ミックスボイスを追及する意味を考える

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高音を楽に発声するには「ミックスボイス」が必要なのだと、ここ数年で、かなり浸透してきました。ネットなどで発声について調べた事がある人は、一度は、耳にしたことがあるのではないかと思います。

 

 

他にも、チェストボイス、ヘッドボイスなど・・様々な声の種類があります。こういった発声の名前は、発声状態を言葉で相手に説明する際の便宜上で生まれたものです。

 

 

ミックスボイスという言葉においても、

 

「中高音域を適切に発声している時の声」を表しています。

 

最近、使われ始めた言葉なので、このミックスボイスという発声自体も最近生まれたものなんじゃないの?と思ってしまいますが、そうではありません。

 

昔から、歌手は、このミックスボイス状態を使って歌っています。シンプルに、「適切な高音発声」というだけのことです。

 

 

ミックスボイスの練習としては「地声と裏声をスムーズにつなげ換声点が無くなるようにする」というものです。しかし、いくつか留意しておきたい事があります。

 

それは以下の内容です。

 

●ミックスボイスに入る音程が低すぎる(早すぎる)のは勿体ない

 

●地声と裏声が繋がっていても声が籠っているのはミックスボイスではない

 

●ミックスボイスが出来ても歌が上手くなるわけではない

 

●地声と裏声のコントラストが魅力になる事も多い

 

●曲中は音程の幅が様々なので、発声のように完全には繋がりにくい

 

●プロ歌手も地声と裏声は、はっきりと使い分けており、繋がっている人は少ない

 

 

目指すミックスボイスとしては、

「明るい響きで声に一定の張りがあり、低音から高音まで無理なく発声できる」というもの。

 

しかし、ミックスボイスだけで上手くなるわけでもなく、歌手は裏声も上手に使っています。

 

 

では、なぜミックスボイスを追及する必要があるのでしょうか??

 

 

それは「声を楽器として考えた時に、楽器に無理のかからない演奏方法で音を奏でたいから」と捉えておきましょう!

 

 

例え、完全に地声と裏声が繋がらなくても、実際、歌には何の問題もありません。先ほども書きましたが、繋がっている歌手の方が少ないですし、あえて裏声にひっくり返す声を上手く使う場合も多いからです。

 

とは言え、楽器を傷めてしまうような、力任せの演奏も良くありませんよね!

 

なので、なるべく喉に負担がかからないようにする為、という意味でミックスボイスという状態を目指す事で、喉も傷めず、聞き心地のよい声を出す事ができるという訳です。

 

もし、今、ミックスボイスを練習していて、地声と裏声が完全に繋がっていなくて悩んでいる人がいたら、80点ぐらいでOKと考えておくとよいでしょう。

 

*****
仙台で話題の日本ボイスアドバイザー指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。


「声の響きを移動させる」とは?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

声を「体の●●に響かせる」という表現を聞いた事はあるでしょうか。

 

一般的に、よく言われる響かせる部位として、喉、胸、鼻、頭などがあります。そして高音の発声は鼻(や頭)に響きを集めるように、と言われています。

 

しかし、これは感覚的な話なので、実際に上手く響かせられているかどうかは判断が難しい。特に自分自身だけではOKかNGか分からない事が多いです。

 

響きを移動させる事で、本当に発声は楽になるのでしょうか??

 

その答えは、声の本質的な部分にあります。

 

響きが変わるというのは「結果」です。

 

適切な発声ができている→響く場所が変わる(ように感じる)

響かせる場所を変えようとする→適切な発声にならない事もある

 

という現象になったります。

 

例えば、鼻に響かせるように意識をして声を出したとしても、胸に響くような発声運動が混ざっていると、響きは鼻には移動しきれず苦しくなります。

 

結果、詰まった声になり音程を上げていくのが難しくなるわけです。

 

響きを移動させるというのは、移動させることで喉の運動を整えたいという目的があります。

 

響きの意識だけで上手くいけば苦労はないのですが、世の中に多く発声に悩む人がいるという事は、それだけでは解決できないという事になります。

 

響き移動からトレーニングをしている人へ。

 

「鼻に響きを移動させるためには、胸の響きを緩和させる必要があるという事がポイントになります」

 

 

*****
仙台で話題沸騰中!
喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニング!


お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


宮城ボイストレーニングで人気、支持される理由Loose Voice


ボイストレーニング教室は、全国に数多くあります。

 

その中で、どの教室に通えば発声や歌の上達に繋がるかを見極めるのは、実際に通ってみないと分からない部分でもありますよね。

 

しかし、色んな教室に通って比較してみる時間や費用もできるだけかけたくない。

 

そんな時の判断基準として、参考にして頂きたい項目として、以下が上げられます。

 

 

■自分の目的に合っているレッスン内容か

 

■定期的に通える距離にあるか

 

■継続できる費用は負担が少ないか

 

