「舌」を脱力させる方法


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose Voiceです!

 

◆舌を脱力させること

 

発声をするうえで、大事だといわれる「脱力」
特に「舌、顎、首まわり」には、余計な力みは無い方が、効率的な発声を行う事ができます。その中でも、力みが入っているかどうか、外的から判断しやすいのが「舌」です。


口内や喉の奥は多数の筋肉で複雑に繋がっています。首まわりに力が入り「喉詰め発声」になっている場合、舌を脱力させることで解消されることもあります。

 

◆脱力舌の作り方

 

「声を出すこと」と「舌の緊張」は、無関係という事を体感する。

 ①口を半開きにします。
(ヨダレが垂れそうな感じ)

②舌を下唇の上に軽く乗せます。
(舌の出し過ぎに注意)

③低い声で「あー」と声を出してみる。
(「あ」と「え」の間くらいで言葉でOK)

舌に力みが入ったかを確認しながら、この手順で声を出してみて下さい。きっと、低い声であれば舌の力みは感じられないはずです。つまり「声を出す=舌の力み」とならないことが分かったと思います。

 

慣れてきましたら、高い音でも練習してみると良いでしょう。参考にしてみて下さいね!

 

 

*****

実際に、ボイストレーニングを体験してみたい!という方は、以下のお申込みフォームよりお願い致します↓↓ お気軽にお申込み下さいね!

 


喉から意識を外す 

喉に余計な力みが入る

 

歌っていると、特に高音域で喉に余計な力みが入ってしまう。
喉に力を入れるつもりはないのに、自然と力んでしまう。

この原因を心理的な方面から推測するに、低音は大丈夫なのに高音になると、、という場合は、高音の喉の使い方(声帯の閉じ方)が分からないために、反射的に喉回りの筋肉で無理やり声帯を絞めつけて音程を上げようとしていることで起こっていると考えられます。

しっかりとした声を出す為には、音域に関係なく、声帯を閉じるというアクションが必要。でも「高音を出しながら閉じる」が分からない。

 

 


◆喉以外に意識を向ける

 

喉に余計な力が入る人は、声を出す時、意識がかなり喉に集中している場合が多いです。意識を向ければ向けるほど、力みを助長してしまう場合があり、脱出法を見つけられず悩んでいる人も少なくありません。

喉の脱力は「喉を鍛える」という事では解決されない。


ただ、喉が脱力できればよい。

 


改善法の一つをご紹介します。

まずは、声について少し意識を変えてみましょう。

 


声は声帯の振動によって生まれますが、声を響かせて大きくするのは体の空間です。という事は、このようなイメージを持つことができます。


『声が(正確には息ですが)声帯を通過して体に響いて外に出ていく』

例えば「鼻(鼻腔)に響かせた声を出そう」と意識すれば、意識は喉から外れますので、一瞬にして楽な状態を作れる可能性があります。鼻に響かせようと意識をしているにも関わらず喉に力みを入れることは、逆に難しく感じると思います。

現実として、そのようにして、声は共鳴によって増幅するものなので「喉」に意識を持ち過ぎない事も、楽な発声への大きなヒントになります!

 

喉の力みで悩んでいる人は、ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

***

喉の仕組みに基づく!!

仙台ボイストレーニング Loose Voice

 

歌の発声法で悩みがある、喉が詰まる感じがする、ボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越し下さい。

 

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームよりお願いします。

 


喉の力みで悩んでいる人へ【仙台ボイストレーニング】

歌う時「喉に力みを感じる」という人は少なくないと思います。

 

では、喉に力みがあると、歌にどのようは弊害があるのでしょうか?

あなたの現状と照らし合わせながら読み進めてみて下さい。

 

歌っている時・・、

 

高音が出しにくい

高音を張り上げて歌ってしまう

息が続かなくなる

自分の声が好きになれない

バラードに苦手意識がある

 

このような悩みを持っていませんか?

 

その原因は「喉の力み」にあるのです。

逆に言いいますと、喉の力みが改善されれば、歌声に、今までに感じたことがないくらいの自由が得られます。

 

歌に苦手意識を持っていたり、好きな曲を上手く歌えないと感じている人のほとんどは「発声法」に原因があります。

 

歌が上手い人は、喉に力みがないので、楽に声を出せる。

聞いている人は、心地よく感じるので、印象として「歌が上手い人」と思われます。

 

 

ですので、歌に苦手意識を持っている人は「歌が下手」なのではなく「発声法が良くない」と思ってもらえると原因がクリアに見えてきます!

