歌が上手いと印象に残る為に


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

カラオケやステージで人前にして歌う時に、聞いている人には、「上手い!」と思ってもらいたいという気持ちが生まれるもの。


その「上手い」ですが、歌う側と聞く側で少し感じ方が違うものなんだ、と思っておくと気持ちが楽になるかもしれません。


考え方、捉え方を、少し変えるだけで、あなたも歌が上手いのカテゴリーに入れるかもしれませんので、ぜひ、読み進めてみて下さいね。

 

 

◆「歌う側」の歌が上手い

 

歌う側は「上手い」と思われる為には、

・声量を出す

・高音を出す

・気持ちを込める

・テンションを高く熱く歌う

・歌にテクニックを組み込む

このような事を、つい考えがちになります。すると、どうなるかと言いますと、自分で声をコントロールできる範囲を超えてしまい、アクセルをぐんぐん踏み込んだような突進型の歌い方になります。


結果として、余裕のない慌てた歌になり、テンションや気持ちとは裏腹に、聞いている人にとっては、あまり上手いという印象は与えにくい歌唱になります。


基本、歌を聞いている側のテンションは「平常心」なので、そこに大きな溝(テンションの差)が生まれてしまうわけですね。


では、声量や高音、テクニックも使わないで「上手い」と思われるには??

 

 

◆「聞く側」としての歌が上手い

 

誰しも始めは、リスナー(聞く側)であると思います。


好きな歌手の曲を聞いている自分を想像してみて下さい。
もちろん、プロの歌手であれば、声量、音域、テクニックも十分備わっていることでしょう。でも、それ以前に、とても重要な事があります。


それは「聴きやすい」という事です。
まず、聞いていて「心地よい、自然である、違和感がない」

テクニック的な部分は、これがあってから獲得しても遅くないし、その方が順序としては正解のように思います。

では、その「聴きやすい」には、どういった要素が含まれるのか??


それは、
 
・音程が合っている

・リズムが合っている

・声が心地よい

この3つが揃えば、おおよそ「聞きやすい」という状態に持っていけます。とても基本的な部分ですよね。そうなんです、歌は、自ら難しくしなければ、とてもシンプルで分かりやすいものなのです。

例えて言いますと「子守唄」のようなもの。「子守唄」を上手く歌ってやろう!とか思わないですよね、きっと。そして声量も要らない。ただ、心地よい声で歌うだけです。


歌う側となると、ついつい、「聞く側として歌ってほしい歌い方」を無視してしまいがちになりますが、一度、立ち止まって考えてみると、一気に、あなたの歌が好転するかもしれません。


今回は「歌が上手い」と「聴きやすい」の関係のお話しでした。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


この1年で声が成長した人達


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

12月半ばも過ぎましたので、ちょっと、今年のレッスンの振り返りをしてみたいと思います。

テーマは、

「声が成長した(本人も変わったと感じた)」人達ってどんな人??

先生やトレーナーが「良くなったね」と思っても、本人がそう感じていなければ、あまり気分は良くないですよね。なので実感できている事が重要なのです。


というわけで、今回は、「なかなか声が変わらない、、」と悩んでいる人へ、参考になるようなお話です♪

◆成長している人達の特長

 

・継続力がある
→これは、最低限の条件。「諦めたら試合終了」です。
レッスン回数は多くなくても、成長する為には、その足を止めないこと。「1年間やって、半年休んで・・」みたいな状態もよくありません。


自分にとって無理がない範囲でいいので、定期的に声を出して練習する時間を作ることです。


・素直な吸収力を持っている
→成長していく人達は「学ぼう」という心を持っているので受け入れ態勢が整っています。まず、言われた事を素直に実践してみる、「まずやってみよう!」とする気持ちがあります。


・理論で考えていない
→声を出す事を頭で考え過ぎず、行動とイメージで出している人は成長が早いです。
小さい子供の成長が早いのも、その理由があります。

頭でごちゃごちゃ考えずに、具体的な、喉や口の動き、声の種類を出してもらう事で体感として発声を覚えていってます。


・常に一歩先の理想がある
→レッスン前に、必ず、「こうなりたい」という理想を持っていたり、「ここが上手くできない」という課題を持っています。
つまり、自分の現在地を把握しています。

 
・「すぐにできる」と思っている
→ちょっと不思議な話ですが、うまく成長していく人は、発声を難しく考えていないので「すぐできるだろう」と思っています。それは、とてもよいマインドで、今までの間違った癖を直せばいい、と思っているだけだからなのです。

 
何年もかけないと上手くならないんだ、とか、自分は他の一般的なレベルに達してないんだ(自己評価が低い)というように、発声のハードルを自分で上げてしまっている人は、自ら大変な道を選んでいるかもしれませんので、気をつけてみるとよいでしょう。

いかがでしょうか?

何か思い当たるテーマがあった方は、ご自分のボイトレに、ぜひ、役立ててみてくださいね。

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


歌が上手い人の「曲を聴くセンス」


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

◆歌が上手い人は、何の能力に長けているのか?

 

それは→「曲を再現する能力」です。

 

聞いたものを、同じように自分で再現できる。そうすることで、結果的に、歌が上手いという風な印象を与える事ができます。プロが歌っている状態と同じように歌えるわけですから、当然、そうなりますよね。


では、上手く再現する為には、何をすればよいのでしょう?

