「ボイストレーニング」と「ボーカルトレーニング」


歌が上達する為には、

「ボイストレーニング」「ボーカルトレーニング」が必要です。

 

ボイストレーニングは、発声力を成長させていく事を目的とし、ボーカルトレーニングは、歌唱力のスキルアップを目指す練習になります。

歌が上手くなる為には、この2つのトレーニングを両方行っていく必要があります。

 

 

「いい歌声を作る事」と「上手く歌えるという事」は、とても密接に関係していますがイコールではないので、ボイストレーニングだけでは不十分という事になります。

 

 

Loose Voiceでは、発声を中心としたレッスンを行っておりますが、その発声を活かした歌唱指導も行っています。理想の歌声を手に入れたら、次は、表現力をアップしていきましょう!

 

今月も、体験レッスン予約が混み合ってきておりますので、ご予約はお早めにお願い致します。

 

 

*****

 

ボイストレーニングに興味のある方は、ぜひ、一度、Loose Voiceの体験レッスンを受けてみて下さい。

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームよりお願いします。

 

 

「3ヶ月間」ボイトレお試しプログラム


仙台ボイストレーニングLoose Voiceでは、

『3ヶ月ボイトレお試しプログラム』を実施しております。

 

このプログラムは、短期間で歌声を成長させたいという人に向けて用意したプログラムです。「月3回×60分」を3ヶ月間、全9回レッスン実施いたします。

 

通常、ボイストレーニングは、ある程度の期間をかけて行っていくものですが、少しでも早く効果を実感したいという人にオススメしています。

毎回のレッスンで行うトレーニングを自宅でも行って頂くことで、濃密な3ヶ月間を送り、声を成長させていく事ができます。

 

 

◆こんな方に受けて頂きたいプログラム!!

 

◗ 数ヶ月後に人前で歌う機会がある

◗ 短期間で歌声の変化を感じたい

◗ 喉詰め発声の癖を早く改善したい

◗ 期間限定でボイトレを受けたい

 

 

◆料金

1回/60分  (月3回×3ヶ月間)※全9回

レッスン料金:4,000円(1回あたり)

 

***

 

ボイストレーニングに興味のある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい。体験レッスンのお申込みは、以下のフォームよりお願いします。

 


喉から意識を外す 

喉に余計な力みが入る

 

歌っていると、特に高音域で喉に余計な力みが入ってしまう。
喉に力を入れるつもりはないのに、自然と力んでしまう。

この原因を心理的な方面から推測するに、低音は大丈夫なのに高音になると、、という場合は、高音の喉の使い方(声帯の閉じ方)が分からないために、反射的に喉回りの筋肉で無理やり声帯を絞めつけて音程を上げようとしていることで起こっていると考えられます。

しっかりとした声を出す為には、音域に関係なく、声帯を閉じるというアクションが必要。でも「高音を出しながら閉じる」が分からない。

 

 


◆喉以外に意識を向ける

 

喉に余計な力が入る人は、声を出す時、意識がかなり喉に集中している場合が多いです。意識を向ければ向けるほど、力みを助長してしまう場合があり、脱出法を見つけられず悩んでいる人も少なくありません。

喉の脱力は「喉を鍛える」という事では解決されない。


ただ、喉が脱力できればよい。

 


改善法の一つをご紹介します。

まずは、声について少し意識を変えてみましょう。

 


声は声帯の振動によって生まれますが、声を響かせて大きくするのは体の空間です。という事は、このようなイメージを持つことができます。


『声が(正確には息ですが)声帯を通過して体に響いて外に出ていく』

例えば「鼻(鼻腔)に響かせた声を出そう」と意識すれば、意識は喉から外れますので、一瞬にして楽な状態を作れる可能性があります。鼻に響かせようと意識をしているにも関わらず喉に力みを入れることは、逆に難しく感じると思います。

現実として、そのようにして、声は共鳴によって増幅するものなので「喉」に意識を持ち過ぎない事も、楽な発声への大きなヒントになります!

 

喉の力みで悩んでいる人は、ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

***

喉の仕組みに基づく!!

仙台ボイストレーニング Loose Voice

 

歌の発声法で悩みがある、喉が詰まる感じがする、ボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越し下さい。

 

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームよりお願いします。

 


いつもお世話になっている「スタジオSOLfA」

いつもレッスンで使用させて頂いております『スタジオSOLfA』

 

地下鉄南北線「北四番丁駅」の南1番出口を出て南に100mほど進んだところにあります。仙台駅からも徒歩20程度で到着する事ができます。

 

バンドや個人練習の為のスタジオが8室+レコーディングブースも完備されています。ボーカルレッスンは、いつも2名で使用しておりますが、十分な広さと設備に、毎回、楽しく使わせて頂いています!

 

 

ひとりの個人練習利用もリーズナブルに借りれますので、カラオケに行って歌を練習するもの良いですが、たまには、スタジオでプロ仕様の機材で歌ってみるのもよいと思います。

 

あと、実は、SOLfAには、カラオケがあるんです!

 

しかも、その部屋がとても豪華で広い!北四番丁付近は、あまりカラオケ店が多くないようですので、お近くの方は、ぜひ。

 

練習の後は、ビル1階にあるパンケーキ屋さんに立ち寄るのもオススメ!甘いものが好きな人には、たまりませんね!

 

これからも、お世話になります。

 

 

***

仙台ボイストレーニング Loose Voice

 

歌の発声法で悩みがある、喉が詰まる感じがする、ボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 


喉の力みで悩んでいる人へ【仙台ボイストレーニング】

歌う時「喉に力みを感じる」という人は少なくないと思います。

 

では、喉に力みがあると、歌にどのようは弊害があるのでしょうか?

あなたの現状と照らし合わせながら読み進めてみて下さい。

 

歌っている時・・、

 

高音が出しにくい

高音を張り上げて歌ってしまう

息が続かなくなる

自分の声が好きになれない

バラードに苦手意識がある

 

このような悩みを持っていませんか?

 

その原因は「喉の力み」にあるのです。

逆に言いいますと、喉の力みが改善されれば、歌声に、今までに感じたことがないくらいの自由が得られます。

 

歌に苦手意識を持っていたり、好きな曲を上手く歌えないと感じている人のほとんどは「発声法」に原因があります。

 

歌が上手い人は、喉に力みがないので、楽に声を出せる。

聞いている人は、心地よく感じるので、印象として「歌が上手い人」と思われます。

 

 

ですので、歌に苦手意識を持っている人は「歌が下手」なのではなく「発声法が良くない」と思ってもらえると原因がクリアに見えてきます!

 

 

***

Loose Voiceでは、発声改善を専門として、日々レッスンを行っています!「喉に力みを感じる」という人は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

同じ悩みや目標を持った仲間がレッスンをしています。

ボイストレーニングに興味のある方は、以下の「体験レッスン申込フォーム」より、エントリー下さいね!

 

お気軽にいらしてください。

 


【7月度】仙台ボイストレーニングご入会キャンペーン実施中!


仙台のボイストレーニング、Loose Voiceでは、随時、体験レッスン希望をお受付しております。


Loose Voiceでは、

「発声法で悩んでいる方」を強くサポート致します。

 

声が生まれる喉の仕組みに基づいた、従来とは全く違うボイストレーニングにより、

あなたの発声を正しく改善します。


ボイストレーニングが初めて、という方もご安心下さい。


60分の「体験レッスン」で、実際に、どのような事をレッスンしていくのかを体感して頂けます。

 

また、体験レッスン当日に、ご入会希望を頂きますと入会費を割引とさせていただきますので、ぜひ、この機会にボイトレ体験をしてみて下さい!

 

 

◆◇7月度新規入会キャンペーン内容◇◆

 

【キャンペーン内容】
入会金が、通常10,000円⇒半額5,000円となります!

【適用条件】
7月中に体験レッスンを受けて頂き、当日に、ご入会希望を頂いた方。
※先着10名様限定をさせて頂きますので、定数に達し次第、終了とさせていただきます。

 

***

 

ボイストレーニングと言っても、その指導方法は様々。その数ある教室の中で、Loose Voiceが選ばれている理由は、⇒『支持される3つの特徴』

 

体験レッスンは、以下の「申込みフォーム」からどうぞ!

 

 


仙台のボイストレーニングで選ばれる理由


現在、Loose Voiceには、宮城県内のみならず、山形、岩手など東北近隣の県や北関東エリアの方からも、多数の方がレッスンに通って頂いております。

 

数あるボイストレーニングスクールの中で、Loose Voiceを選んで頂いているのには、レッスン内容に大きな特徴があるからです。

 

 

それは、発声というものを、

生理学、また、科学的な視点から見た『効果の高いボイストレーニング』を行っているからです。

 

 

つまり、声を良くする為にダイレクトなボイトレをしているという事です。

声の音色や高さを変えている喉の仕組みを理解し、生徒さんの求める理想の声を作る為に、最短の方法をレクチャーしています。

 

独学でボイストレーニングをしていて、声が変わらないと諦めてしまう人もいますが、それは練習方法が合っていない場合がほとんどです。

 

 

・絶対に歌声を良くしたい

・最短で効果を出したい

・音域を伸ばしたい

・正しい発声を知りたい

 

 

そんな思いを持っている人は、ぜひ、一度、Loose Voiceの体験レッスンを受けてみて下さい。

体験レッスンでは、あなたの理想の声が出ない原因と、その解決方法をしる事ができます!

 

 

同じ悩みや志を持った仲間がレッスンを受けています。

スタジオでお会いできるのを楽しみにしています!

 

ぜひ、お気軽にお申込み下さいね!

 


高音発声に欠かせない喉の筋肉!


高音を出す為に欠かせない喉の筋肉とは?

上記の絵は、喉の中(喉頭)を表したものです。

一番上の白い軟骨が「舌骨」、真ん中の大きい肌色の軟骨が「甲状軟骨(=のどぼとけ)」です。


そして、赤色に染めてある部分が、高音発声に欠かせない喉の筋肉、名前は「輪状甲状筋」といいます。左右に、二枚ずつ、くっついています。この筋肉が、しっかり動いてくれれば、人間の喉からは、高音が生まれるような仕組みになっています。

 

 

 

◆1.輪状甲状筋が動くと、なぜ、高音が出るのか?

