鼻腔共鳴は「鼻声」ではない!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

皆さん、鼻腔共鳴という言葉を知っていますでしょうか?

 

恐らく、特に高音発声を伝える為に言語化したものだと思いますが、この発声ができている人と、間違って鼻声になってしまって人を多く見かけます。

 

歌声の良し悪しは、リスナーの聴感の部分が大きいので、例え鼻声のような声になっていたいとしても、リスナー側が「良い声」と感じれば、それはそれでOKとなります。

 

しかし、基本的には鼻声は、詰まり感、幼稚感のある印象を与えてしまう為、避けた方がよいと思います。

 

その自主チェック方法として簡単なのが、

 

鼻を摘まんで「ラララ~」で歌うこと。

 

この時に、もし鼻声のような音色になっていたらNGです。

 

口から息が十分に流れていない可能性があります。

 

簡単に確認できるので、ぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

 

Loose Voice


歌声は地声で魅力を出そう


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

最近は、ミックスボイスという発声が認知されて世に出ている楽曲も高音域がどんどん広がっています。

 

ミックスボイスという状態は、高音を楽に出す為に地声と裏声の中間のような状態で出す声の事を言います。

 

もちろん、喉は楽になりますが、男性であれば中世的な声(女性のような声)に近づいていく事になるので、男性らしい太い響きが多少なりとも薄れます

 

「高音を出しやすくする」→ 「ミックスボイスを習得」

 

「ミックスボイス」→ 「男性らしい魅力が薄れる」

 

感覚的な話になりますが、男性らしい響きで出せる地声は「HiA」「HiB」位までだと感じます。それ以上の声は、かなり裏声の響きに近づくので、個性や魅力が薄れていきます。

 

その証拠に、裏声は誰もが似ている音色になりますよね。有名な歌手でも全部裏声で歌われたら本人だと判明できるかは分かりません。

 

結論としては、高音を出す為にはミックスボイス状態の発声が必要だが、あまりにも裏声の音色に近づけすぎると地声の魅力が薄れるので、自分の適切な音域を把握しておくことが重要になります。

 

Loose Voice


喉締め改善にはファルセット発声が有効


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉締め発声を改善する時に、最初に行う発声練習は「裏声(ファルセット)」になります。

 

その理由は、裏声の方が地声よりも喉の脱力がし易いからです。そして、当スクールで重視しているのは【裏声の精度】です。

 

精度とは、どういった意味なの?

 

それは「吐く息の量が十分か」という点です。

 

息の量が少ない場合、声帯が閉じ気味になっている状態なので、その状態で地声を出すと更に締まってしまいます。

 

まずは、裏声で十分な息が吐けること。これが喉締め発声改善の第一歩となります。

 

プロシンガーで言いますと、玉置浩二や手島葵のように空気感のある声が出せる事が必要になります。まずは、モノマネでもよいので練習してみてくださいね!

 

Loose Voice


2023年末年始休業のお知らせ


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

当教室は下記の期間、誠に勝手ながら年始休業とさせて頂きます。

 

■年末年始休業

2023年12月31(日)~2024年1月4日(木)

 

年始は1月5日(金)からレッスン開始いたします。体験レッスンのお申込みも5日より可能となります。

 

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

Loose Voice


歌が上手く聞こえる歌声とは?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌が上手く聞こえる歌声って、どんな声でしょうか?

 

例えば、音程、リズム、歌い方も同じである2人がいるとして、違うのは声質だけだとして考えてみましょう。

 

声(=音)として聞いていて心地よい方が、必ず、好印象を与える事ができます。日常生活の中でも嫌な音(騒音、びっくりする音、ひっかく音)は存在しますよね。それと同じように歌声も、聞き苦しい声を避ける必要があります。

 

そこでポイントになるのは

【声と息のバランス】です。

 

声は息を使う楽器と同じです。綺麗に音を鳴らす為に程よい息を吐き続ける事が必要にになります。

 

息が多すぎると声が続かなくなり、息が少なすぎると詰まった声になります。

 

そのどちらにも該当しないように息のコントロールをしなければなりません。息の出口は「声帯」です。

 

つまり、肺から一定の息を押し上げて声帯でどれぐらいの息を吐くかをコントロールしているわけです。

 

よく、息はお腹(横隔膜)でコントロールするといいますが、これは半分しか合っておりません。

 

蛇口にホースを付けて水を出すイメージに例えてみますと「横隔膜は蛇口レバーの捻り具合」であり「声帯はホースの先の穴をどれくらい絞るか」になります。

 

重要なのはホースの先(声帯)のコントロールです。このコントロールが上手くいけば、程よい息を送り出す事ができ、結果、聞きやすい歌声を作る事ができるのです。

 

Loose Voice 


なぜマイクを使った方が良いのか?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌を練習する時は、マイクを使って歌うこと。

 

なぜ、マイクを使った方がいいのか、その理由を上げてみました。

 

 

①スピーカーの声や音を聞いて欲しい

実際にカラオケやライブで歌う時、自分の声はスピーカーから聞こえてきます。そして、その音がお客さんにも聞こえています。

どんな声を歌っているかを確認するのはマイクを通した声になるからです。

 

 

②マイクの使い方を知って欲しい

良い歌声が出せていてもマイクの使い方が間違っていると、良い声が入力できません。マイクの向き、距離、パフォーマンスなども含め、どう使ったら自分の良い声が入るのかを確認しておく必要があります。

 

 

マイクを使った途端に、力んでしまったり声量が何倍も上がってしまったり、

そういった事が起こらないように、日頃の練習からマイクを使っておくようにしましょう!

 

Loose Voice


「歌が上手い」と「声が良い」の関係


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

「歌が上手い」と「声が良い」の関係についてのお話です。

 

歌には大きく「発声」「音程」「リズム」が関わってきます。この中のどれか一つでも違和感がありますと歌が上手じゃない・・という印象を持たれてしまいます。

 

よくあるのが、音程とリズムは合っているのに自分の歌が上手く聞こえない・・という状態。これは声という楽器の音色(音質)に原因がある事が多いです。

 

・聞いていて心地よい声(綺麗な声、明るい声、抜けのある声)

・聞いていて疲れる声(苦しそう、ガサガサ声、暗い声)

 

メロディーを奏でる前の「音」の段階で良いものが出来ていないと、その後に奏でるメロディーが素敵であっても、上手い歌唱にならない場合があります。

 

例えば、バイオリンやトランペットでも、鳴っている音色が良くないと演奏をしても上手く奏でる事ができません。なので、基礎の音だしに時間をかけているのだと思います。

 

歌も声という「音」ですから、奏でる音をしっかりと作っていければ、歌の上達に結びつけることができます。ぜひ、参考にしてみてください♪

 

Loose Voice 


喉締め発声は治らないのか?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉に力は入り歌が歌いづらい・・という多くの人が持つ悩み。喉締め癖が長年ついてしまっている人ほど、改善には時間がかかるものです。

 

高音で喉が締まる感じがするという場合、実は、その手前の「中音域」の発声が良くない場合が多々あります。

 

喉が苦しい、締まる、重たい、詰まる・・など、こういった感覚を感じる前の段階で、すでに少し喉が締まっているのです。

 

つまり、改善の練習は手低音~中音域から行う必要があります。

 

その方が確実に喉締めを改善する事ができ、しかも時間が短縮できるのです。

高音だけを練習するのではなく低音にも、しっかりとフォーカスして発声練習する事が重要です。

 

Loose Voice


ボイトレの必勝法は高音の認識を変える事


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングをやる前に、これまでの認識を変えておくと良い事があります。それは「高音についての認識」です。

 

殆どの人は、高音は【太い声、強い声、重い声】とイメージを持っているようですが、実際は【細い声、軽い声、明るい声】が正解です。

 

どんな楽器でも高音になるほど、音は細くなり明るい音色になります。

 

声も楽器と同じようになっていくのが自然です。

 

高音で張り上げてしまうような人は、声を太くして声量を上げていませんか?