 

 

***

Loose Voiceでは、発声改善を専門として、日々レッスンを行っています!「喉に力みを感じる」という人は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

同じ悩みや目標を持った仲間がレッスンをしています。

ボイストレーニングに興味のある方は、以下の「体験レッスン申込フォーム」より、エントリー下さいね!

 

お気軽にいらしてください。

 


ハイラリンクスって何だろう?


ハイラリンクスという言葉。英語表記にしますと「highlarynx」になります。highは「高い」、larynxは「喉頭」という意味です。

 

つまりハイラリンクスは「喉頭の位置が高くなっている状態」を指す用語です。(喉頭は、いわゆるノド仏のこと。)

 


なぜ、こんな言葉がボイストレーニングに出てくるのかと言いますと、発声時「喉頭があがる」状態が起こり、その状態になった時は、声に変化が起こります。具体的には、声に芯が入り「カーン」とした明るい響きの声、キンキン声、になります。

 


ハイラリンクス状態に「良い 」か「悪い」は、ありません。明るいカーンとした音色がほしい時は、敢えてノド仏をあげて歌う歌手もいます。


ただ、人によっては、ハイラリンクスを改善した方が良いだろう、という人もいます。


では、どんな人が改善すべきなのか??

 

 

◆発声時、常に、ハイラリンクスになってしまう人
特に、中音域~高音域あたりになると、ノド仏は上がりやすくなります。高音域になっても、ノド仏があがり過ぎない状態も作れるようにしておきましょう。


◆喉に苦しさを感じる人
歌っている時に、喉が苦しくなるという人は、ハイラリンクスとはまた別に、間違った喉の力みが入ってしまっています。改善方法として、ハイラリンクスを直すことで、総合的に、喉の力みを取っていくことができます。

 
◆深い音色の声を出したい人
音色として、ハイラリンクスは、カン高い印象の声になるので、太く深い響きのある声にはなりにくい。自分の声が、子供っぽく聞こえる、軽い感じの声に聞こえるから直したい、という場合は、改善していくべきでしょう。

 

 

ノド仏が上がる人は、それが「癖」となっている人が多いです。癖とは、無意識に行われるもの。改善するためには、そうしないように意識しなければなりません。

自分の目に見えるものであれば、意識して改善できますが、喉の中は見えません・・!

 

そこで重要になるのが「間違った記憶の書き換え作業」です。

 

重要はヒントになるのが、裏声発声です。

裏声発声は、高音でも喉に苦しさは感じにくい。しかも、声は同じ声帯から生まれている。この事実が、ハイラリンクス改善の足ががりになります。

 

実際のレッスンでは、喉詰め発声を改善する具体的な練習法をお伝えしています!

興味がある方は、ぜひ、お気軽に体験レッスンを受けてみて下さい。

 

 


ボイトレに苦労は要らない


「あなたはボイストレーニングに、どんなイメージを持っていますか?」

 

きっと「鍛える」というように、

少し大変なイメージを持っているかもしれませんね。

 

でも、本当は、歌声を変えるのに苦労は要らないのです。

 

ボイストレーニングで苦労している人は、答えが見つからず、迷子になってしまっている人です。独学で色んなトレーニング方法を行っていて、一体、どれが正解なのが分からなくなっています。

 

そうすると、声を変える事に「苦労」を感じてしまいます。

 

 

ボイトレで苦労しない為には、練習をする前に、声の出し方の答えに気づくこと。答えを先に見つけてしまうと、苦労は必要なくなります。

 

 

ボイストレーニングをしなくても、もともと、歌が上手いという人は、声の出し方に気づいている人です。つまり、気づいている人はトレーニングが要らない。それくらい、難しいものではなく、とても簡単な事なのです。

 

 

ボイストレーニングで苦労をしてほしくないので、Loose Voiceでは、その答えをレッスンでいち早く、お伝えしています。早く自分の歌声に変化を感じたいという人は、ぜひ、一度、スタジオで、あなたの声を聞かせて下さい。

 

その場で、改善のアドバイスをします。

歌声で悩んでいる人は、お気軽にお申込みくださいね。

 

あなたにお会いできるのを、楽しみにお待ちしております!

 

体験レッスンのお申込みは、こちらから↓↓