喉詰め発声のメカニズムについて


《喉詰め発声とは》

喉周辺の筋肉に、必要以上の力を入れて発声することにより、
声の自由が奪われている発声状態を言います。
本人の体感的には、歌っている時に「喉が苦しく感じる」といった状態になります。

喉詰め発声になってしまう原因は、大きく、2つのパターンが考えられます。


もし、あなたが喉詰め発声だとしたら、
どちらのパターンであるかは、実際に声を聞いてみないと判断は難しいのですが、
そのメカニズムを知っておくことで、解決の糸口を見つけやすくなります!


歌っている時に、喉が苦しく感じるという人は、ぜひ、読み進めていってくださいね。

 

 
その1.【喉頭(のど仏)の上昇により気道が圧迫】

喉頭は、のどの中にある、沢山の筋肉によって吊られている状態にあります。
ですので、いずれかの筋肉に過剰な力を入れれば、上下に動かすことができます。
喉周辺がリラックスしていれば、喉頭は上下に大きく動くことはなく、ある程度の定位置を保ってくれます。

しかし、喉頭を上に持ち上げる筋肉に、必要以上に力が入ると喉頭は上昇します。

 

上昇する事で、何が起こるの??


気道や喉の空間が狭くなり、響きが浅くなります。
いわゆるキンキン声や、子供っぽい声になります。
少々、聞き苦しく感じられる声(歌声が単調だ、深みや豊かさが無い、苦しそうに聞こえる、幼い声に聞こえる)の印象がある声です。

 
喉頭は、筋肉で吊られており、上下に動かせると言いました。
という事は、下げる筋肉も存在するわけです。
クラシックやオペラなどの発声は、喉頭を意識的に下げることで、深い響きを作っています。

これが原因の場合は、無理やり喉を下げたりしてはいけません。逆効果になります。
まずは、喉周辺の筋肉に柔軟性を持たせることが、先決になります。

 

 
その2.【声帯を強く閉すぎている】

首や喉周辺の力は抜けているけれど、声帯を強く閉じすぎている場合です。

声帯の間を息がスムーズに流れなくなるほど、強く声帯を閉じてしまうと、「声」が出ているというよりも、「声帯のぶつかり合う音」が出ているという印象になります。「あ”ぁぁ、え”ぇぇ~」のような音。それでは、美しい音色は生まれません。

 
声帯を効率よく動かす為には、その閉じ具合に加減が必要です。
ある意味、過剰な力みを入れてしまっている状態です。
この場合は、普段のおしゃべり声を基準にしてみると、すぐに改善できると思います。それ以上は、力みを入れないように、気を付けて発声をしてみましょう!

 

特に男性は、強く、大きく、ダイナミックに!!という、パワー勝負的なマインドを持っていますので、無理をしてしまいがちです。

声は楽器です。どんな楽器でも『響き』に、人は心地よさを感じます。
そこに、パワーは要りません。
ギターでもピアノでも、軽いタッチで演奏しているからこそ、美しく心地よい。
いつまででも、聞いていたくなるものなのです。

喉詰め発声からの脱出は、その癖が定着してしまう前に行うことが重要です。
喉に苦しさを感じる人は、一度、正しいボイストレーニングを受けてみましょう!!

 

 

 

***

Loose Voice では、随時、体験レッスンを実施しております!

歌声で悩んでいる方は、ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

 

理想の声が出ない原因を、アドバイスいたします。

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にエントリー下さい。

 


歌が上手い人の練習方法


歌が上手い人、または、上達していく人は、

その練習方法も、効果的な内容を実践しています。

 

その練習とは、どんなものなのか?

 

まず、歌が上手くなっていく人は、

「上手く歌う」という目標を掲げる練習はしていないのです!

 

そこには、そもそも「歌とは?」

というお話しから導入していくと見えてくるものがあります。

 

 

 

歌は、歌詞を伝達する手段として生まれたもの。だから、歌詞を届けるという意識が、とても大切になります。「上手く歌おう」よりも「歌詞を届ける」

これが意識できている人は、アマチュア以上の高い意識レベルがある人です。

 

 

音程を取る、歌詞を覚える、リズムを取る

こういった部分は、すでに、クリアしていて、

「どうやったら歌詞を届けられるだろう」

「どうやったらこの曲が伝わるだろう」

 

 

そういう事を、常に、考えて練習しています。

すると、ここは優しく歌うべき、

ここは強く歌うべき、という「歌い方」が見えてきます。

 

 

その積み重ねが、結果として、

いい歌、感動する歌、心に響く歌、になります。

 

 

歌が上手くなっていく人は、これをやっているのです。「上手く歌う」という漠然としたものではなく、曲の表現方法を、研究していくと、きっと、いい歌が歌えるようになります。

 

 

***

歌を表現する為に、欠かせない発声力。

歌声をもっと磨きたい方は、ぜひ、体験レッスンにお越しください。

 

以下の申込フォームより、お気軽に、エントリーください。

 


自分の声を録音することの大切さ


自分の声は、自分の耳に聞こえる声と、

周りに聞こえている声とでは、違いがあります。

 

自分自身に聞こえる声は、空気と骨に振動して鼓膜に伝わる音。

周りの人に聞こえる声は、空気だけに振動して伝わる音。

 

自分の声を録音した時に、

何か違和感を感じるのは、この違いがある為です。

 

つまり、上手く歌えているかどうか、

理想の声が出ているかどうかは、実は、録音して客観的に聞いてみないと分からないものなのです。

 

プロは、それをレコーディングで行います。

リスナーに対して、どう聞こえているかを細かく調整しています。

 

 

歌が上手くなりたいという人は、

まず、自分の歌を録音して聞く事から始めてみましょう!