まずは、声は声帯から生まれる、ということを知っておきましょう。その声帯は、伸びたり縮んだり、開いたり閉じたり、厚くなったり薄くなったり、柔軟に形状を変化することができます。


そして、高音が出る時、声帯は「伸びる」が必要になります。声帯が伸びると、質量は軽くなり、厚さは薄くなります。

 


弦楽器で想像してみてください。例えば、バイオリンの弦で考えてみましょう!
「①短くて緩んだ弦」と「②長くて張った弦」では、どちらが、高い音が出そうでしょうか?

何となく想像で分かりますよね、正解は、②の「長くて張った弦」です。
だから、声帯をしっかり伸ばすことが出来れば、自然と高音は生まれます。

 

 

◆2.輪状甲状筋が動くと、なぜ、高音が出るのか?


声帯がある場所は、のどぼとけ(甲状軟骨)の中です。上記の絵の肌色の大きい部分の中にあります。V字の形をしていて、V字の前後は軟骨にくっついています。
※V字のとんがっている方は、甲状軟骨の内側前部分にくっついている。

この輪状甲状筋が縮むと、のどぼとけ(甲状軟骨)が、引っ張られて、前下方向に少し倒れてきます。(イメージできますでしょうか。)
すると、なかに入っている声帯も引っ張られて伸びるのです!

 

 

 

どうすれば、この筋肉が動くの?

 

ファルセットボイス、いわゆる、「裏声発声」をしている時に、輪状甲状筋は縮む働きを、頑張ってくれています!なので、高音を出したい人は、裏声トレーニングが必須になるというわけなのです。科学的ですね!

 

 

******

 

仙台の話題沸騰中ボイトレ!!

 

Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを実施しています。

 

 

一度、ぜひスタジオで、あなたの声を聞かせて下さい。

 


裏声は、歌が上手くなる為の宝庫!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

早速ですが、あなたに、一つ、ご質問です♪

 

『あなたは、裏声の練習を行っていますか??』

 
日常的に使う声は地声です。

 

裏声は意識的に出そうとしないと、あまり使わない声です。

だからこそ・・!ぜひ、練習してほしい発声です。実は、裏声には、歌が上手くなる為の効果がたくさんある!ことが明らかになっています。その効果に気づいている人は、きっと、すでに練習を開始している事でしょう。

 


でも、大多数の人は、「えっ?どんな効果があるのー?」と疑問を持っていると思いますので、今回は、その裏声の効果をお伝えします!

 

 

◆1、音程が良くなる


実は、裏声を出すことで音程を取る為の喉の筋肉が鍛えられるのです。
音程が大幅にズレてしまうという人には、また、別の練習は必要ですが、「少し音が届かない、メロディーの輪郭がぼやける、声がこもった感じになる」という人に効果があります。

 

 

 

◆2、高音が出せるようになる

 

高い声とは、地声の高い声のこと。
「地声を出したいのに裏声で練習するの?」と疑問がわくと思いますが、裏声で練習することで高音発声の為の筋肉が鍛えられますので、裏声を練習すべきなのです。


特に、裏声の強い声を出す練習を行うとよいです。裏声は、どうしても弱々しい声になりますが、そうではなく、地声?と思わせる位の強い裏声を出せるように練習してみて下さい。

 

 

 

3、喉のリラックス効果

 

裏声だと、楽に声が出ると感じます。

それはなぜかと言いますと、喉の「ある筋肉」を使う事をやめるからです。だから楽に出る、そしてもっと重要な事は、高い声が出る、という点!


つまり、「裏声を出している時の喉のリラックス感のように、地声の高音を出している時も、同じような近い感覚になる」ということです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

このように、裏声は発声を良くするために、高い効果が得られる練習法なのです。

ぜひ、実践してみて下さいね!

 

 

******

仙台の話題沸騰中ボイトレ!!

Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを実施しています。

 

歌声を良くしたい方は、一度、ぜひ、スタジオで声を聞かせて下さい。

 


エッジボイス⇒ファルセットボイス練習法


こんにちは!

仙台ボイストレーニング、Loose Voice講師のKANです!

 

高音域を広げるには、喉の声帯を上手く動かしてあげることが必要です。

 

でも「声帯を動かすって、どうやるの??」

確かに、言葉だけでは分かりにくいですよね!

 

今回は、そんな時に、カンタンで分かりやすい練習法が『エッジボイス』⇒『ファルセットボイス』への移動です!

ファルセットボイスは、いわゆる「裏声」と捉えて下さい。ですが、ポイントは強い裏声という点です。息が漏れるような弱い裏声は今回は使いませんので「カーン!」とした裏声をイメージしておいてください。

 

 

 

◆実際の練習法
練習法は、とてもカンタン!
やり方とポイントはこちらです。

 


【やり方】
①言葉は「あ”」で、エッジボイスをしっかり出します(2秒間ほど)

②エッジボイスのまま、ゆっくり音を上げていきます。いきなり上げるのではなく、サイレンのように音を繋げます。そのままファルセットボイスまで上げていきます。目安として男性は「高いド(C6)」、女性は「高いミ(E6)」の音くらいまで上げてみましょう。

③音が上がりきったら、逆に、ゆっくり下げてくる。上った時と同じように、サイレンのように下がってくる。

 

【ポイント】
①エッジボイスを出している時の、声帯は、かなりしっかり閉じています。その証拠に息が「ボコボコ」と、少量しか出ていません。音を上げていった時も、その声帯を閉じている、という喉の感覚をキープしてください。

※途中で、息が「ふぁ~」と漏れるような声は、終始出ないように、注意して行って下さい。

②どの音からファルセットボイスになっているかは意識しない。音を上げていく途中で、自然に変わっている感じ。「あれ?どこからファルセットになったのかな~」という状態でOKです!

 
これだけです!

上手くできるようになると、「低音~高音」の声帯の使い方が、体感として分かるようになります。喉が苦しさは、一切ないと思います。

これが声帯コントロールです!

高音の発声で悩んでいる人は、まずは「地声・裏声」を考えないで、この練習を行ってみて下さい。その喉の感覚を体が覚えるまでね。

ぜひ、試してみて下さい!

 

本当に声で悩んでいる人へ


今回は、本当に自分の声(歌声)について悩んでいる人へ、アドバイスをさせて頂きます。

 

「本当に悩んでいる」というのは、自分の歌声に強いコンプレックスを持っていたり、歌を習いに行く事でさえも抵抗がある、と思っているような人に向けて、お話ししていきます。

 

 

きっと、このブログ記事をご覧になっているあなたも、「声を改善したい」という気持ちが強いのではないかと思います。

 

「声を絶対良くする」という気持ち。

まずは、その気持ちを大事にしてください。

 

変わるかな~、変われるかな~、という中途半端な気持ちではなく、時間をかけても必ず変わるという強い思いを持っておきましょう!

 

 

◆始めれば、必ず変わるもの

改善のための練習を開始すれば、声は、必ず変わっていくものです。もし、変わらない、、という場合は、練習方法が間違っている可能性が高いです。

 

ですので、逆に言いますと、練習を始めなければ変わらない、という事です。

 

 

◆ハードルを高く感じない

例えば、体験レッスンなどで、実際のレッスンを少し受けてみた時に、上手くいかなくて、更に自信を無くしてしまう気持ちを抱いてしまう人は、マイナスに捉えずに、「自分は変わる準備ができたんだ!」と思って下さい。

 

なぜなら、自分の現状を把握でき、明確な弱点も分かった。

そして目の前には、あなたを強力にサポートする先生がいる。

 

 

何も不安に感じることはありません。自分でハードルを上げないで気軽な気持ちで、あなたの新しい声を作っていけばよいのです。

 

そういう人のために、ボイストレーナーがいるのですから!

 

声でお悩みの方は、ぜひ一度、Loose Voiceの体験レッスンにお越しになって下さい。スタジオで、あなたをお待ちしています!

 

 


【6月度】仙台ボイストレーニングご入会キャンペーン実施中!


仙台のボイストレーニング、Loose Voiceでは、随時、体験レッスン希望をお受付しております。


現在、レッスンに通っている方々は、歌が上手くなりたい、歌声を良くしたい、声について悩みがあるなど、歌声に関して向上心のある方です!

同じような志を持っているあなたを、お待ちしております。

 


ボイストレーニングが初めて、という方もご安心下さい。
60分の「体験レッスン」で、実際に、どのような事をレッスンしていくのかを体感して頂けます。

 

また、体験レッスン当日に、ご入会希望を頂きますと入会費を割引とさせていただきますので、ぜひ、この機会にボイトレ体験をしてみて下さい!

 

 

◆6月度新規入会キャンペーン内容◆

 

【キャンペーン内容】
入会金が、通常10,000円⇒半額5,000円となります!

【適用条件】
6月中に体験レッスンを受けて頂き、当日に、ご入会希望を頂いた方。
※先着10名様限定をさせて頂きますので、定数に達し次第、終了とさせていただきます。

 

***

 

ボイストレーニングと言っても、その指導方法は様々。その数ある教室の中で、Loose Voiceが選ばれている理由は、⇒『支持される3つの特徴』

 

 

「実際のレッスンを体験してみたい!」と思った方は、以下の申し込みフォームより

お願い致します。

 

 


仙台のボイストレーニング体験60分!


体験レッスンにお越し頂く方のほとんどは、地声の高音域を広げたいという希望を抱いています。

 

地声の高音域を広げて、かつ、その声が歌声として自由に使いこなせるようになるには少々練習が必要ですが、喉を痛めない発声で音域を広げることについては、短時間で行うことができます。

 
地声の高音域を伸ばしたいという方には、60分間の体験レッスンで高音域を1音~2音ほど、伸びる体験をしてもらっています。

実際に音域が伸びを体感して頂くとビックリされるのですが、実はそれほど難しいことではないのです。

体験レッスンで行っている事は、たったひとつ、「喉の脱力」
あと、付け加えるとしたら「高音域の声帯の使い方」です。



この2つを、手順を踏んだ発声練習に従っていただき、音域の伸びを体感してもらっています。これだけで、今まで出せないと思っていた地声の音域が1音~2音ほど伸びます。

 


誤った喉の使い方にさえ気づいてしまえば、あとは、沢山声を出して歌って、強化していくだけです。重要なのは、喉の使い方の間違いに気づけるかどうかです。

 

その間違いを修正できるのが、60分の体験レッスンになります。ぜひ、実際の体験レッスンで、その発声法を体感してみてください!

