自宅で小声で歌う練習


毎日の練習時間、大声で歌う環境を作るのは、なかなか、大変だと思います。

カラオケや練習スタジオに通うのも、時間とお金が、かかりますからね。

 

そんな時は、自宅で、歌を練習しちゃいましょう!!

何も、大きい声を出して歌うことだけが、練習ではありません。

 

しかも、効果的に、ボイストレーニングができるんですよ♪

 

自宅ボイストレーニング

自宅の場合、大きい声を出せない環境の方が、ほとんどだと思いますので、

そうであれば、逆に、おもいっきり小声で歌ってみましょう。そして、その「小声」なのですが、

今回の練習では、一般的に言う、「裏声(ひっくり返した声)」を使います。

 

1曲を、まるまる、「裏声」で歌ってみるのです。

(低音がだしにくい場合は、飛ばしてOKです)

 

☆☆ここで、大事なポイント!☆☆

(本当は、実際に声を聞いてみないと分からないのですが)

その裏声は、「息が漏れているような裏声」で歌うようにしてみてください。息が漏れているという事は、当然、息が足りなくなるので、ワンフレーズを、一息で歌えない部分も出てくると思いますが、その時は、途中で息を吸ってもいいので、ため息のような裏声で歌っていきます。

 

※蚊の鳴くような細い声(息が結構ながく、続く状態)になってしまうと効果が薄れますので、

そうならないようにしてみてくださいね””

 

 

***

そうすると、どんな体感が得られるか?

 

まず、裏声なので、楽に声がでると思います。あと、喉がずっと開いている感覚が分かると思います。(息をいっぱい出しているので。)多くの方が感じる、「地声(表声)で高音を出した時に、

キューっと喉が閉まる感じ」が、今回の裏声では、無いと思います。

 

そして、集中して、よーく感じてみてください。

 

「裏声の時は、キューっと喉が閉まる感覚がないのに、音程は上げられている」感覚を。

 

つまり、地声の高音発声で、キューっと力を入れている部分とは無関係に、音が上げられる仕組みになっているのです。これが、とても重要です!

 

慣れてきたら、今度は地声で、この「息の漏れた声」で、同じように歌ってみましょう。

できるだけ、裏声の時の解放感と同じように行なってみます。

 

いかがでしょうか?

上手くできましたでしょうか。

 

何回か繰り返して練習をしていくと、だんだんと、発声のヒントが見えてくると思います!

 

ぜひ、試してみてください。

 

***

 

仙台ボイストレーナー KAN☆

 

ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします☆

 

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村