上手く歌えない原因の根底に気付く

こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌が上手く歌えない原因は、人それぞれ、色んなタイプに分かれます。

 

表面的な部分だけを見てしまい、その根底にある原因まで気づかないで練習してしまうと、上達するまで、とても時間がかかることもあります。


例えば、「音程が外れやすい」という人は、聴き取り(ヒアリング)が間違っている場合と、発声(喉の使い方)が上手くいっていない場合と、どちらのケースも考えられます。


基本、歌は正しい練習を積んでいけば上達していくものです。

今回は、自分の練習法は本当に合っているのかな??と悩んでいる方へ、そのヒントになるかもしれないお話しです。

 

 

◆「状態」と「原因」のパターン紹介

 

状態その1:音程がズレる
原因・・・
上記にも書きましたように、原因は「耳」か「喉」のどちらかにある事が多いです。

 

ただ、耳の場合は、本人が音がズレていることに気付いていないので、殆どは喉(声帯の調整)が上手くいっていないことにあります。


また、すべての音がズレる場合と、ある一部の音域だけがズレる場合。フレーズメロディーラインが下がる時にズレる場合、逆に上がる時にズレる場合など、そのズレるポイントも人によって異なります。


まずは、自分自身で、どういう声(音域、声質)の時に、ズレやすいかを判明させてみて下さい。

 

 

状態その2:リズムがズレる
原因・・・リズム感は、少しかたい言い方をしますと「時間を等分する能力」があるということ。

 

そこでチェックして欲しいのが、リズムがズレるのは、歌っている時だけか、それとも歌っていない時も、なのか。


練習している曲を聴きながら、まずは、歌わないで手や足でリズムを取ってみる。その状態でズレる場合は、メトロノームを使って、声は出さずに一定の感覚を体で刻めるように練習してみると良いです。


歌っている時だけ曲のリズムに合わない場合は、リズム感ではなく、体や喉に余計な力が入って、過緊張によってリズムに乗れない状態になっているという事も考えらえます。発声が楽(喉まわりが脱力できている)になれば、解決できることなのです。

 

 

状態その3:プロとの差を感じる
原因・・・プロの歌手は、「その歌を聞きたい」と思うファンがいることで存在します。どんなに歌唱力があってもファンがいなければ、やっていく事はできません。


つまり、歌を通してファン(大衆)にメッセージを届けている。その想いを歌っているから歌に魂がこもり感動する。

 

歌をテクニックで歌わずに、あくまでメッセージとして届けているという点が大きな違い。


音域や声量がなくても、長くファンがついて活躍している歌手も沢山おります。歌う事がゴールではなく、歌を使って何を届けるのか?それを考えてみる事で、きっと歌が変わっていくと思います。


いかがでしょうか。

上手く歌えないという悩みの一例を、いくつかご紹介してみました。表面的な状態と、その原因を、安易に結びつけてしまわないように、じっくりと自分自身の歌を観察してみてくださいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


音程はあまり気にし過ぎないことも大事


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

歌う時に、まず気にしてしまうのが、きっと「音程」ではないかと思います。


「音を外したらどうしよう・・」という心配から、正確な音程を取ろうとする意識が強くなるのは当然です。音程は、とても繊細なもので、例え、自分で合っていると思って歌っていても、実際は、微妙にズレていたりすることもよくあります。


それは、録音して聞いてみないと分からないようなレベルだったりもします。それぐらい音程は繊細なものなの。音程を気にし過ぎて、逆に、音が取れなくなってしまう、、というケースも少なくないのです。

 

 

 

◆気持ちよく声を出すこと

 

歌っていて音程を気にしてしまうと、「守りの歌い方」になってしまう。


本当は、解放的に気持ちよく声を出して、聴いている人を楽しませるという目的があるにもかかわらず、それができなくなり、なんとなくこなす歌い方になりがちです。


聴いている側からしますと無難に歌ってはいるけど、なんかイマイチ伝わってこない・・という印象になります。


音程を意識し過ぎるあまり、単純に、大きい声を出すことや、歌を楽しむこと忘れないようにしましょう。


また、カラオケの採点バーに気を取られてしまうもの同じです。声が小さくなり、声に張りが無くなると、機械も音として感知しにくくなり、声がぼやけて、点数が下がる・・という事も考えられます。


もちろん、音程をしっかりとる事は重要です。しかし、声が小さくなったり、ぼんやりした声になったり、歌を楽しめなくならないように気をつけながら練習をしてみましょう。

 

****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


カラオケ採点で気をつけたいこと


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

カラオケに行くと、気になるのが点数(採点)です。


ステージで歌う時とカラオケで歌う時。その2つを、しっかりと意識を分別できている人は大丈夫ですが、今回は、カラオケ採点時に気を付けておきたい事を、お伝えしていきましょう!

 

 

◆採点バーの意識

カラオケで高得点を出すには、なんといっても音程がポイントです。採点機能の音程を示すバーは、左から右に動いていき、音がシャープ(上がり過ぎる)と上にずれて、フラット(下がり過ぎる)と下にずれるように表示されます。


ここで、ポイント①


音程を上下に意識し過ぎないようにしましょう!