 

体験レッスンのお申込みは、以下より、お気軽に!

 


中高音域で声が弱くなる


低音は強い声が出せる。高音(裏声)も強い声が出せる。
でも、その間の中高音域が弱い声になる、という人は少なくないと思います。

 

中高音域の地声は、喉の調整に少しコツがいるので、難しく感じてしまう人が多いようです。

 

男性で多く見受けられる「2つのパターン」

①低音が弱く、そのまま中高音域も突入してしまうので、音が上がらない。
②低音は強いが、そのまま中高音域に突入してしまうので、声量が落ちないが音が上がらない。

①②にも当てはまらないのが、『低音は強いが中音域になると弱くなる』です。

 

この場合の解決法は、強い裏声を出す練習が効果的です。たいがい、中音域が弱い人は、超高音域の裏声も弱く、更には、裏声で音程が上がらなくなる傾向があります。

 


つまり、高音域の喉の使い方に気づいていない状態です。なので、まずは、楽に出せる裏声を徐々に強く出していく練習(クレッシェンド)をすると、高音発声の筋肉がついてきて、強い裏声を出せるようになります!

 

 

そうしたら、裏声のまま音程を少し下げて、地声の高音域ぐらいまで落とす。そのちょうど、出しにくかった音域で、強い裏声を出したときに成長させた喉の筋肉を、そこでも活かす。

 


喉の感覚としては、本当に地声と裏声が半分半分みたいな体感になってきます。それが、中高音域の喉の使い方です。決して、弱い声にはならないはずです。


思い当たる人は、ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

 

 

**LOOSE  VOICE**
『歌声って、こんなに変わるの!?』

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

 

お気軽にお申込みくださいね!


ボイトレは、どれくらいのペースで通うのがいいの?


ボイストレーニングの効果を最大限に発揮するには「継続して行うこと」が、とても大切です。1回や2回で声が変わるという事は難しく、もし、変わったとしても止めてしまえば、すぐ、元に戻ってしまいます。

 

 

理想は、自主練習を含めれば、ボイトレは「毎日」した方がよい。

 

そして、定期的に確認&修正する意味で、レッスンを受講するのがベストな進め方になります。通うペースは、毎日、自主練習をする人であれば、「月2~3回」がオススメです!

 

次回のレッスンまでの間に、10日~14日ほどの日数があれば、自分の中でも声の出し方を体感として記憶できます。そしてレッスンでは、次のステップに進むための、発声トレーニングに入っていく事ができます。

 

 

もし、毎日ボイトレをする時間が取れないという人は、最低週1回は、レッスンで、しっかりトレーニングする時間を作ってあげた方が良いでしょう。

 

勿体ないのは、月1回のレッスンで、その時だけになってしまう人。もちろん、声は変わっていきますが、とても時間がかかってしまいます。

 

 

発声は「感覚」が重要ですので、忘れてしまうと、その感覚を取り戻すのに時間がかかります。幼い頃に自転車に乗る練習をした時をイメージしてみて下さい。毎日チャレンジする子供と、月1回だけ練習する子供では、その成長は明らかですよね!

 

 

レッスン回数は、まずは、無理のないペースで通っていただく事が大前提で、あとは、日頃、どれくらい自主練習する時間を取れるかを考えて、ペースを決めてみるとよいです!

 

 

Loose Voiceでは、あなたの声を体験レッスンで、聞かせて頂き、理想の声を出す為の最適なボイストレーニングを提供しています。

 

ぜひ、ボイトレに興味のある方は、一度、体験してみて下さい!

お申込みは、こちらからどうぞ↓↓

 


仙台で話題沸騰中のボイストレーニング!


『仙台で話題のボイストレーニング!』

 

Loose Voiceのボイトレは、何が違うのか??

 

それは『声が生まれる声帯自体をコントロールする』トレーニングという点です。従来のボイストレーニングは、腹式発声、呼吸法のトレーニング、イメージトレーニングなどが主流でした。

 

 

でも、実際は、発声改善に直接関係ないトレーニングであるということが分かっており、重要なのは、喉の筋肉群がしっかり動かすこと。その筋肉運動によって、高い声や強い声が出せることも明らかになっています。

 

 

喉の中にある筋肉は、目に見えませんので、自分で確認することができません。しかし、Loose Voiceでは、喉の筋肉を正しく動かす為の、科学的なメソッドに基づくボイストレーニングを受けることができます!

 

 

色んな声を出しながら、声帯の使い方を体感してもらうだけで、高い声が出てしまうんです!

 

今までの苦労は何だったのだろう・・と、びっくりされる方も多いですが、本来のボイトレとはこういうものであると思っていますので、当然、声も変わってきます。

 

 

歌が上手くなりたい、高い声が出せるようになりたいという方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越し下さい。

 

あなたの声の可能性を最大限に惹きだすことを、お約束します。

 

体験レッスンを受けてみたい方は、こちら↓↓ お気軽に☆

 


ハイラリンクスって何だろう?


ハイラリンクスという言葉。英語表記にしますと「highlarynx」になります。highは「高い」、larynxは「喉頭」という意味です。

 

つまりハイラリンクスは「喉頭の位置が高くなっている状態」を指す用語です。(喉頭は、いわゆるノド仏のこと。)

 


なぜ、こんな言葉がボイストレーニングに出てくるのかと言いますと、発声時「喉頭があがる」状態が起こり、その状態になった時は、声に変化が起こります。具体的には、声に芯が入り「カーン」とした明るい響きの声、キンキン声、になります。

 


ハイラリンクス状態に「良い 」か「悪い」は、ありません。明るいカーンとした音色がほしい時は、敢えてノド仏をあげて歌う歌手もいます。


ただ、人によっては、ハイラリンクスを改善した方が良いだろう、という人もいます。


では、どんな人が改善すべきなのか??

 

 

◆発声時、常に、ハイラリンクスになってしまう人
特に、中音域~高音域あたりになると、ノド仏は上がりやすくなります。高音域になっても、ノド仏があがり過ぎない状態も作れるようにしておきましょう。


◆喉に苦しさを感じる人
歌っている時に、喉が苦しくなるという人は、ハイラリンクスとはまた別に、間違った喉の力みが入ってしまっています。改善方法として、ハイラリンクスを直すことで、総合的に、喉の力みを取っていくことができます。

 
◆深い音色の声を出したい人
音色として、ハイラリンクスは、カン高い印象の声になるので、太く深い響きのある声にはなりにくい。自分の声が、子供っぽく聞こえる、軽い感じの声に聞こえるから直したい、という場合は、改善していくべきでしょう。

 

 

ノド仏が上がる人は、それが「癖」となっている人が多いです。癖とは、無意識に行われるもの。改善するためには、そうしないように意識しなければなりません。

自分の目に見えるものであれば、意識して改善できますが、喉の中は見えません・・!

 

そこで重要になるのが「間違った記憶の書き換え作業」です。

 

重要はヒントになるのが、裏声発声です。

裏声発声は、高音でも喉に苦しさは感じにくい。しかも、声は同じ声帯から生まれている。この事実が、ハイラリンクス改善の足ががりになります。

 

実際のレッスンでは、喉詰め発声を改善する具体的な練習法をお伝えしています!

興味がある方は、ぜひ、お気軽に体験レッスンを受けてみて下さい。

 

 


仙台の話題沸騰ボイトレ!


「オギャー」と生まれた時は、
誰でも、声は大きく、どこまでも届くように感じていた、自分の声。

でも、年齢を重ねていくと、
「大きい声が出ない」
「高い声が出なくなった」
「声がかすれやすい」

など、ふと気づいてしまう事が多くなります。



歌う時はもちろんですが、日常でも毎日使う『声』
だからこそ、そのままにしておくと、どんどん声は、衰えていきます。


なぜなら、声は、『喉の筋肉運動で生まれるものだから』です。
身体の筋肉と同じ、筋肉は使ってあげないと強化してはいかないのです。


そこで、声を生み出す筋肉を十分に活躍させる、
『話題沸騰のボイトレ!!』を、お届けします!

歌声の音域を広げる、声量アップは、あたり前、
さらに、声のアンチエイジングを行っていきます。


カラオケが上手になりたい方も、声の若返りをしたい方も、
この講座で、一生使える、本当の『声」を、手に入れていきましょう!!

 


高音を出す時に使う 喉の筋肉


上記の画は、喉の中(喉頭)を表したものです。一番上の白い軟骨が「舌骨」、真ん中の大きい肌色の軟骨が「甲状軟骨(=のどぼとけ)」です。


そして、赤色に染めてある部分が、高音発声に欠かせない喉の筋肉、名前は「輪状甲状筋」といいます。左右に、二枚ずつ、くっついていて、この筋肉がしっかり動いてくれれば、人間の喉からは、高音が生まれるような仕組みになっています。

 

 

◆なぜ、この筋肉が動くと高音が出るの??

 

まずは、声は声帯から生まれる、ということを知っておきましょう。その声帯は、伸びたり縮んだり、開いたり閉じたり、厚くなったり薄くなったり、柔軟に形状を変化することができます。


そして、高音が出る時、声帯は「伸びる」が必要になります。

 

弦楽器で想像してみてください。

 

例えば、バイオリンの弦で考えてみましょう!
「①短くて緩んだ弦」と「②長くて張った弦」では、どちらが、高い音が出そうでしょうか?何となく想像で分かりますよね、正解は、②の「長くて張った弦」です。

 


だから、声帯をしっかり伸ばすことが出来れば、自然と高音は生まれます。

 

 

声帯がある場所は、のどぼとけ(甲状軟骨)の中です。

上記の画の肌色の大きい部分の中にあります。V字の形をしていて、V字の前後は軟骨にくっついています。

 

 

◆じゃあ、声帯を伸ばすって、どういう風にするの??

 

 

それは、ファルセットボイス、いわゆる、「裏声発声」をしている時に、輪状甲状筋は縮む働きを、頑張ってくれています!なので、高音を出したい人は、裏声トレーニングが必須になるというわけなのです。科学的ですね!