 

正しい発声は実は真逆の声になるのです。行いたい練習としては【音が上がっても声量を上げない】という練習です!

 

音域と声量が常に比例して上がっていくような状態を無くしていきましょう♪

 

Loose Voice


歌う時、喉が上がる人はどうすればいい?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌っていると喉に力が入って喉仏が上がってきてしまう・・という悩みをよく聞きます。

 

確かに喉仏が上がり過ぎると息の通りが悪くなり、声が出し難くなります。しかし、だからと言って力を入れて下げたままにして歌うと、違和感のある歌声になります。

 

結論としては、【喉仏を上下させる筋肉の柔軟性を高める】こと

 

喉仏は、歌っていると言葉によってある程度、上下に動きます。そこで上に上がる筋肉が強いと曲の後半で辛くなってきたりします。

 

ですので、上下に動かす筋肉のバランスを整える事が必要になります。下げる筋肉と上げる筋肉を柔らかくしておく。

 

運動の前のストレッチと同じようなイメージです。これは体を柔らかくするように、毎日行う必要があります。

 

日常的には、喉仏を上げる運動の方が割合が多いです。(飲食する時)逆に下げる運動は少ない(あくびをする時)

 

日頃から、喉仏を下げる運動を取り入れる事で、確実に声の出しやすさが変わっていきますので、ぜひ、ルーティンに入れていきましょう!

 

Loose Voice


歌手の歌声には○○がある!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌手の歌声と一般人の歌声では、何かが違う。。

 

説明はできないけど歌手の歌声の方が魅力的に感じる。

 

そう思った事はありませんか?

 

これは生まれ持った才能ではなく、一つには、声の質に違いがあるのです。その違いは簡単に言えば「声の明るさ(トーン)」になります。

 

「明るい声=子供っぽい声」ではありません。深みのある声の中に突き抜けるような抜け感と明るさがあるのが歌手の歌声です。

 

逆に発声トレーニングを行った事のない、一般的な人の歌声は、声が重くこもり気味の声な人が多いです。

 

どれぐらいの違いがあるのかを確認するには、歌手の歌声と自分の歌声を同時に録音して聞いてみる事です。そうすると明るさの違いがよくわかるはずです。

 

ぜひ、この違いの発見を行ってみてくださいね!

 

Loose Voice

 


鼻声は、これで改善できる!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

自分の歌声を録音して聞き返すと「鼻声に聞こえる・・」と感じたことはないでしょうか?

 

実際に鼻が詰まっているわけではなく、鼻に声を響かせようとしているわけでもないのに、鼻声に聞こえる場合、次の方法で改善できます。

 

鼻声の改善練習

鼻を摘まんで(鼻呼吸ができない状態)「ラララ」で発声する

 

鼻を摘まんで発声すると、もし鼻声になっている時は、分かりやすく声の音色が変化します。そうならないように発声すること。

 

ポイントは「口からしっかりと息を吐く」意識を持つことです。

 

鼻声は息の流れが不十分な時に起こります。

 

ぜひ、練習してみてくださいね!

 

Loose Voice


喉締め発声の人は、これが苦手


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉締め発声で悩んでいる人の多くは裏声を出すのが苦手・・という場合があります。特に、裏声の中でも息を多く使う「ファルセット」=囁くような優しい裏声です。

 

ファルセットを出すには、声帯を閉じ過ぎず、ある程度は開いた状態で息を通過させる必要があります。

 

喉締め発声で悩んでいる人は、この声帯を開き気味で発声する事が苦手なので、ファルセットを出そうとしても声が大きく出てしまうのです。

 

ファルセットのイメージとしては、歌手の手島葵さんの歌声を聞いてみると分かりやすいと思います。かなり息の成分が多く、微かに声が出ている歌声です。

 

これを、ぜひ、マネして欲しいのです!

 

マネ出来ていると思っていても、録音して聞き返してみると「息の成分が思ったより少ない・・」なんて事も多々あると思います。

 

喉締め改善には、とても重要な声になりますので、必ず、出せるようにしていきましょう♪

 

Loose Voice

音程、リズム、言葉のバランスを取ろう


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌う為の3大要素は「音程(メロディー)「リズム」「歌詞」です。

 

この3つのバランスが良いと歌が上手いという状態に近づく事ができます。一般的には【発声と音程】に目がいきがちです。

 

歌詞は覚えればよいとして、意識が外れてしまいがちはのは「リズム」です。

もし、リズムが無ければ、音程のある朗読・・になってしまいます。

 

とても単調で退屈に感じてしまいそうですよね。

 

でも歌は、そこにリズムがあるから、心地よいわけです。リズムとテンポは、少し意味が違いますが、大事なのは【リズム感を出して歌う】という事です。

 

良い歌声で音程も合っているのに、何かが惜しい・・と感じる時は、リズムに目線を向けてみると何か発見があるかもしれません。

 

現在、世に流れている邦楽は、洋楽の影響を受けている曲がほとんどです。洋楽のヒットチャートを見ると、まずリズムが耳に飛び込んできます。

 

そのリズムの重要さに気づくことで、更に、あなたの歌が上達していくでしょう!

 

Loose Voice


舌の脱力発声法!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉に力が入ると思っていたけど、実は「舌」の力みが発声の邪魔をしていた・・という人が少なくありません。

 

口を開けた時点で「舌は下方向に」力が加わります。これは自然なことではありますが、舌を下げる意識(チカラ)が強すぎると、余計な力みとなって発声がしにくくなる場合もあります。

 

そこで、舌先を1ミリ程度、浮かせて発声してみる練習をおススメします!

 

通常、「あいうえお」の母音は全て、舌先が下の歯の裏あたりに付いていますが、それを敢えて浮かせて発声してみるのです。

 

すると、舌の余計な力みが無くなりスムーズに発声できる場合があります。騙されたと思って、ぜひ、試してみてくださいね!

 

Loose Voice


裏声を地声と勘違いする原因は?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

裏声を出しているのに、自分自身では地声と思っている人がおります。この勘違いの現象はなぜ、起こるのでしょうか?

