第一声目でお腹を力ませない


 

歌っている時、お腹への意識の持ち方は、かなり個人差があるようです。
インナーマッスルに力を入れる、ぐいぐい凹ませる、前に突き出す、軽く支える、特に意識しない・・、など。


いったい、どの意識&状態が発声上、都合がいいのでしょうか。

 
これは、実際に自分で、色んな方法を試してみる事を、お勧めします。
それは、誰かと同じ意識をしてみても、お腹の状態が同じになっているとは限らないからです。

皆それぞれ、動かし方や使い方が微妙に違うので、自分に合った、声の出しやすいお腹の状態を作ってみると良いと思います。

とはいえ、参考までに、お伝えいたします。

 
お腹の「良い状態・悪い状態」

僕自身、また、生徒さんにも協力してもらって、お腹の動かし方によって(高い)声の出しやすさを確認しました。


以下のパターンで実施。

 
①へその上(腹筋)を、第一声目から「ぐっ」と力を入れる
⇒ これは、一番、声に悪い影響が出ました。反射的に喉や声帯に、過剰な力みが入り、声がつぶれます。「6個に割れる腹筋」は、使わなくてもよいです。

 


②へその下(丹田)を、第一声目から「ぐっ」と力を入れる
⇒ 一般的には、この方法がスタンダートに広まっていると思います。ただ、第一声目から力を入れると、あっという間に、息が足りなくなるケースが多いです。また、高音発声時に、力を入れるとやはり喉に過剰な力みが入ることがあります。

 
③お腹は、凹ませない。(膨らんだままをキープ)
⇒ まったくお腹には力を加えないという状態。実は、これが一番、声が出る!という結果に。なぜかと言いますと、この状態は、横隔膜が下がっている状態を維持できているからです。

 
④お腹を突き出す(主に、高音発声時に)
⇒ この方法は、高音部分以外は③の状態で歌い、高音発声の時に、お腹を前に突き出してみました。結果、気道が開く(喉が楽)感覚があり、発声が楽に感じます。ただ、音程が下に引っ張られる感じがあり、ピッチコントロールを上手にする必要がありました。※お腹を下方に下げるというイメージに近いかもしれません。

 

【まとめ】

◆現実としてグッドな、お腹の状態は、
歌っている時は、常に横隔膜が下がっていること。(お腹まわりが膨らんでいる)

◆意識レベルでコントロールできることは、
歌っている時は、お腹は凹ませない、力を入れない。ふわっと、風船のように常に膨らんでいる状態を保つこと。

ぜひ、これは、実際に試してみてください。



かなり声が出しやすくなると思います!じゃあ「歌う時は、お腹に力をいれてー」って、一体なんだったの?と思ってしまう人もいると思いますが、「力の入れ方が違う」と思って、実践してみてください。

 

最後にもう一度、
歌っているときは、常に、お腹が膨らんでいる状態をキープする。
内側に凹んでくるような力は、無理に入れないこと。なので、ほぼ、お腹に力はいらないのです。

 


お腹をぐいぐい凹ませると、喉詰め発声になりやすい


 

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌う時の「お腹の使い方」について

あなたはどんな意識を持っていますか?

 

 

発声の良し悪しに関係するのは、

お腹よりも、声帯(喉)の使い方が主ですが、

お腹を間違った使い方をしてしまうと、声が出しにくくなる事があります。

 

 

間違った使い方とは??

 

 

それは、声を出す第一声目から

「グイッ」とお腹に力を入れてしまう事です。

 

 

これをしてしまうと、

瞬間、声帯を「バチっと」強く閉じてしまうので、

喉を痛める原因になります。

 

 

そして、強く閉じてしまうものだから、

強い息で、無理やり声帯をこじ開けるような方法を取ることになってしまいます。

(重い荷物を持つとき、お腹に力を入れると、喉に「ゔっ」と、力が入りますよね、それです。)

 

高音発声は、息の量は「少量」でいいのです♪

 

 

★歌うときのお腹を使い方は、

無理やり凹ませたりすることではないのです。

 

 

逆に、お腹は、凹ませないでいいのです!

凹まないということは、

横隔膜が下がっているということ。

お腹は、風船のように、膨らんでいる状態をキープするのです。

 

 

喉詰め発声になってしまう人は、

この間違ったお腹の使い方をしている場合が多いです。

 

 

ボイストレーニングにおいて、

お腹の使い方は、諸説あります。

 

 

・お腹で支える

・丹田に力を入れる

・インナーマッスルを鍛える

・お腹を内側に絞っていく

・ガチガチに力を入れる

 

 

いろいろ試してみて、

それでも、「声が出しづらいなー」という方は、

今回の「凹ませない=膨らんでいる状態をキープ=力を入れない」を、

 

是非、試してみてください。

 

喉が、とても楽になりますよ!

 

KAN☆

 

 

 


0 コメント

「体感している事=実際に起こっている事」ではない


 

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

「声」や「喉の中」は、目に見えません。

だからこそ「感覚的」な部分だけに頼ってしまうと思いますが、

その感覚が、実際に起こっている事と同じなの?