「裏声なんて、、」と思って練習をおろそかにしてしまうと、いつまでも地声の高音が出ませんので、ぜひ、しっかり練習をしてくださいね。

 

キーワード:『地声の高音を出したい場合は、裏声を練習しよう!』

 

 


5月入会金半額キャンペーンのお知らせ


《5月度 新規入会キャンペーンのお知らせ》

 

Loose Voiceでは、5月新規入会キャンペーンを実施いたします。夏に向けて、歌を習ってみたい方、ボイストレーニングを受けてみたい方は、ぜひ、お見逃しなく!

 

キャンペーンの内容は、以下になります。

 

 

*********

 

『入会金半額キャンペーン!』

 

■キャンペーン対象者

5月中に体験レッスンを実施して頂き、当日中にご入会希望を頂いた方に限ります。

 

■キャンペーン内容

入会金を「半額」とさせていただきます。(通常10,000円⇒半額5,000円!)

 

■特記事項

キャンペーン対象は、先着10名様とさせて頂きます。

 

*********

 

 

体験レッスンは、お一人様1回限り「60分/2,000円」になります。歌が上手くなりたい、音域を広げたい、声を強くしたい。そんな思いを持っている方は、ぜひ、お気軽に、体験レッスンを受けてみて下さいね!

 

また、これまでボイストレーニングを習っていたけど、なかなか声が変わらなかったという方も、大歓迎です。Loose Voiceのボイトレは、喉の機能に基づいた、誰しもに高い効果が得られるボイスレッスンです!

 

「一度、体験してみたい!」という方は、以下の予約フォームより、お願いします。

 

スタジオでお会いできるのを楽しみにしています!

 

ゴールデンウィーク 特別企画「LINEボイトレ」


《ゴールデンウィーク特別企画》

 

◆LINEでボイトレ相談をしちゃおう!!

 

5/3(水)~5/5(金)までの期間、LINEメッセージを使って、あなたの発声や歌に関する悩み、質問にお答えします。費用は無料です。

 

ボイトレに通いたいけど、時間が作れないという方は、ぜひ、この機会に、色んな質問をしてみて下さい。以下、詳細のご案内になります。

 

 

**LINEでボイトレ**

 

■期間

5/3(水)10:00 ~ 5/5(金)20:00

 

■質問の送り方

Loose Voiceの「LINE@」に【お友だち追加】して頂き、上記期間中に、どしどしメッセージをお送り下さい。「LINE@」お友だち追加は、以下よりお願いします!

 

友だち追加

 

■申込方法

LINEメッセージで「LINEボイトレ参加希望」と、ご連絡下さい。
お申込受付は、5/2(火)20:00までとなります。

 

 

■特記事項

・質問メッセージは、何通でもOKです!

 

・頂いた質問への回答は、なるべく早くお返事するように致しますが、レッスン中は、お返事が滞ります事を、予め、ご了承下さい。

 

・料金は、一切かかりませんので、ご安心下さい。

 

・【お友だち追加】して頂いた方には、今後も、役立つボイトレ情報やレッスン特典などをお届けします。(不要な場合は、解除して頂けます)

 

 

***

発声法や歌が上手くなる方法を、知りたい方は、お気軽にメッセージくださいね!沢山のご参加をお待ちしております。

 

Loose Voice LINE@お友だち追加」↓↓

 

友だち追加

 

 


発声の基本姿勢


歌手は、お客さんを楽しませるため、また、歌を表現するために、身振り手振りを加えながらパフォーマンスしています。実に説得力があり、立ち姿もカッコイイです。


歌っているジャンル(ロック、ポップス、ヒップホップ、ジャズ、演歌・・etc)にもよっても、その動きやシルエットは変わってきます。

 


あんな風に自由に動きながらも、しっかり歌えるのには、理由があります。

それは「体の軸が通っている」からです。

歌に限らずとも、「基本姿勢」というものがあります。その動作をスムーズに行なうために最も適した姿勢です。歌にもそれがあり、プロは、基本姿勢を軸として(保ちながら)自由にアレンジをして曲に合わせて動いているのです。

 


今回は、歌う時の「基本姿勢」のチェック項目をお伝えします。
誰でも簡単にできるポイントなので、ぜひ、実践してみてください。

 

 

 

***

 

◆3つのチェックポイント

①全身が脱力している状態

→これはやや誤解を生みやすいので、詳しくお伝えします。


「何かに構えないで自然と立つ」という事であり、決して、猫背で “だらーん"として、やる気がなさそうに見える格好ではありません。脱力は、しようと思ってできる事でもなく、「何も意識しない(構えない)」日常的な事なので、難しく考えすぎずにいて大丈夫です。

★ポイントは、鏡で見て、自分でカッコイイ立ち方に見えるかです。

【効果】歌の雰囲気に良い影響を与えます。リズム、音程、共鳴、が良くなります。

 



②バランスのよい安定した状態

→具体的には、左右肩幅くらいに足を広げ、背筋を伸ばし胸を張り、目線は真っすぐ。身長を測るときのような姿勢が分かりやすいイメージです。(足だけは閉じないで。)

重心は「ほぼ真ん中」でOKです。少しくらい押されても倒れないように、腰回りに、しっかり重みを感じて立ちます。もしかしたら、「つま先」や「かかとに」体重をかけて・・と、耳にした事がある方もいるのではないかと思いますが、それも間違いではありません。


要は、声を支える部分(丹田)に軸を持ちたいためなのです。歌っている時は、硬直せずに、多少前後に体重移動できるくらいでOKです。

【効果】腹式呼吸がしやすくなる。(ロングトーン、ハイトーン、声量アップ)見栄え、説得力、深い響きの声が得られる。

 

 

 

 

③[重要!]あごは、程よく引く

→ココが大事です!基本、あごは、少し引き気味にします。(※証明写真を撮るときのようなイメージ)引きすぎて、気道が狭くなったり、あごや首まわりに力が入らないように注意します。

ツバを呑み込んでみて、のどにストレスを感じるようですと、引きすぎNGです。
高音で顔をあげて歌いたくなりますが、「のどの脱力感」を得られる前に、そうしてしまうと、ほぼ間違いなく、のどに力が入ってしまい、高音が出しづらくなります。

【効果】「のど」の力み改善、高音発声、気持ちのリラックス(冷静さの維持、余裕を維持)
 

 

以上のことに気を付けて、発声をみてください。

声が出しやすくなります。

 

 

Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを実施しています!

 

ボイストレーニングに興味のある方は、ぜひ、一度、実際のレッスンを体験し、声の変化を感じてみてください!

 

お申込みはこちらから、どうぞ。お気軽に!

 


口の開け方で歌いやすくなる


発声に大きく関わる「口の形(開け方)」

 

「口の形なんて、どうでもいいんじゃない?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、些細な意識で、歌声をかなり良くすることができます。

※「喉の奥の開け方」ではなく、「口の形(開け方)」についてのお話しです。

 


口の開け方によって、大きく変わるのは、「音色」と「響き」です。

 

例えば、以下の3パターンの口の形で「イ」という言葉を発音してみます。

①口の形を縦にする
⇒こもっている声、クラシック発声のような声、深い響きのある声、という印象。

②口の形を横にする
⇒明るい声、キンキンした声、深い響きは、あまり感じられない声、という印象。

③口の形を丸(過剰に横にも縦にも広げない)にする
⇒上記の2つの、ちょうど間くらいの音色と響きになると思います。

 


 
★ここで、必ず、おさえておきたいのが、口の形によって、
喉の奥の空間の形も変わる!!ということ。⇒これが大切です。

どの形がいいかは、正解・不正解はありません。チョイスする基準は「聞いている人が、心地よいと感じるかどうか」で判断していきます。例えば、日本のポップスを歌う場合で考えてみましょう。



①の口の形では、やはり声楽っぽい雰囲気で合わない。

②の口の形では、声は明るいけど響きが浅く、子供っぽい声になる。

③の口の形は、程よい響きを確保でき、音色も良い。一見、「イ」に聞こえないんじゃないか?と思ってしまうが、録音して聴いてみると、言葉としても違和感はない。

 

基本は、口の形を丸っぽく作ると良いです。

どんな言葉でも、基本は、口の形を丸っぽくしておくと、滑らかな言葉と、よい響きを獲得しやすくなります。日本語の特に「え」「い」は、口が横に開いてしまう言葉なので、注意してみるとよいでしょう。

音色がマイルドになるので、響きに統一感がでて、安心感のある声で歌っていく事ができます。特に、ボイストレーニング初心者の方には、とてもオススメの練習法です。

口の形を、基本は「丸」をオススメするのは、喉の奥がリラックスできて、良い響きが獲得できるという点が、一番の理由です。

実際に、生徒さんで、歌声が、慌ただしそうにバタバタしている印象のある方に、口の形をアドバイスすると、各段に、落ち着いた良い音色で歌う事が出来ています。

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

 


ボイトレの間違った解決策


ボイストレーニングを学ぶ、主な理由として挙げられるのが、
「声量アップ」「音域拡大」「喉詰め発声改善」です。独学で発声を学んでいく場合は、独学であるがゆえに、間違った方向へ進んでしまう事も少なくありません。

 


ボイストレーニングは、「手順」と「やり方」が、とても重要。その方法さえ間違がわなければ、誰しも、声は成長していけるものです。今回は、よくありがちな間違った解決策について、お伝えしていきます。

 

それは!!

「芯の無い声」で発声練習をしてしまう事です。

 

 

これは、喉詰め発声で悩んでいる人に多い間違った解決法です。声量を出すと、喉が苦しくなってしまうんじゃないか・・、という不安から、声量を出さないで小さい声で声を出して、すぐ裏声へ持って行ってしまう。

 


この方法ですと、地声を出す為の喉の筋肉が貧弱なままになってしまい、声にパワーが作れません。喉詰め発声の原因は、「喉の余計な部分に力を入れてしまっているから」です。

 

 

正しい部分には、しっかりと力を加える必要があるのです。
そう考えると、誤解を生んでしまいそうなのが、「大きい声を出さなきゃいいんだ」と思ってしまいますが、そうではなく、声量ではなく、声の質=「張りのある声」で行う、ということ。

 


声に芯が入っているというのは、「息漏れがない、声がクリアだ、説得力がある、声に張りがある」などの印象を持てる声のことです。

 


基本、声は強く出します。 抜いた声は、張った声が仕上がってから行うべきなのです。一時的な対処法として、息を含ませた声を出すことありますが、まずは、チェストボイスで、ある程度の音域(低~中音域)までは、ダイナミックに出せるようになる事を、優先しましょう!!