 

特に女性に多い傾向がありますが、男性でも一部、起こることがあります。

 

どんなタイプの人に多いか簡潔に言いますと、

 

・地声と裏声が繋がっている人

・裏声を強く出す事に慣れている人

 

この2つです。

 

地声と裏声が繋がる事は良いのですが、裏声になっている感覚が分からない・・というのが困ります。実際に、曲の中で地声から一気に裏声にチェンジする歌い回しができない事になります。

 

また、裏声を強く出して地声っぽく聞こえるように発声する人も、裏声の喉の状態に、地声の感覚を混ぜてしまうので混乱してしまいます。

 

この問題を解決するには、初めに「純粋な裏声(ファルセット)」を出せるようにする必要があります。

 

誰が聴いても「裏声だね」と分かる声です。

「裏声にも聞こえるし、地声にも聞こえる・・」という声はNGです。

 

レッスンでも、まず初めに練習するのは、ファルセット発声になります。それぐらい重要な発声なのです!

 

Loose  Voice


高音の間違った思い込みを無くそう


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高音の発声トレーニングを行う際に、間違った思い込みを正しいものに変えていく必要があります。

 

高音って○○だ!という○○が間違っていると、ゴールとなる高音のイメージが間違っているので、いつまでも上手く出せない・・という状態が続いてしまうからです。

 

よくある、間違った思い込みを幾つか上げてみまししょう。

 

■高音の間違った思い込み

 

・太くて力強い声だ

・高音になるほど声量も大きくなるものだ

・多少は喉に負担がかかるものだ

 

 

■正しい認識に変えよう

 

・軽くて明るい声だ

・高音になっても声量はあまり上げない

・声の抜け感があり喉は楽だ

 

特に【高音は太い声だ】と思っている人は、なかなか声が変わりにくい傾向があります。

 

ギターで例えれば、高音は1弦のようにキラキラした軽い音になるべきなのですが「太い声だ」と思ってしまうと6弦で高音を弾いているような、重くこもった声になってしまうからです。

 

その発声ですと、たとえ何とか高音が出たとしても、苦しそう・・、ギリギリ感・・が出てしまいます。

 

発声練習に入る前に、まずは、高音の正しい認識とイメージを持っていきましょう♪

 

Loose Voice

巻き舌の効果とは?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

リップロールに似た発声練習で巻き舌(タングトリル)という練習があります。

 

これは実際に、どのような効果があるのか?

 

リップリールは唇を震えさせますが、巻き舌は、その名の通り「舌」を振動させます。喉が上がり過ぎる、舌の奥が硬くなるような感覚があり力んでしまう・・という悩みがあります。

 

この悩み改善の効果が期待できるのが「巻き舌」です。

 

練習方法

 

言葉を喋れば、舌は自由に動きますが、なるべく硬直や上昇を抑える為に、

少し顎を上げて斜め上を見上げます。

 

その状態で巻き舌をしながらメロディーをなぞります。

 

何回か巻き舌でメロディーをなぞった後に、歌詞を言って歌ってみてください。これだけでかなり喉や舌の脱力ができているはずです。

 

脱力とは、意識してもできない事が多いので、ぜひ、この方法で獲得していきましょう♪

 

Loose Voice


発声の基礎はファルセットである


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

長年、ボイストレーナーとして数多くの生徒さんを指導しておりますと、発声の基盤は「ファルセット(裏声)」にあると強く感じます。

 

ボーカルスクールに通う人の多くは、歌の上達を目指し、発声では高音を出せるようになりたいという目的があります。

 

発声の癖が強かったり、喉に力みが入る人は、必ずと言っていいほど「ファルセット」が綺麗に出せません。

 

出せていると思っていても、声にノイズが入っていたり、こもったり、声色が暗かったりして歌声として使えるほどの段階にない声の場合が多いです。

 

長年、ボイストレーニングをやっていて、声の成長を感じられない人は、このファルセット(裏声の優しい声)を出せるか確認してみましょう!

 

当教室のレッスンでも必ず、ファルセットからスタートしています。

 

Loose Voice


歌手と一般の歌声の違いって?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌手の歌声と一般人の歌声を比較した時、一番の違いは何なのでしょう。

 

実は、この歌声の違いが「歌が上手い」と思われるかどうかに深く関わってきます。結論から言いますと、一番の違いは「声の明るさ(トーン)」です。

 

例えば、同じ音程でも「明るい声」「暗い声」がありますよね。

 

歌手は、一般人よりも圧倒的に明るい歌声で歌っています。

 

ここに気が付いていないと、ボイトレでいい歌声を出せたとしても、「何かが歌手とは違う・・」という壁にぶつかってしまいます。

 

歌手の歌声は安定感があるので、明るさよりも「太い、深い、強い」というイメージが先行してしまいがちですが、実は違います。

 

圧倒的な【明るさ、抜け感、軽快感】があります。

 

ここを気を付けながらレッスンしていきましょうね!

 

Loose Voice

 

出しにくい高音より中音が重要


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングを習う理由で一番多いのが「高音の出しづらさの改善」です。

 

歌っていると、

「この音以上の高音が出しにくいな・・」と感じる音程があると思います。

 

そうすると「その出しにくい音」を何とか上手く出せるようにと練習をしてしまうとのですが、実は、原因は、その音ではありません!

 

その一つ前の音程から修正しないといけないのです。

 

ざっくりとした説明例になりますが【高音域が出しにくい人は、中音域の発声が良くない状態にある】事が多いからです。

 

症状(喉が詰まるなど)として出ているのは高音でも、手前の中音域の発声から、その兆候が始まっているのです。

 

なので、練習する時は、いきなり高音を練習するのではなく、中音域から丁寧に作り上げていく事で最短で高音の発声が整うようになります。

 

ぜひ、練習の参考にしてみてくださいね!

 

Loose Voice


対面レッスンのメリット


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

最近は、オンラインレッスンも主流になりつつありますが、個人的には、やはり対面レッスンが一番メリットを感じています。

 

 

対面レッスンのメリット

 

①講師の見本となる声を同じ空間で聞けること

 

②指導内容についてのコミュニケーションが円滑にできること

 

③繊細な声のニュアンスが伝わり易いこと

 

④レッスンの盛り上がりや雰囲気が良い方向になること

 

 

日々のレッスンで、このようなメリットを感じています。

 

勿論、物理的に通えないような距離のある人は、オンラインレッスンで受講頂くのが効率的かと思いますので、ケースバイケースですが、総合的に上達するスピードも対面の方が早いように感じております。

 

ぜひ、ボイストレーニングに興味のある方は、一度、スタジオに足を運んで来て頂ければと思います!

 

Loose Voice

 


男女の平均的な地声の音域は?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

地声で出せる音域には、個人差がありますがおおよそ平均的には、どれくらいまで出るものなのか?