と言えば、必ずしも、そうではないんです。

 

 

 

分かりやすい例として、

「声を響かせる場所」は、よく感覚的に表現されます。

 

・胸に響かせる

・鼻に響かせる

・頭に響かせる

 

などの表現です。

耳にしたことがあるのではないでしょうか。

「えっ、違うの??」

 

はい、実際には、その場所には共鳴していません"(-""-)"

 

 

 

実際に、声が共鳴させられる場所というのは、

「口の中」だけ、なんです。

そして、声は前にしか出でない。

 

 

これは、きちんと認識しておくべき重要ポイント!!です。

この「実際に起こっている事」が分かっていて、

そのうえで、感覚的なイメージを持つのは良い効果が期待できます。

 

 

でも、それを知らずに感覚的な部分だけを頼りにすると、

思ったような声が出なくて、

悩んでしまうケースも多いんですよ。

たかだかイメージ、されどイメージ。

 

 

お腹から声が出ているような感覚

口の上顎に声を当てている感覚

ビブラートをお腹周りでかける感覚

 

 

他にも、歌声を出す時には、

たくさん体感していることがあると思います。

 

 

それらはすべて「声を出した結果、そう感じるだけ」なのです。

 

 

まずは、実際に起こっている事を知ること!

「体感している事」と、ごちゃごちゃにならないように。

ぜひとも、注意して練習してみてください。

 

KAN☆

 

 


0 コメント

強い声を出すときに、強い息を吐かないこと


 

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

強い声を出すときに、つい、やってしまう間違い。

それは「息を強く吐く」です。

発声の仕組みが分かっていれば、すぐに、間違いに気づくはずです!

 

 

強い息を吐くと、声帯を痛めてしまう事にもなりかねません。

特に、ロック好きな方は、その傾向があるので要注意です。

 

 

「声の強さ」は、声帯が閉じている時間、に関係しています。

 

 

小さい声の場合は、声帯が短い時間で開く。

⇒声帯の下の圧力は低い

 

大きい声の場合は、声帯が開くまでの時間が長い。

⇒声帯の下の圧力は高い

 

 

 

ちょっと難しくなりましたが、

この状態に「強い息」は、必要ありません。

 

 

では、具体的に声を強くする時は、

何を意識すればいいのか?というと、

息の量ではなく、声帯を強く閉じることです。

 

 

だから、強い声を出している時に、

息が足りなくなることは、まず、無いのです。

逆に弱い声の時は、息が足りなくなりやすい。

 

 

なぜかというと、声帯があまり強く閉じていないから。⇒息が漏れやすい!

 

 

強い声を出すときは、強い息は要らない。

この気づきで、あなたの歌は、もっと楽になりますよ。

 

KAN☆

 

 

 

 


レッスンレポート《歌唱編》口の開き方


 

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌うときの「口の形(開き方)」は、どのような形がベターなのか?

今回は、そんなテーマでのレッスンレポートをシェアさせて頂きます。

 

プロシンガーの口の形を見てみると、縦に開ける人、横に開ける人、ほとんど開かない人・・など、かなり個人差があるのが分かります。

 

 

結論としては、口の開け方に、正解・不正解はありません。

 

ただ、一つ、条件があります。

 

それは、喉の奥の空間をしっかり確保できていて、良い響きが作れていること、です。

 

 

 

口の開き方を変えると、喉の奥の空間の形も変わります。⇒これが、とても重要!!

 

 

例えば、「イ」という言葉を、以下の3パターンの口の開き方で、声を出してみましょう。

 

①口をに開く ⇒ 深い響き、こもった声、クラシック発声のような声、太い声、という印象が持てます。

 

②口をに開く ⇒ 浅い響き、明るい声、子供のような幼さを感じる声、という印象が持てます。

 

③口を丸っぽく(縦にも横にも、過剰に開けない)開く ⇒ちょうど、上記の2つの間くらいの響きが作れます。

 

 

 

口の形は、基本、丸っぽい形を作ると、良い響きが確保できる。

 

この形をチョイスした基準は、「聞いている人が、心地よいと感じる声」という点です。日本のポップスを歌う場合、

①の開け方では、声楽っぽくて合わない。②の開け方では、声が平らになり、キンキンした声になってしまう。③の開け方で歌ってみると、音色に安定感が生まれ、落ち着いた声で歌っていく事ができます。

 

 

一見、「イ」という言葉に、聞こえないんじゃないか?と思いますが、録音して聴いてみると、全く違和感がなく、言葉もはっきりと伝わります。

これは、歌うジャンルにもよっても多少変わる部分。例えば、ロックの場合は、口を大きく縦横に開き、エッジの効いた声が必要になりますので、曲の雰囲気に合わせても変えていくと良いでしょう。

 

 

口の開き方については、特に、ボイストレーニング初心者の方にアドバイスをすると、声の音色がとても良くなります。実際に、歌声の音色が整わず、バタバタして歌っている印象のある生徒さんに、実践してもらうと、歌声に落ち着きと安定感を感じる事ができていたようです。

 

 

重要なポイントを書いておきます!

 

口の開き方によって変わるのは、声の音色と響き。

 

開け方に、正解・不正解はない。

 

でも、曲やジャンルに合った音色を出す為に、変化させる必要がある。

 

喉の奥の空間を安定して確保することを優先し、日本のポップスを歌う場合、

基本、口の形は丸っぽく作ると良い。

 

 

口を開き過ぎて、喉の奥の空間が狭くなって、痛々しい歌声になる人がいます。小さすぎるのも良くありませんが、大きすぎるのも良くないのです。優先したいのは、喉の奥の空間です。

 

また、滑舌トレーニングなどで、過剰に口や顎を動かした言葉づくりのまま歌うと、響き、リズム、言葉運び、に良くない影響が出ることがあります。日常的なお話し声で、滑舌に問題がなければ、特に意識してくても良いでしょう!

 

 

ぜひ、口の形を意識して、心地よい音色を作っていってくださいね。

 

それでは、また!

 

KAN☆