あなたの歌声を無料診断します


 

Loose Voiceでは、歌声や発声について「プロのアドバイスがほしい!」という方を対象に、お一人様一回限り、あなたの歌声を無料診断しております。

 

メールでのやり取りですので、遠方にお住まいでレッスンに通うのが難しい方、また、自分の課題を知りたい方、具体的な練習方法を教えて欲しい方も、ぜひ、活用ください!

 

通常は、対面してスタジオでお伝えする、日本ボイスアドバイザーからのアドバイス内容を、今回は『完全無料』で、お伝えします!

 

 

**声診断の魅力**

 

《具体的なアドバイスと深い声診断!》

 

《無料の枠にとどまらない本格指導!》

 

《解決の糸口を的確にお伝えします!》

 

 

◆お申込みの手順のご案内は、こちら↓↓

 

声の無料診断のご案内ページへ

沢山のお申込みお待ちしております!

お気軽に、お申込み下さいね。

 

 


発声の基本姿勢


歌手は、お客さんを楽しませるため、また、歌を表現するために、身振り手振りを加えながらパフォーマンスしています。実に説得力があり、立ち姿もカッコイイです。


歌っているジャンル(ロック、ポップス、ヒップホップ、ジャズ、演歌・・etc)にもよっても、その動きやシルエットは変わってきます。

 


あんな風に自由に動きながらも、しっかり歌えるのには、理由があります。

それは「体の軸が通っている」からです。

歌に限らずとも、「基本姿勢」というものがあります。その動作をスムーズに行なうために最も適した姿勢です。歌にもそれがあり、プロは、基本姿勢を軸として(保ちながら)自由にアレンジをして曲に合わせて動いているのです。

 


今回は、歌う時の「基本姿勢」のチェック項目をお伝えします。
誰でも簡単にできるポイントなので、ぜひ、実践してみてください。

 

 

 

***

 

◆3つのチェックポイント

①全身が脱力している状態

→これはやや誤解を生みやすいので、詳しくお伝えします。


「何かに構えないで自然と立つ」という事であり、決して、猫背で “だらーん"として、やる気がなさそうに見える格好ではありません。脱力は、しようと思ってできる事でもなく、「何も意識しない(構えない)」日常的な事なので、難しく考えすぎずにいて大丈夫です。

★ポイントは、鏡で見て、自分でカッコイイ立ち方に見えるかです。

【効果】歌の雰囲気に良い影響を与えます。リズム、音程、共鳴、が良くなります。

 



②バランスのよい安定した状態

→具体的には、左右肩幅くらいに足を広げ、背筋を伸ばし胸を張り、目線は真っすぐ。身長を測るときのような姿勢が分かりやすいイメージです。(足だけは閉じないで。)

重心は「ほぼ真ん中」でOKです。少しくらい押されても倒れないように、腰回りに、しっかり重みを感じて立ちます。もしかしたら、「つま先」や「かかとに」体重をかけて・・と、耳にした事がある方もいるのではないかと思いますが、それも間違いではありません。


要は、声を支える部分(丹田)に軸を持ちたいためなのです。歌っている時は、硬直せずに、多少前後に体重移動できるくらいでOKです。

【効果】腹式呼吸がしやすくなる。(ロングトーン、ハイトーン、声量アップ)見栄え、説得力、深い響きの声が得られる。

 

 

 

 

③[重要!]あごは、程よく引く

→ココが大事です!基本、あごは、少し引き気味にします。(※証明写真を撮るときのようなイメージ)引きすぎて、気道が狭くなったり、あごや首まわりに力が入らないように注意します。

ツバを呑み込んでみて、のどにストレスを感じるようですと、引きすぎNGです。
高音で顔をあげて歌いたくなりますが、「のどの脱力感」を得られる前に、そうしてしまうと、ほぼ間違いなく、のどに力が入ってしまい、高音が出しづらくなります。

【効果】「のど」の力み改善、高音発声、気持ちのリラックス(冷静さの維持、余裕を維持)
 

 

以上のことに気を付けて、発声をみてください。

声が出しやすくなります。

 

 

Loose Voiceでは、随時、体験レッスンを実施しています!

 

ボイストレーニングに興味のある方は、ぜひ、一度、実際のレッスンを体験し、声の変化を感じてみてください!

 

お申込みはこちらから、どうぞ。お気軽に!

 


口の開け方で歌いやすくなる


発声に大きく関わる「口の形(開け方)」

 

「口の形なんて、どうでもいいんじゃない?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、些細な意識で、歌声をかなり良くすることができます。

※「喉の奥の開け方」ではなく、「口の形(開け方)」についてのお話しです。

 


口の開け方によって、大きく変わるのは、「音色」と「響き」です。

 

例えば、以下の3パターンの口の形で「イ」という言葉を発音してみます。

①口の形を縦にする
⇒こもっている声、クラシック発声のような声、深い響きのある声、という印象。

②口の形を横にする
⇒明るい声、キンキンした声、深い響きは、あまり感じられない声、という印象。

③口の形を丸(過剰に横にも縦にも広げない)にする
⇒上記の2つの、ちょうど間くらいの音色と響きになると思います。

 


 
★ここで、必ず、おさえておきたいのが、口の形によって、
喉の奥の空間の形も変わる!!ということ。⇒これが大切です。

どの形がいいかは、正解・不正解はありません。チョイスする基準は「聞いている人が、心地よいと感じるかどうか」で判断していきます。例えば、日本のポップスを歌う場合で考えてみましょう。



①の口の形では、やはり声楽っぽい雰囲気で合わない。

②の口の形では、声は明るいけど響きが浅く、子供っぽい声になる。

③の口の形は、程よい響きを確保でき、音色も良い。一見、「イ」に聞こえないんじゃないか?と思ってしまうが、録音して聴いてみると、言葉としても違和感はない。

 