 

そんが疑問に答えていきたいと思います。

 

■男性

出しづらくなるのは「高いミ(E4)」あたり

トレーニングで出し方を整えていくと「高いソ(G4)」が平均になります。

 

■女性

出しづらくなるのは「高いラ(A4)」あたり

トレーニングで出し方を整えていくと「高いシ(B4)」が平均になります。

 

もちろん、これは凡その平均値なので、男性でも「B4」女性なら「D5」あたりまで出せる人もいます。

 

もし、現状で、上記の平均値の音よりも低い音しか出せない・・と感じている人は、練習次第で音域は広げていく事が可能です!

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

Loose Voice


歌が上手くなる為の3要素


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌が上手くなる為には、大事な要素が3つあります。

 

①音程

②リズム

③発声

 

基本的にはこの3つが整っていれば、歌は上手く聞こえます。どれか1つでも違和感のある状態ですと、何かが惜しい・・という印象を持たれる事でしょう。

 

この中で「発声」だけは、とても曖昧なものです。なぜなら数字で表せないものだからです。音程やリズムは、外れれば数字で確認する事ができます。

 

発声に「正解」はありませんが、上手く聞こえる為には、ある程度は「聞きやすい声」を出す必要があります。

 

なぜかと言いますと、聞きずらい歌声のままで、音程やリズムがあっていたとしても、それが結果的に「上手い」に繋がる事が難しいからです。

 

発声だけに執着してしまうのも違いますが、楽器として考えた時に、聞きやすい楽器(=声)にしておく必要はあると思います。

 

一緒に、歌声を作っていきましょう!

 

Loose Voice


歌のレッスンで言う「喉」とはどこか?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボーカルレッスンで使われる「喉を開く」の喉って、どこを指しているの?

 

今回は、分かりやすくイラストで説明してみました。

仙台ボイストレーニング Loose Voice

喉を開くには、舌や喉仏を下げる(あくび状態)にすれば作る事ができますが、無理やりその状態を作るのは違います。

 

あくまで自然体で出来ます。

 

その証拠に口を開ければ舌や喉仏は勝手に下がります。

 

あまり意識せず、喉を開くことができるのがベストになります!

 

Loose Voice


先生と生徒の意思疎通が大事


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

発声練習を行っていく上で大事なことがあります。

 

それは『その練習内容と目的を生徒に伝えてあげること』です。

 

ただ指示に従って声を出しているだけの発声練習は、その目的や曲中での使い方までイメージを持つことができません。

 

・どうして、その言葉を使うのか

・何を意識してほしいのか

・曲中にどう活かす事ができるのか

 

こういった目的や意図と、実際の歌での使い方まで伝えたうえで、発声練習をする事で生徒の理解が深まり、吸収力が何倍もになります。

 

ボイストレーニングを行っていても声が変わらない・・と悩んでいる人は、今回の内容を参考に先生に質問してみると良いと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

 

Loose Voice


歌い出しをミスしないコツ


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌が上手いなぁ~という印象は、初めのワンフレーズで決まると言っても過言ではないです。

 

それぐらいで出しの声は、慎重に出さなければなりません。余裕があってサラッと声を出す為には、ひとつ、コツがあります。

 

それは『口の形を作ってから発声する』

ということ。

 

普通は、声を発すると同時に口を開くと思いますが、そのタイミングですと、キレのある声になりにくい。ですので、数秒前に口の形を作っておき、息も吸い終わっている状態から発声します。

 

そうする事で、最初の一音目がとてもクリアになり、理想的な歌声で始める事ができるようになります。

 

誰でもできる簡単なコツですので、ぜひ、使ってくださいね!

 

Loose Voice


ミックスボイスは個性が薄れる?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高音を出すボイストレーニングでミックスボイスがあります。ミックスボイスは、地声であるにもかかわらず、限りなく裏声の声に寄せていくような発声法です。

 

裏声は高音が出しやすいので、地声を裏声に寄せていく事で、高音が出しやすくするという理屈です。

 

確かに、高音を出すにはミックスボイスという発声が必要なのですが、それが歌声として良い効果を出せるかは、また別の話です。

 

『楽な発声=魅力的な歌声』になるとは限らないからです。

 

ミックスボイスは、地声の要素が減り裏声の響きに近くなります。

 

でも、その裏声には個性が少ない。(=個性を出しにくい)

 

歌手の歌声であっても、地声で歌うと「あっ、あの歌手の声だ」と分かりますが、裏声だけを聞いても、他多数の声と変わりがないように聞こえて、誰の声が分からなくなります。

 

ミックスボイスは、その裏声の音色に近づいていくので、あなたの個性が薄れるリスクもあるわけです。

 

ある程度、地声の響きを残していればミックスボイスが成功と言えますが、裏声のように線の細い地声になってしまうと、オシイ結果になることもあります。

 

最終的には、自分の理想の歌声になればOKです。

 

そのゴールをしっかりと見据えて、ミックスボイスやボイストレーニングを行っていきましょう!

 

Loose Voice


ボイストレーニングは正確性と継続力


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

ボイストレーニングを行えば、誰でも今以上に声量、音域、声質などを伸ばしていく事ができます。しかし、練習しても成長が感じられない・・という人も少なくないと思います。

 

長年、ボイストレーニング指導を行ってきて、そこには『発声練習の正確性』の重要さを感じます。

 

良い変化や成長をしていく為には「自己意識を持って練習する」必要があります。例えば、先生に「口角を上げて歌ってみよう」と言われた時、その言葉だけを受け取って口角を上げるだけでは50点です。

 

 

・なぜ口角を上げる必要があるのか?(理由)

 

・口角を上げると何が変わるのか?(結果)

 

・どれくらい上げるといいのか?(状態・加減)

 

・上げた事で良い感覚を得られたか(分析)

 

 

こういった、一つ奥にある考え方、意識を持って練習する事が必要になります。そうしないと自分で使えない(コントロール)からです。いざ歌う時に、「このくらい口角を上げれば、こういう声が出せる」という判断を自分で行うことになりますからね!

 

 

そして、もう一つは、意識を持ちつつ継続する事です。

 

ボイストレーニングは、筋トレやダイエットのように、地道に積み上げていく事で効果が表れるものです。

 

正確で質の高い練習内容と、自己意識、そして継続力です。

 

この2つが揃ってボイストレーニングを行えば、必ず、あなたの声は変わっていきます。ぜひ、心に留めておいてください♪

 

Loose Voice


2023年ボイストレーニング仙台Loose Voice


皆様

 

明けましておめでとうございます。

 

仙台Loose VoiceのKANです!

 

昨年は、沢山の方にレッスンに通って頂き、ありがとうございました。

 

今年も一人でも多くの人の発声の悩みに応えらえるようにレッスンしていきます。

 

新年は、1/5(木)より営業開始です♪

 

今年もよろしくお願いします!!

