喉の締まりを無くす為に、身体に負荷をかけるレクチャーはアリか?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉が締まって上手く声が出せないという悩みを解決する方法として、体に負荷をかけて解決するレクチャーは効果があるのでしょうか?

 

この原理目的を簡単に説明しますと、喉以外の部分に力を加える事で「力みの支点を喉から外そう」という事です。

 

実例でよくあるのは、お腹周りに力を入れて喉の締まりを緩和させる方法。

 

重心を前かがみにしたり、誰かに後ろから腰を押してもらったり。

 

ここで冷静に考える必要があるのは、喉が締まるのは、喉の運動が間違っているからという事です。

(本当は右に進みたいのに、左に進んでしまっているという状態だとして、これを解決するには右に進む癖を無くして左に進む感覚を得るという事になります。)

 

お腹など体に負荷をかける方法というのは、右に進む癖は直さないで、なんとかそのまま進んでみてください、と言っているような感じと捉えられます。

 

実際に、私自身も体に負荷をかけたレクチャーを受けたことがありますが、私の場合は、お腹に負荷をかける事で反射的に、声帯が閉じてしまい(i=息を止める運動)余計に声が出しにくくなりました。

 

一瞬、呼気圧で「ぐっ」と声量が上がりますが、呼気の量がバラつき、安定した歌唱にならず、何より冷や汗が出るような疲労感がありました。。

 

お腹に力を入れれば、楽でいい発声ができるというのは、声帯や喉の仕組みが、明らかにされつつある現代では時代錯誤であるように思います。

 

歌手がライブで歌っている時、そんなに下半身が疲れるほど、踏ん張っているわけはないですよね。ダンスをしながら歌うこともできるわけですから!

 

ボイストレーニングは、正しい喉の運動を、いかに分かりやすく伝えるか、に尽きると思います。

今、ボイストレーニングを受けている内容の先に、本当に解決できる光が見えるのかを、冷静に考えてみる事も大事です。

 

Loose Voice


歌の喉締め改善プロフェッショナル


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

Loose Voiceは、喉締め発声改善に力を入れております。

 

歌っていると、喉が苦しい、疲れる、嗄れる、音程が上がらない・・など、喉締め発声で起こる現象は様々です。

 

一方で、歌手は勿論、発声に何の苦労もなく楽に歌える人もおります。喉は同じ構造なのに、どうして、このような違いが起こるのか?

 

大きく関わっているのは、日常会話の声(喜怒哀楽)が、どういう発声になっているか、また、これまで歌ってきた発声の癖がどうなっているかです。

 

喉締め発声は、本来、必要な発声運動以上の力を入れてしまっている状態。

 

その力を入れる事によって、正しい運動が妨げられています。

 

と、いうことは、改善手順としては、

【不要な力を入れない ⇒ 正しい運動を入れる】

となります。

 

しかし、改善に悩むほとんどの人は、不要な力を無くす前に、正しい運動を入れようとします。

 

これでは改善することができません。

 

足に重りを付けたまま、早く走ろうと頑張っているようなものですから、まずは、重りを無くすことが先決です。

 

この手順を踏まずに、例えばミックスボイスの練習をしても、詰まった歌声になるか、地声から裏声への移行のタイミングが早い段階でやってきてしまい、結果的に、地声で高音が出せない、常に閉鎖感のある歌声になるという事になります。

 

喉締め発声の改善は、これまで歌ってきた期間が長い人ほど、時間がかかります。これまで10年以上歌を習っているが、未だに、喉締めが直らない・・という人に何人も出会ってきました。

 

お話を聞くと、色んなスクールやボイトレを経験してきたが、的を得た練習はされていなかったと聞きます。

 

先ほど書いた「改善手順」が逆になっていたりすると、もったいない10年を過ごすことになりますので、同じような悩みを持っている人は、ぜひ、お気軽に一度、ご相談ください♪

 

オンラインレッスンも対応しておりますので、全国からのご相談もお待ちしております。

 

Loose Voice

 


喉締め発声を根本から直す


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌う為の発声で、多くの人が悩む「喉締め発声」についてのお話です。

 

喉締め発声のくくりとしては、ここでは以下のような体感がある人とします。

 

①喉が苦しい、詰まった声になる

②苦しくないが張り上げ声になる

 

①の場合

舌や喉頭周辺の柔軟性と声帯の運動の2つを獲得する必要があります。

 

