「もともと声が上手く出る人」から気付く事


こんにちは、仙台ボイストレーニング Loose VoiceのKANです!

 

あなたの友人や知人、身近な人で、ボイトレや歌を習っていないのに、もとから上手く声が出せて歌える人っておりませんか?


そんな人達を見て、何となく「いいな~」と思ってしまって終わり。。になっていないでしょうか。


そこで終わらずに、少し掘り下げて考えてみると、実は思わぬ大きな発見に結び付くのです。今回は、そんなテーマのお話しです!

 

 

 

◆トレーニングをしていない=鍛えていない

「ボイストレーニング」を「発声に関与する喉の筋肉などを強化する」という意味で考えた場合、例えば、もとから高い声が出せるという人は、喉を鍛えてはいない、ということになりますよね。


つまり、「鍛えていないのに出せる」=「鍛えなくてもいい」

となった時に、上手く出せない人は、鍛えるという方法が必須ではなくります。
では、どういったボイストレーニングをしていけばよいのか?


その意味合いを「鍛える」ではなく「知る・気づく」という方向に転換していきます。

「知る・気づく」というと、なんか「トレーニング」という言葉が相応しない感じに捉えられるかもしれませんが、子供の頃や変声期前に、楽に高い声が出せていた過去は皆さんあるはずなので、それを考えると、しっくりくると思います。

 



◆鍛える ⇒ 気づく為の発声練習

頭の中を「強化」から「発見」に変えて練習をしていきます。

 

「発見」に変えた時に、ほんの数十分で発見できる人もいれば、数か月、数年かかったという「時間差」が出てきます。

その違いは、現状の声や過去の癖などが大きく関係してくるものですが、誰だって、早く発見できるに越したことはないですよね!


「鍛える」ではないので、そこまでの長期間はかからないはず。それはもう目の前にあるぐらい、すぐ見つけられるもの。

 
そこで重要なポイントになってくるのが、

【トレーナー側の「誘導(伝達)」とレッスン生側の「受取り(認識)」】

そのマッチングなのだと、特に最近、強く感じます。

 

いかに早く気付けるように、トレーナーが「言葉で、声で、エクササイズで、イメージで・・」あらゆる手段を使って伝達する。そして、それを想像どおりに受け取って実践してもらう。


見えない喉をどれだけ上手く誘導できるか。トレーナーとの信頼関係も重要です。気付かせる為、気づく為に、お互いが協力しあって、少しでも早く理想の声を発見する。そんなレッスンを行っていきたいですね!

 


*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪


カラオケ採点で気をつけたいこと


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

カラオケに行くと、気になるのが点数(採点)です。


ステージで歌う時とカラオケで歌う時。その2つを、しっかりと意識を分別できている人は大丈夫ですが、今回は、カラオケ採点時に気を付けておきたい事を、お伝えしていきましょう!

 

 

◆採点バーの意識

カラオケで高得点を出すには、なんといっても音程がポイントです。採点機能の音程を示すバーは、左から右に動いていき、音がシャープ(上がり過ぎる)と上にずれて、フラット(下がり過ぎる)と下にずれるように表示されます。


ここで、ポイント①


音程を上下に意識し過ぎないようにしましょう!


採点バーを見ながら歌うと、どうしても音程を上下に捉えてしまいがちになります。でも「日常生活で声を上や下に出す」という意識は、まず持たないですよね。そう、話しかける相手は常に「前」にいるからです。


すると不自然さが出てくる場合がありますので、音程は上下ではなく、前後の距離感として歌ってみると発声的にも楽になります。

 

 


◆歌詞を見る意識


ポイント②は、歌詞への意識です。


カラオケでは歌詞を見ながら歌う事が多いと思います。目に飛び込んでくる情報は、特に、強く意識が働いてしまうもの。


つまり「歌詞をいう」という意識が、まず最初に来ます。そうすると、それ以外の要素(リズム、音程、メンタルの部分など)が2番手、3番手に後回しになります。


できることなら「無意識にやれることは、意識しないで歌えるようにする」と歌に余裕が生まれてきます。歌詞を覚える、音程を覚える、というのは、少し練習をすれば頭に覚え込むことができます。


そうすると、その2つは「意識 ⇒無意識」に変える事ができるので、それ以外の事に気を配れるようになる!


カラオケで高得点を出すという目的だけであれば問題ないことなのですが、いざ、人前に歌うとなった場合の時をしっかし想定して、練習を行ってみて下さい。ぜひ、参考にしてみてください(^^♪

 

*****
仙台の話題沸騰中のボイストレーニング
Loose Voiceでは、体験レッスンを受付中!


科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

お申込みは、以下のフォームより、お気軽にどうぞ♪
 


仙台ボイトレコラム『裏声は歌うまの宝庫』


こんにちは、Loose VoiceのKANです!

 

今回のボイトレコラムはこんなお話しです↓↓

 

 

◆裏声の効果

裏声の練習にはどんな効果があるのか??
日常的に使う声は地声です。裏声は意識的に出そうとしないと、あまり使わない声です。だからこそ・・!ぜひ、練習してほしい発声です。

 
実は、裏声には、歌が上手くなる為の効果がたくさんある!ことが明らかになっています。大多数の人は、「えっ?どんな効果があるのー?」と疑問を持っていると思いますので、今回は、その裏声の効果をお伝えします!

 

◆音程が良くなる

その1、音程の精度をあげることができます。

裏声を出すことで音程を取る為の喉の機能が鍛えられます。

音程が大幅にズレてしまうという人には、また、別の練習は必要ですが
「少し音が届かない、メロディーの輪郭がぼやける、声がこもった感じになる」という人に効果があります。

 


◆高音が出せるようになる

その2、高い声が出せるようになります。

高い声とは、地声の高い声のこと。
「地声を出したいのに裏声で練習するの?」と疑問がわくと思いますが、裏声で練習することで高音発声の為の喉が鍛えられますので、裏声を練習すべきなのです。

特に、裏声の強い声を出す練習を行うとよいです。
裏声は、どうしても弱々しい声になりますが、そうではなく、地声?と思わせる位の強い裏声を出せるように練習してみましょう。


強い声を出すときは、決して喉に余計な力を入れないで、喉から気持ちよく声を出せている状態をキープするようにして下さい。

 

◆喉のリラックス

その3、喉をリラックスして声を出す感覚がつかめます。

裏声だと、楽に声が出ると感じます。それはなぜかと言いますと、喉の「ある筋肉」を使う事をやめるからです。
だから楽に出る、そしてもっと重要な事は高い声が出る、という点!

つまり「裏声を出している時の喉のリラックス感のように、地声の高音を出している時も、同じような近い感覚になる」ということです。

 

【簡単な練習法】

すぐにできる練習法としては、「1曲をフルコーラス、全部裏声で歌う」です。
裏声では出しにくいような低音も、なるべく裏声で出すつもりで歌う。注意点としては、弱い声にならずに強い声で出すことです。

裏声を鍛えて、歌が上手くなる為の効果を、実感してみてくださいね!

 

 

*****

仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

Loose Voiceでは、体験レッスンを受け付けております。

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。

お気軽にどうぞ!

 


地声を鍛えて個性を作る


【地声には、その人の個性が多く表れる】

地声とは、普段、話をしている時に使っている声のことです。


話し声には、それぞれに強い個性が表れます。

例えば、電話で話しているときは、相手の顔を見なくても、声を聞けば誰なのかを判断することができます。


テレビから聞こえてくる、タレントやアナウンサー、俳優、芸人の方々の声も、一度あたまに記憶してしまえば、テレビ画面を見なくても、誰が出演しているかが分かりますよね!

 

それくらい、地声には、個性があります。


歌で自分を表現するとき、この個性を使わない手はありません!!



プロシンガーの歌を聞いたとき「ゾクッ」とするよう身震いを感じたり、
「ギュッ」と心をつかまれる瞬間、それは地声が、強く鳴っている時に多く起こります。聞いている人を魅了する歌を歌うには、POPSにおいては、地声発声がとても重要になります。

 

【地声が強い人は、緊張と緩和が表現できる】

 

地声が強いと、その対極にある「裏声」が活かせます。

「声質」に変化をつけたいとき、一番分かりやすいのが、「地声→裏声」に変えることです。

 

この2つの声は、「地声(強)➡ 裏声(弱)」というふうに、大胆に変化をつける事ができます。


しかし、地声が弱い人は、その落差を表現することができないので、全体的に、弱い声で歌うとこになります。単調な歌にならないようにするために、地声の強化をしっかりと行っていきましょう!

 

*****

仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

Loose Voiceでは、体験レッスンを受け付けております。

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。

お気軽にどうぞ!

 


歌が「得意」より「好き」が勝つ


◆歌が得意 < 歌が好き

 

「自分は歌が得意だ」と思っている人よりも「得意じゃないけど歌が好きだ」という人の方が、将来的に、歌が上手くなる可能性が高い。

理由は、得意と思っている人は現状維持で満足しがちですが、歌が好きな人(でも苦手な人)は、常に向上心があり、高い壁を越えようとチャレンジし続けるからです。

上手く歌えなくて悔しい思いをした時、支えになるのが「自分は歌が好き」という気持ちです。好きな事が上手くできないって悔しいですよね。だから諦めない。そして成長していきます!

歌が好きという気持ちは、歌い続けることの、大きな支えになります。

 

 

◆歌う事をやめない

歌う事がライフワークになっている人や、日常的に歌を楽しんでいる人、また、本気でプロを目指している人は、環境が変わっても、日本のどこかで歌を続けているものです。

上手くなればなるほど課題が見つかり、それに向かって、また走り出します。はじめは、自分が上手く歌う為だけに練習をしていきますが、だんだんと、聞いてくれる誰かの為に練習するようになります。

 


好きなことで、誰かが喜んでくれたら最高ですよね!喜んでくれた笑顔で、また向上心が生まれます。

「得意なこと」よりも「好きなこと」を大切に、焦らずに、歌っていきましょう!

 

 

*****

仙台の話題沸騰中のボイストレーニング!

Loose Voiceでは、体験レッスンを受け付けております。

 

科学的なメソッドに基づいた、高い効果が得られるボイストレーニングに興味がある方は、ぜひ、一度、体験レッスンを受けてみて下さい!

 

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。

お気軽にどうぞ!