 

Loose Voice


発声改善の為の練習曲は?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

レッスンでよく頂く質問です。

 

練習曲は何かいいですか?」

 

発声を改善しながら歌う曲の選曲は、とても重要です。ポイントは発声を意識しながら歌えるような曲になります。

 

つまり、スローテンポで言葉の数もあまり多くない曲です。

 

また高音が多発するような曲もやめておきましょう。まずは、自分に無理のない音域で、もし高音が出てきた場合は、無理をせず裏声で対応します。

 

例えばこんな曲がおススメです。

 

・テルーの唄

・なんでもないや(RADWIMPS

・糸

・ハナミズキ

・メロディー(玉置浩二)

 

こういった曲を選ぶとボイストレーニングで練習した発声の感覚を意識しながら歌えると思いますので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

Loose Voice


大きい声が出せる事の重要さ


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌声が出しにくい人で「もともと歌声が小さい」という場合、発声の仕方をトレーニングする前に、とにかく大きい声を出す練習をする必要があります。

 

少し詳しくお伝えすると「声が小さくで声帯が閉じ気味の人」です。特に男性に多い傾向がありますが、話し声よりも、歌声がだいぶ小さくなってしまう人。

 

この場合、発声の仕方から練習しても、歌声のベースとなる「呼気圧、エネルギー感、声を届ける感覚やイメージ、喉の解放感など」が体感で理解できていないので、発声が上手でも、お客さんに声が届かない・・という結果になる傾向があります。

 

これは幼少期などに大声を出していたか、という経験が関係してきます。

 

運動部の応援で声を出していた、音楽の授業で大きい声で歌っていた、話し声が大きかったなど、過去の経験があればクリアできているはずです。

 

逆に、そういった経験がない人は、ボソボソ声になり高音を出す以前の問題をパスしなければなりません。

 

「ヤッホー!」「オーィ!」などが大きく出せればOKです!

 

声の開放を行う事が、第一歩目になりますので、まずは大きな声を出せるようにしていきましょう。

 

Loose Voice


2022年末年始休業のお知らせ


仙台Loose Voiceは、誠に勝手ながら以下の期間を、年末年始休業とさせて頂きます。

 

■2022年12月30日(金)~2023年1月4日(水)

※年始は5日(水)より営業開始いたします。

 

体験レッスンのご予約は、お早めにお申込みください♪

 

Loose Voice


歌う時の顎の位置は重要か?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌う時は、顎を引いておく。

 

これは基本姿勢としてよく言われることですが、顎を上げて歌っている人もおります。一体、顎を上げる、上げないでは発声にどういった違いが表れるのでしょうか?

 

顎を引くスタイル

発声が発展途中の人に対しては、顎を引いた方がよいと言われます。

 

これは、発声が未熟であるという事は、喉や声帯の使い方がまだできていないという状態なので、顎を上げてしまうと、舌骨や喉ぼとけを支えている筋肉に、余計な力が加わる事を助長してしまうからなのです。

 

例えば、喉ぼとけが過剰に上がってしまう人に対して、顎を上げて歌ってもらうと、相当苦しい声になってしまうか、声がこもってしまう可能性があります。

 

 

顎を上げて歌うスタイル

発声が整ってきている人は、顎を上げた方が、逆に喉の開きをキープし易く感じる人もいます。

 

顎を上げて唾を飲み込んでみてください。

 

きっと、喉がつっぱって飲み込みにくいですよね。このように、顎を上げると喉ぼとけが上げられなくなります。つまり、喉の奥の共鳴スペースが確保できて声帯のコントロールもし易い状態を作れるわけです。

 

以上のように、顎の位置は、現在の発声状態や癖によって調整してあげる必要があります。最終的には、楽に呼吸ができる体制であれば、顎の位置はどうなっていても歌えるのだと思います。

 

ボイストレーニング初心者は「顎を引く(=身長を測るときの位置)」にして練習する事をおススメします!

 

Loose Voice


オンライン3ヶ月発声改善プログラム!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

現在、Loose Voiceでは

『オンラインレッスン3ヶ月発声改善プログラム』を開講中です。

 

■詳細

回数:月3回(1回/50分)×3ヶ月 全9回で完結

料金:1回/2,800円 ※ひと月あたり8,400円

(通常のオンラインレッスン料金より1,200円お得!)

 

また、事前に無料の発声相談を行っており、レッスンを開始されるかは、相談を受けてみてから検討いただいても大丈夫です!

 

3ヶ月で「喉締め」や「張り上げ」の発声を細かく丁寧に改善していく事が目的となるコースです。

 

歌っていると喉が締まる、声が重くなり音程が上げにくい、曲の後半で歌えなくなる・・等のお悩みのある方は、まずは、ぜひ無料カウンセリングを受けてみてください。必ず、解決する方法の糸口をお伝えする事ができます。

 

詳細、お申込みフォームは以下よりご確認頂けます!

→オンライン無料発声カウンセリング

 

 

Loose Voice


一般人と歌手の歌声の違いって何?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

カラオケボックスから聞こえてくる歌声。

ライブでの歌手の歌声。

 

この2つの違いって、一体何なのだろうか??

 

明らかに歌手の方が、声が良く聞こえて歌も上手い、と思えます。でも感覚的な違いは分かっていても、実際、どうすれば同じように出せるのでしょうか。

 

その違いは、一言でいえば「発声の仕方」になります。人間の耳は、心地よい音と不快になる音があります。

 

例えば、小鳥の鳴き声や川のせせらぎの音は、心地よい。

しかし、サルの鳴き声やバイクの爆音エンジン音は、心地よくない。

 

こういった誰しもに共通する人間の音に関する感覚(好み)というものがあります。

 

人間の声の場合も同様で「いい声だね」と「うるさい声だね」の違いがあるのです。ただ、人間の場合「話し声が心地よくない」という人は、あまりおりませんので、歌った時に「心地よくない声になる」という場合が、ほとんどです。

 

つまり、音域が広く上下した時の発声の仕方が問題になっているという訳です。

 

一般の歌声と歌手の歌声の違い。

 

それは「声の軽さ明るさ」が違うのです。

 

アーティストのライブを見に行ったことがある人は分かると思いますが、実際、生の歌声を聞いてみると、声が会場に軽く抜けていき、楽に声を出しているように感じたはずです。歌手が何曲も歌える発声になっている証拠です。

 

もっと声が太いと思っていたが、実際は、かん高い響きだった、という印象もあります。

 

この軽さと明るさをボイストレーニングで獲得していく事が、もっとも重要なのです。

 

高音になるほど、声に重みが増して詰まり気味に聞こえてしまう人は、ぜひ、軽さを明るさを獲得できるようにしていきましょう!

 

Loose Voice


顎を上げて歌う事のデメリット


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌う時、一般的に「顎を引いて歌いましょう」と言われます。しかし、歌手が歌っている映像を見ると顎を上げて斜め上を向くようにして歌っているシーンを目にしたことがあると思います。

 

ということは、顎を上げる事で声が出しにくくなる・・という結論にはならない事が分かります。

 

この疑問を個人的な感覚も踏まえて解説していきましょう!

