エッジボイスからヘッドボイスに移動する練習効果


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高音発声の練習でエッジボイス(地声)からヘッドボイス(裏声)に繋ぐトレーニングがあります。

 

これは、声帯に一定のテンション(閉じる)を加えながら、音程を上げていく事で発声のバランスを整えていく事ができます。

 

高音になると、

 

・息を多く吐き過ぎてしまう

・叫んでしまう

・喉を締めてしまう

・音程が上がらなくなってしまう

 

などの状態を改善する効果が期待できます。

 

この練習をする時、ひとつ注意があります。

 

エッジボイスは、強めに声帯を閉じている状態なので、その状態から音を上げてヘッドボイスに向かう時に、エッジボイスを引っ張り過ぎてしまい、ヘッドボイスが苦しそうな声になってしまう事です。

 

これは、声帯の使い方としては「△」な状態です。

 

一定の声帯閉鎖をしながら音を上げていくので、呼気も、ほぼ一定になります。しかし、エッジボイスを引っ張り上げてしまうと呼気が少なくなり、音が上がりにくくなります。

 

この点が、少し難しいところでもあります。

 

もし、ヘッドボイスが苦しくなって詰まり気味になる人は、先に、ヘッドボイスだけを出してから、そのゴールの声になるように、エッジボイスから上げていくと上手くいくと思います。

 

ぜひ、試してみてくださいね!

 

****
仙台で話題の日本ボイスアドバイザー指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。


喉締め発声の3つのタイプ別


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉締め発声には、いくつかの症状別タイプがあります。

 

今回は、その3タイプをご紹介しますので、あなたは、どのタイプに該当するのか確認していただき、自主練習の参考にしていただけたらと思います。

 

 

【タイプ①】

声帯を強く閉じ過ぎる

 

これは、低音を出す時の発声のまま、高音を出そうとしている状態になります。勢いや、力づくでは音程を上げる事はできますが、苦しそうに聞こえたり、声が詰まって聞こえたりします。

 

改善方法としては、声の音色を、裏声と地声で揃えるような練習をする事で、喉の使い方を覚えていくのが良いと思います。

 

例えば、同じ音を、裏声と地声、両方で発声して、声の音色が似てくるようにします。

 

 

 

【タイプ②】

喉ぼとけが上昇し過ぎる

 

喉ぼとけが完全に上がりきると息が止まってしまいます。多少の動きであれば、発声に、そこまで影響はないのですが、高音になるに比例するように上がってしまいますと、呼吸がしにくくなり苦しくなります。

 

喉ぼとけを無理やり下げて歌う事は、よくありません。

 

あくまでも、自然体で安定した場所に留めておくようなイメージがベストです。

 

しかし、喉の運動の癖として、引き上げてしまう筋肉が過剰に働いている場合は、一時的に、意識して喉を下げて発声を行う事で、バランスを取る感覚を身についていくと良いです。

 

 

【タイプ③】

タイプ①+タイプ②の合併

 

喉ぼとけが上がる事と、声帯を強く締めてしまう事が、同時に起こっている状態になります。実は、このタイプが一番多いかもしれません。

 

特に男性は、日常生活でも声を張り上げてしまう事が多いので、喉ぼとけを上げて叫んでしまうような発声の癖がつきます。

 

そして、気道が狭くなると同時に、声帯にも圧力がかかり過剰に閉じてしまいます。この場合は、両方の改善練習を平行して行っていく必要があります。

 

 

*****
仙台で話題の日本ボイスアドバイザー指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

 

 

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。

 


声帯を閉じる意識で起こるミス


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌声を出す時に「声帯と閉じる」という意識を持って声を出している人が結構いるようです。

 

実際、声は、声帯が触れあい振動する事で生まれるものですので、声帯は閉じる運動をしているのですが、歌声だからと言って意識するのは、良くない結果を招く場合があります。

 

日頃、お話ししている時に「声帯を閉じて話すぞ」と思わないように、それは無意識に自然に起こっているものです。

 

声帯は息を通過させる事で自然に閉鎖(近づく)されるようにできています。

 

 

では「声帯を閉じる」という意識をして歌うとどうなるのか?

 

殆どの人は、息がスムーズに流れなくなり詰まっているような歌声になります。高音に向かうほど、それは顕著になります。

 

よく発声練習でエッジボイスから音を上げていくという方法がありますが、この練習はかなり難しく、締めつけが強くなり過ぎる可能性が高いです。

 

声が詰まって苦しい人は、声帯を閉じる意識よりも、息を吐く意識に切り替えてみるとよいでしょう!

