のど締め発声は、すぐにでも改善すべき


 

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今日は、「のど絞め発声」をしてしまっている方へのメッセージです。

 

のど絞め発声は、喉に、本来は不必要な力みを入れて、無理に声を出している発声のこと。

 

特に高音域の発声では、この状態で悩んでいる方は、多いと思います。

 

 

 

 

のど絞め発声は、すぐにでも改善した方がよいです。

 

なぜなら、あなたの時間もったいないから。

 

本来もっている才能がもったいないから。

 

 

改善すべき理由は、シンプルですが、これだけです!

 

 

 

 

この力みというのは、高音発声のあなたの「癖」です。

 

しかも、無意識に近いもの。力を入れないように意識しても、恐らく変わらない。。

 

もー、嫌になりますよね!

 

その気持ち、痛いほど分かります。

 

僕も、昔は、高音域の喉の使い方が分からず、喉の脱力発声に気づくまでは、

 

とても苦労した思い出があります。その時の自分に、もう少し早く、正しい発声に

 

気づけていれば、、と、ふと振り返ったりする時があります。

 

 

 

 

のど絞め発声からの脱出は、絶対に、早ければ早いほどいいです。

 

これは言い切ります。

 

なぜかと言いますと、先ほども書いたように、悪い発声が「癖」になり、体が記憶しちゃうからです。

 

いつもボイストレーニング指導をしてて感じますが、

 

あまり歌を歌って来なかった人の方が、のど締め発声からの脱出は早い。

 

逆に、間違った発声で、長年歌ってきた人は、矯正するのに時間がかかります。

 

 

 

 

のど締め発声をしていて、良いことは、何一つありません。

 

細かい問題点をあげると、

 

音程が下がり気味になる、音色が変わらない、苦しそう、喉がかれる&痛くなる、

 

地声から裏声への切替えがスムーズにいかない・・など、他にもあります。

 

 

 

 

このブログを読んで頂いているあなたには、

 

のど絞め発声の改善への、キッカケになればと思います。

 

直したいと思い始めたら、もう、あとは、正しい練習をするだけです。

 

発声の軌道修正をしていきましょう!

 

それでは、また!

 

 

KAN☆