 

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。


【仙台ボイトレ】単発レッスンも可能です


Loose Voiceでは、単発レッスン受講が可能です。

 

単発レッスンには、こんな方がレッスンを受けています!

 

「定期的にレッスンに通うのが難しい」

「好きな時にレッスンを受けたい」

「イベントに向けて、1回だけレッスンをしてほしい」

「遠方なので、頻繁に通えない」

 

 

このような方に、オススメです。

単発レッスンでは、あまり効果がないのでは!?と心配される人もいると思いますが、ご安心ください。

 

自宅での自主練習の方法を、しっかりとお伝えしますので、自分で練習していく事ができます。その成果を、次回のレッスンで確認させて頂きます!

 

また、試しにレッスンを受けてみたいな~、というお気軽な気持ちでレッスンを受けてもOK!ぜひ、一度、Loose Voiceの根拠あるボイストレーニングを受けてみて下さい。

 

 

詳しいレッスンメニューは、こちらからどうぞ。↓↓

レッスンメニューの詳細ページへ

 

まずは「体験レッスンを受けてみたい!」という方は、こちらからどうぞ↓↓


仙台のカラオケボックスでレッスンが受けられます!


歌を習いたいけど時間もないし、

費用もあまりかけられない。

 
毎月、固定回数を通うのも難しい。
だけど..『歌が上手くなりたい!』

 

 

そんな方は、ぜひ、カラオケレッスンサービスを利用ください。

 

お友だちや仲間と一緒にレッスンを受けることもできます。好きな時に、カラオケボックスでレッスンしたい方に、オススメです!

 

詳細は、こちらからどうぞ ↓↓

 

カラオケレッスンの詳細ページへ


大多数が「歌が趣味」の方が通っています


Loose Voiceのレッスンに通って頂いている方は、歌が趣味という方が、大半です。

 

カラオケで上手に歌いたい

高い声を出せるようになりたい

歌うと喉が辛くなるのを直したい

 

歌を通して、毎日の生活をより楽しく豊かなものにしたいという人達が、レッスンを受けています。

 

ですので、ボイストレーニングを受けるのって、少しハードルが高い、、と思っていた方がいたら、心配は要りませんので安心してください。

 

 

また、レッスンのペースも、月1回から受講プランを用意していますので、無理なく、通って頂くことができます。

 

毎回レッスン後には、自主練習の方法もお伝えしますので、自宅でボイトレを実践していただき、スタジオで声を確認させて頂きます。

 

声を修正しながら成長させていく事ができます!

 

学校帰りや仕事帰りにでもレッスンして頂けるように、夜22時までレッスンを行っています。ボイストレーニングやボーカルレッスンに興味があるという方は、是非、一度、遊びに来てください。

 

 

まずは、体験レッスンにて、あなたの声を聞かせて下さい。

体験レッスンのお申込みは、こちら↓↓

 


ボイトレに苦労は要らない


「あなたはボイストレーニングに、どんなイメージを持っていますか?」

 

きっと「鍛える」というように、

少し大変なイメージを持っているかもしれませんね。

 

でも、本当は、歌声を変えるのに苦労は要らないのです。

 

ボイストレーニングで苦労している人は、答えが見つからず、迷子になってしまっている人です。独学で色んなトレーニング方法を行っていて、一体、どれが正解なのが分からなくなっています。

 

そうすると、声を変える事に「苦労」を感じてしまいます。

 

 

ボイトレで苦労しない為には、練習をする前に、声の出し方の答えに気づくこと。答えを先に見つけてしまうと、苦労は必要なくなります。

 

 

ボイストレーニングをしなくても、もともと、歌が上手いという人は、声の出し方に気づいている人です。つまり、気づいている人はトレーニングが要らない。それくらい、難しいものではなく、とても簡単な事なのです。

 

 

ボイストレーニングで苦労をしてほしくないので、Loose Voiceでは、その答えをレッスンでいち早く、お伝えしています。早く自分の歌声に変化を感じたいという人は、ぜひ、一度、スタジオで、あなたの声を聞かせて下さい。

 

その場で、改善のアドバイスをします。

歌声で悩んでいる人は、お気軽にお申込みくださいね。

 

あなたにお会いできるのを、楽しみにお待ちしております!

 

体験レッスンのお申込みは、こちらから↓↓

 


LINE 『お友だち追加』で、ボイトレお得情報をお届け!


Loose Voiceでは、

『LINE@』にて、お得なレッスン情報をお届けしています!

 

在籍生徒さんは、勿論ですが、

単発でレッスンを受けて頂いている方、また、レッスンは受けていないけど、ボイトレに興味があるという方にも、嬉しいキャンペーン情報です。

 

例えば、

 

LINEボイトレ相談開講!

レッスン1回分無料!

お友達とのペアレッスンで割引!

LINEでしか得られないボイトレのコツ!

 

などなど、必ず、喜んでもらえるような情報を発信しています。

 

レッスンには通えないけど、ボイトレの情報がほしい!という方も、お気軽に、「お友だち追加」してくださいね!!

 

「お友だち追加」は、こちらから ↓↓

友だち追加

または、以下のQRコードからも追加できます。


喉声を改善するならLoose Voice!


『あなたは歌っている時に、喉が苦しいと感じたり、声が詰まっているような感覚を味わったことはありませんか?』

 

これは【喉詰め発声】をしている状態です。

 

喉詰め発声とは、喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することで、声の自由が奪われている発声状態を言います。


この喉詰め発声をしている事で、

歌声にどんな影響があるのか??

 

それは、、

 

◗ 息が足りなくなる

◗ 高い声が出しにくい

◗ 声がキンキンする

◗ 歌うのが大変に感じる

◗ 声が嗄れる

 

といった良くない影響が出てしまいます。

 

カラオケなどで、叫ぶように歌ってしまっている人は、おおよそ、この状態にあります。ストレス発散をしているようで、実は、喉にストレスを溜めてしまっているんです!

 

聞いている人から喜んでもらえるような歌を歌う為には、喉詰め発声を改善する必要があるのです。そして、何より、歌っている本人の気持ちよさが違います。

 

 

Loose Voiceは、発声専門ボイスレッスン!

 

声が生まれる喉の仕組みに基づいたレクチャーにより、正しい発声法を学ぶことができます!

 

初回レッスンで、すぐに、あなたの声が出しにくい原因と、理想の声を出す為の方法をお伝えいたします。「喉詰め発声を直したい!」本気で思っている方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

歌声が良い方向に変わる事をお約束します!

 

 

体験レッスンお申込みは、以下のフォームよりお願いします。

 

まずは、お気軽に、お申込み下さい。


【10名様】春の入会金半額キャンペーン実施中!


Loose Voiceでは、4月末まで、

『春の入会キャンペーン』を実施しています。

 

キャンペーンの内容は、以下の通りです。

 

◆入会金通常10,000円 ⇒ 半額5,000円になります。

対象者は、4月中に体験レッスンを実施して頂いた方で、体験レッスン当日中に、ご入会希望を頂いた方に限ります。

 

※先着10名とさせていただきますので、

10名に達した時点で、キャンペーン終了となりますので、予めご了承下さい。

 

 

ぜひ、春から一緒に、歌声を磨いていきませんか!?

「実は、ボイトレに興味があった」という方は、お気軽に、体験レッスンにお越しください。

 

体験レッスンのお申込みは、以下より、お願いします。

スタジオでお会いできるのを、楽しみにしてお待ちしています!

 


「歌が上手い人」がやっている習慣


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

「歌が上手い人」は、日頃、どんな習慣があるか気になりませんか??

 

習慣は、その人を作り出していくもの。

歌が上手い人の習慣を知ることで、新たな発見を得る事ができると思いますので、ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

 

◆『歌が上手い人の習慣』◆

 

①歌うことが「特別」じゃない

歌が上手い人は、歌っている時間や回数がとても多い。
これは、歌が好きだからこそ歌う回数が多い、という事も言えますが、
歌が苦手、もしくは、自分では上手くないと思っている人に比べて、圧倒的に歌っている回数と時間が多いものです。

 
歌う時間を多く確保できるのは、カラオケに多く行っているからではありません。
日常生活の中に、歌を取り入れているからです。
料理をしている時、車を運転している時、髪を乾かしている時、散歩している時・・、生活の中で、ずーっと鼻歌を歌っているのです。

 
だから、歌うことが特別な事じゃないんです。
そして、いざカラオケで歌う時も、普段からやっている事なので、気負いがなく、
気合を入れ過ぎて空回りする事もないのです。

 

 

 

 

②アカペラで歌っている
 

鼻歌は、基本、伴奏がありません。

つまり、アカペラ状態です。アカペラで歌うことで養われるのは「音感」。


カラオケなどの伴奏がある場合は、伴奏にメロディーを合わせますが、伴奏がない場合は、自分の音感だけが頼りになります。「音程=音と音の幅」を、自分の耳で確認しながら、感覚的に音を出していく事になります。

 


実際にカラオケ伴奏が入った場合も、「演奏に対しての音感」と「自分自身で持っている音感」を同時に意識しながら歌えるようになるので、余裕をもって歌う事ができるようになります。アカペラで練習すると、格段に、歌が上手くなる理由が、コレです。

 

 

 

 

③上手く歌おうという意識が少ない

 

鼻歌は、上手く歌おうとする意識は、少ないものです。
上手さよりも、心地よさが優先しています。よく、お風呂で歌うと上手く歌えているように感じるといわれますが、これは、声が響くからという理由と、上手さではなく雰囲気で歌っているから、という事が言えます。

 


リラックスして、心地よい気分で、心地よい声で、心地よい雰囲気を感じながら。そうして歌うと、上手く歌えていると、自分自身で感じられるのです。大事なのは「上手さ」でなく「雰囲気を出す」ということ。

 

 


いかがでしたでしょうか?


歌が上手い人は、歌に対してのあり方や意識が、このように違うんです。


歌が決して特別な事ではなく、日常的な習慣であるという事、そして、上手く歌おうとせずに、その場の雰囲気に合わせて歌っているという事がポイントなのです!

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね!

 

 


ボイトレ無料メール講座


Loose Voiceでは、

自宅でも簡単に発声が学べる!