 

 

*****
仙台で話題の日本ボイスアドバイザー指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

 

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。


鼻腔共鳴を意識しても上手くいかないのは?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

声を出す時、鼻、頭、胸など様々な部位に声を響かせるイメージを持つように、とレクチャーされることがあります。

 

特に高音は「鼻」に響かせるといいます。

 

「鼻に響かせよう」と意識をすれば、自然と、声を斜め上に出しているような体感になりますが、これが裏目に出てしまう人もいます。

 

どういった声になってしまうのかと言いますと、

 

・声がこもり明瞭さが欠ける

・合唱や声楽のような発声になる

・喉が力み声帯が締まり過ぎる

・ダイナミックな声が出ない

 

以上のような声です。

 

なぜ、そうなってしまうのでしょうか?

 

それは【歌う時、声はマイクに真っすぐ当てる】という意識が自然だからです。

 

 

声が出しづらい・・という人に対して、鼻に響かせる意識だけでは、根本的な改善にはなりません。なので、出しづらい状態は変わらず、結局、上手くいかないのです。

 

 

鼻に響かせようというのは、「一旦、そうする事で喉の使い方を整えたい」という目的であり、最終的には、マイクに真っ直ぐ声を出す意識になるべきなのです。

 

鼻腔を意識していて、上手くいかないなぁ~と感じている人は、試しに口から真っ直ぐ出すというイメージに変えて歌ってみてください。意外に、スルッと声が出るかもしれませんよ!

 

 

*****
仙台で話題の日本ボイスアドバイザー指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

 

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。


ミックスボイスを追及する意味を考える

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高音を楽に発声するには「ミックスボイス」が必要なのだと、ここ数年で、かなり浸透してきました。ネットなどで発声について調べた事がある人は、一度は、耳にしたことがあるのではないかと思います。

 

 

他にも、チェストボイス、ヘッドボイスなど・・様々な声の種類があります。こういった発声の名前は、発声状態を言葉で相手に説明する際の便宜上で生まれたものです。

 

 

ミックスボイスという言葉においても、

 

「中高音域を適切に発声している時の声」を表しています。

 

最近、使われ始めた言葉なので、このミックスボイスという発声自体も最近生まれたものなんじゃないの?と思ってしまいますが、そうではありません。

 

昔から、歌手は、このミックスボイス状態を使って歌っています。シンプルに、「適切な高音発声」というだけのことです。

 

 

ミックスボイスの練習としては「地声と裏声をスムーズにつなげ換声点が無くなるようにする」というものです。しかし、いくつか留意しておきたい事があります。

 

それは以下の内容です。

 

●ミックスボイスに入る音程が低すぎる(早すぎる)のは勿体ない

 

●地声と裏声が繋がっていても声が籠っているのはミックスボイスではない

 

●ミックスボイスが出来ても歌が上手くなるわけではない

 

●地声と裏声のコントラストが魅力になる事も多い

 

●曲中は音程の幅が様々なので、発声のように完全には繋がりにくい

 

●プロ歌手も地声と裏声は、はっきりと使い分けており、繋がっている人は少ない

 

 

目指すミックスボイスとしては、

「明るい響きで声に一定の張りがあり、低音から高音まで無理なく発声できる」というもの。

 

しかし、ミックスボイスだけで上手くなるわけでもなく、歌手は裏声も上手に使っています。

 

 

では、なぜミックスボイスを追及する必要があるのでしょうか??

 

 

それは「声を楽器として考えた時に、楽器に無理のかからない演奏方法で音を奏でたいから」と捉えておきましょう!

 

 

例え、完全に地声と裏声が繋がらなくても、実際、歌には何の問題もありません。先ほども書きましたが、繋がっている歌手の方が少ないですし、あえて裏声にひっくり返す声を上手く使う場合も多いからです。

 

とは言え、楽器を傷めてしまうような、力任せの演奏も良くありませんよね!

 

なので、なるべく喉に負担がかからないようにする為、という意味でミックスボイスという状態を目指す事で、喉も傷めず、聞き心地のよい声を出す事ができるという訳です。

 

もし、今、ミックスボイスを練習していて、地声と裏声が完全に繋がっていなくて悩んでいる人がいたら、80点ぐらいでOKと考えておくとよいでしょう。

 

*****
仙台で話題の日本ボイスアドバイザー指導!

喉の仕組みに基づいた、誰にでも分かりやすく高い効果が得られるボイストレーニング!

以下のフォームより、お気軽にお申込みください。