 

早速、結論になりますが、

 

発声が整っている(喉に余計な力が入っていない)場合は、顎を上げても発声に影響はないですが、発声が整っていない(余計な力みが入る)場合は、顎を上げる事で、その力みを助長してしまうのです。

 

 

顎を上げる事で喉ぼとけや舌骨から顎に繋がっている筋肉群が伸びます。伸びているという事は、柔軟性が無くなっている状態と意味します。

 

もともと、発声する時に、喉ぼとけが上がり過ぎるなど、その筋肉群に力が加わってしまっていたりすると、顎を上げると余計に緊張が働いてしまうのです。

 

だから、力が抜けている人は上を向いて歌えるが、力が入っている人は、上を向くと歌いにくいわけです。

 

逆に、顎を上げても苦しくない発声を模索練習し獲得できれば、ある程度、喉の力みは無くなってきていると考えてよいのではないかと思います。

 

ひとつの練習方法として、無理はしないように気を付けながら実践してみるのもアリだと思います。ぜひ、参考にしてみてください!

 

【喉締め発声改善の専門スタジオ】

Loose Voice


喉締め改善ボイトレが山形でもレッスン実施中!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

仙台で話題の喉締め改善ボイトレが山形でもレッスンが受けられるようになりました!

 

ボイストレーニングを習う目的として最も多い「高音発声」が悩みの方も、原因のほとんどは「軽い喉締め、張り上げ」にあります。

 

こんな悩みのある方は、ぜひ、体験レッスンにお越しください♪

 

 

■声がこもり音程が下がり気味に聞こえる

 

■単音なら出せるのに、曲中なると同じ音が出しにくい

 

■録音した歌声が苦しそうで頑張っている感じに聞こえる

 

■アゴが上がり、必ず上を向かないと歌えない

 

■息を多く吐くと足りなくなり、減らすと喉が締まってしまう

 

 

そんな悩みも最短で解決できます!

 

ぜひ、体験レッスンお申込みをお待ちしております。お気軽にお申込みくださいね!

 

体験レッスンのご案内と詳細は以下からご覧いただけます。

 

◆レッスン会場:山形県にある音楽スタジオ

「ミュージック昭和セッション内」

住所:山形市あこや町2丁目2−2

電話:023-622-3802

HP:http://www.musicshowa.co.jp/session/


喉締め改善に重要なファルセットボイスとは?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

声帯の締め過ぎから起こる喉締め発声改善について、まず初めに行いたい練習はファルセット(裏声の囁き声)です。

 

声帯を締め過ぎる癖がついている人は、一旦、メーターをゼロに戻すイメージで全く声帯を締めない状態で発声する練習が効果的です。

 

声が出ている時点で声帯は少し閉じていますので、厳密には、声帯を閉じる運動が入りますが、ほぼ閉じないで発声するという事です。

 

裏声で行う理由は、地声よりも簡単だからです!

 

どうしても地声の方が声帯を強く締め過ぎてしまう傾向がありますので、裏声で感覚を掴んでから地声でも同じように発声します。

 

通常、ファルセットボイスは歌う時に使う声ですが、喉締め改善の発声練習として出す時は、一瞬で息を吐き切って欲しいので長く伸ばす必要はありません。

 

 

ファルセット発声の重要なチェック項目は、

 

・息の量(一瞬で吐き切る)

・声の明るさ(最大限明るくする)

・口、喉の開き方(笑って、軟口蓋を上げる)

 

以上の3つです。

 

 

日頃、歌を練習している時にファルセットを使った事がない・・という人は、ぜひ、このファルセット発声から練習してほしいと思います。

 

喉締め改善の基盤となる声です。

 

この発声を疎かにせず練習した人は、必ず、いい歌声を獲得できると思いますよ!

 

オンラインボイストレーニング開講中!

あなたのお悩みを解決する方法をお伝えします。

 

Loose Voice


【無料】喉締め改善ボイトレ体験レッスン実施中!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

現在、Loose Voiceでは、無料のオンラインボイトレ相談を開催しております。

 

特に「喉締め発声」で声が上手く出せないという人を対象に的確なアドバイスを無料で行っております。

 

事前に、あなたの歌声(スマホで録音した音源でOK!)をメールで送信いただき、どういった発声状態かを確認させて頂きます。

 

そして、何が原因で喉締めが起こっているのか、次に改善方法をお伝えさせて頂きます。

 

こんなお悩みがある方は、ぜひ、この機会に、オンライン相談をご利用くだささい!

 

 

■ワンコーラスは歌えるのに、曲の後半になると歌えなくなる

 

■音程が下がり気味になり歌手よりも暗い声に聞こえる

 

■息が足りなくなりフレーズのおしりで喉が締まる

 

■録音した声が苦しそうで聞いているのがつらい

 

■喉は苦しくないが、抜けの良い明るい声にならない

 

 

実は、ちょっとしたコツやイメージで発声を変えることで、楽に出せるようになるのです。やり方は、実際に講師が出している声をマネするだけ!

 

そのマネにも、いくつかのポイントがありますが、それは実際のオンライン相談でお伝えいたします。

 

「本当に今までの苦しい声から解放されるの?!」と半信半疑な方も、ぜひ、無料でその発声感覚を掴んでくださいね!

 

無料オンラインボイトレ相談の詳細は、コチラからご確認ください♪

 

Loose Voice


鼻腔共鳴でも喉締め発声が起きてしまう?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌声の発声練習で鼻腔共鳴というものがあります。特に高音を出す時に、意識イメージすることで発声がしやすくなり、音程も安定してくるという目的で行われます。

 

鼻腔共鳴が上手くできているかどうか、その判断は、とても難しいものです。確かに鼻腔共鳴ができていれば発声のストレスはなくなり、声をコントロールはしやすくなります。

 

しかし、鼻腔共鳴を行っているつもりでも理想通りに声のコントロールができないという場合は、何かしら間違っているという事も考えられます。

 

レッスンを行っていて思うのは、

 

・鼻に声を当てるイメージを持つ

・口角を上げて歌う

・鼻に響かせるように歌う

 

など・・こういった意識だけでは鼻腔共鳴が上手くできる場合が少ないように感じます。結局また、喉が苦しい、詰まる、という状態が生まれます。

 

有名な「ネイネイ発声」についても、喉を締めている発声でも、ネイネイ発声はできてしまうので、その根本の喉の使い方を発せられる音色を聞きながら、正確に判断していく必要があります。

 

【まとめ】

鼻腔共鳴の正しい状態が分かっていないと、発声しずらいという状況はなかなか変わらない。意識やイメージを鼻に持つだけでは、あまり効果がない。

 

声質や音色などの発声根本を聞き取れるヒアリング力が必要である。

 

Loose Voice


歌声には人が聞いて心地よいバランスがある


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高い声、強い声、太い声など・・歌う側の目線で歌声を求めてしまうときりがなく理想ばかりが広がっていく事があります。

 

しかし、聞く側の目線で考えてみると、人間が聞いいて「程よい心地よさ」という音があります。

 

度を越した大きさは「うるさい」と感じ、あまりに高い音はずっと聞いていると「疲れる」など。実は程よい歌声を見つけ出す事が、結果的に、歌が上手いとか、いい声という印象に繋がってくるのです。

 

プロの歌手は、7.8割ぐらいの声量でライブをこなし、生涯長く歌えるように喉を労りながら活動しています。

 

例え、アマチュアの人が、プロより声量があっても高音が出たとしても、全力で歌っている声をずーっと聞いていたいか?と問われたら、なかなかyesと言えないでしょう。

 

ずっと聞いていたい歌声は疲れない、心地よい、バランスが良い、などの「程よい状態」が必要なのです。

 

闇雲に高音や声量を求めずに、聞く側の目線で「程よい」を見つけられれば、十分歌っていく事ができます。

 

Loose Voice

 


喉の締まりを無くす為に、身体に負荷をかけるレクチャーはアリか?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

喉が締まって上手く声が出せないという悩みを解決する方法として、体に負荷をかけて解決するレクチャーは効果があるのでしょうか?

