「もともと声が上手く出る人」から気付く事


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

あなたの友人や知人、身近な人で、ボイトレや歌を習っていないのに、もとから上手く声が出せて歌える人っておりませんか?


そんな人達を見て、何となく「いいな~」と思ってしまって終わり。。になっていないでしょうか。


そこで終わらずに、少し掘り下げて考えてみると、実は思わぬ大きな発見に結び付くのです。今回は、そんなテーマのお話しです!

 

 

 

◆トレーニングをしていない=鍛えていない

「ボイストレーニング」を「発声に関与する喉の筋肉などを強化する」という意味で考えた場合、例えば、もとから高い声が出せるという人は、喉を鍛えてはいない、ということになりますよね。


つまり、「鍛えていないのに出せる」=「鍛えなくてもいい」

となった時に、上手く出せない人は、鍛えるという方法が必須ではなくります。
では、どういったボイストレーニングをしていけばよいのか?


その意味合いを「鍛える」ではなく「知る・気づく」という方向に転換していきます。

「知る・気づく」というと、なんか「トレーニング」という言葉が相応しない感じに捉えられるかもしれませんが、子供の頃や変声期前に、楽に高い声が出せていた過去は皆さんあるはずなので、それを考えると、しっくりくると思います。

 



◆鍛える ⇒ 気づく為の発声練習

頭の中を「強化」から「発見」に変えて練習をしていきます。

 

「発見」に変えた時に、ほんの数十分で発見できる人もいれば、数か月、数年かかったという「時間差」が出てきます。

その違いは、現状の声や過去の癖などが大きく関係してくるものですが、誰だって、早く発見できるに越したことはないですよね!


「鍛える」ではないので、そこまでの長期間はかからないはず。それはもう目の前にあるぐらい、すぐ見つけられるもの。

 
そこで重要なポイントになってくるのが、

【トレーナー側の「誘導(伝達)」とレッスン生側の「受取り(認識)」】

そのマッチングなのだと、特に最近、強く感じます。

 

いかに早く気付けるように、トレーナーが「言葉で、声で、エクササイズで、イメージで・・」あらゆる手段を使って伝達する。そして、それを想像どおりに受け取って実践してもらう。


見えない喉をどれだけ上手く誘導できるか。トレーナーとの信頼関係も重要です。気付かせる為、気づく為に、お互いが協力しあって、少しでも早く理想の声を発見する。そんなレッスンを行っていきたいですね!

 


*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


仙台ボイストレーニング【口が大きく開かない人】


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

本日のトピックは、歌うとき「口が大きく開く人と開かない人」のお話しです。

 

口の大きさや顎の形などは、個人差があるもの。

ですので、その人にとって、しっかりと開くことができれば何も問題ないものです。

 

ただ、一つ言えることは、

「口や喉をしっかり大きく開ける人の方が発声は楽」ということです!

 

では、開けられる人と、開けられない人の違いって何なのでしょうか??

 

それは!

 

◆喉周辺の筋肉の柔らかさ

◆声を出す時の過緊張

 

この2つが、ポイントになります。

喉周辺は多くの筋肉があります。その筋肉が硬いと、もしくは、発声時に、固めてしまうと声は出しにくくなります。

 

高い声や大きい声を楽に出せる人の口元に注目して、歌っている映像をみてみましょう。そして、自分が歌っている姿を鏡でチェックしてみる。

 

そうすると違いがはっきりと分かると思います。

 

大切なことは、

 

『実際に歌う時に大きく口を開ける必要はないのですが、開けた状態でも歌えるかどうか』という点です。

 

どちらでも声が出せるように練習をしてみるとよいでしょう!その極端な例が「ハミング」です。ハミングは、完全に口を閉じています。

それでも喉の奥で高音が無理なく鳴らせれば、あとは口を開けるだけ!

 

ぜひ、試してみて下さいね♪

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪

 


仙台ボイストレーニング【喉声の改善】


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今日は、喉声についてのお話しです。

一般的に言われている「喉声」とは、どういったイメージがあるでしょうか?

