


「音を上げていったら、自然に裏声になっていた・・」という感覚になっていけば大丈夫です。


このように、いきなり強い高音を出すのではなく、いったん、息を通してあげると、過剰な地声のノドの使い方が緩和されるはずですので、ぜひ、試してみて下さいね♪

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


イメージで声は変わるの?


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

声を出す時に、声を当てる場所をイメージして発声トレーニングを行う方法があります。実際にイメージだけで声が出しやすくなるのであれば、こんなに嬉しい事はないですよね!?


では、その効果のほどは??というのか気になるところ。

と、その前に!
声を当てる場所のイメージを変えると何か変わるのか、という点から確認していきましょう。

 

例えば、胸や眉間、頭など体の部位に声を当てるイメージをしながら声を出してみると、どうでしょう?何が変わっているように感じますか。


自然と、音の高さに変化があったかもしれませんね。何か変わるのかと言いますと、それは「音の高さを調整する声帯の動き」をコントロールしているのです。


※「頭に響かせるイメージで低い声を出してみて」と言われると何かやりずらさを感じると思います。


音楽の授業で、高い声は頭に響かせるように~と言われるのもこれが目的です。「胸と頭」で比較してみると、多くの人は、胸が低い声、頭が高い声、となるはずです。

◆実際に歌声として効果はあるの?

では、歌声が出しにくいという人に、この方法をレクチャーした時に、実際に効果があるのかと言いいますと、半分あり、半分なし、という感じだと思います。


その理由は、そもそも、イメージだけで声が出しやすくなるような人は、声帯の使い方(ボイスコントロール)がある程度、長けている人に限られるからです。


発声で悩んでいる人の多くは、声自体が出しにくかったり、喉詰めになっていたり、音程が定まり難かったり、、と、ボイスコントロールが苦手な状態の人がほとんどだと思います。


その人に対して、今回のテーマである声を当てるイメージを変えてもらったとしても、一瞬出しやすく感じるかもしれませんが、連続的に声を出し続ける「歌」となると、どこかで上手くいかなくなるケースが多いです。


喉の柔軟性があってこそ、このイメージ法は期待できるものです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