沢山の気づきを得られるはずです。

 

 

思ったより、声が小さかった

思ったより、音程が低かった

思ったより、リズムがずれていた

 

 

この気づきのギャップを埋めていく事で、

確実に、あなたの歌は上達していきます!

逆に、これに気づけないと、いつまでも、上手くなりません。

 

 

ぜひ、自主練習に取り入れてみて下さい。

録音は、スマホのボイスメモを使ってみるといいと思います。

 

 

***

「実際に、発声のアドバイスが欲しい!」

という人は、お気軽に、体験レッスンにお越しください。

 

お申込みは、こちらからお願いいたします。

スタジオで、お会いできるのを楽しみにしております。

 


音痴を克服する為に


 

音痴とは=指定された音を発声しようとした時、その音ではなく違う音が出てしまう状態。


音痴は、本人が「気づいている場合」と「気づいていない場合」があります。
「音程が外れている」と認識できている人は、厳密には「音痴ではない」ので、安心してくださいね!
改善するには、音感トレーニングが必要になります。音感トレーニングと言っても、いつくかの方法がありますので、原因別に解説していきます。



【本人は、気づいていない場合】

まずは、自分の出している音がズレているという事を認識する事から始めます。
確認方法は、歌声を録音する、もしくは、鍵盤で単音を鳴らした音と同じ音を出してみたものを録音する。いづれにしても、客観的に、自分の声を聞いてもらいます。

 


そして、外れているかどうかを確認します。もし、分からない場合は「聞いてみて気持ち良いかどうか」で判断してみるとよいです。

音が外れていることを確認した後は、実際に音を合わせていきます。
まず、ピアノで音を出す前に、他方が発声した声と同じ高さの声を出してもらいます。

※楽器の音よりも、人間の声に合わせた方が、音の調整がしやすいと思います。

ひとつの音が合ったら、次は、他方の人に高さの違う2つの音を出してもらい、それも真似してもらいます。すると、徐々に音の差(音程)が分かってくるようになります。慣れてきたら、ピアノに合わせて声を出してもらいます。

 

 



【頭で鳴っている音を、発声するとズレる】

この場合は、発声法に問題があると考えられます。


恐らく、大幅に外れてしまうわけではなく、少し音が外れるという状態になっているはずです。ピアノで音程を連続して上下(トリル)させ、発声してもらいます。はじめは、ゆっくりと正確に、音の幅は半音がよいでしょう。


慣れてきたら、スピードを上げていきます。そして、この練習で重要なのが、裏声で行う事です。それは、裏声発声で働く喉の筋肉が、音程を取る時に活躍してくれるからです。




【音の幅の感覚が身に付いていない】

この場合は、音の幅の感覚をつかみきれていないことが考えられます。例えば、低い音から高い音に、一気にジャンプした時に外れたりします。
改善方法としては、「和音感」を身に付けるトレーニングを行っていきます。

ピアノで3和音の音を鳴らし、その中から、聞こえてくる音を、声に出してもらいます。3つの音ですが、オクターブ下と上も含めれば、9つの音を感じることができるはずです。


慣れてきましたら、他の音色の和音でも行い、色んな音色の和音で音を探してみましょう!そうすると、アカペラでも歌えるようにもなります。


音痴は、原因さえ分かってしまえは、すぐに改善できるものです。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 


歌が上手くなる為のボイストレーニング


 

Loose Voiceでは、歌が上手くなる為のボイストレーニングを行っています。

 

「歌が上手くなる為?あたり前じゃない?」と思った人も多いのではないかと思いますが、実は、「ボイストレーニング=歌が上手くなる」ではないんです。

 

 

ボイストレーニングは、あくまで、歌を表現する為の基礎トレーニングです。スポーツ選手でいえば、筋トレのようなもの。筋トレばかりしても、上手くはなりませんよね!?

 

実際に、試合をしなければ、その筋トレの成果も発揮できません。歌の場合は、実際に歌う練習(ボーカルトレーニング)をしなければ、歌は上手くなりません。だから、ボイストレーニングだけでは、不十分なのです!

 

 

 

ボイストレーニングで獲得した声を、実際に歌の中で生かすこと。そして、歌い方も一緒に学んでいく事が、とても大切です。そのどちらか一方が欠けてしまえば、よい歌を届けることができなくなります。

 

歌は、成長スピードに、個人差があります。成長スピードが早い人は、発声と歌を、同時に学び吸収していける人です。もし、なかなか上手くならない・・と感じている人がいたら、どちらか一方だけになっていないか、チェックしてみてくださいね!

 

 

 

Loose Voiceは、発声専門のレッスンを日々、行っていますが、同時に、歌も指導しております。発声や歌を磨きたいという方は、ぜひ、一度、遊びに来てくださいね。

 

今月は、『限定10名』入会金半額キャンペーン(10,000円⇒5,000円)を実施しています!※体験レッスン当日に、ご入会いただいた方に限ります。

 

体験レッスンも受付ていますので、お気軽に、お申込みください。

スタジオで、あなたにお会いできるのを楽しみにしております!