■先生との相性

 

■上達できる専門性のある指導か

 

当初の目的が達成できる教室か

 

 

比較選択する基準は、人によって違うと思いますが、大きく上記のような部分でしょう。

 

その中で、一番重要なのは

【目的が達成できる教室か】という点です。

 

ボイストレーニングや歌を習う目的は「歌を上達させたいから」が一番の目的である人が圧倒的に多いはずです。

 

ここを最優先で考えようとすると、事前に自分の歌のどの部分をスキルアップさせれば上達できるのかを知る必要があります。

 

・音感

・リズム感

・発声

・表現力

 

大きく、4つの分野に分けたとして、歌うにあたって悩みが多いのが「発声」ではないかと思います。

 

その為に、ボイストレーニングというものがあり、歌に必要な音域や声量をトレーニングしていくわけですが、実際にボイストレーニングを行っていくと実感するのが「歌声を変えるのは、そう簡単ではない」という感想です。

 

3年、4年歌を習っていても入会当初の実力から、あまりスキルアップできていない、、なんてことも少なくありません。

 

それは、やはり「目的を達成できていない」という事になり、教室の選択を間違ってしまったかな・・と考えてしまうのも無理はありません。

 

仙台のボイストレーニング教室Loose Voiceでは、この「発声」に関するトレーニングに、特に力を入れております。

 

 

なぜ、Loose Voiceは発声に特化できているのか?

 

① 講師が実体験を通してゼロから声を成長させた人だから

 

② ノドや発声の仕組みに基づいたボイトレだから

 

③ できない人の感覚や状態が手に取るように分かるから

 

 

講師が、もともと発声に困っていない場合は、できない人の状態が分からないので、勿論、改善する方法も分からない。

 

でも「できない→できる」に変えられた講師であれば、その方法や手順が分かる。

 

これが、宮城県仙台でLoose Voiceが選ばれ、支持される理由です。

 

もし、自分は発声という分野でつまづいているという自覚があり、発声を改善すれば歌を上達させていけると思う!という人は、ぜひ、Loose Voiceのボイストレーニングを受けてみてください!

 

スクール教室の詳細はこちら

宮城県仙台ボイストレーニング教室 Loose Voice

 

宮城県仙台市青葉区国分町3-3-3 

定禅寺てんぐやビル2階


ファルセットボイスの重要性


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

実際のレッスンで、ファルセットボイスを出してもらう事が多々あります。

 

なぜか?と言いますと、ファルセットは地声、裏声問わず、高い声を出せるようになる為に、重要なキーポイントとなる声だからです。

 

ファルセットは「裏声の囁き声(息を多く使った)」です。

 

高い声が出せないという人は、このファルセットが出せないという傾向があります。出そうとすると、息が上手く流れず、声が混ざった普通の裏声になってしまうのです。

 

普通の裏声になってしまうという事は、声帯が閉鎖されているという事なので、発声状態としては、低音を出す運動に近くなります。

 

なので、高音を出す感覚が掴みにくいのです。

 

歌手の歌声を聴くと、息の混ざった柔らかい裏声を使っていることが多々あります。

 

そのファルセットから、声量を上げていく(声帯を伸ばし張りを持たせる)練習をする事で、高音の発声をジャマする運動がなく、スムーズに音域を伸ばしていく事ができるのです。

 

高い声がなかなか出せない・・と悩んでいる人は、まずは、ファルセットが出せように練習をしてみてくださいね!

 

*****
仙台で話題沸騰中!
喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニング!


お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!


ボイストレーニングの練習順序


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングは、短期間で必ず効果が出るというものではありません。

「トレーニング」という言葉のとおり、日々の積み重ねで、少しずつ変化していくものです。

 

でも「それにしても、いつまでも上手く声が出せない・・」

 

と悩んでいる人も多いと思います。そんな時は、ボイストレーニングの順序が間違っている場合があります。現時点の個々の発声状態によって、その順序も変わりますが、ひとつのステップを飛ばしてしまうと、その先に進めない事があります。

 

例えば、地声の高音を出したい人は、芯のある裏声(ヘッドボイス)を練習しよう、と言われます。

 

じゃあ、ヘッドボイスを練習だ!という事で適当に沢山練習しても、本来の目的は達成できない人が多いのです。

 

なぜか?

 

それは、ヘッドボイスのクオリティーに関係しています。

 

何となく強い裏声が出せていても、こもっていたり、詰まっていたり、声量が小さかったり、歌声としてイマイチな状態ですと、同様の事が地声でも起こるので声が出しにくいのです。

 

これを「できている」と思ってしまうと何年経っても、声が成長しにくい状態が続いてしまうというわけです。一つ一つのステップを確実にクリアしていく事で、効率的に前進できるのが、良いボイストレーニングです。

 

*****
仙台で話題沸騰中!
喉の仕組みに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニング!


お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ!