カラオケで叫ぶ歌声にならない為に


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

カラオケは、ストレス発散という目的で行くのが殆ではないかと思いますが、ただ、最近は、一人専用のカラオケボックスができたりして、こっそり、個人練習をして皆をみんなを驚かせたい、と思っている方もいるようですね!

 

さて、そんな、発散の目的で行っているけど聞いてくれる人のために「少しでも、よい歌声にしたい!」という方に、アドバイスいたします。

 

 

カラオケで「叫ぶような歌声」を耳にする事がありますよね。

 

室内で、仲間同士で楽しんでいる分には全然OKですが、客観的に聞いてしまうと、やっぱり、少し聞き苦しいと思ってしまうのも事実・・です。

 

では、まず、(叫んでるつもりがないのに)なぜ「叫ぶような歌声」になってしまうのか?

 

それは、ズバリ「喉に無理をかけて声をだしているから」です。

要は、力ずくで声を出している状態。

 

「だって、そうしないと高い声がでない・・」という声が聞こえてきそうなのですが、それは喉を正しく使うためのボイストレーニングを行えば改善できます。

 

今回は、ボイトレに通う時間がつくれない方のために、簡単に実践できる喉声改善のコツをお伝えします!

 

 

【喉声改善のコツ】

 

①「声は、息が混ざらないと生まれないものだ」という事を理解しましょう。

 

(なんだか、かたい感じになりましたが、、)これはとても重要なポイントです。たいがい、高音で苦しそうになるのは、スムーズに息が流れない状態になっている時です。

 

歌手の歌声を、耳を澄ましてよーく聞いてみて下さい。

 

歌声に息が混ざっているのが分かるはずです。おしゃべり声とは、あきらかに違うはずで、歌声は、息に声をのせるように、口から出る順番を「①息→②声」と思ってみてください。☆平原綾香さんを聞いてみると、よい参考になりますよ!

 

 

②高い音のイメージを「上に」持たない。

 

曲中、メロディは常に動いています。その時にメロディの上がり下がりと共に、低いから下、高いから上というイメージを持つと、口の中の空間が変化し声がつぶれやすくなります。

 

高音で苦しくなって、すぐ裏声になってしまう方が多いのですが、その場合、頭から出しているようなイメージを持っている人が多いです。

 

音程に左右されずに、常に声は前に飛ばします。

 

(※「高音は、頭からでるように~!」と、聞いたことがあるかもしれませんが、これは、誰しもに当てはまる改善策ではありません。少しは出しやすくなったと感じる事もありますが、喉に力が入っている方には、更に締めつける原因にもなります。)

 

 

この2つを気をつけて、ぜひ、歌ってみてくださいね。

 

歌声は、とても自然なものです。

 

①声を響かせる為には、空気(息)が必要です。

②歌を届けたい人は、きっと、目の前にいる方ではないでしょうか。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