 

この原理目的を簡単に説明しますと、喉以外の部分に力を加える事で「力みの支点を喉から外そう」という事です。

 

実例でよくあるのは、お腹周りに力を入れて喉の締まりを緩和させる方法。

 

重心を前かがみにしたり、誰かに後ろから腰を押してもらったり。

 

ここで冷静に考える必要があるのは、喉が締まるのは、喉の運動が間違っているからという事です。

(本当は右に進みたいのに、左に進んでしまっているという状態だとして、これを解決するには右に進む癖を無くして左に進む感覚を得るという事になります。)

 

お腹など体に負荷をかける方法というのは、右に進む癖は直さないで、なんとかそのまま進んでみてください、と言っているような感じと捉えられます。

 

実際に、私自身も体に負荷をかけたレクチャーを受けたことがありますが、私の場合は、お腹に負荷をかける事で反射的に、声帯が閉じてしまい(i=息を止める運動)余計に声が出しにくくなりました。

 

一瞬、呼気圧で「ぐっ」と声量が上がりますが、呼気の量がバラつき、安定した歌唱にならず、何より冷や汗が出るような疲労感がありました。。

 

お腹に力を入れれば、楽でいい発声ができるというのは、声帯や喉の仕組みが、明らかにされつつある現代では時代錯誤であるように思います。

 

歌手がライブで歌っている時、そんなに下半身が疲れるほど、踏ん張っているわけはないですよね。ダンスをしながら歌うこともできるわけですから!

 

ボイストレーニングは、正しい喉の運動を、いかに分かりやすく伝えるか、に尽きると思います。

今、ボイストレーニングを受けている内容の先に、本当に解決できる光が見えるのかを、冷静に考えてみる事も大事です。

 

Loose Voice


歌の喉締め改善プロフェッショナル


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

Loose Voiceは、喉締め発声改善に力を入れております。

 

歌っていると、喉が苦しい、疲れる、嗄れる、音程が上がらない・・など、喉締め発声で起こる現象は様々です。

 

一方で、歌手は勿論、発声に何の苦労もなく楽に歌える人もおります。喉は同じ構造なのに、どうして、このような違いが起こるのか?

 

大きく関わっているのは、日常会話の声(喜怒哀楽)が、どういう発声になっているか、また、これまで歌ってきた発声の癖がどうなっているかです。

 

喉締め発声は、本来、必要な発声運動以上の力を入れてしまっている状態。

 

その力を入れる事によって、正しい運動が妨げられています。

 

と、いうことは、改善手順としては、

【不要な力を入れない ⇒ 正しい運動を入れる】

となります。

 

しかし、改善に悩むほとんどの人は、不要な力を無くす前に、正しい運動を入れようとします。

 

これでは改善することができません。

 

足に重りを付けたまま、早く走ろうと頑張っているようなものですから、まずは、重りを無くすことが先決です。

 

この手順を踏まずに、例えばミックスボイスの練習をしても、詰まった歌声になるか、地声から裏声への移行のタイミングが早い段階でやってきてしまい、結果的に、地声で高音が出せない、常に閉鎖感のある歌声になるという事になります。

 

喉締め発声の改善は、これまで歌ってきた期間が長い人ほど、時間がかかります。これまで10年以上歌を習っているが、未だに、喉締めが直らない・・という人に何人も出会ってきました。

 

お話を聞くと、色んなスクールやボイトレを経験してきたが、的を得た練習はされていなかったと聞きます。

 

先ほど書いた「改善手順」が逆になっていたりすると、もったいない10年を過ごすことになりますので、同じような悩みを持っている人は、ぜひ、お気軽に一度、ご相談ください♪

 

オンラインレッスンも対応しておりますので、全国からのご相談もお待ちしております。

 

Loose Voice

 


喉締め発声を根本から直す


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌う為の発声で、多くの人が悩む「喉締め発声」についてのお話です。

 

喉締め発声のくくりとしては、ここでは以下のような体感がある人とします。

 

①喉が苦しい、詰まった声になる

②苦しくないが張り上げ声になる

 

①の場合

舌や喉頭周辺の柔軟性と声帯の運動の2つを獲得する必要があります。

 

②の場合

恐らく舌や喉頭周辺はコントロールできているが、声帯の運動を調整する必要があります。

 

①の状態で、例えば声帯を適切に調整(=俗に言うミックスボイス)できたとしても、舌や喉ぼとけ周辺が緊張している状態が残っていると、声が細くなり、豊かな響き、余裕を感じられる歌声が得られにくい場合があります。

 

また、曲の後半になるにつれて、徐々に声が詰まってくるという事も起こり易いです。音程を高くする事と喉の空間を狭くする事を連動させないように、ストレッチが必要になります。

 

 

これまで、喉の空間を狭めて歌い続けてきた人は、癖になってしまい、どれだけリラックスしようとしても力が入ってしまうという、もどかしい期間を過ごしている人も多いと思います。

 

これまで1000人以上のボイストレーニングを行ってきた経験から、①の場合は、2つのトレーニングを同時に平行して行っていく事で、効率的に改善できる事が分かっております。

 

喉締めでお悩みの方は、無料のオンライン相談も行っていますので、ぜひ、お気軽にお申込みください♪

 

Loose Voice

 

無料オンライン発声相談


歌声に抜け感を出すには?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌手の歌声と自分の歌声を比較した時に「何かが違うなぁ~」。そう感じる事があると思います。音程やリズムは合っているのに、どこかカラオケ感が抜けないような。。

 

その違いは「声の抜け感」にあります。

 

歌声がよく通る、抜けていく、爽快感が感じられる・・など、表現は様々ありますがプロとアマチュアでは、その違いが大きいのです。

 

その「抜け感」ですが、どうすれば同等の発声にする事がでるのか。

 

重要なポイントを2点お伝えしておきます。

 

 

①喉周辺の脱力

 

発声の必要な力以外は、なるべく喉周りは脱力する必要があります。理由は、音の振動は硬直したものでは豊かに響かないからです。

 

特に、喉ぼとけを支えている筋肉群は柔軟性があった方がよいです。だだこれはマッサージとか、リラックスするという気持ちだけでは獲得できない部分です。

 

なぜなら、声帯の運動との連携性が深いからです。

 