『ボイトレメール講座』を行っております。

 

10日間完結のプログラムになっており、

毎日、1通ずつ、メールで「目からウロコ」のボイトレ情報をお届けします!

 

正しいボイトレの知識を知りたい!

まずは、気軽に自宅で学びたい!

遠方なのでメール講座を受けてみたい!

 

そんなあなたに、ピッタリの講座です。

ぜひ、お気軽にお申込み下さい。

 

10日間の詳しいプログラム内容は、こちら ↓ ↓

 

『無料メール講座 10日間 正しい発声へのカギ』

 


歌手志望のボイストレーニング


Loose Voiceでは、歌手志望のボイストレーニングも行っています。

 

理想の歌声を作っていくトレーニング方法は、

アマチュアでも歌手志望の方でも変わりませんが、歌手志望の場合は、声に「強いこだわり」があります。

 

・憧れの歌手のような声になりたい

・高い声に深みを入れたい

・優しい声だけど芯を作りたい

・色気のある声を作りたい

 

 

単純に、高い声や強い声を出したいだけにとどまらず、

自分の個性を活かした中で、更に、理想の音色を求めています。

 

具体的な理想の声を描けている人は、

そのゴールがはっきりしているので、

トレーニング方法も明確です。

 

 

「でも、独学では、どうやったら理想とする声にたどり着けるのか?」

なかなか答えを出すのが難しいところです。きっと「独学で数年ボイトレをしているけど、なかなか声が変わっていかない・・」と感じたことがある方も多いと思います。

 

 

そこで!!

 

その疑問を解決するのが、Loose Voiceのボイトレです!

 

声が作られる仕組みに基づいたボイストレーニングメソッドで、あなたの理想の声作りが可能なのです。

 

理想の声と、そこに向けたトレーニング法がマッチングすることで、最短で、理想の声に近づく事ができます。

 

 

ボイストレーニングが初めてという方も、経験者の方も、大歓迎です。

ぜひ、一度、体験レッスンであなたの理想の声を聞かせて下さい。その場で、声が変わらなかった原因と、今後の練習アドバイスをいたします。

 

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームより、お願いします。

お気軽に、お申込みくださいね!

 

あなたに、スタジオでお会いできるのを楽しみにしております。


カラオケが上手い人は、喉に柔軟性がある


『カラオケが上手い人は、喉に柔軟性がある』

 

「それは、どういう事??」

 

身近な人で、カラオケが上手い人を思い浮かべてみてください。

 

どんな特徴があるでしょうか?

 

楽に歌っていて頑張っていない

聞き心地のいい声で、大声でも、うるさくない

上手く歌っているというより、落ち着いて歌っている

 

 

きっと、このような印象があると思います。

 

なぜ、このような歌い方ができるのかと言うと『無理な発声をしていないから』です。無理な発声をしていないという事は、「色んな高さの音」に対して、喉を正しく使えているという事。

 

 

だから、喉に負担がかからないので、発声がスムーズで、楽に聞こえます。逆に、喉に柔軟性がない人は、無理やり声を絞り出すしかなくなり、喉が痛くなったり、大声を出すと、「ちょっとウルサイ・・」という歌声になってしまいます。

 

 

自転車で例えてみると!

 

【喉に柔軟性がある人】

タイヤに空気がしっかり詰まっていて、音も静かでスムーズな走り!

 

【喉に柔軟性がない人】

タイヤがパンクしていて、ペダルを漕ぐのが大変、しかも、ガタガタ音がうるさい。

 

 

喉に柔軟性がない人は、「頑張って歌っているわりには、良い歌声が届かない」という印象を持たれがちです。あなたは、どうでしょうか?

 

「頑張って歌っているけど、反応がイマイチ・・」という方。

その歌声は、変わります↓↓

 

 

***

Loose Voiceでは、発声改善を専門に、ボイストレーニングを行っています。カラオケで上手く歌いたい、いい歌声で歌いたい、という方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみてください。

 

仙台にある、設備の整った音楽スタジオで、声磨きができます!

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームから、どうぞ。

 


nana(アプリ)で歌唱アドバイスしています


音楽コラボレーションアプリ『nana』で、歌唱アドバイスを始めました。

点数制ではなく、素直な感想と今後の課題について、アドバイスをしています。

 

『nana』をやっている方は、ぜひ、ご参加くださいね!もちろん無料です。

 

◆コミュニティー(企画・募集)◆

 

『Kan先生からアドバイスをもらっちゃおう! ちょっと真面目な『目からウロコ』のコメントをお届けします。』

https://nana-music.com/communities/167748/

 

 


単発レッスン(ボイストレーニング)も行っています


Loose Voiceは、宮城県仙台のみならず、

県外からも、多数の方にレッスンにお越し頂いております。

 

 

遠方から通って頂ける方で、

定期的にレッスンを受けるのが難しいという方には、『単発レッスン』をオススメしています!

 

 

毎月ではなく、都合のよいタイミングに、レッスンを受けることができます。

「1回60分」のレッスン時間が短い場合は、「1回120分」のレッスンも実施しておりますので、ご希望をお聞かせください。レッスンメニューへ

 

 

毎回、レッスン後にお伝えする自主練習法を、しっかり行って頂ければ、期間が空いてしまっても心配ありません。

遠方から通って頂いているのは、本当に、とても有り難いことです。また、お越し頂ているのには、Loose Voiceの発声トレーニングに、少し、秘密があるからなのです。

 

 

宮城県内にいらっしゃる方はもちろんですが、

県外の方も、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

あなたの求める理想の声に向かってもらえることを約束します。

 

体験レッスンのお申込みは、以下のフォームよりお願いします。

 

 


ボイトレ 新規受講生募集☆


現在、Loose Voiceでは、

新規受講生を募集受付中です。

 

ボイストレーニングは、初めてという方、

また、以前に習っていたという経験者も大歓迎!

 

Loose Voiceは、発声の仕組みに基づいた、

科学的メソッドボイストレーニングが特徴です

 

 

 

『発声の仕組みに基づくレクチャーによって何ができるようになるの?』

 

↓ ↓ ↓

 

歌声の磨きが効率的に、かつ、高い効果を出すことができます!

 

喉詰め発声改善、高音域の拡大、声量アップ、歌声を作りの為の全般的な要素を獲得することができます!

 

 

 

 

『そうなると、あなたの歌はこう変わります』

 

↓ ↓ ↓

 

喉の苦しさが解消され、歌声にストレスがなくなる。

 

高音のある曲も、オリジナルキーのまま、歌う事ができる。

 

歌の表現力がアップすることで、夢や目標実現に、一歩、近づくことができる。

 

歌を通して、人生を輝かせていくことができる。

 

 

 

歌をもっと楽しみたい方、

歌声について、悩みを持っている方、

将来、歌手になる夢がある方、

 

Loose Voiceでは、

そんなあなたをお待ちしております!

同じ志を持った人達が、レッスンに通っています。

 

ぜひ、一度、体験レッスンに、遊びに来てみてください。

あなたの声を変える準備をして、お待ちしております。

 

Witten by :KAN

 

 


喉詰め発声のメカニズムについて


《喉詰め発声とは》

喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することにより、
声の自由が奪われている発声状態を言います。
本人の体感的には、歌っている時に「喉が苦しく感じる」といった状態になります。

喉詰め発声になってしまう原因は、大きく、2つのパターンが考えられます。


もし、あなたが喉詰め発声だとしたら、
どちらのパターンであるかは、実際に声を聞いてみないと判断は難しいのですが、
そのメカニズムを知っておくことで、解決の糸口を見つけやすくなります!


歌っている時に、喉が苦しく感じるという人は、ぜひ、読み進めていってくださいね。

 

 
その1.【喉頭(のど仏)の上昇により気道が圧迫】

喉頭は、のどの中にある、沢山の筋肉によって吊られている状態にあります。
ですので、いずれかの筋肉に過剰な力を入れれば、上下に動かすことができます。
喉周辺がリラックスしていれば、喉頭は上下に大きく動くことはなく、ある程度の定位置を保ってくれます。

しかし、喉頭を上に持ち上げる筋肉に、必要以上に力が入ると喉頭は上昇します。

 

上昇する事で、何が起こるの??


気道や喉の空間が狭くなり、響きが浅くなります。
いわゆるキンキン声や、子供っぽい声になります。
少々、聞き苦しく感じられる声(歌声が単調だ、深みや豊かさが無い、苦しそうに聞こえる、幼い声に聞こえる)の印象がある声です。

 
喉頭は、筋肉で吊られており、上下に動かせると言いました。
という事は、下げる筋肉も存在するわけです。
クラシックやオペラなどの発声は、喉頭を意識的に下げることで、深い響きを作っています。

これが原因の場合は、無理やり喉を下げたりしてはいけません。逆効果になります。
まずは、喉周辺の筋肉に柔軟性を持たせることが、先決になります。

 

 
その2.【声帯を強く閉すぎている】

首や喉周辺の力は抜けているけれど、声帯を強く閉じすぎている場合です。

声帯の間を息がスムーズに流れなくなるほど、強く声帯を閉じてしまうと、「声」が出ているというよりも、「声帯のぶつかり合う音」が出ているという印象になります。「あ”ぁぁ、え”ぇぇ~」のような音。それでは、美しい音色は生まれません。

 
声帯を効率よく動かす為には、その閉じ具合に加減が必要です。
ある意味、過剰な力みを入れてしまっている状態です。
この場合は、普段のおしゃべり声を基準にしてみると、すぐに改善できると思います。それ以上は、力みを入れないように、気を付けて発声をしてみましょう!

 

特に男性は、強く、大きく、ダイナミックに!!という、パワー勝負的なマインドを持っていますので、無理をしてしまいがちです。

声は楽器です。どんな楽器でも『響き』に、人は心地よさを感じます。
そこに、パワーは要りません。
ギターでもピアノでも、軽いタッチで演奏しているからこそ、美しく心地よい。
いつまででも、聞いていたくなるものなのです。

喉詰め発声からの脱出は、その癖が定着してしまう前に行うことが重要です。
喉に苦しさを感じる人は、一度、正しいボイストレーニングを受けてみましょう!!

 

 

 

***

Loose Voice では、随時、体験レッスンを実施しております!