②の場合

恐らく舌や喉頭周辺はコントロールできているが、声帯の運動を調整する必要があります。

 

①の状態で、例えば声帯を適切に調整(=俗に言うミックスボイス)できたとしても、舌や喉ぼとけ周辺が緊張している状態が残っていると、声が細くなり、豊かな響き、余裕を感じられる歌声が得られにくい場合があります。

 

また、曲の後半になるにつれて、徐々に声が詰まってくるという事も起こり易いです。音程を高くする事と喉の空間を狭くする事を連動させないように、ストレッチが必要になります。

 

 

これまで、喉の空間を狭めて歌い続けてきた人は、癖になってしまい、どれだけリラックスしようとしても力が入ってしまうという、もどかしい期間を過ごしている人も多いと思います。

 

これまで1000人以上のボイストレーニングを行ってきた経験から、①の場合は、2つのトレーニングを同時に平行して行っていく事で、効率的に改善できる事が分かっております。

 

喉締めでお悩みの方は、無料のオンライン相談も行っていますので、ぜひ、お気軽にお申込みください♪

 

Loose Voice

 

無料オンライン発声相談


カラオケで叫ぶ歌声にならない為に


こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

カラオケは、ストレス発散という目的で行くのが殆ではないかと思いますが、ただ、最近は、一人専用のカラオケボックスができたりして、こっそり、個人練習をして皆をみんなを驚かせたい、と思っている方もいるようですね!

 

さて、そんな、発散の目的で行っているけど聞いてくれる人のために「少しでも、よい歌声にしたい!」という方に、アドバイスいたします。

 

 

カラオケで「叫ぶような歌声」を耳にする事がありますよね。

 

室内で、仲間同士で楽しんでいる分には全然OKですが、客観的に聞いてしまうと、やっぱり、少し聞き苦しいと思ってしまうのも事実・・です。

 

では、まず、(叫んでるつもりがないのに)なぜ「叫ぶような歌声」になってしまうのか?

 

それは、ズバリ「喉に無理をかけて声をだしているから」です。

要は、力ずくで声を出している状態。

 

「だって、そうしないと高い声がでない・・」という声が聞こえてきそうなのですが、それは喉を正しく使うためのボイストレーニングを行えば改善できます。

 

今回は、ボイトレに通う時間がつくれない方のために、簡単に実践できる喉声改善のコツをお伝えします!

 

 

【喉声改善のコツ】

 

①「声は、息が混ざらないと生まれないものだ」という事を理解しましょう。

 

(なんだか、かたい感じになりましたが、、)これはとても重要なポイントです。たいがい、高音で苦しそうになるのは、スムーズに息が流れない状態になっている時です。

 

歌手の歌声を、耳を澄ましてよーく聞いてみて下さい。

 

歌声に息が混ざっているのが分かるはずです。おしゃべり声とは、あきらかに違うはずで、歌声は、息に声をのせるように、口から出る順番を「①息→②声」と思ってみてください。☆平原綾香さんを聞いてみると、よい参考になりますよ!

 

 

②高い音のイメージを「上に」持たない。

 

曲中、メロディは常に動いています。その時にメロディの上がり下がりと共に、低いから下、高いから上というイメージを持つと、口の中の空間が変化し声がつぶれやすくなります。

 

高音で苦しくなって、すぐ裏声になってしまう方が多いのですが、その場合、頭から出しているようなイメージを持っている人が多いです。

 

音程に左右されずに、常に声は前に飛ばします。

 

(※「高音は、頭からでるように~!」と、聞いたことがあるかもしれませんが、これは、誰しもに当てはまる改善策ではありません。少しは出しやすくなったと感じる事もありますが、喉に力が入っている方には、更に締めつける原因にもなります。)

 

 

この2つを気をつけて、ぜひ、歌ってみてくださいね。

 

歌声は、とても自然なものです。

 

①声を響かせる為には、空気(息)が必要です。

②歌を届けたい人は、きっと、目の前にいる方ではないでしょうか。

 

****

日本ボイスアドバイザーが指導するオンラインボイストレーニングは、全国から多くのご予約を頂いております。必ずあなたの発声改善のお役に立ちます。


喉締め発声は、すぐにでも改善すべき


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今回は「喉絞め発声」をしてしまっている方へのメッセージです。

 

喉絞め発声とは、

 

【喉に本来は不必要な力みを入れて、無理に声を出している発声状態】のこと。

 

特に高音域の発声では、この状態で悩んでいる方は多いと思います。

 

 

なぜ、喉絞め発声は、すぐにでも改善した方がよいのか?