基本は、口の形を丸っぽく作ると良いです。

どんな言葉でも、基本は、口の形を丸っぽくしておくと、滑らかな言葉と、よい響きを獲得しやすくなります。日本語の特に「え」「い」は、口が横に開いてしまう言葉なので、注意してみるとよいでしょう。

音色がマイルドになるので、響きに統一感がでて、安心感のある声で歌っていく事ができます。特に、ボイストレーニング初心者の方には、とてもオススメの練習法です。

口の形を、基本は「丸」をオススメするのは、喉の奥がリラックスできて、良い響きが獲得できるという点が、一番の理由です。

実際に、生徒さんで、歌声が、慌ただしそうにバタバタしている印象のある方に、口の形をアドバイスすると、各段に、落ち着いた良い音色で歌う事が出来ています。

 

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

 


喉詰め発声のメカニズムについて


《喉詰め発声とは》

喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することにより、
声の自由が奪われている発声状態を言います。
本人の体感的には、歌っている時に「喉が苦しく感じる」といった状態になります。

喉詰め発声になってしまう原因は、大きく、2つのパターンが考えられます。


もし、あなたが喉詰め発声だとしたら、
どちらのパターンであるかは、実際に声を聞いてみないと判断は難しいのですが、
そのメカニズムを知っておくことで、解決の糸口を見つけやすくなります!


歌っている時に、喉が苦しく感じるという人は、ぜひ、読み進めていってくださいね。

 

 
その1.【喉頭(のど仏)の上昇により気道が圧迫】

喉頭は、のどの中にある、沢山の筋肉によって吊られている状態にあります。
ですので、いずれかの筋肉に過剰な力を入れれば、上下に動かすことができます。
喉周辺がリラックスしていれば、喉頭は上下に大きく動くことはなく、ある程度の定位置を保ってくれます。

しかし、喉頭を上に持ち上げる筋肉に、必要以上に力が入ると喉頭は上昇します。

 

上昇する事で、何が起こるの??


気道や喉の空間が狭くなり、響きが浅くなります。
いわゆるキンキン声や、子供っぽい声になります。
少々、聞き苦しく感じられる声(歌声が単調だ、深みや豊かさが無い、苦しそうに聞こえる、幼い声に聞こえる)の印象がある声です。

 
喉頭は、筋肉で吊られており、上下に動かせると言いました。
という事は、下げる筋肉も存在するわけです。
クラシックやオペラなどの発声は、喉頭を意識的に下げることで、深い響きを作っています。

これが原因の場合は、無理やり喉を下げたりしてはいけません。逆効果になります。
まずは、喉周辺の筋肉に柔軟性を持たせることが、先決になります。

 

 
その2.【声帯を強く閉すぎている】

首や喉周辺の力は抜けているけれど、声帯を強く閉じすぎている場合です。

声帯の間を息がスムーズに流れなくなるほど、強く声帯を閉じてしまうと、「声」が出ているというよりも、「声帯のぶつかり合う音」が出ているという印象になります。「あ”ぁぁ、え”ぇぇ~」のような音。それでは、美しい音色は生まれません。

 
声帯を効率よく動かす為には、その閉じ具合に加減が必要です。
ある意味、過剰な力みを入れてしまっている状態です。
この場合は、普段のおしゃべり声を基準にしてみると、すぐに改善できると思います。それ以上は、力みを入れないように、気を付けて発声をしてみましょう!

 

特に男性は、強く、大きく、ダイナミックに!!という、パワー勝負的なマインドを持っていますので、無理をしてしまいがちです。

声は楽器です。どんな楽器でも『響き』に、人は心地よさを感じます。
そこに、パワーは要りません。
ギターでもピアノでも、軽いタッチで演奏しているからこそ、美しく心地よい。
いつまででも、聞いていたくなるものなのです。

喉詰め発声からの脱出は、その癖が定着してしまう前に行うことが重要です。
喉に苦しさを感じる人は、一度、正しいボイストレーニングを受けてみましょう!!

 

 

 

***

Loose Voice では、随時、体験レッスンを実施しております!

歌声で悩んでいる方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

理想の声が出ない原因を、アドバイスいたします。

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にエントリー下さい。

 


歌が上手い人の練習方法


歌が上手い人、または、上達していく人は、

その練習方法も、効果的な内容を実践しています。

 

その練習とは、どんなものなのか?

 

まず、歌が上手くなっていく人は、

「上手く歌う」という目標を掲げる練習はしていないのです!

 

そこには、そもそも「歌とは?」

というお話しから導入していくと見えてくるものがあります。

 

 

 

歌は、歌詞を伝達する手段として生まれたもの。だから、歌詞を届けるという意識が、とても大切になります。「上手く歌おう」よりも「歌詞を届ける」

これが意識できている人は、アマチュア以上の高い意識レベルがある人です。

 

 

音程を取る、歌詞を覚える、リズムを取る

こういった部分は、すでに、クリアしていて、

「どうやったら歌詞を届けられるだろう」

「どうやったらこの曲が伝わるだろう」

 

 

そういう事を、常に、考えて練習しています。

すると、ここは優しく歌うべき、

ここは強く歌うべき、という「歌い方」が見えてきます。

 

 

その積み重ねが、結果として、

いい歌、感動する歌、心に響く歌、になります。

 

 

歌が上手くなっていく人は、これをやっているのです。「上手く歌う」という漠然としたものではなく、曲の表現方法を、研究していくと、きっと、いい歌が歌えるようになります。

 

 

***

歌を表現する為に、欠かせない発声力。

歌声をもっと磨きたい方は、ぜひ、体験レッスンにお越しください。

 

以下の申込フォームより、お気軽に、エントリーください。