歌声で悩んでいる方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

理想の声が出ない原因を、アドバイスいたします。

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にエントリー下さい。

 


歌が上手い人の練習方法


歌が上手い人、または、上達していく人は、

その練習方法も、効果的な内容を実践しています。

 

その練習とは、どんなものなのか?

 

まず、歌が上手くなっていく人は、

「上手く歌う」という目標を掲げる練習はしていないのです!

 

そこには、そもそも「歌とは?」

というお話しから導入していくと見えてくるものがあります。

 

 

 

歌は、歌詞を伝達する手段として生まれたもの。だから、歌詞を届けるという意識が、とても大切になります。「上手く歌おう」よりも「歌詞を届ける」

これが意識できている人は、アマチュア以上の高い意識レベルがある人です。

 

 

音程を取る、歌詞を覚える、リズムを取る

こういった部分は、すでに、クリアしていて、

「どうやったら歌詞を届けられるだろう」

「どうやったらこの曲が伝わるだろう」

 

 

そういう事を、常に、考えて練習しています。

すると、ここは優しく歌うべき、

ここは強く歌うべき、という「歌い方」が見えてきます。

 

 

その積み重ねが、結果として、

いい歌、感動する歌、心に響く歌、になります。

 

 

歌が上手くなっていく人は、これをやっているのです。「上手く歌う」という漠然としたものではなく、曲の表現方法を、研究していくと、きっと、いい歌が歌えるようになります。

 

 

***

歌を表現する為に、欠かせない発声力。

歌声をもっと磨きたい方は、ぜひ、体験レッスンにお越しください。

 

以下の申込フォームより、お気軽に、エントリーください。

 


無料ボイトレメール講座 正しい発声へのカギ


このメール講座は、
ご自宅で気軽に発声を学べる、
10日間限定のプログラムです!

 
ボイストレーニングを受けたことが無い方、
また、受けたことがある方にも、
ぜひ読んで頂きたい内容のボイトレ講座です。

 
なぜかというと、読み進めていけば行くほど、
あなたの『ボイストレーニングの概念が変わる!!』からです。

 
『えっ! ボイトレって、そういうものなの!?』
『声が、なかなか変わらない理由が分かった!!』

きっと、そういった、気づきを得られるでしょう。

 
ボイトレ教則本には書いていない、
声の本質に迫った内容になっています。

 誤ったボイストレーニングはしてほしくないので、
ぜひ、ここで、正しい知識を身に付けてください。
毎日1通ずつ「テーマ」ごとに、お届けします!


お時間のある時に、

いつでも、読んで&実践して、確かな声を作っていってください。

 

本来は、実際に声を出して、トレーニングしていくのが、
最も効果的ですが、自宅で気軽に発声を学びたい、
という方の為に作りましたので、お気軽に、お申込みくださいね!

 


自分の声を録音することの大切さ


自分の声は、自分の耳に聞こえる声と、

周りに聞こえている声とでは、違いがあります。

 

自分自身に聞こえる声は、空気と骨に振動して鼓膜に伝わる音。

周りの人に聞こえる声は、空気だけに振動して伝わる音。

 

自分の声を録音した時に、

何か違和感を感じるのは、この違いがある為です。

 

つまり、上手く歌えているかどうか、

理想の声が出ているかどうかは、実は、録音して客観的に聞いてみないと分からないものなのです。

 

プロは、それをレコーディングで行います。

リスナーに対して、どう聞こえているかを細かく調整しています。

 

 

歌が上手くなりたいという人は、

まず、自分の歌を録音して聞く事から始めてみましょう!

沢山の気づきを得られるはずです。

 

 

思ったより、声が小さかった

思ったより、音程が低かった

思ったより、リズムがずれていた

 

 

この気づきのギャップを埋めていく事で、

確実に、あなたの歌は上達していきます!

逆に、これに気づけないと、いつまでも、上手くなりません。

 

 

ぜひ、自主練習に取り入れてみて下さい。

録音は、スマホのボイスメモを使ってみるといいと思います。

 

 

***

「実際に、発声のアドバイスが欲しい!」

という人は、お気軽に、体験レッスンにお越しください。

 

お申込みは、こちらからお願いいたします。

スタジオで、お会いできるのを楽しみにしております。

 


一人一人、発声の癖を読み取る


発声の仕組みは、誰しも同じです。

しかし、これまでの生活の中で、

何気なく声を出してきた積み重ねが、

「あなたの発声の癖」になります。

 

 

それが、良い癖となっていればいいのですが、

悪い癖となってしまっている場合もあります。

 

 

正しい発声法を習得する為には、

この悪い癖を修正してあげることが重要です。

その「癖」は、人それぞれ違うもの。

 

 

喉だけに限らず、首、お腹、顎など

自分では気づかない間違った力を

加えてしまい、発声の妨げになっている人が結構多いです。

 

 

それを修正できれば、発声がかなり楽に感じれるようになります。

レッスンでは、そんな自分では気づかない、

些細な癖も読み取り、アドバイスしています。

 

 

発声練習をしていても声が変わらないとお悩みの方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。あなたの声を良い方向に導きます!

 

 


音痴を克服する為に


 

音痴とは=指定された音を発声しようとした時、その音ではなく違う音が出てしまう状態。


音痴は、本人が「気づいている場合」と「気づいていない場合」があります。
「音程が外れている」と認識できている人は、厳密には「音痴ではない」ので、安心してくださいね!
改善するには、音感トレーニングが必要になります。音感トレーニングと言っても、いつくかの方法がありますので、原因別に解説していきます。



【本人は、気づいていない場合】

まずは、自分の出している音がズレているという事を認識する事から始めます。
確認方法は、歌声を録音する、もしくは、鍵盤で単音を鳴らした音と同じ音を出してみたものを録音する。いづれにしても、客観的に、自分の声を聞いてもらいます。

 


そして、外れているかどうかを確認します。もし、分からない場合は「聞いてみて気持ち良いかどうか」で判断してみるとよいです。

音が外れていることを確認した後は、実際に音を合わせていきます。
まず、ピアノで音を出す前に、他方が発声した声と同じ高さの声を出してもらいます。

※楽器の音よりも、人間の声に合わせた方が、音の調整がしやすいと思います。

ひとつの音が合ったら、次は、他方の人に高さの違う2つの音を出してもらい、それも真似してもらいます。すると、徐々に音の差(音程)が分かってくるようになります。慣れてきたら、ピアノに合わせて声を出してもらいます。

 

 



【頭で鳴っている音を、発声するとズレる】

この場合は、発声法に問題があると考えられます。


恐らく、大幅に外れてしまうわけではなく、少し音が外れるという状態になっているはずです。ピアノで音程を連続して上下(トリル)させ、発声してもらいます。はじめは、ゆっくりと正確に、音の幅は半音がよいでしょう。


慣れてきたら、スピードを上げていきます。そして、この練習で重要なのが、裏声で行う事です。それは、裏声発声で働く喉の筋肉が、音程を取る時に活躍してくれるからです。




【音の幅の感覚が身に付いていない】

この場合は、音の幅の感覚をつかみきれていないことが考えられます。例えば、低い音から高い音に、一気にジャンプした時に外れたりします。
改善方法としては、「和音感」を身に付けるトレーニングを行っていきます。

ピアノで3和音の音を鳴らし、その中から、聞こえてくる音を、声に出してもらいます。3つの音ですが、オクターブ下と上も含めれば、9つの音を感じることができるはずです。


慣れてきましたら、他の音色の和音でも行い、色んな音色の和音で音を探してみましょう!そうすると、アカペラでも歌えるようにもなります。


音痴は、原因さえ分かってしまえは、すぐに改善できるものです。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 


歌が上手くなる為のボイストレーニング


 

Loose Voiceでは、歌が上手くなる為のボイストレーニングを行っています。

 

「歌が上手くなる為?あたり前じゃない?」と思った人も多いのではないかと思いますが、実は、「ボイストレーニング=歌が上手くなる」ではないんです。

 

 

ボイストレーニングは、あくまで、歌を表現する為の基礎トレーニングです。スポーツ選手でいえば、筋トレのようなもの。筋トレばかりしても、上手くはなりませんよね!?

 

実際に、試合をしなければ、その筋トレの成果も発揮できません。歌の場合は、実際に歌う練習(ボーカルトレーニング)をしなければ、歌は上手くなりません。だから、ボイストレーニングだけでは、不十分なのです!

 

 

 

ボイストレーニングで獲得した声を、実際に歌の中で生かすこと。そして、歌い方も一緒に学んでいく事が、とても大切です。そのどちらか一方が欠けてしまえば、よい歌を届けることができなくなります。

 

歌は、成長スピードに、個人差があります。成長スピードが早い人は、発声と歌を、同時に学び吸収していける人です。もし、なかなか上手くならない・・と感じている人がいたら、どちらか一方だけになっていないか、チェックしてみてくださいね!

 

 

 

Loose Voiceは、発声専門のレッスンを日々、行っていますが、同時に、歌も指導しております。発声や歌を磨きたいという方は、ぜひ、一度、遊びに来てくださいね。

 

今月は、『限定10名』入会金半額キャンペーン(10,000円⇒5,000円)を実施しています!※体験レッスン当日に、ご入会いただいた方に限ります。

 

体験レッスンも受付ていますので、お気軽に、お申込みください。

スタジオで、あなたにお会いできるのを楽しみにしております!

 

 


山形、岩手、宮城、茨城、福島からも通って頂いております


 

Loose Voiceは、宮城県仙台スタジオを拠点にレッスンを実施しております。出張ボイストレーニングとして、県外へ出向いてレッスンをさせていただく事もあり、お陰様で、出張レッスン後も、仙台まで通って頂いている方も多数、いらっしゃいます。

 

大変、ありがたいことです。

 

現在は、宮城県内はもちろんですが、山形、岩手、茨城、福島からレッスンに来て下さっております。

 

 

レッスンの目標は、皆さん、それぞれ違いますが、共通していることは、「歌声を良くしたい!」「歌が上手くなりたい」という気持ちがあるという事です。

その為には、テクニック的な部分も大事ですが、「正しい発声」が重要だと、気づいてた方々が、Loose Voiceに通っております。

 

数あるボーカルスクールの中から、選んで頂けるのは、発声に関して、誰でも高い効果を望める発声理論に基づいたボイストレーニングを行っているからです。

 

 

発声は、ちょっとした「コツ」で変われる部分と、継続的なトレーニングを積んで変わっていける部分があります。それは、あなたの今の発声の状態と、理想の歌声が、どういものなのかによります。

 

歌う事が大好き!もっと上手くなりたい!という、気持ちがある方でしたら、趣味の方でも、将来プロを目指している方でも、大歓迎です!

