目を閉じて歌うと⇒声は?


発声練習や歌を歌うとき、目を閉じると、どういう声になるのでしょう?

 

目を閉じると、自分の体の中への感覚は、研ぎ澄ますことができます。

でも、視界が閉ざされると、空間をイメージできなくなるので、声が前に飛ばなかったり、口の中で声を作ってしまったりします。

目を閉じて歌う

目を閉じて発声練習をすると、高い音で、「声が詰まる」状態になってしまう事が多いです。

ノドの奥の方で声を作ってしまうので、口が開かなくなり、解放感をもって声を出せなくなってしまうんですね。音程をすごく気にして「音をちゃんととらなきゃ」と、気にし過ぎてしまっている方に、特にその傾向があります。

 

ノドを開けて、目を開いて、気持ちもリラックスすると、「気持ちのよい声」が生まれます☆

 

声は、空間に響いて、皆さんの耳に届きます。

響きを口の中だけに閉じ込めずに、目の前の空間に広げてあげます。

 

目を閉じて声を出すときは、きちんと、口を開けているかチェックしてみましょう!

 

今日もあなたにとって、いい歌が歌えますように。

 

 

***

仙台ボイストレーナー KAN☆

 

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村