採点バーを見ながら歌うと、どうしても音程を上下に捉えてしまいがちになります。でも「日常生活で声を上や下に出す」という意識は、まず持たないですよね。そう、話しかける相手は常に「前」にいるからです。


すると不自然さが出てくる場合がありますので、音程は上下ではなく、前後の距離感として歌ってみると発声的にも楽になります。

 

 


◆歌詞を見る意識


ポイント②は、歌詞への意識です。


カラオケでは歌詞を見ながら歌う事が多いと思います。目に飛び込んでくる情報は、特に、強く意識が働いてしまうもの。


つまり「歌詞をいう」という意識が、まず最初に来ます。そうすると、それ以外の要素(リズム、音程、メンタルの部分など)が2番手、3番手に後回しになります。


できることなら「無意識にやれることは、意識しないで歌えるようにする」と歌に余裕が生まれてきます。歌詞を覚える、音程を覚える、というのは、少し練習をすれば頭に覚え込むことができます。


そうすると、その2つは「意識 ⇒無意識」に変える事ができるので、それ以外の事に気を配れるようになる!


カラオケで高得点を出すという目的だけであれば問題ないことなのですが、いざ、人前に歌うとなった場合の時をしっかし想定して、練習を行ってみて下さい。ぜひ、参考にしてみてください(^^♪

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪
 


第一声目でお腹を力ませない


 

歌っている時、お腹への意識の持ち方は、かなり個人差があるようです。
インナーマッスルに力を入れる、ぐいぐい凹ませる、前に突き出す、軽く支える、特に意識しない・・、など。


いったい、どの意識&状態が発声上、都合がいいのでしょうか。

 
これは、実際に自分で、色んな方法を試してみる事を、お勧めします。
それは、誰かと同じ意識をしてみても、お腹の状態が同じになっているとは限らないからです。

皆それぞれ、動かし方や使い方が微妙に違うので、自分に合った、声の出しやすいお腹の状態を作ってみると良いと思います。

とはいえ、参考までに、お伝えいたします。

 
お腹の「良い状態・悪い状態」

僕自身、また、生徒さんにも協力してもらって、お腹の動かし方によって(高い)声の出しやすさを確認しました。


以下のパターンで実施。

 
①へその上(腹筋)を、第一声目から「ぐっ」と力を入れる
⇒ これは、一番、声に悪い影響が出ました。反射的に喉や声帯に、過剰な力みが入り、声がつぶれます。「6個に割れる腹筋」は、使わなくてもよいです。

 


②へその下(丹田)を、第一声目から「ぐっ」と力を入れる
⇒ 一般的には、この方法がスタンダートに広まっていると思います。ただ、第一声目から力を入れると、あっという間に、息が足りなくなるケースが多いです。また、高音発声時に、力を入れるとやはり喉に過剰な力みが入ることがあります。

 
③お腹は、凹ませない。(膨らんだままをキープ)
⇒ まったくお腹には力を加えないという状態。実は、これが一番、声が出る!という結果に。なぜかと言いますと、この状態は、横隔膜が下がっている状態を維持できているからです。

 
④お腹を突き出す(主に、高音発声時に)
⇒ この方法は、高音部分以外は③の状態で歌い、高音発声の時に、お腹を前に突き出してみました。結果、気道が開く(喉が楽)感覚があり、発声が楽に感じます。ただ、音程が下に引っ張られる感じがあり、ピッチコントロールを上手にする必要がありました。※お腹を下方に下げるというイメージに近いかもしれません。

 

【まとめ】

◆現実としてグッドな、お腹の状態は、
歌っている時は、常に横隔膜が下がっていること。(お腹まわりが膨らんでいる)

◆意識レベルでコントロールできることは、
歌っている時は、お腹は凹ませない、力を入れない。ふわっと、風船のように常に膨らんでいる状態を保つこと。

ぜひ、これは、実際に試してみてください。



かなり声が出しやすくなると思います!じゃあ「歌う時は、お腹に力をいれてー」って、一体なんだったの?と思ってしまう人もいると思いますが、「力の入れ方が違う」と思って、実践してみてください。

 

最後にもう一度、
歌っているときは、常に、お腹が膨らんでいる状態をキープする。
内側に凹んでくるような力は、無理に入れないこと。なので、ほぼ、お腹に力はいらないのです。

 


お腹をぐいぐい凹ませると、喉詰め発声になりやすい


 

こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌う時の「お腹の使い方」について

あなたはどんな意識を持っていますか?

 

 

発声の良し悪しに関係するのは、

お腹よりも、声帯(喉)の使い方が主ですが、

お腹を間違った使い方をしてしまうと、声が出しにくくなる事があります。

 

 

間違った使い方とは??

 

 

それは、声を出す第一声目から

「グイッ」とお腹に力を入れてしまう事です。

 

 

これをしてしまうと、

瞬間、声帯を「バチっと」強く閉じてしまうので、

喉を痛める原因になります。

 

 

そして、強く閉じてしまうものだから、

強い息で、無理やり声帯をこじ開けるような方法を取ることになってしまいます。

(重い荷物を持つとき、お腹に力を入れると、喉に「ゔっ」と、力が入りますよね、それです。)

 

高音発声は、息の量は「少量」でいいのです♪

 

 

★歌うときのお腹を使い方は、

無理やり凹ませたりすることではないのです。

 

 

逆に、お腹は、凹ませないでいいのです!

凹まないということは、

横隔膜が下がっているということ。

お腹は、風船のように、膨らんでいる状態をキープするのです。

 

 

喉詰め発声になってしまう人は、

この間違ったお腹の使い方をしている場合が多いです。

 

 

ボイストレーニングにおいて、

お腹の使い方は、諸説あります。

 

 

・お腹で支える

・丹田に力を入れる

・インナーマッスルを鍛える

・お腹を内側に絞っていく

・ガチガチに力を入れる

 

 

いろいろ試してみて、

それでも、「声が出しづらいなー」という方は、

今回の「凹ませない=膨らんでいる状態をキープ=力を入れない」を、

 

是非、試してみてください。

 

喉が、とても楽になりますよ!

 

KAN☆

 

 

 


0 コメント