 

ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

あなたの歌声に、的確なアドバイスをいたします!

 

体験レッスン希望は、以下のフォームより、お願いします。

 

 


色気のある歌声は魅力的


 

歌が上手い人を見て、歌い方や声に「色気」を感じたことはないでしょうか?


具体的に「色気」という言葉を口に出さなくても「声が素敵!」とか「ドキドキする声!」という感覚は、味わったことがあるのではないかと思います。

 
どんなジャンルの歌であっても、プロシンガーには、色気があります。
色気があることで「曲に酔える」。惹き込まれるのです。


色気を感じる感性は人それぞれですが、特に優しいバラード調の曲でなくても、激しいロックでも、色気をかもし出すシンガーは、沢山おります。

歌における “色気” とは、何から生まれるのか?

 

 

 

1)その人の持つ潜在的な声

 

素敵な声と感じる特徴として、男性は「声に安心感がある=太く、強い」「癒される=少しハスキーで優しい声」などが挙げられます。
女性は「声に安心感がある=芯が通っている」「癒される=ささやき声」など。

男女問わず、素敵な声には、「声がしっかりしている」「声が少しエアリーである」という共通している点があります。それが歌声ではない場合、しゃべっているだけで、とても心地よい気分にさせてくれるでしょう。

 



2)色気のある声を作り上げる

 

声は、発声の仕方で自由に変える事ができます。(ものまねのように!)色気を感じさせる声も、意図して作り上げることができます。

 
◆「しっかりした声 ⇒ 安心感」を作るコツ
普段の声よりも、少し低い声を意識して出してみます。
すると、声帯がしっかり閉じてくれるので、声に芯が入ってきます。この時、注意としては、声を下に出すイメージを持つと、暗い声や、こもった声、という印象になってしまうので、常に対象者に向けて前に出してください。

 
◆「エアリーな声 ⇒ 癒し」を作るコツ
声にエアーを含ませるのは、一見、簡単であるように思えますが、実践してみると、なかなか難し事に気づくと思います。
「ため息に声を混ぜる」や「声に息を混ぜる」という意識で行ってみても、上手くいかない場合があります。

 

何かが違う、その原因は何か??
「息を多く出す」ではなく「声帯を、閉じすぎない」事が成功のコツだから。

上手くいかないケースとして、歌っていると息が足りなくなるという人がいます。これは、息を出し過ぎている(漏れている)状態です。エアリー声を作る為には、声帯を強く閉じすぎないこと。


※「ヒソヒソ話し」から良いヒントが得られます。ヒソヒソ話しは、エアリーな声ですが、息が足りなくなったりはしませんよね!

 

ぜひ、色気のある歌声作りに挑戦してみてくださいね!

 


3月入会キャンペーン対象者【あと7名】


 3月度 入会キャンペーンを実施中

※キャンペーン対象者は、残り7名とさせていただきます。

 【キャンペーン内容】
◆入会金半額◆
ご入会金通常『10,000円 ⇒ 半額5,000円』とさせていただきます。

【対象条件】
3月中に体験レッスンを受けて頂いた方で、
当日中に、入会希望を頂いた方が対象となります。

 ※先着10名様限定とさせていただきます。
10名に達した時点で終了となりますので、予め、ご了承ください。

(残り7名!)


***
Loose Voiceでは、発声に関する悩みを改善します。

理想の声が出せないと、歌うことが嫌になってしまったり、夢実現を諦めてしまったり残念な間違った決断をしてしまう人も少なくありません。

そんなあなた!一度、その決断を待ってください。
まだ、本当の自分の声に出会っていない可能性があります。

ボイストレーニングで、的確な練習をすれば、誰しも声を変えていけるものです。正しい発声方法を知らないまま歌を諦めてしまうのは、とても勿体ないこと。

自分の本当の可能性を知りたい方は、

ぜひ、一度、Loose Voiceの体験レッスンを受けてみてください!

あなたと同じような悩み、夢、願望を持っている方々が、それぞれの目標に向かって、楽しみながらレッスンをしています!スタジオで、お会いできるのを、楽しみにしてお待ちしております。

 


第一声目でお腹を力ませない


 

歌っている時、お腹への意識の持ち方は、かなり個人差があるようです。
インナーマッスルに力を入れる、ぐいぐい凹ませる、前に突き出す、軽く支える、特に意識しない・・、など。


いったい、どの意識&状態が発声上、都合がいいのでしょうか。

 
これは、実際に自分で、色んな方法を試してみる事を、お勧めします。
それは、誰かと同じ意識をしてみても、お腹の状態が同じになっているとは限らないからです。

皆それぞれ、動かし方や使い方が微妙に違うので、自分に合った、声の出しやすいお腹の状態を作ってみると良いと思います。

とはいえ、参考までに、お伝えいたします。

 
お腹の「良い状態・悪い状態」

僕自身、また、生徒さんにも協力してもらって、お腹の動かし方によって(高い)声の出しやすさを確認しました。


以下のパターンで実施。

 
①へその上(腹筋)を、第一声目から「ぐっ」と力を入れる
⇒ これは、一番、声に悪い影響が出ました。反射的に喉や声帯に、過剰な力みが入り、声がつぶれます。「6個に割れる腹筋」は、使わなくてもよいです。

 


②へその下(丹田)を、第一声目から「ぐっ」と力を入れる
⇒ 一般的には、この方法がスタンダートに広まっていると思います。ただ、第一声目から力を入れると、あっという間に、息が足りなくなるケースが多いです。また、高音発声時に、力を入れるとやはり喉に過剰な力みが入ることがあります。

 
③お腹は、凹ませない。(膨らんだままをキープ)
⇒ まったくお腹には力を加えないという状態。実は、これが一番、声が出る!という結果に。なぜかと言いますと、この状態は、横隔膜が下がっている状態を維持できているからです。

 
④お腹を突き出す(主に、高音発声時に)
⇒ この方法は、高音部分以外は③の状態で歌い、高音発声の時に、お腹を前に突き出してみました。結果、気道が開く(喉が楽)感覚があり、発声が楽に感じます。ただ、音程が下に引っ張られる感じがあり、ピッチコントロールを上手にする必要がありました。※お腹を下方に下げるというイメージに近いかもしれません。

 

【まとめ】

◆現実としてグッドな、お腹の状態は、
歌っている時は、常に横隔膜が下がっていること。(お腹まわりが膨らんでいる)

◆意識レベルでコントロールできることは、
歌っている時は、お腹は凹ませない、力を入れない。ふわっと、風船のように常に膨らんでいる状態を保つこと。

ぜひ、これは、実際に試してみてください。



かなり声が出しやすくなると思います!じゃあ「歌う時は、お腹に力をいれてー」って、一体なんだったの?と思ってしまう人もいると思いますが、「力の入れ方が違う」と思って、実践してみてください。

 

最後にもう一度、
歌っているときは、常に、お腹が膨らんでいる状態をキープする。
内側に凹んでくるような力は、無理に入れないこと。なので、ほぼ、お腹に力はいらないのです。

 


『ファルセットボイス』 裏声を綺麗に出そう


 

ファルセットボイスとは、一般的に「裏声」と呼ばれているものです。
声がひっくり返った、という経験がある方。まさに、そのひっくり返った声のことです。


「地声がひっくり返って、弱い裏声になるのが嫌だな~」と思う人もいると思いますが、この裏声、実は、とても重要なのです!

裏声を出すコツにすすむ前に、なぜ重要なのかをお伝えします。


それは、『地声の高音発声の一番のトレーニング法だから』です。
高い声を出したいと思っている人が、真っ先に行うべき発声トレーニングが「裏声」です。その理論的な解説も踏まえて、出し方のコツをお伝えしていきます!

 

 
【1.ため息声のような弱い声を作る】

リラックスして完全に脱力します。


裏声が全く出せないという人の為に、地声から裏声に移行させる方法で、手順を説明していきます。まずは、「地声で弱い声」を出してみましょう。弱い声とは、小さい声という認識ではなく「声に芯が無い声」と思ってください。


弱い声の作り方は、息を多めに混ぜた声です。少し極端なくらい、息を混ぜて声を出します。ため息に声を混ぜるというニュアンスが分かりやすいのではないかと思います。「はぁ~」と「声50%、息50%」のようなイメージです。

 

 
【2.ため息混じりの声のまま、徐々に音を上げていく】

声に芯が入らないように注意します。
地声のため息声ができたら、そのままの声で、徐々に音を上げていきます。この時に、ため息声が強い声にないように注意してください。


※強い声になって、声に芯が入っていったとしても大きな問題はないのですが、全く裏声が出せない人にとっては、喉が苦しくなってくる可能性があります。


ため息声をキープしたまま、高音まで発声していきます。言葉は、息が多く入る「は~」や「ほ~」などが良いでしょう。

 

 
【3.喉に苦しさがなく、弱い高音が出ている事を確認する】

裏声は、地声よりも「楽」という体感が得られます。


その理由は、声帯を地声発声のように、強くしっかり閉じるのではなく、薄く伸ばしている動きになるからです。


そして、この「声帯を薄く伸ばして使う」という動きは、裏声だけに起こるのではなく、地声の高音の時にも同様に働く必要があります。なので、冒頭にお伝えした、地声の高音を出したい人は、まず、行うべき発声トレーニングなのです!

裏声が出せないという人は、特に、地声の強い(大きい)男性に多いです。要するに、声帯を伸ばすことを行ったことが少ない人。カラオケなどで、叫んでしまう人も、この傾向にあります。


綺麗で楽な高音を出したい人は、まず、裏声の練習から行っていきましょう!

 

 
【まとめ】

ファルセットボイス(裏声)のメリット

・地声の高音が出せるようになる為の、重要なトレーニングになる

・歌の表現の幅が広がる

・発声できる音域が広がる

 

【ファイルセットボイス練習のコツ】

・ため息混じりの地声から、徐々に音を上げる

・音が高くなっても声に芯を入れないように注意する

・リラックスして、なるべく小さい声で行う

 

 

ぜひ、あなたの練習に役立ててみてください!