 

その理由は、大きく2つあります。

 

①どんなに「歌い方(歌唱テクニック)」に時間をかけて練習しても、喉締め発声の場合、声のコントロールが難しいため、理想の歌い方ができないと感じてしまうから。

 

②声帯に負担がかかる発声の為、喉を痛めてしまう可能性があるから。

 

 

例えば、トランペットという楽器で曲の弾き方を学ぶ前に「音の出し方」が上手くできていないと、何を弾いてもサマになりませんよね。

 

つまり、メロディーになる前の「音」の段階で、つまづいてしまっている状態。

 

 

歌も同様です。

 

曲を歌う前に「声という音」が良くないと、積み上げていくものは、とても危ういもになります。

 

 

◆どうやって改善するの??

 

「喉締め」と一口で言っても、その状態は人様々なのですが、ほどんどの場合は、喉ぼとけが過剰に上がり(連動して舌の奥が上がっているケースもある)喉の奥の共鳴空間が狭まり、筋肉の不要な過緊張によって起こっています。

 

この癖は、無意識に起こる事なので、じっくり慎重に時間をかけて直していく事が必要です。「脱力して歌おう」や「喉の奥をしっかり開けて歌おう」という単純な意識では、おそらく改善は難しいでしょう。

 

 

【具体的な方法の概要】

 

①喉が上がっても良いので喉から意識を外す

 

まずは、喉に力みを感じさせない事を優先して発声していきます。

(喉が上がっていてもよい)

一つ、気づいて欲しいのが「喉を上げて声を出しても苦しくない状態がある」ということ。

 

「あっかんべー」の状態で舌を出すと、喉ぼとけも連動して上がってきます。その状態で声を出してみましょう。実はそんなに苦しくないはず。つまり、喉が上がってくると感じた時に、無理に下げようとしたり、反抗する動きをとると、余計に苦しくなるということなのです。

 

まずは喉が上がってもいいので、顎や舌に連続的な動きを加えながら発声練習をすることにより、発声時「喉から意識を外す」というファーストステップを踏みます。

 

 

②物理的に喉の奥を開ける

 

次に、喉の位置を安定させるトレーニングに入ります。

 

喉ぼとけを無理矢理に下げるのではなく、自然に下がっている状態を作ります。

⇒喉ぼとけは、独立して動かせるので意図的に下げることができますが、無理矢理下げるのは避けて下さい。

 

よく、あくびをするような喉の開け方で歌いましょう、と言われますが、これは喉が上がる人にとっては難しく、逆に、不用な力みを生む可能性もありますので、注意が必要です。

 

 

練習のポイントは、口の中に空気の圧力を作ってあげることで、口と声帯との間の空気圧で喉の上昇を抑えてあげます。

 

口から、ほとんど息が漏れない状態を作り発声練習を行っていきます。

 

そうする事で、音程が上がっていっても、喉が一定の位置におさまってくれるようになります。

 

※勘違いに気を付けましょう!

「喉締め発声」は声帯をコントロールするボイトレを行えば改善できるんだ!と思っている人がおりますが、これは喉ぼとけが過剰に上がらない人に有効的な練習法です。

 

なぜかと言いますと、喉ぼとけが上がり過ぎている状態は、声帯のコントロールも上手くできないものだからです。

 

「ボイトレを長年やっているけど、一向に声が変わらない・・」という人は、練習方法の根本を、もう一度、確認してみるとよいでしょう。

 

 

いかがでしょうか。

 

文面だけでは、細かなニュアンスまでお伝えしきれませんが、喉締め発声は、その人に合った手順と方法で練習をしていく事で改善できます。

 

現在、レッスンにお越し頂いている皆さんも、この「喉締め」で悩んでいた方は、かなり多いです。それぐらい間違った「癖」としてありふれてしまっているのです。

 

ぜひ、あなたのボイストレーニングの参考にしてみてくださいね。

 

*****
オンライン限定!

喉締め・張り上げ発声徹底改善プログラム開催中!

オンラインレッスンであなたの喉締めを改善しませんか?

詳細は以下からご覧ください。

仙台オンラインボイストレーニング Loose Voice