喉ぼとけ周りの筋肉を緩ませるためには、声帯を適切に使ってあげることで、結果的に、回りの筋肉も不要な力を入れない感覚が得られるという事です。

 

※物理的にほぐす事も多少の効果はあると思います。

 

 

②声帯の運動(薄く伸ばす)

 

そして、これが一番のポイントになります。

 

ポップスの歌声は地声が中心になります。しかし、歌の音域は普段の話し声の音域よりも幅が広くなります。特に高音になると声が詰まって、響きの無い声になってしまう人が多いです。

 

そこで、声帯を薄く伸ばし、重たい声ではなく軽い声にチューニングする必要があります。このチューニングが「抜け感」が出せるかの鍵になります。

 

ギターで言えば、細い弦で高音を弾くこと。

太い弦で高音を弾けば、音がこもり明瞭さが無くなります。

 

一般的に、裏声は声帯が伸びると言われています。つまり、地声の感覚で音色を裏声に寄せていくというトレーニングが必要になります。

 

繰り返しですが①②は連携しておりますので、同時にバランスをとりながら発声練習をしていくと、発声スキルは必ず成長していきます。

 

Loose Voice


最近の歌い手さんのキーが上がっていることについて


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

近年は、歌い手のキーがどんどん高くなってきている傾向にあります。男性曲のキーを女性が歌えない程のキーである場合もあります。

 

80年代、90年代は、高い声を出せる歌手はいましたが、ここまでの割合ではなかったように思います。

 

なぜ、曲のキーが上がってきたのか??

 

恐らく、情報化が進み、発声についての知識と技術が上がってきた事。また、ボーカロイドというジャンルが生まれ人間には出せないような高音をマネして歌う若者が増えてきた事が考えられます

 

 

■これから歌手を目指していく人や、SNSで自分の歌を売り出していこうとしている人に、このキーが上がってきた傾向がどのように影響するのでしょうか?

 

 

キーの高い風潮が強まっているからと言って、そこに自分を合わせる必要はありません。自分の魅力を最大限活かせるキーに設定しましょう。

 

少し発声面からの視点ですが、自分の最適なキーを超えると、声帯を薄くして、裏声の状態に寄せて発声する必要があります。裏声に寄るという事は、地声感が少なくなるので、その人の個性(本来の地声)が薄くなり、音色が他大多数と似通ってしまいます。

(裏声は地声より個性が出しにくい)

 

つまり、無理なキーで歌うとベストな表現(魅力)が出せなくなる可能性があるという事になります。

 

ぜひ、この点を踏まえて、あなたに最適なキー設定を探してみてくださいね!

 

Loose Voice


なんで歌が上手くなりたいのか分からなくなったら?


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

歌を練習していると、何でこんなに自分って歌が上手くなりたいんだろう?

と思ってしまう事ってありませんか。

 

特に趣味で歌を練習している人にとっては、歌う機会といえば、カラオケや余興、SNS投稿などだと思います。

 

その目的と練習過程のバランスを考えた時に、こんなにも練習しないと、歌って上手くならないのかー!!と落ち込んでしまう事もあるでしょう。

 

また、誰かに「上手いね」と言われないと自信が持てないという思い込みは、一旦、考えない方がよいです。

 

自分が頑張っている分野で、他の誰かが上手くいっているのを見ると素直な気持ちになれず、正直な感想言えなくなることが多いです。

本当は「上手い」と思っているのに、悔しくて何か粗を探してしまったり・・。

 

なので、まずは自己満足でいきます(笑)

 

過去の自分より上手くなっていれば成功している、成長していると思っていればOKです。

 

ただ、それだけだと、モチベーションをキープするのは、きっと難しい。

 

誰かに褒められたり歌ってほしい~とリクエストされる事でモチベーションが上がり、いい波に乗れます。

 

「歌う」

「喜ばれる」

「リクエストされる」

「自信がつく」

「もっと歌いたくなる」

 

このループに入ると、歌の人生ごと楽しくなれます!

 

まずは、小さな成功体験を積み重ねていき、自己満足度から上げていきましょう!

 

Loose Voice


プロの歌声との違いに気づく方法!


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

自分の歌声を録音して聞き返した時に、何となくプロ歌手の歌声と違うんだよな~、と感じたことはありませんか?

 

自分の歌声が嫌だな・・と思ってしまう人が結構いるのではないかと思いますが、その解消にも繋がってくるお話をします。

 

今回は、とても感覚的な話で説明しますので、軽く読み進めてみてください。

 

 

プロの歌手の歌声との違いは?

 

「その音に対して喉のチューニングが合っているかどうか」が、キーポイントになります。

 

 

例えば、ギターなどの弦楽器を想像してみてください。

 

太い弦と細い弦で、同じ音が存在しますよね?

(例:5弦の15fと2弦の1f)

 

この2つの音色を聴き比べた時に、聴き心地が良いと感じるのは、恐らく2弦1fの音ではないかと思います。響きが明るく軽い。そして明瞭である。ずっと聞いていても疲れないような余裕感があります。

 

5弦15fの音は、弦が太いうえに振動する長さが短い為、同じ音なのに響きが弱く籠り気味になり、音もぼやけて聞こえます。

 

 

この現象が声(声帯)でも起こっているのです。

 

プロの歌手は、ライブで数時間歌っても喉を壊さない発声状態が作れます。

これは声帯のチューニングが上手で、例えたギターで言う2弦1fの状態が作れているのです。(声帯を薄く伸ばせる)

 

だから、声が綺麗、豊か、素敵、良い声という印象が得られます。効率の良い発声であるので、喉の負担も少ないわけです。

 

声帯が薄いというのは、裏声の発声状態に傾いているということ。

声帯が厚いというのは、地声の発声状態に傾いているということ。

 

つまり、歌手は地声よりも裏声の状態に限りなく近い地声」を使っているのです。

 

歌手の歌声と自分の歌声を重ね録りしてみるとハッキリと、この違いに気づく事ができますので、ぜひ、試してみてくださいね!

 

Loose Voice


高音になる前の音域の発声状態がキーポイントになります


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

高音が上手く出せない、という悩みはよくあることですが、レッスンを行っていて気付くのが、実は「高音になる前の音」から発声が崩れている場合が多いという事です。

 

高音になる前は、声が出しにくい、苦しい、喉が詰まる、、などの体感が特に無いので発声が崩れていることに気が付きにくい。ですので高音だけを直そうとしてしまいますが、実は、その前段階から修正していく必要があります。

 

となると、高音の発声を改善する時の選曲が重要になります。

 

現時点で、楽に出せる音域の曲を選ぶこと。

 

出しにくいという体感があってからでは、少し遅いわけです。

 

おおよその目安になりますが、男性は「ミ(E4)」女性は「ソ(G4)」あたりの音までの発声状態を確認する事で、その上の高音が出せるかどうか判断する事ができます。

 

初めから高音が出てくる曲を選曲してしまいがちですが、着実にステップアップしていく為には、少し余裕のあるキーの曲からスタートしていく事をおススメします!

 

Loose Voice