 

 

◆曲を聴く回数

 

再現力をアップさせる為には、いきなり歌わずに、まず、何回も曲を聴くことが重要です。

初めて聴く曲を歌う場合は、だいたい30~50回ぐらい聴いた後に、歌ってみるとよいでしょう。それくらい聞くと、メロディーや歌詞は当たり前のように、自然と覚えてしまいます。


何となく「うる覚え状態」でカラオケで歌ってみると、意外に音程が入っていないくて歌えない、、ということが多々あると思います。


歌手本人が歌っているものに合わせて、一緒に歌って練習していると、何となく歌えている気分になってしまいますが、それはキケン!なのです。

 

 

◆何に注目して聴くか

 

曲を何回も聴く理由は、メロディーや歌詞を覚えるだけではありません。

 

実は、大事なのは『何種類の声質を使っているか聴き分ける』こと。


曲をヘッドフォンで、よく耳を澄まして聴いてみてみると、プロ歌手の声質は、曲を通して、何種類かのバリエーションを持って歌っていることに気づくはずです。


分かりやすいところでは、「地声」「裏声」がありますよね。

他に、柔らかい声、かたい緊張感のある声、息の混じった色気のある声、エッジの効いた声、軽く明るい声・・など。それは多種多様な歌声があります。


本人の軸となる歌声を中心として歌いつつも、きっと、色んな声質を使って曲を表現しているはずです。これを聴き分ける為の30~50回なのです。


歌が上手い人は、声質の変化の付け方が上手い。それができるかどうかは、オリジナル音源を聴いている時点で、すでに勝負がついています。(聞こえている人と聞こえていない人、ってこと!)

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

12月も体験レッスン予約が混み合っておりますので、ご希望は、第二希望日までお聞かせください♪

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!


お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


「もともと声が上手く出る人」から気付く事


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

あなたの友人や知人、身近な人で、ボイトレや歌を習っていないのに、もとから上手く声が出せて歌える人っておりませんか?


そんな人達を見て、何となく「いいな~」と思ってしまって終わり。。になっていないでしょうか。


そこで終わらずに、少し掘り下げて考えてみると、実は思わぬ大きな発見に結び付くのです。今回は、そんなテーマのお話しです!

 

 

 

◆トレーニングをしていない=鍛えていない

「ボイストレーニング」を「発声に関与する喉の筋肉などを強化する」という意味で考えた場合、例えば、もとから高い声が出せるという人は、喉を鍛えてはいない、ということになりますよね。


つまり、「鍛えていないのに出せる」=「鍛えなくてもいい」

となった時に、上手く出せない人は、鍛えるという方法が必須ではなくります。
では、どういったボイストレーニングをしていけばよいのか?


その意味合いを「鍛える」ではなく「知る・気づく」という方向に転換していきます。

「知る・気づく」というと、なんか「トレーニング」という言葉が相応しない感じに捉えられるかもしれませんが、子供の頃や変声期前に、楽に高い声が出せていた過去は皆さんあるはずなので、それを考えると、しっくりくると思います。

 



◆鍛える ⇒ 気づく為の発声練習

頭の中を「強化」から「発見」に変えて練習をしていきます。

 

「発見」に変えた時に、ほんの数十分で発見できる人もいれば、数か月、数年かかったという「時間差」が出てきます。

その違いは、現状の声や過去の癖などが大きく関係してくるものですが、誰だって、早く発見できるに越したことはないですよね!


「鍛える」ではないので、そこまでの長期間はかからないはず。それはもう目の前にあるぐらい、すぐ見つけられるもの。

 
そこで重要なポイントになってくるのが、

【トレーナー側の「誘導(伝達)」とレッスン生側の「受取り(認識)」】

そのマッチングなのだと、特に最近、強く感じます。

 

いかに早く気付けるように、トレーナーが「言葉で、声で、エクササイズで、イメージで・・」あらゆる手段を使って伝達する。そして、それを想像どおりに受け取って実践してもらう。


見えない喉をどれだけ上手く誘導できるか。トレーナーとの信頼関係も重要です。気付かせる為、気づく為に、お互いが協力しあって、少しでも早く理想の声を発見する。そんなレッスンを行っていきたいですね!

 


*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


カラオケ採点で気をつけたいこと


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

カラオケに行くと、気になるのが点数(採点)です。


ステージで歌う時とカラオケで歌う時。その2つを、しっかりと意識を分別できている人は大丈夫ですが、今回は、カラオケ採点時に気を付けておきたい事を、お伝えしていきましょう!

 

 

◆採点バーの意識

カラオケで高得点を出すには、なんといっても音程がポイントです。採点機能の音程を示すバーは、左から右に動いていき、音がシャープ(上がり過ぎる)と上にずれて、フラット(下がり過ぎる)と下にずれるように表示されます。


ここで、ポイント①


音程を上下に意識し過ぎないようにしましょう!


採点バーを見ながら歌うと、どうしても音程を上下に捉えてしまいがちになります。でも「日常生活で声を上や下に出す」という意識は、まず持たないですよね。そう、話しかける相手は常に「前」にいるからです。


すると不自然さが出てくる場合がありますので、音程は上下ではなく、前後の距離感として歌ってみると発声的にも楽になります。

 

 


◆歌詞を見る意識


ポイント②は、歌詞への意識です。


カラオケでは歌詞を見ながら歌う事が多いと思います。目に飛び込んでくる情報は、特に、強く意識が働いてしまうもの。


つまり「歌詞をいう」という意識が、まず最初に来ます。そうすると、それ以外の要素(リズム、音程、メンタルの部分など)が2番手、3番手に後回しになります。


できることなら「無意識にやれることは、意識しないで歌えるようにする」と歌に余裕が生まれてきます。歌詞を覚える、音程を覚える、というのは、少し練習をすれば頭に覚え込むことができます。


そうすると、その2つは「意識 ⇒無意識」に変える事ができるので、それ以外の事に気を配れるようになる!


カラオケで高得点を出すという目的だけであれば問題ないことなのですが、いざ、人前に歌うとなった場合の時をしっかし想定して、練習を行ってみて下さい。ぜひ、参考にしてみてください(^^♪

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