 

きっと、

 

・苦しそうな声

・平べったい声

・うるさいと感じる声

・喉を傷めそうな声

 

このような印象を持つ声だと思います。

ここで、確認したいポイントとなる事が、一つ、あります。

 

それは、実際に声を出している時に「喉が苦しいと感じているかどうか」です。もし、苦しさは感じない、という場合は、いい意味での「喉声」つまり、あなたの地声をしっかり発揮できている声ということと言えます。

 

「でも、自分の声が好きになれない!」

という印象を持ってしまうのは、声を響かせることができていないからです。なので、喉声を直すのではなく、響きを作るトレーニングをすれば、あっという間に、歌声が変わります。

 

 

悪い意味での「喉声」は「喉詰め声」と表現されるように、気道を圧迫してしまっている声です。この状態になると、音程、声量、共鳴、すべてに悪い影響を与えてしまいます。

 

その場合、行わなければならないのは、「余分な喉の力みをとること」です。Loose Voiceでは、その「喉の力み改善」に特化した、ボイストレーニングが特長です!

 

発声がなかなか上手くいかない、、と悩んでいる方を、日々スタジオで、強くバックアップしています。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!
体験レッスン実施中!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより。
お気軽にどうぞ!

 

 


正しい喉の感覚への書き換え


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

発声で悩みを抱える人の多くは、間違った喉の感覚を覚えてしまっています。必要なのは「正しい喉の感覚への書き換え」

 

 

◆現状を維持しない

 

発声が上手くいかないのは、何かしら間違った喉の使い方をしている可能性があるということ。喉の動きは、反射的に行われてしまうものです。

「高い声を出すぞ!」と頭の中で思い、それを口から出す時に、人は反射的に喉の奥で声の高さの調整を図ります。

 

喉の使い方に正解・不正解はありませんが、唯一、不正解という判断の目安になるのが、「喉が苦しい、詰まった感覚がある、声が枯れる」などの症状がある時と言えます。


これらの症状を感じている状態で、無理をして歌えば歌うほど、間違った喉の使い方を体が覚えてしまいます。結果、書き換え作業に時間がかかることになります。

 


 

◆反復練習が効果的

 

ボイストレーニングにより、今まで出せなかった高音が楽に出せるようになるのは、

さほど難しいことではありません。

 

重要なのは、その楽に出せた時の体感を自分でコントロールできるようにすることです。


それができないと、歌の中では、また苦しい発声に戻ってしまいます。自分の体に記憶させる為に必要なのは、何といっても「反復」。今日できたからといって明日もできるとは限らないからです。


今までの「癖」は、すぐにまた、ひょっこり顔をだします。それを戻す、また癖が出る、戻す・・、このくり返しを根気よく行うこと。そうしていくうちに、悪い癖は顔を出さなくなり、書き換えが成功します。

一度つかんだ正しい感覚は、手放さないように、忘れないように、毎日声を出して喉に記憶させていくようにしていきましょう!

 

 

*****

仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

Loose Voiceでは、体験レッスンを受け付けております。

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。

お気軽にどうぞ!


「舌」を脱力させる方法


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose Voiceです!

 

◆舌を脱力させること

 

発声をするうえで、大事だといわれる「脱力」
特に「舌、顎、首まわり」には、余計な力みは無い方が、効率的な発声を行う事ができます。その中でも、力みが入っているかどうか、外的から判断しやすいのが「舌」です。


口内や喉の奥は多数の筋肉で複雑に繋がっています。首まわりに力が入り「喉詰め発声」になっている場合、舌を脱力させることで解消されることもあります。

 

◆脱力舌の作り方

 

「声を出すこと」と「舌の緊張」は、無関係という事を体感する。

 ①口を半開きにします。
(ヨダレが垂れそうな感じ)

②舌を下唇の上に軽く乗せます。
(舌の出し過ぎに注意)

③低い声で「あー」と声を出してみる。
(「あ」と「え」の間くらいで言葉でOK)

舌に力みが入ったかを確認しながら、この手順で声を出してみて下さい。きっと、低い声であれば舌の力みは感じられないはずです。つまり「声を出す=舌の力み」とならないことが分かったと思います。

 

慣れてきましたら、高い音でも練習してみると良いでしょう。参考にしてみて下さいね!

 

 

*****

実際に、ボイストレーニングを体験してみたい!という方は、以下のお申込みフォームよりお願い致します↓↓ お気軽にお申込み下さいね!